スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶品欧風カレーとオムライスが看板の人気洋食店@神田=ルー・ド・メール

『珠玉のカレーと至高のオムライスの夢の豪華共演~♪』

   ~神田 ルー・ド・メール - Loup-de-mer -

■今日は、神田でランチです。

グルメ食べ歩きをしていると、いろんな場所にお気に入りのお店ができて、そのうちいくつかのお店にはついつい通ってしまうのですが、ブログではなるべく新規に開拓したお店をアップするようにしています。

ただ、初訪問時には別のメニューを頼んだものの、その後にもっと美味しいメニューが見つかることもあるので、今日はそんなお店をご紹介したいと思います。

■食べログで、大エリア区分“秋葉原・神田・水道橋”エリアの“洋食・西洋料理”人気順ランキングを見てみます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみて下さいね~♪)

第1位 【本郷三丁目】 ファイヤーハウス (ハンバーガー、カフェ)
第2位 【淡  路  町】 とんかつ やまいち (とんかつ、かつ丼・かつ重、コロッケ・フライ)
第3位 【神  保  町】 キッチン南海・神保町店 (定食・食堂、カレーライス、コロッケ・フライ)
第4位 【神  保  町】 スマトラカレー 共栄堂 (カレーライス、ハヤシライス、スイーツ)
第5位 【後  楽  園】 ムーミンベーカリー&カフェ・東京ドームシティ ラクーア店 (カフェ、パン、西洋各国料理)
第6位 【神  保  町】 さぼうる2 (喫茶店、パスタ、カレーライス)
第7位 【後  楽  園】 ババ・ガンプ・シュリンプ 東京 (アメリカ料理、シーフード、ハンバーガー)
第8位 【神     田】 ルー・ド・メール (洋食、欧風カレー、オムライス)
第9位 【秋  葉  原】 肉の万世・本店 (洋食、ステーキ、ハンバーグ)
第10位 【神    田】 ヴィノシティ (フレンチ、ワインバー、居酒屋) (訪問済みブログ未掲載)

このエリアの“洋食・西洋料理”ジャンルは、誰でも普段使いができる“庶民のグルメ”が揃っています。

もともと学生街・電気街・古本街などのエリアなので、超一級のB級グルメが集まっている感じです。

そんな中から今日ご紹介するのは、“サラリーマンの街・神田”の洋食の名店、“ルー・ド・メール”です。

141021.神田・ルードメール0000

■“ルー・ド・メール”は、2004(平成16)年にオープンしたフレンチ風洋食のお店です。

“銀座レカン”や“銀座ペリニィヨン”を経て、“京橋 ドン・ピエール”の総料理長を務めている鈴木正幸氏が“My kitchen”として開業した洋食店です。(→参考情報

店名の由来は、フランス語で海の魚の“スズキ”、つまり店主さんの苗字をジョークでひねってフランス語訳したものになっているんですね。^^

141021.神田・ルードメール0017

■このお店は、自分のお気に入りテレビ番組、TBS系の『(新)チューボーですよ!』にもたびたび“神田の巨匠”のお店として紹介されています。

最近だと、2014年6月の“チキンのマスタードソース”の回、2012年4月の“和風おろしハンバーグ”の回に登場しています。

他にも、『出没!アド街ック天国』、『たべコレ』、『噂の!東京マガジン』などの番組にも取り上げられたことがあるようです。

141021.神田・ルードメール0005

■お店は、JR神田駅西口から行くと、神田駅西口商店街に入って70m進み二つ目の交差点を右折し、40m進んで左折してすぐ左側のビルの2階にあります。知っていれば駅から2分で着きますが、かなり分かりにくい場所にあります。

以前はこの近くの別の場所にあったのですが、今年移転しています。

お店に着いたのは、11:45ごろです。

新店舗には初訪問ですが、お店は非常に見付けにくく、上記写真の“喫茶 フレンド”が目印になります。

お店は、大き目のテーブル5卓、小さめのテーブル2卓で、椅子は14脚あるように見えます。以前の店舗と比べると、かなり狭くなった感じがしますが、新しいだけあって明るくなった感じもします。

到着時、先客は5名ほどだったのですが、我々と同時にお客さんが一気に入り、着席した数分後には階段に待ち行列ができます。お店を知っている常連さんが多そうです。

141021.神田・ルードメール0004

■ランチタイムは、お得なランチメニューが4種類(900円から1,000円)、通常メニューが4種類(1,500円から1,600円)あります。

ランチメニュー;①国産黒毛和牛カレー、②ドライカレー・オムレツのせ、③チキンカレー、④ポークカレー(プラス100円でスープ)

