スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我空〔6回目〕(2杯目)=池袋ラーメン店めぐり(その96)

『辛さリニューアルの、ホット浸け豚そば~♪』

   ~我空(俺の空・池袋店)

■今日は、池袋でラーメンを食べちゃいます。

ターゲットは、池袋グルメ探検隊のお気に入り、“我空”です。

高田馬場の人気店“俺の空”の唯一の支店で、オリジナルの味は本店から、そっくりそのまま持ってきています。

ジャンルとしては、ここ何年も、最も流行している濃厚魚介豚骨系です。

110611.池袋・俺の空 (32)

■“俺の空”は、かつて2002年には、日本テレビの“史上最大!全国民が選ぶ美味しいラーメン屋さん列島最新ベスト99”という番組で第1位になったんだそうです。

それから10年近く経つわけですが、本店も、そしてこの“我空”も依然としてお客さんが並んでいることからすると、普遍的に受ける味なんでしょうね。

他の濃厚魚介豚骨系のお店と比べると、動物系が主役で、魚介系はメインの動物系スープに味わいの奥行きを持たせるための名脇役になっている構成です。

110611.池袋・俺の空 (7)

■高田馬場本店は、山手線の線路脇にある、人気(ひとけ)のない商店街にあり、店内は殺風景で、カウンター越しに店員さんが額に汗して鍋と格闘する昔ながらのラーメン屋の雰囲気です。

こちら“我空”はというと、街のラーメン屋風の本店とは大きく違い、とってもお洒落な雰囲気です。

以前はバーかイタリアンのようなお店だったところを射抜きで借りたらしく、調理器具や家具調度も綺麗で洒落ています。

間接照明も巧くアレンジされていて、流れるブラック・コンテンポラリー風の音楽にマッチしています。

110611.池袋・俺の空 (8)

■要は店舗設備が違うということなんですが、特に夏場はその差がはっきりしてきます。

本店は、旧式の巨大なクーラーが一台あるだけなので、席によってはめちゃくちゃ暑いんです。

でも、“我空”だと入口から通路から店内まで、最新鋭の空調設備が入っているようで、どこでも適温です。

しょうもない話なのですが、味が同じである限り、お客としての自分としては重要で、“我空”の方がいいですね。

110611.池袋・俺の空 (5)

■前回ご紹介したとおり、“我空”ではメニューの大改革があったようです。

以前の券売機のボタンの配置と見比べてみると、メニュー一新が一目瞭然です。

ラーメン1種類、つけ麺2種類というメニュー構成から、ラーメン1種類、つけ麺3種類、汁なし麺1種類に変わりました。

これで従来よりも、ぐっと選択の幅が広がったわけですが、隊員にとっては迷う材料が増えたともいえます。

もともと、“掛け豚そば”と“浸け豚そば”だけでも迷っていたのに、そこに激ウマの“和え豚そば”が加わり、更に“浸け豚そば”に味の選択肢がでてきたので…

ただし、そんな中でも隊長のスタンスは変わりません。いつもの“浸け豚そば+ホット”を注文します。

このメニューは、以前もあったのですが、リニューアルされて辛さが増したようです。

メニューには“激からのつけ麺”と説明されているのですが、激辛通の隊長の舌に適うのでしょうか。

【浸け豚そば+ホット】
110611.池袋・俺の空 (14)

■まずは、中太ストレート麺から食べてみます。

大進食品製の麺で、色は綺麗な玉子色をしていて、表面はピカピカしています。

う~ん!食べ慣れているので、毎回言うのもなんですが、つるつるしていて、食感と喉越しがいいですね。

太さの割には噛み応えはしっかりしていて、小麦の風味のいい麺です。美味しいですね~♪

110611.池袋・俺の空 (15)

■次に、リニューアルされた辛つけ汁を味わってみます。

最初に唐辛子の香りがつんと来て、その後は“我空”の豚骨・魚介Wスープならではの旨味とコクが来ます。

最後にぶぉっと火が点くように辛さが来るのですが、以前の2倍は辛いと言えそうです。

これは旨辛い~!

