スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺舗十六(2杯目)=池袋ラーメン店めぐり(その84)

『うどん系モチモチつけ麺』

   ~麺舗 十六 ~池袋54軒目~

■池袋グルメ探検隊の悩み…

山手線の形って、ご存知ですか?

「まぁるい緑の山手線、真ん中通るは中央線、新宿西口駅の前~♪」なんてコマーシャル・ソングがありますが、本当はぜんぜん違うんですよね…

例えて言うと、米粒を立てたような形なんです。その米粒の上(北)の頂点が池袋なんです。

■ラーメン店の探検は、山手線の円内またはその周辺で、本拠地から近い順にやってきました。

すると、東京23区でも苦手な区が明確になってきました。目黒区、大田区、品川区、世田谷区、杉並区。このエリアは全く回れていません。

むしろ、池袋や新宿から延びる東武線や西武線の沿線の方が、行きやすいんですよね。。。

DSC04072.jpg

■そんなわけで、今日もそっち方面で。有楽町線の“要町~平和台”エリアです。

食べログでは“板橋・東武沿線”エリアの中に、“要町~平和台”という中区分があり、その人気順ランキングは次の通りです。(カッコ内は点数順ランキングの順位)

第1位( 1) 麺舗 十六
第2位(10) ラーメン富士丸・板橋南町店
第3位(12) 航海屋 池袋店

う~ん。。。口コミ数を見ても上位2店だけが、人気のようです。

ラーメン富士丸はラーメン二郎の傍系。(隊長は二郎系に付き合ってくれません。)

そうなると、このエリアでは“麺舗 十六”を押さえればいいのかな?

DSC04060.jpg

■ここのメニューは、“らーめん”“しおそば”“つけそば/あつもり”“B麺(あぶらそば)”の4種類。

隊長は“らーめん”を選んだので、もう一つ選ぶ必要があります。

食べログの投稿では、“つけそば”と“B麺”が同じぐらい出ています。

迷った挙句に、“つけそば”(680円)を1.5(340g)で頼みました。

【つけそば】
DSC04066.jpg

■まずは、太ストレート麺から食べてみます。

この麺は、“らーめん”と同じものです。見た目すごくつやつやしていて、綺麗な淡いクリーム色をしています。

食感はつるつるですが、噛み応えは弾力が弱く、ラーメンの麺というよりは“うどん”のような印象です。

特にこの“つけそば”の麺は、たまたまなのか、デフォルトなのか分からないのですが、“らーめん”の麺よりももっと柔らか。

個人的には、もうちょっと硬くて噛み応えがある方が好きですが。。。( ^-^;)

DSC04067.jpg

■次に、バリバリ醤油色をしたつけ汁を味わってみます。

むむ? 豚骨ベースで、はっきりとした醤油味。ここまでは“らーめん”と同じです。

ただ、生姜が入っているんでしょうか、またラード(油)の層がないので、“まろやか”というよりは、さっぱりきりっとしています。

背脂がパンチ力を出し、ネギが効果的に薬味としてのアクセントを出しています。

あまり他で味わったことがない醤油味なのですが、きりっとした醤油味が好きな人にはかなりいいかも~!

DSC04068.jpg

■しっかりとした醤油味のつけ汁は、麺を浸けるとしっかり絡む、というかしっかり味が付きます。

“らーめん”のブログでも、コメントしたのですが、やはり“うどん”を食べているような気になってきます。

“らーめん”よりも、もっと“うどん”に近い感覚で、まるで“ざるうどん”です。

ただ、“うどん”に近い分、食べやすいのも確かで、340gもあるのにペロッと食べることができます。

そういう食感だと思って食べると、けっこう美味しく食べられます。

DSC04069.jpg

■具材は、チャーシュー、メンマ、海苔、輪切り白ネギです。

とても柔らかくて、筋状に解れるチャーシューは、醤油ベースの味付けがつけ汁とも合っていて美味しいです。

しっかりと漬け込まれたメンマも、少し硬めの食感とともに良かったですね。

■総括としては、きりっとした醤油味と、柔らかめの太麺が特徴の、個性的な豚骨つけ麺です。

オリジナリティに溢れていて、唯一無二で、なかなか美味しい一杯だと思います。

個人的には、柔らかい“うどん”のような麺がもう少し歯応えがあればいいなぁ、と思っちゃいますが。。。

おすすめレベルは4+(けっこうおすすめ)です~♪

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっと3連発クリックお願いします!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