通常メニュー ;①特選ビーフカレー、②ハヤシライス、③限定ハンバーグカレー、④限定メンチカツカレー

自分はほとんどのメニューを食べたことがありますが、今日ご紹介するのはランチメニューの“ドライカレー・オムレツのせ”です。スープを付けて“Bセット”(1,000円)として注文します。

【スープ】
141021.神田・ルードメール0006

■まず始めに、スープが出て来ます。

しっかりとしたコクと旨味のあるオニオンスープで、フレンチ仕込の洋食らしさを感じます。味は濃すぎず薄すぎず、程よい塩梅です。

焦がしオニオンがアクセントに入っていて、美味しいですね~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

【ドライカレー・オムレツのせ】
141021.神田・ルードメール0008

■注文してから8分後、お待ちかねの“ドライカレー・オムレツのせ”が運ばれて来ます。

ライスの上にドライカレーが掛かっていて、その上にオムレツが載っています。

ドライカレーと言うと、汁気が飛んだ肉そぼろのようなものをイメージしますが、このお店のドライカレーは汁気のあるとろっとしたものなんです。

141021.神田・ルードメール0010

■上に載ったオムライスは、中が半熟になっていて、“たいめいけん”(←ブログ記事参照できます!)の“たんぽぽオムライス”のように中を開くこともできます。

今日は、不思議なことにぱっと見た感じだと、ほぼ全てのお客さんがこのメニューを注文しています。そのため、オーナーがお忙しかったからか、今日はオムレツの形がいつもと違います。

111025.神田・ルードメール0013

■ご参考までに、以前訪問した際に撮影した、綺麗な形のオムライスはこんな感じです。とっても綺麗ですよね~♪
ヾ(*´∀`*)ノ

141021.神田・ルードメール0012

■自分はいつもやるのですが、“たんぽぽオムライス”のように中を開くとこんな感じです。中身は絶妙な半熟です。

それでは、さっそく一口食べてみます。

むむむ、、、


これは、ウマ━━━(*´∀`*)o^∀^o)*´Д`*)━━━イ!!!!!!


何度か食べているので、どんな味か分かっているにもかかわらず、毎度こんな感じに心の中で叫んでしまいます。

オムレツはふわっとした食感で、バターとクリーム(?)をしっかり使った旨味たっぷりの仕上がりで、風味・味わいともに絶品の、まさに洋食屋さんならではのオムレツです。 ヾ(*´∀`*)ノ

141021.神田・ルードメール0015

■もうひとつの主役のカレーは、野菜や果実をたっぷり溶かし込んだ挽き肉カレーで、深いコクと旨味の中に甘味・酸味・辛味がバランスよく混在した優しい味わいになっています。

基本は野菜や果実のフルーティーな甘味が全面に出ていますが、風味と味わいのアクセントに山椒が絶妙に利いていて、辛味はあくまで気付かぬうちにじわっと効いてくるものになっています。

そして、オムライスとカレーライスを同時に食べると、まさに極上の洋食店に来る喜びを再確認させてくれる、珠玉・至高の味わいになります。毎度のことですが、これは堪りません~! ヾ(*´∀`*)ノ

つやつやした張りのある美味しいライスは推定200gほどと、女性でもぺろっと食べ切れる量です。(男性だと、ちょっと少ないでしょうか。)

■総括としては、カレーとオムライスが看板メニューの、フレンチ仕込みの絶品洋食がリーズナブルにいただける人気洋食店です。

ランチメニューだとカレーが中心になるのですが、メニューごとにその味わいはまったく異なるため、連チャンで訪問しても飽きることはなく、むしろハマってしまうぐらいの魅力のあるラインナップです。(実際自分はハマりましたし…^^)

夜だと上記写真の黒板にあるような、いわゆる洋食メニューをほぼフルラインナップで楽しめます。

とにかく美味しい洋食をリーズナブルに存分に楽しみたい全ての皆様におススメです~♪

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

孫文や周恩来も足繁く通った創業百年の上海料理店@神保町=漢陽楼

『完成度の高い上品な味わいの創作中華料理~♪』

   ~中国名菜 漢陽楼 @神保町

■今日は、神保町でランチです。

古くからの学生街であるこの街はカレーをはじめとするB級グルメの都ですが、もっと時間を遡ると、明治時代は東京の中華街とも言うべき街だったようです。

中国からの留学生が大勢いたのがその理由だそうで、今でも何軒かのお店がちゃんと残っています。

■食べログで、小エリア区分“神保町”エリアの“中華”人気順ランキングを見てみます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみて下さいね~♪)