110611.池袋・俺の空 (18)

■スープの濃度が高く、麺が中太麺で表面積が広いので、両者の絡み具合はバッチリです。

中太ストレート麺は、食感・口当たりが滑らかなタイプなので、つけ汁に浸けた後は、ずずっと一気にすすることができます。

ただ、“ホット”バージョンでこれをやると、時々気管に辛し成分が入って、むせてしまうことがあるので要注意です~(^-^;)

110611.池袋・俺の空 (19)

■具材として入っている、ホロホロチャーシュー、刻み玉ネギ、刻み万能ネギが一緒に絡んできます。

チャーシューが絡むと、味わいが一気にジューシーになり、適度なお肉感を伴います。

玉ネギが絡むと、食感がシャキシャキになり、清涼感のある味わいになります。

このあたりの具材の使い方も、巧い!といか言いようがありません。

■総括としては、基本メニューの“浸け豚そば”の完成度が高いだけに、辛く仕上げてもその美味しさに変わりはありません。

ベースとなっている豚骨と魚介のWスープが旨味とコクを凝縮しているから、応用が利くんでしょうね。

スープと麺の相性の良さ、具材使いの巧さも、この一杯の旨さの重要な部分になっています。

隊長のおすすめレベルは6★(超おすすめ~!!)のままです。

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

蒙古タンメン中本〔4回目〕=池袋ラーメン店めぐり(その95)

『辛さの魔力に嵌りつつある隊員~♪』

   ~蒙古タンメン中本・池袋店

■最近、無性に辛い物が食べたくてしょうがありません。

どうしちゃったんでしょう?

自分(隊員)は、もともと辛い物は全く食べられませんでした。

学生時代に友人と韓国旅行に行ったのですが、辛い物好きの友人とレストラン選びで大喧嘩したほどでした。

(結局、チゲ鍋専門店に行って、自分は白米だけ食べる羽目になってしまいました。)

■初めて、辛い物が美味しいと感じたのは、2005年に中国四川省成都にある“陳麻婆豆腐”に行った時のことです。

本場の四川料理は、辛いだけではなく、かならず花椒(食べると痺れる山椒)が入っています。

辛くて、痺れて、味覚が大混乱する感覚が、食欲をより刺激し、食べ物を美味しく感じさせるんです。

それ以降、普段は自ら好き好んで辛い物を選ぶことはありませんが、時々辛い物が無性に食べたい感覚に襲われるようになったというわけです。

■さて、辛い物を食べるという話になると、安易に“蒙古タンメン中本”に流れやすいグルメ探検隊。

今回も、やはりそうなります。しかも、本拠地の池袋店なり。ヾ(´▽`;A ハハハ…

この時期の池袋は、昼でも夜でも学生さんで溢れ返っているので、中本も混んでいるかもしれません。

110305.池袋・蒙古タンメン中本 001

■久しぶりなので、基礎情報をチェックします。

食べログの“池袋”エリアのランキングは、人気順で第3位、点数順で第9位です。超激戦区・池袋でも確固たる地位を築いています。

お店は、JR池袋駅西口から駅前通りを直進し、西口五叉路を渡って丸井を左折、2つ目の道を右折し10m入った右側の2階です。徒歩5分ぐらいです。

お店に着いたのは、週末の20:30ごろです。外階段で5人待ちだったので、店内と合わせて推定10人待ちです。

意外と回転は良く、10分後に着席、20分後に着丼です。着席時点で後客10人ほど。繁盛しています。

110501.池袋・蒙古タンメン中本_0009

■メニューは、たくさんあるので、上の写真を参照してくださいね。(辛さレベルは10段階です)