麺舗十六(1杯目)=池袋ラーメン店めぐり(その84)

『うどん系モチモチ醤油ラーメン~♪』

   ~麺舗十六 ~池袋54軒目

■久しぶりに探検隊の本拠地・池袋の探検です。

今日のお昼は、ラーメンデータベース(通の間では“RDB”と呼ぶようです)で豊島区の通算総合ランキングを見て決めます。

“池袋グルメ探検隊”のブログだと、“池袋”“高田馬場”“東長崎”エリアに渡る地域です。

第1位 らー麺 きん
第2位 BASSO ドリルマン
第3位 中華そば べんてん
第4位 鶏の穴
第5位 麺や あかつき <未訪問>
第6位 鶏そば専門店 前略。まるきゅう
第7位 つけ麺 椿
第8位 オリオン食堂2
第9位 ラーメン 麺たつ <未訪問>
第10位 馳走麺 狸穴

第11位 麺処 花田
第12位 麺屋 ごとう
第13位 ラーメン二郎・高田馬場店
第14位 俺の空
第15位 らーめん・つけ麺 我家
第16位 塩そば専門店 まるきゅうらあめん
第17位 創新麺庵 生粋
第18位 
第19位 中華そば 青葉・池袋サンシャイン店
第20位 麺舗 十六 <未訪問>

上位20店のうち、未訪問店が3店あるので、この中から選びます。

第5位の“麺や あかつき”は、駒込にある二郎インスパイア系のお店。隊長は二郎系には付き合ってくれません。

第9位の“ラーメン 麺たつ”は、夜18時以降しか営業していないので、お昼の候補からは外れます。。。

というわけで、第20位の“麺舗 十六”にします。半年前から気になっていたお店にとうとう訪問です。

DSC04071.jpg

■お店は、JR池袋駅西口を出て、駅前通りを10分ほど歩き、右手にある光文社ビルの手前の細道を右に曲がって100mほどのところにあります。

お店に着いたのは土曜日のお昼12:50ごろ。カウンター席8席に外待ちが2人でした。

立教大学からさほど遠くないところにあるので、学生のお客が大勢いて、壁には体育会(?)からの小さな寄贈の品が飾られています。

DSC04058.jpg

■このお店の最大の特徴は、自家製麺が700gまで無料、という学生にやさしい価格設定です。

メニューは“らーめん”、“塩そば”、“つけそば/あつもり”、“B麺(あぶらそば)”の4種類で、すべて680円。安い!

量の設定は、小(200g)、1.5(340g)、並(460g!)、2.5(580g!!)、多め(700g?!)です。

そこで、まずは“らーめん小”を注文してみます。

【らーめん小】
DSC04062.jpg

■まずは、醤油色をしたスープから味わってみます。

しっかりとした醤油味ですが、角はちゃんと取れていて、見た目よりもずっと円やかな醤油味です。

豚骨ベースのスープで、表面には脂の層と背脂が見えます。(調理過程で背脂の入ったざるを通して豚骨スープを注いでいるのが見えました。)