第1位 【神保町】 新世界菜館 (中華料理、飲茶・点心) ☆
第2位 【神保町】 上海朝市 (中華料理、バイキング) <未訪問>
第3位 【神保町】 三幸園・白山通り店 (中華料理、餃子) <未訪問> ☆
第4位 【神保町】 徳萬殿 (中華料理) <未訪問> ☆
第5位 【神保町】 スヰートポーヅ (餃子、肉まん・中華まん)
第6位 【神保町】 神田餃子屋・本店 (餃子、中華料理) <未訪問>
第7位 【神保町】 泰南飯店・神保町店 (中華料理) <未訪問>
第8位 【神保町】 揚子江菜館 (中華料理)  <未訪問> ★
第9位 【神保町】 漢陽楼 (上海料理、飲茶・点心)  <未訪問> ★
第10位 【神保町】 川府・神保町店 (四川料理)  <未訪問>

上記ランキングで、☆印をつけたお店は創業50年以上、★印をつけたお店は創業100年以上です。さすが東京の中華街と言われるだけのことはありますね。

今日はこんなテーマなので、創業100年超の2軒のうち、“漢陽楼”に行ってみることにします。

140926.神保町・漢陽楼0000

■“漢陽楼”は、1911(明治44)年創業の中華料理、特に上海料理のお店です。

当時から神保町界隈は大学が集まっており、中国人留学生も多くいたそうですが、この地で中国人留学生相手の賄い付き下宿をしていた上海出身の初代が、料理の腕が良かったため、周りに勧められて開業したのがこのお店なんだそうです。

その頃の中国人留学生は、その後の中国を背負って立つ大物が揃っており、このお店の常連には孫文、魯迅、周恩来などの日本の教科書にも出てくるような人物が名を連ねています。

特に周恩来は、1917(大正6)年から2年間留学していたそうですが、その頃の思い出を記した『十九歳の東京日記』で、このお店のことがたびたび出てくるんだそうです。

そんなこともあって、このお店の名刺には、店名のサブタイトルとして“周恩来ゆかりの店”とまで記載しています。

ちなみに、店名の由来は「漢民族に陽が燦々と当たる館」の意を込めたものなんだそうで、辛亥革命後の混乱期にあった中国からの若き留学生たちの思いがこもった店名なんだそうです。

う~ん、周恩来が故郷の味を求めて足繁く通ったお店ですか。。。 とっても興味深いですね~♪

140926.神保町・漢陽楼0020
(壁に飾られている周恩来の詩作『大江歌罷掉頭東』の書。知らないとただの額ですが、知っていると歴史を感じます。)

■お店は、地下鉄神保町駅の真上にある神保町交差点から行くと、東西に伸びる靖国通りを東方向(両国方面)に200m進み、一つ目の交差点を渡ったところを左斜め前方向に伸びる道に入り、50m進んだ左側にあります。徒歩4分ほどです。

お店に着いたのは、12:30ごろです。

店内は、やや暗めの空間にスポット照明が卓上を照らしており、古代中国風の家具調度と合わせて落ち着いた雰囲気になっています。静かに流れる弦楽器中心の中国音楽もゆったりとしていて良いですね。

席数は1階と2階合わせて90席あるそうですが、お値段が多少高いせいか、ランチのピークタイムでもお客さんは滞在中常時10名ほどです。まぁ、自分からするとゆっくり食事ができるので空いていること自体は良いことなんですが。。。

140926.神保町・漢陽楼0002

■ランチメニューは、ご飯物が10種類、麺類が14種類と、なかなか種類が豊富に揃っています。

お値段的には、レンジが970円から1,200円で、そのほとんどが1,025円と、一般的な中華料理店と比べるとやや高めです。

ランチメニューのうち、ご飯物3種類、麺類1種類が“月替わりのメニュー”となっていて、やや大きな字で書かれているのが目を引きます。今日はこの中から注文の品を選んでみましょう。

その4品は、①花椒茄子(ナスの山椒風味)(970円)、②辣子魚(ハタのピリ辛炒め)(1,025円)、③香港明蝦(天然エビのマヨネーズ風味)(1,080円)、④韮菜湯麺(ニラソバ)(1,080円)です。

それぞれ、あまり一般的な中華料理屋メニューっぽくなくて、どんな料理なのか非常に興味が沸くのですが、外すリスク承知で、特に変わっていると思われるお魚メニューの“辣子魚”を頼んでみます。大丈夫でしょうか~♪

【辣子魚】
140926.神保町・漢陽楼0012

■注文してから5分ほどで、主菜とご飯、スープ、小鉢が出て来ます。

ぱっと見て思うことには、主菜は緑色や赤色を中心にかなり彩り鮮やかですね。でも、どんな味なのか想像できない感じです。

あと、ご飯が白いプレートのお皿に平らに敷き詰められています。洋食屋さんではよくあることですが、中華料理店では意外ですね~♪

140926.神保町・漢陽楼0017

■メインディッシュをよく見てみると、揚げたハタの身が二切れに、醤油ベースの餡が絡んでいるようですね。

カラフルな具材は赤と緑の唐辛子に、キクラゲ、タケノコ、ニンジン、ネギが入っています。

それでは、さっそくハタのフライから食べてみます。

むむむ、、、


これは、ウマ━━━(*´∀`*)o^∀^o)*´Д`*)━━━イ!!!!!!