隊長は、毎度、“北極ラーメン”(辛さ度9)か“冷し味噌ラーメン”(辛さ度10)の選択で、今日は“北極ラーメン”(800円)です。

隊員は、徐々に辛さのレベルアップを図っていて、蒙古タンメン(辛さ度5)、味噌タンメン(辛さ度3)、五目蒙古タンメン(辛さ度6)と食べてきているので、今日は“冷し五目味噌タンメン”(辛さ度7)(830円)にチャレンジします。

探検隊の場合、中本ではライス(160円)は注文必須アイテムです。

まずは、初注文メニューの“冷し五目味噌タンメン”からご紹介します~♪

【冷し五目味噌タンメン】
110501.池袋・蒙古タンメン中本_0016

■このメニューは、“味噌タンメン”(辛さ度3)のスープと、“冷し味噌ラーメン”(辛さ度10)のスープを合わせたWスープのつけ麺版、という位置付けです。

実際にスープを味わってみると、はじめ野菜炒めの香ばしい香りがして、しっかり辛さが舌の痛点を刺激した後、ベーススープの旨味がじわっときます。

110501.池袋・蒙古タンメン中本_0017

■これに合わせる中太ストレート麺は、中本の全メニュー共通のサッポロ製麺製。

綺麗なクリーム色をしていて、表面はつるつる、噛み応えは柔らかめです。

辛いつけ汁に浸けて食べると、辛いスープとの組合せ上、麺の自然な甘味がいやおうなく感じられます。

う~ん、美味いですね!

(ちなみに、普通のつけ麺のように麺をすすろうとすると、気管に辛味成分が入って、めちゃくちゃむせます。要注意です!)

110501.池袋・蒙古タンメン中本_0020

■具材は、キャベツを中心にした肉野菜炒め、輪切りゆで卵、輪切りネギ、麺上の茹でモヤシと、けっこう賑やかです。

ちょっと辛いなと感じてきたら、ゆで卵を食べたり、キャベツを食べて甘味を感じたり、麺の上の茹でモヤシを食べて調整します。

一杯を食べ終える過程の中でも、何を口に入れるかで味や辛さが大きく変化し、いろんな変化を味わいながら食べられるのが、中本メニューの魅力なんでしょうね~♪

個人的な印象だと、つけ麺形式のメニューは麺が冷たいので、ラーメン形式のメニューよりも、辛く感じないようです。

また、スープの印象も、油っ気が弱く、さっぱりと食べられる感じがしますね。夏場は特にいいかもです。

【北極ラーメン】
110501.池袋・蒙古タンメン中本_0012

■中本のラーメンメニューの最高峰、“北極ラーメン”です。

スープだけで口に入れることはできないので、麺を食べようと箸でつまみあげると、大量の唐辛子が纏わり着いてくるのが見えます。

すすると危険なので、ゆっくり麺を口に運ぶと、最初の数口は舌の痛点だけが刺激されまくって、大量の汗が噴出します。

やがて辛さに慣れてきた頃に、スープに潜む深い旨味・コクに気付かされます。これが“麻薬成分”なんでしょうね。

いや~、クセになる一杯です。

110501.池袋・蒙古タンメン中本_0015

■総括としては、“中本”の美味さの秘密は、唐辛子をガンガン突っ込むだけでなく、ベースの豚骨スープがしっかりしているからだと改めて認識させられます。

また、合わせてあるもちもち麺や、スープと一体になっている具材(炒め野菜)と合わせて、全体の構成・バランスがしっかりしているのも美点です。

辛さレベルは、1段2段違うぐらいでは、そんなに差がないのですが、具材等で印象が違うので、通うにしても好みの一杯を見つける必要がありそうです。

毎度のごとく、口の中はひりひりするし、汗はかきまくったのですが、食後は大満足でした。(明日の体調が怖いのですが…)