他店でいうと、醤油がビシッと効いている感じは“元祖一条流がんこ総本家”の醤油ラーメンに近いでしょうか。

ただ、醤油味はもうちょっとマイルドで、スープを飲み切ることができる程度です。

DSC04065.jpg

■続いて、柔らかなつやつや感のある、明るいクリーム色をした太ストレート麺を食べてみます。

自家製麺とのことで、つるつるした食感と、なかなか良好な喉越しです。

ただ、噛んだ時の弾力感が、ラーメンの太麺としてはかなり柔らかく、まるでうどんのような食感です。

■醤油豚骨スープは、太ストレート麺に絡むというか、染み込んでいるようです。

もともと明るいクリーム色の麺が、すする時には醤油色になっています。

きりっとした醤油味と、柔らかい太麺は、まるでうどんのようで、実際他の太麺を使用したラーメンと違って、すごい食べやすさです。つるつるどんどん食べられます。

これであれば、“多め”(740g)も食べきることができる人がいるのも納得がいきます。

DSC04064.jpg

■具材は、チャーシュー、メンマ、海苔、輪切り白ネギです。

具材のチャーシューは、とっても柔らかくほろほろと繊維に沿って崩せる感じです。

メンマも、色の濃さからして、しっかり煮込まれた独特なものでした。

■総括としては、しっかりとした醤油味と食べやすい太麺が特徴の醤油豚骨ラーメンです。

きりっとした醤油スープも、柔らかい太麺も、よくできていると思いますが、好みは分かれるだろうと思います。

自分としては、醤油はきりっとして良かったのですが、麺はもっとしっかりしたものの方が好きですね。。。

おすすめレベルは4+(けっこうおすすめ)です。

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっと3つクリックお願いします!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

とんこつらぁ麺-CHABUTON-=池袋ラーメン店めぐり(その53)

「ちゃぶ屋」森住Presentsとんこつらぁ麺-CHABUTON-・池袋東口店 ~池袋45軒目~

■ラーメン店の経営を考えると、収入は@値段と集客数、支出は賃借料と材料費と単純化できそうですね。

集客数を与件と捉えると、オーナーが考えるべきは@値段と、賃借料(≒立地)と材料費(≒味)のバランスです。

当たり前の話ですが、味がよければ立地が悪くてもお客が来ます。

立地が良ければ、多少味が悪くてもお客は来ます。

でも、時々そんな当たり前の法則が成立しない場合があるようです。

なんででしょう?

■今日のお店・“とんこつらぁ麺・CHABUTON”は、護国寺“柳麺ちゃぶ屋”や表参道ヒルズ“MIST”を展開する“CHABUYA JAPAN”と、“ラーメン花月”のブランドで、全国に200店舗以上を展開する“グロービートジャパン”のコラボレーションブランドとのことです。

かつてTVチャンピオンのラーメン職人選手権で優勝した、フレンチ出身のちゃぶ屋店主・森住康二氏を全面に押し出したブランドイメージを打ち出していて、すでに全国で16店舗展開しているそうです。

隊員の護国寺“柳麺ちゃぶ屋"の経験からすると、味にはかなりの期待ができそうです。

100606.池袋・CHABUTON027

■しかも“とんこつらぁ麺-CHABUTON-”・池袋東口店はJR池袋駅東口から徒歩1分。駅前ロータリーからヤマダ電気日本総本店に向かってすぐのところにあります。

人気の池袋にして、さらに抜群の立地です。賃借料はめっちゃ高いんでしょうね。

ただ、この場所はここ数年で何店ものラーメン屋が出店しては退店している鬼門の場所とのことです。

なんででしょう?

鬼門の場所に、腕のある業界の有名料理人が勝負を賭けた、というのがこの店です。

100606.池袋・CHABUTON003

■お店に着いたのは13:30ごろ。派手な看板を出しているのに、あんまり目立たない感じです。

店内は、カウンター11席のところ、先客は4人のみ。空いています。

お店の名前は“とんこつらぁ麺-CHABUTON-”となっているものの、メニューは“とんこつらぁ麺”だけではなく、“醤油らぁ麺”、“塩とんこつらぁ麺”、“味噌とんこつらぁ麺”と、なんでもありの感じです。“ざるらぁ麺”まであります。