おすすめレベルは、変更なしの6★(超おすすめ~!!)です~♪

【追記】
1.蒙古タンメン中本・池袋店では、期間限定で“北極ラーメン”と“冷し味噌ラーメン”の辛さ2倍・3倍サービスをしています。通常でも辛いので、初めての方はご遠慮ください、とのことです~♪
2.本店では実施していた“ハーフセット”を始めたようです。半ラーメン(味噌タンメン、蒙古タンメン、北極ラーメン、冷し味噌ラーメンのいずれか1品)と半蒙古丼(中本麻婆丼)のセットです。

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

我空〔6回目〕(1杯目)=池袋ラーメン店めぐり(その96)

『今年、池袋で最も旨い一杯~!』

   ~我空(俺の空・池袋店)

■かな~り久しぶりに、本拠地・池袋でラーメンを食べます。

実は、わが探検隊の隊長も、わたくし隊員も、頭の中が単純なのか、以下の公式が成立します。


〔体調;すごく空腹〕×〔場所;@池袋〕×〔ジャンル;ラーメン〕= 〔我 空〕


この公式が成立する最大のポイントは、〔すごく空服〕という部分です。

■ご存知の通り、池袋には濃厚魚介豚骨系を中心に、人気のラーメン店がキラ星のごとく集まっています。

〔非常に人気がある〕というのは、裏返すと〔非常に混んでいる〕ということであり、〔待ち時間が長い〕ということでもあります。

地元探検隊としては、もっとも待ち時間が短くて、もっとも美味しいお店、というのがベストなわけで、これを満たしてくれるのが、〔我空〕なんです。

110611.池袋・俺の空 (33)

■なんで待ち時間が短いのか、理由はいくつか考えられます。

1.近くに超人気店“馳走麺 狸穴”があるから。

  さすがに、歩いて30秒のところにメディア露出も著しい超人気店があると、そちらに目が行く人が多いでしょうね。
  こと、わざわざラーメンを食べに池袋に来た人は、“狸穴”を選ぶ傾向にあります。

2.“俺の空”高田馬場本店と異なる看板が掲げてあるから。

  本店は2002年日本テレビのラーメン店企画で日本一になったことがあるなど、知名度があるのですが、
  こちらは、開店してしばらく“我空”としか書いていなかったので、知られていない可能性があります。

3.“俺の空”自体が、テレビや雑誌での露出が少ないから。

  すでに経営ベースに乗るだけのファンを獲得しているため、広告宣伝的なメディア露出が必要ない状態にあります。
  このため、ラーメン初心者の目に触れることが少ないかもしれません。

この他、お店のオペレーションがしっかりしている(注文品がスムーズに出せる体制になっている)ことや、席数が12席と若干多いことも、待ち時間が短い原因になっていると思われます。

今日は、〔すごく空腹〕×〔@池袋〕×〔ラーメン〕という条件が揃ったので、素直に〔我 空〕に行くことにしま~す。

110611.池袋・俺の空 (8)
(待っている人が座る椅子から、店内を見た様子。厨房機器は綺麗にしてあり、かなりお洒落な空間です。)

■お店は、JR池袋駅東口を出て、目の前の明治通りに沿って左方向(ビックカメラ本店方向)に進みます。500mほど進むと右手に豊島区役所が見え、これを完全に越えたところの脇道を右に入って50m行った左側にあります。

脇道に入ると、道の左側に“馳走麺 狸穴”(第6位)、“KING KONG”(第33位)、“我空”(第23位)の順に並んでいます。
(カッコ内は、食べログの“池袋”エリアの人気順ランキングの順位です。)

お店に着いたのは、週末の18:30ごろ。店内の椅子には、6、7人の人が待っていました。

110611.池袋・俺の空 (4)

■今日の目玉は、新メニュー投入が発覚したことです。

従来からの基本メニューは“掛け豚そば”(ラーメン)と“浸け豚そば”(つけめん)の2種類で、“浸け豚そば”には辛味調味料が投入可能なので、味的には3種類でした

ここに加わる新メニューは、次の3つです。

・“和え豚そば”(汁なし麺)の新規投入。

・“浸け豚そば”に、新味“カレー味”を新設。

・“浸け豚そば+辛味”の辛さをアップして、“ホット”としてリニューアル。

これら全てのメニューの料金を一律を800円としています。(分かりやすいですね~)

あと、“浸け豚そば”の大盛り400g、中盛り300g、小盛り200gは、引き続きすべて無料としています。

これは嬉しいリニューアルですね~!

隊員は、まず新メニューの“和え豚そば”にチャレンジしてみます。店員さんに麺の量を聞いたところ、おおむね300gとのこと。量的には十分です。

お気に入りの“我空”が、今流行りつつある“汁なし麺”をどうアレンジしてくるか、非常に楽しみです~♪

【和え豚そば】
110611.池袋・俺の空 (21)

■まずは、見えるところから分析していきます。

上に載っている具材・薬味は、チャーシュー、刻み玉ネギ、万能ネギ、海苔です。

玉ネギの白色と、万能ネギの緑色のコントラストが綺麗ですね~

110611.池袋・俺の空 (23)

■麺は“俺の空”“我空”では見たことがない、極太平麺です。(そういえば、他店でも見たことがないですね…)

しかもストレートではなく、ちょっと縮れていて、幅が一定ではありません。

他のメニューでも使用している大進食品製のものだと思われますが、ちょっと変わった麺を起用しています。

110611.池袋・俺の空 (25)

■刻み玉ネギ、万能ネギを除けると、チャーシューが見えてきます。

“掛け豚そば”“浸け豚そば”に使われている、ほぐしチャーシューで、けっこうな量が入っています。

スープは、匂いからすると、“掛け豚そば”“浸け豚そば”と共通の濃厚魚介豚骨系のものです。

110611.池袋・俺の空 (29)

■さて、“汁なし麺”ですので、これらを一気に均一になるまでかき混ぜます。

刻み玉ネギの白い色が消えたので、一口食べてみます。すると、



キターヽ(゚Д゚)ノヽ(Д゚ )ノヽ(゚ )ノヽ( )ノヽ( ゚Д)ノヽ(゚Д゚)ノー!!



“我空”スープの旨味を凝縮した液体と、小麦の風味・甘味がめちゃくちゃ豊かな極太麺が、口の中でお祭りをしているようです。

イミワカリマス…?(^-^;)

■まず、スープは“掛け豚そば”や“浸け豚そば”の時点でさえ濃厚なのですが、それを更に濃厚にしたものです。

豚骨にウエイトを置いた魚介豚骨ですが、さらに濃厚にすることで、まろやかさと奥深さがぜんぜん違います。

口当たりも、魚介の風味の後に豚骨のコクが来るのではなく、魚介と豚骨が同時に怒涛の如く押し寄せる感じです。

■組み合わされている極太平打ち縮れ麺は、表面積が極めて広いので、この特濃スープを絡めるのに、非常に適しています。
パワフルスープに流行の極太麺を単純に合わせようとすると、食べ易さが犠牲になってしまいます。

そこで、平打ち縮れ揺らぎ麺にすることで、不規則な楽しい食感を出すとともに、食べ易さをしっかり確保しています。
(麺の幅が一定ではないため、麺の厚さも部分的に異なっています。ここでは“揺らぎ麺”と呼んじゃいました。)

また、この麺が小麦本来の風味や甘味という観点からすると、すごく美味しい麺で、特濃スープとのコントラストで、風味・味わいが際立っています。

■パワフルスープと極太麺の脇役で、非常に光っているのは、刻み玉ネギとホロホロチャーシューです。

スープが特濃なので、普通に食べ続けると油っぽく感じてしまうところ、玉ネギのしゃきしゃき感が食感を変え、万能ネギと共にさっぱり感をもたらします。

ホロホロチャーシューも、ほぐれた断片が口に運ばれるたび、麺の味わいにジューシーさを加えてくれます。

ここまで考えると、この一杯は全員野球のように、全要素が一丸となっている感じがしますね~♪

■総括としては、さすが“俺の空”と唸らされる、日本で五指に入る激ウマ汁なし麺であると認定しちゃいます。

いままでに池袋グルメ探検隊が訪問した300店以上のラーメン屋さんの中でいくと、松戸“兎に角”練馬区桜台“破顔”の油そば(汁なし麺)と並んで、このジャンルを代表する旨さだと思います。