おそらく、このチェーン店の多くが、郊外型のショッピングモールに出店しているため、メニューを豊富に設定しているんでしょう。

メニュー表で一番写真が大きい“ちゃぶ屋流とんこつらぁ麺”(700円)と“ちゃぶ屋流醤油らぁ麺”(680円)を、それぞれデフォルトで注文することにした。

今日は、サイド・メニューとして、一口餃子(8個)(330円)を付けてみた。

【ちゃぶ屋流とんこつらぁ麺】
100606.池袋・CHABUTON013

■まずはスープから。

すごく上品な豚骨スープです。コクはあるが、あっさり目。

そこに“ちゃぶ屋”のらぁ麺にも入っていた“焦がしネギ”が入っていて、その味と風味を効かせてあり、あっさり目のスープと絶妙なバランスを取っている。

店側でも、この“焦がしネギ”が売りだと明言している。

今までの豚骨ラーメンの分野では、店の差別化は、スープのコクの深さや、背脂を含め豚骨の濃度(パンチ力)で決まっていたところに、風味やニュアンスといった別の方向性(テクニック)で差別化を図っているところが目新しいと思います。

■次は、麺です。

割とオーソドックスな九州豚骨ラーメンで見られる極細麺。歯応えや風味もまずまずです。

店側では、「低加水仕上げで歯ごたえとコシがあり小麦の香りが引き立つ厳選された小麦を用いた細麺仕立て」と説明しています。

100606.池袋・CHABUTON020

■麺が極細麺なので、あっさり目のスープとの相性はバッチリです。

口の中に“焦がしネギ”が入る度に、豚骨の風味・コクに加えて、焦がしネギの香ばしい風味が広がります。

卓上のオススメ香味料“フライド・エシャロット”を入れると、更に香ばしさが増します。

100606.池袋・CHABUTON005

なかなか、やりますな~♪

■具材は、薄切りチャーシュー、メンマ、白ゴマ、白ネギ、青ネギ、焦がしネギ。

チャーシューの表面積が大きいので、最初のぱっと見で、「おっ、いいじゃん!」と思ったのですが、実は超薄切りでした。味は適度な脂が入ったジューシーなもので美味しかったが、ボリューム不足です。

■全体としては、豚骨ラーメンの分野で、新しい方向性で差別化を図っている点が素晴らしい。

ただ、一杯のラーメンの完成度としては、“焦がしネギ”の効いたスープ偏重で、麺と具材が割と普通だったのが残念。。。

バランスを考えると、もっと美味しくできるマージンが残っていると感じてしまいます。

【ちゃぶ屋流醤油らぁ麺】
100606.池袋・CHABUTON014

■こちらも、まずはスープから。

ダシやスープも効かせてあるが、甘い醤油をはっきりと前面に出した味付けになっています。

そこに“とんこつらぁ麺”同様、“焦がしネギ”が浮いていて、風味を出すテクを利用しています。

ただ、護国寺の“柳麺ちゃぶ屋”の“らぁ麺(正油味)”と比べると、かなり差があります。

“ちゃぶ屋”のらぁ麺では、丁寧に取られたスープに深みがあり、高級洋食店でも出てきそうなものでした。

また、提供され方も綺麗で、純白の器にうす醤油色に透き通ったスープの綺麗さに感動したものでした。

こちらは、見た目の色の綺麗さも違えば(調味料の入れ方が雑ですよね…)、一口飲んだ時の味・コクの深さも違います。低目均衡です。

■次に、麺を食べてみます。

中細ストレート平打ち麺は、歯応えはあまりないが、のど越し重視。

店の紹介では「つるつるとした滑らかな食感が楽しめる、厳選された小麦と全卵を用いた平打ち麺は、小麦の香りと甘さがやさしく感じられる」とのことだが、そこまで小麦の風味は感じられなかった。

100606.池袋・CHABUTON018

■あっさり目のスープと中細麺の組み合わせは、セオリー通りでよく合います。

ただ、食べ始めのときのインパクトはまずまずだったが、食べ続けていくとスープのコクがそこまでないせいか、どんどん普通になってきます。

■全体としては、まずまず満足させてくれる一杯に仕上がっていると思われます。

ただ、“ちゃぶ屋”の味を知っていると、コストや手間がかかっていない感じが否めません。

焦がしネギ入りスープ、スープ、具材の三要素が、低いところでバランスを取っているように感じられます。

【一口餃子】
100606.池袋・CHABUTON023

■一口サイズなので表面積が大きく、皮をぱりぱりに焼いてあって美味しかった。
ビールに合いそうです。

■総括として、上記2つのメニューについては、まずまずの一杯に仕上がっていると思われます。

ただ、“ちゃぶ屋”の“らぁ麺”を知っていると、手間隙とコストで力が入っていない感じがしてしょうがありません。

これがオーナー店とチェーン店の差なのかは分かりませんが、雑な器への調味料の注ぎ方(白い器が綺麗に見えませんよね。。。)などは、従業員教育次第でどうにでもなるので、こうした“いま一歩感”から解消して欲しいものです。

“鬼門”にめげずに頑張って欲しいです~!

おすすめレベルは、2杯とも4+(けっこうおすすめ)です。

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ↓をポチポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

大勝軒七福=池袋ラーメン店めぐり(その50)

大勝軒七福 ~池袋44軒目~

■今日は、池袋駅西口の未開拓店を探検します。

池袋駅西口を出て左側(南)の方、メトロポリタンプラザの裏手に、赤い屋根、赤い看板に“ラーメン”と書かれた目立つラーメン屋があり、これが“大勝軒・七福”です。

お店の大体の認知度は、食べログ・池袋エリアで評価点ランキング33位、人気ランキング45位らしいです。

100529.池袋・大勝軒七福003

■お店に着いたのは19時ごろ。カウンターは8席ぐらい、テーブル席が2つあったが、テーブル席が2つとも空いていたのでこちらに座った。

このお店は、“東池袋大勝軒”の流れを汲んでいるらしい。

店長さんと思しき人と山岸一雄さんが一緒に写った写真や山岸さん直筆色紙が入り口や壁に貼ってあったり、山岸さんの出版本が置いてあったりする。

100529.池袋・大勝軒七福014

メニューも“もりそば/あつもり”と“ラーメン”のバリエーションのみで、“東池袋大勝軒”の流れを感じる。

デフォルトの“もりそば”を頼んで、“東池袋大勝軒”の味との比較をする手もあったが、最近野菜が足りない隊員は、思わず“もり野菜”(800円)を注文した。

100529.池袋・大勝軒七福008

なお、隊長は“もり野菜”に辛味調味料を加えた“特製辛野菜つけ麺”(850円)を選択した。

いずれも普通盛り300gにしたが、中盛り450gも値段は同じだった。

今日はサイドに“自家製餃子”(300円)を付けた。

【もり野菜】
100529.池袋・大勝軒七福017

■まずは、麺から。このお店の自家製麺らしく、色は“東池袋”と同じく卵色をしている。太さは若干細いかな?

一口食べて見ると、おっと~!

小麦の香りが一際はっきりしている香ばしい麺です。

モチモチ、つるつるしていて歯応えがあり、のど越しも良好な美味しい麺~!

■次に、つけ汁を味わってみる。

おっと~!

“東池袋”のつけ汁よりも、甘味が前面に出ていて、酸味や辛味、豚臭さがかなり押さえられている。

甘めの味付けが好きな隊員としては、「これもアリでしょ!」と思った~ (*^-^*)v

■つるつる麺は、甘めのつけ汁によく絡みます。

のど越しがいいこともあり、300gの麺はガンガンお腹に収まっていきます。

■“もり野菜”の野菜として入っているのは、もやし、キャベツ、にんじん、タマネギ、ニラ、ネギ。

いずれの野菜もしゃきしゃきしていて、甘めのつけ汁と絡んですごく美味しい。

100529.池袋・大勝軒七福024

他の具材は、チャーシュー、半ゆで玉子、メンマ、なると。

なぜかは分からないが、チャーシュー、玉子、メンマのいずれもが、甘い味付けになっていた。なんででしょう~??