麺・スープ・具材の各要素がしっかり吟味されているため、全体的なバランスの良さ、各要素間の緊密さが非常に高いレベルで実現されています。

全て混ぜてしまう“油そば・汁なし麺”だからこそ、求められる一体感を見事に実現しています。

濃厚魚介豚骨ファンのみならず、油そばファンにもぜひ食べてもらいたい一杯です。“汁なし麺”のイメージが変わります~!

おすすめレベルは、当然、最高評価の6★(超おすすめ~!!)です~♪

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

瞠miharu〔4回目〕(2杯目)=池袋ラーメン店めぐり(その93)

『お洒落な雰囲気で楽しむ濃厚魚介ラーメン~♪』

   ~らーめん瞠 miharu

■今日は、池袋の“らーめん瞠”です。

食べログでのランキングは、全東京ラーメン店5,496軒中、人気順ランキングは第21位、点数順ランキングは第240位です。

小エリア区分“池袋”エリアだと、人気順第2位、点数順第11位になっています。

第1位は“屯ちん”で、下には“麺創房無敵家”“蒙古タンメン中本”“東池袋大勝軒”を従えています。

なかなかやりますね~♪

110320.池袋・瞠 002

■このお店は、高田馬場“渡なべ”のオーナー、渡辺樹庵氏がプロデュースしたことでも知られています。

オープンは意外と古くて2002年で、2006年には恵比寿に支店を出しています。

恵比寿店も、小エリア区分“恵比寿”エリアで、人気順第5位、点数順第6位と健闘しています。

■店内は、薄暗い雰囲気のある照明に、壁の漆黒の木片、天井の赤い和紙など、統一したコンセプトでお洒落に仕上がっています。

流れる音楽もゆったりしたジャズと、お店のキャラクターが出ています。

お客さんも、カップルだけでなく、女の子連れがけっこういるもの特徴です。

110320.池袋・瞠 006

■今回は、去年6月以来、9ヶ月ぶりの訪問だったのですが、メニューや出し方が結構変わったようです。

メニューは、従来からある“らーめん”“つけめん”“あぶらそば”に加えて、“チリトマトヌードル”が新メニューとしてラインナップしています。

“らーめん”“つけめん”については、中盛りが無料になり、さらにスープは“こってり”を選択可能になっています。

“つけめん”については、“つけめんTETSU”のように、つけ汁が冷めた時に投入する“焼き石”のサービスを始めたようです。

たった9ヶ月で、いろいろ工夫しているんですね~!

隊長の注文は、“らーめん”(750円)を中盛り(200g -並盛りは150g)で、スープこってりで注文します。

池袋エリアのグルメカード・エクポカードを提示して、無料で味玉を付けてもらいます。(*^-^*)/

【らーめん】
110320.池袋・瞠 013

■まず、スープから味わってみます。

う~ん! 節系特有のきりっとした、かすかな酸味がある魚介が聞いています。まさにガツンと来ます。

合わせる豚骨スープも負けずに濃厚。旨みとコクがしっかり出ています。

この濃厚魚介豚骨スープは、しっかりとした粘度を持っています。

(オーダーした“こってり”と“普通”の差は、以前の“普通”を明確に思い出せず、分かりませんでした…)

110320.池袋・瞠 015

■続いて、白っぽい色をした中細ストレート麺を食べてみます。

いわゆる中華麺と異なり、コシよりも噛んだ時の小麦の風味やほんのりした甘味を強調している麺です。

どんなスープにも合わせやすい、素直な性格の麺です。

■濃厚なスープは、中細ストレート麺にしっかりがっつり絡みます。

強烈なキャラクターのスープに、素直な性格の麺を合わせて、きっちりバランスを取っています。

ラーメン・つけめんは、特にスープの出来によって、日々同じ味を提供するのが難しいのですが、この構成であれば多少のブレをも許容されそうです。

こういうしたたかさが、さすが人気店ですね~♪

110320.池袋・瞠 014

■具材は、オリジナリティがあるものが満載です。

チャーシューは、脂身が少なめで、赤身と脂身のバランスが良く、外側のしっかりついた焼き目が香ばしいものです。

メンマは、大きく手厚いのですが、しっかりと味が染みて柔らかい逸品です。(これは“渡なべ”譲りですね(^-^)

味玉には、醤油系のダシがしっかり染みていて、ちょっと固めの茹で上がりもいい感じです。

■総括としては、やはり人気店の定番メニュー、スープ・麺・具材、各要素の構成の安定感が抜群の一杯です。

強いキャラの濃厚魚介豚骨スープと素直な麺で、基本構成をしっかりさせ、個性豊かな楽しい具材で仕上げられています。

濃厚魚介豚骨ラーメンの一つの完成系として、誰にでもお勧めできる一杯です。

おすすめレベルは5+(かなりおすすめ!)です~♪

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっと3つクリックお願いします!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

麺処花田〔3回目〕(1杯目)=池袋ラーメン店めぐり(その92)

『池袋No.1味噌ラーメン~♪』

   ~麺処 花田

■池袋については、美味しいラーメン店を厳選してご紹介しています。

まず、今年に入ってから訪問した池袋のお店を振り返ってみます。

1軒目) 馳走麺 狸穴
2軒目)  <麺屋武蔵 二天>味の再確認
3軒目)  <ラーメン二郎・池袋東口店>味の再確認
4軒目) BASSO ドリルマン
5軒目) 鶏の穴
6軒目) 蒙古タンメン中本・池袋店
7軒目) つけ麺屋やすべえ・池袋店

(※“味の再確認”の店は、人によってはハマリます。それ以外は、池袋グルメ探検隊の厳選おすすめ店です~♪ )

■こう見渡してみると、味の方向性が偏っていますね。。。(^-^;)

探検隊の好みがバリバリ出ていて、“魚介豚骨スープ”の“つけ麺”が売りのお店が多いです。

ただ、池袋独特の事情もあります。多いジャンルは“魚介豚骨”と“豚骨”で、この系統のお店はたくさんあります。

でも、いわゆる典型的な“醤油ラーメン”“塩ラーメン”の美味しいお店はないんですよね。。。

で、“味噌ラーメン”はというと、美味しいお店はあります。探検隊が、今年訪問していないだけです。。。

それでは、今日は“池袋No.1味噌ラーメン”を食べに行きましょう~♪

110317.池袋・麺処花田 002

■“麺処 花田”は、去年4月にオープンし、食べログで開店情報をゲットして、すぐに食べに行きました。

オープンしてから、ちょうど1年なのですが、食べログ小エリア“池袋”人気順ランキング第11位にまでなっています。

点数順ランキングにいたっては、な、なんと、第1位まで登り詰めているではありませんか~!

池袋は日本でも1、2を争うラーメン超激戦区。並みの店では、たった1年でここまで来れません!