チャーシューはかなり厚めで、ジューシーではないが食べ応えのあるもの。

野菜と具材を合わせて、とっても充実した感じがします。

【特製辛野菜つけ麺】
100529.池袋・大勝軒七福018

■見てのとおり、“もり野菜”に辛味調味料を別皿に添えて供される。

なので、各人の好みで辛さをコントロールできる。

100529.池袋・大勝軒七福016

辛味調味料は、唐辛子や肉などを煮詰めたもので、かなりパンチのある辛さです。

半分ほど投入するだけで、つけ汁は真っ赤に染まっておりました。

(へたれな隊員は、真っ赤な色にビビッて味見しませんでした…)

【自家製餃子】
100529.池袋・大勝軒七福022

具材が割とピリッと来る(ニンニクのせいかな~?)美味しい餃子です。

■総括としては、“東池袋大勝軒”の味の解釈の一つとして、なかなか美味しい一杯だと思います。

一時期、東池袋大勝軒が途絶えたこともあったので、この店の店長さんは山岸神様の味の伝承者の一人としての自負を持って仕事をされているんでしょうね。

おすすめレベルは4+(けっこうおすすめ!)です。

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ↓をポチポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

池袋ラーメン店めぐり(その43)=麺匠こぶし

2010年4月25日(日) 麺匠こぶし ~池袋40軒目~

■今日も朝から天気が良く、ちょうど昼頃てくてく池袋駅に向かった。

今日は久しぶりに東口の店舗を攻めるべく、ビックカメラ本店裏の線路沿いに行った。

探検のターゲットは、埼玉県狭山ヶ丘の行列店“つけそば丸永”の池袋店。

モノの本の紹介によると、「ゲンコツとカツオの豊かな風味が詰まった甘めのスープは、しこしことした太麺との相性が抜群」とあり、ちょっと甘めの魚介豚骨スープ好きの隊員の“必ず行きたい店リスト”に数ヶ月前から入っていた。

ただ、今日訪問して見ると、

100425.池袋・麺匠こぶし001

張り紙には、「3月4日をもって閉店しました。。。」

たしかオープンしてからそんなに時間が経っていないはずなのに。

日本一のラーメン激戦区・池袋は、ラーメン好きにとってはいろんな店が選べるいい場所ですが、ラーメン店オーナーにとっては、日本一の修羅場なんですね…

■気を取り直して池袋駅北口へ。

ここにはまだ未攻略店がけっこう残っている。

そのうち、食べログ(点数)評価も結構高い、新店“麺匠こぶし”を訪問することにした。

まだ開店して日が浅いので、いわゆる人気評価(口コミ数評価)は低い。

だが、ブレーク前の“馳走麺狸穴”や昨日の“我家(うち)”のように、美味しいけど開店間もないがためにお客さんや口コミが少ない潜在的人気店を発見できるかもしれない~!

100425.池袋・麺匠こぶし018

■場所は北口商店街のロサ会館の近く。そのちょっと奥ですね。

この間までは“らぁめん天翔”という店があったが、情報では同じオーナーが看板とメニューを変えて新規開店したとのこと。

入り口には“噛め!極太つけ麺 骨節 濃厚魚介豚骨”と書いてあった。

薀蓄としては 豚骨+削り節 → 骨節 → こぶし、なんだそうで、魚介豚骨を店名で表しているようです。

■お店に着いたのは昼過ぎの12:40ごろ。

もともとこの辺りは夜の繁華街なので、休日でも昼間は人はまばら。

カウンター席数は12席ぐらいありそうだが、入店時に3人ほどが食べていて、その後自分たちだけになってしまった。

100425.池袋・麺匠こぶし004

■食券販売機の最上段最左側を見ると、“こぶしつけ麺匠(並)”(750円)となっていたので、まずこの食券を購入し、券売機の横に写真があったので、もう一品は“こぶしらぁめん匠(大盛り)”にした。

【こぶしつけ麺匠(並)】
100425.池袋・麺匠こぶし006

■“あつ盛り”と“ひや盛り”が選べるとのことだったので、“ひや盛り”で注文した。

壁の張り紙を見ると、茹で時間について、「つけ麺10分、らぁめん3分」と書いてあったのに、3、4分ほどで“らぁめん”より先に出てきた。

まず、この極太ちじれ麺、見た目がすごいインパクトですね~

うどんより太いかも…

そして、何かを練りこんだこの色…

食べて見ると、すごく香ばしい。何か穀物を擂ったものが練り込まれているのかな?