■お店は、JR池袋駅東口からロータリーを渡ってサンシャイン60通りを進み、2本目の道を右折、一つ目を左折した右側にあります。

店舗の建物には、2階に“幸ちゃん寿司”が入っていて、“麺処花田”の隣は“中華一番”というラーメン店です。

今日は夜の訪問で、お店に着いたのは20:50ごろ。

夕食タイムはもう終わっているので、カウンター15席は空いていると思ったのですが、満席でかつ待ち2名。人気です…

110317.池袋・麺処花田 004

■メニューは、前と変わらず、ラーメン系は“味噌”と“辛味噌”、つけ麺系は“味噌つけめん”と“辛味噌つけめん”の計4種類です。

前回(2回目訪問時)に“味噌つけめん”を頼んだ時に、“味噌”の方がスープのコクに深みを感じたので、隊長・隊員とも、ラーメン系を注文します。

もちろん、辛いものが苦手な隊員が“味噌”(790円)、辛いものマニアの隊長が“辛味噌”(790円)です。

110317.池袋・麺処花田 005

■お店にはサービス項目が3つあるようです。

一つ目は、“野菜大盛り無料”とあるので、隊員、隊長ともに、野菜大盛りにします。

二つ目は、“にんにく増し無料”とあるので、隊員のみ、にんにく増しにしてもらいました。

三つ目は、“ランチごはん無料”とあったのですが、夜なので“半ライス”(100円)を別注しました。

【味噌】
110316.神保町・用心棒 025

■まずは、スープから味わってみます。

白味噌を使った味噌汁のような色をしたスープからは、野菜炒めのいい香りがします。

一口すすると、白味噌をメインに味付けをした濃厚スープで、スープのコクと旨味がじわっと染みてきます。

ベーススープは、モミジ、ゲンコツ、鶏ガラなどを8時間以上煮込み、1日寝かしているんだそうです。

110317.池袋・麺処花田 017

■続いて、三河屋製麺製の中太ストレート麺を食べてみます。

う~ん! もちもち系の食感の麺で、噛んだ時の風味と甘みがいいですね~!

■麺をすすると、濃厚スープは中太麺にしっかり絡みついて、口まで運ばれます。

さすが味噌ラーメン、ラードが熱を閉じ込めていて、スープがいつまでも熱々です。

ラーメンの器が、深さが深くて、上部の面積が狭くなっているのも、熱を逃がさない工夫なんでしょうね。

110317.池袋・麺処花田 011

■この一杯の具材を語る上で、最も重要なのが“野菜炒め”です。

注文を受けてから、まず香りつけのニンニクと生姜を炒め、モヤシ、白菜、玉ネギ、ニラの順に炒めます。

そこにベーススープを入れて煮立て、味噌ダレを溶かす手順になっています。

仕上がった野菜炒めは、しっかり炒めてあるのに、食感はしゃきしゃきで心地いいものがあります。

これ以外には、ロールチャーシューとメンマとネギが入っています。

チャーシューは、熱々のスープで温められ、脂が溶け出すようで、美味しく変化します。

【辛味噌】
110317.池袋・麺処花田 016

■“辛味噌”は、スープに使用する味噌ダレが違っているだけで、麺や具材は同じです。

辛さ自体は、客観的にはさほど辛くないものと思われます。(隊員は、けっこう辛いと感じましたが…)

個人的には、辛さが増すと、その分ベーススープのコクや旨味に対する感覚が鈍るような気もしました。(隊長によると、そんなことないそうです。)

■総括としては、濃厚味噌スープのコクと旨味が素晴らしい、完成度の高い味噌ラーメンです。

しっかり手間隙を掛けたベーススープに、柔らかい甘めの味噌ダレ、香りのよいしゃきしゃき野菜炒め、美味しい中太麺、と各構成要素がしっかりと磨かれ、高い次元でバランスしています。

ここ以外の美味い味噌ラーメン店としては、市ヶ谷の“麺処くるり”や高田馬場の“さっぽろ純連”がありますが、白味噌ベースのコクのあるスープの“くるり”の方が近い印象です。

一杯のラーメンとしてのレベルの高さ、味の安定感という点では、新店にもかかわらず、上記2店にも負けていません。

おすすめレベルは5+++(“超おすすめ”に限りなく近い“かなりおすすめ”~!!)です~♪

110316.神保町・用心棒 022

池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加していますので、
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
291位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
129位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html