そしてスープ。濃厚魚介豚骨を看板で謳うだけあって、まずは魚介の風味と豚骨のコク。

その後から来る、酸味>甘味>辛味の味覚のコンビネーション。すごく美味い!

さすが新店、トレンド外さずにその中でも、魚介よりは豚骨、酸味と甘味を強調した隊員好みのもの。いいですね。

麺とスープの絡みはというと…

う~ん、これは難しい。ちょっと麺の個性が強すぎるかも。

麺は食べ応えを重視しているらしく、かなり噛まないと喉を通らない。

スープも結構濃い目だと思うが、噛んでいるうちにスープの味が消え、麺との格闘になってしまう。

ちょうど、食べ応えとのど越しというのはトレードオフなんでしょうかね~ どっちを取るか…

かなり人の好みによると思いますが、自分はあまりいい組み合わせだとは思わなかった。

■トッピングは、野菜類が結構工夫されている。

つけ汁の中にはチャーシューと刻みネギが入っていて、麺の上には江戸菜(新しい青菜みたいです)、姫たけのこ(ほろ苦いえぐみのあるヤツです)、のりが載っている。

江戸菜や姫竹は、あまり他のラーメン店で見ないので、特に姫竹のえぐみなどは新鮮で美味しかった。

■トータルでいうと、スープが激ウマなだけに、(麺も麺自体は悪くないけど)判定に困るつけ麺でした。。。

【こぶしらぁめん匠(大盛り)】
100425.池袋・麺匠こぶし011

■こちらは一転極細麺。大盛りのせいなのか、スープの量が少ない。

まずはそのスープを味わって見ると、濃厚な魚介の風味と九州ラーメン風トンコツの風味が両立されている。

かなり(とろみ)があって、トンコツのコクと深みが後からしっかりと来る。

決して醤油や塩に頼っていないので、後味として塩辛く感じたり、のどが渇いたりしない上出来なスープ。

■麺はというと、かなり細い麺で、茹で加減が…

これはいわゆる“バリカタ”とか“ハリガネ”に近いもの。

細さからいうと、細いほど固めの方がいいというのは分かる。

ただ、個人の好みもあるのでデフォルトでこれは考え物かな… どうでしょう?

トッピングは、“つけ麺”同様、江戸菜と姫たけのこ、チャーシュー、ネギ、のりが入っていた。

■九州豚骨ラーメンを食べたいイメージの時に、この“らぁめん”を選択すると、かなり正解なのでは?!

濃厚でとろ~っとしたスープは、少なくとも秀逸だと思いました。

(次回訪問時は、自分は茹で方を“柔らか目”で指定します~)

■総括としては、“つけ麺”と“らぁめん”で、かなり趣向の異なるお店です。
なので、おすすめレベルの評価も2つ分けることにします。

“つけ麺”は、濃厚魚介豚骨つけ麺が食べたい時に頼むといいと思います。(極太麺は人の好みが分かれますが…)
自分のおすすめレベルは、スープが激ウマだったので4+(けっこうおすすめ)、かみさんのおすすめレベルは5(かなりおすすめ!)でした。

“らぁめん”は、九州豚骨ラーメンが食べたい時に頼むといいと思います。
自分のおすすめレベルは5(かなりおすすめ!)ですが、かみさんは先に激ウマスープの“つけ麺”を食べたので“らぁめん”のスープの味が正確に分からず、おすすめレベル3(まぁまぁおすすめ)でした。

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ↓をポチポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
245位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
115位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html