ハタのフライは、さくっとした衣を纏い、ふわっと柔らかく噛めばクセのない白身魚らしい香りと旨味が広がります。

何と言っても素晴らしいのが、ハタのフライに絡む甘めで旨味たっぷりの醤油ベースの餡で、味の輪郭がはっきりしているのに強すぎず、旨味の奥が深く、それでいて繊細・緻密で上品です。

すると、本来薄味で穏やかな味わいのハタのフライが、餡が絡むことではっきりした味としっかりした旨味を纏い、いきいきとした主張のある料理に変身します。

いや~、料理のネーミングから不安があったことも一因かもしれませんが、予想を大きく超えるエクセレントな美味しさに、この料理の完成度の高さと、このお店の実力をまざまざと見せ付けられた感じがして、久々のプチ感動です。

140926.神保町・漢陽楼0019

■餡があまりに美味しいので、つい餡をそのままご飯に掛けて食べたくなりますが、赤や緑の唐辛子が辛いと困るので、具材から順に食べることにします。

キクラゲ、タケノコ、ニンジン、ネギと食べ進みますが、餡との相性はバッチリで美味しいですね。

餡をよく見ると、細かい挽肉も入っているようですね。なるほど、これで旨味にドーピングがしてあるんですね。

最後に残った唐辛子をちょっと食べてみると、意外なことにそんなに辛くありません。そこで結局、残ったご飯に掛けて一気に食べてしまいます。

ちなみに、ご飯自体もかなり美味しくて、高級和食割烹レベルです。気になるのは量が少ないことだけです。(もしかすると、お替り可だったのかもしれません。)

こんな感じで、不安な注文からスタートしたのですが、最後は大満足で完食したのでありました~♪

140926.神保町・漢陽楼0015

■こちらは、ふわふわ玉子のスープです。

優しく穏やかな醤油味で、具材にニンジン、玉ネギ、ネギの細切りが入っています。ほっとする味で良いですね~♪

140926.神保町・漢陽楼0014

■こちらは、ザーサイとモヤシの和え物です。

食べてみると、意外にもレモンが効いたさっぱり味で、複層的な味わいがあり、ただの付け合せにも工夫を凝らしてあります。

■総括としては、中国近代史に名を残す偉人が通った老舗であると同時に、完成度が高く、上品な味わいの料理を楽しめる高級中華料理店です。

店舗の外観が割りと地味だったので予想できなかったのですが、かつての歴史に頼っているだけのお店ではまったくなく、日本にしかない繊細で緻密な味わいの中華を堪能できる稀少なお店です。

料理を食べた後で思うことには、千円を越えるお値段もこの味ならむしろリーズナブルで、高い満足感があります。

自分は、今日食べためニューがたまたま当たりだった可能性もあるので、他のメニューも確認すべく、周恩来ばりに足繁く通って見たいと思います。

香港、台北、北京、上海でもなかなか味わえない、日本の上品な味わいの中華を満喫したい方にぜひおススメです~♪

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

伝説の喫茶店で看板メニューのナポリタン@神保町=さぼうる2

『このナポリタンを食わずしてロメスパを語ること勿れ~♪』

   ~さぼうる2(ツー) @神保町

■今日は、神保町でランチです。

自分は食べ歩きを始めて早5年になるのですが、お店を廻る時はだいたい事前調査をしてから訪問しているので、いわゆる看板メニューを外すことはあまりありません。

ただごく稀に、メニューを見てその時食べたいものを素直に注文し、そのお店の“看板メニュー”を外してしまって、あとで後悔することがあります。

今日は、2年前に訪問した時に“看板メニュー”を外してしまった、とある有名な老舗喫茶店に行くことにします。

■食べログで、中エリア区分“神保町・水道橋”エリアの“洋食・西洋料理”人気順ランキングを見てみます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみて下さいね~♪)

第1位 【神保町】 うどん 丸香 (うどん、天ぷら・揚げ物)
第2位 【神保町】 カリーライス専門店 エチオピア・本店 (カレーライス)
第3位 【神保町】 ボンディ・神保町本店 (欧風カレー、カレーライス)
第4位 【神保町】 キッチン南海・神保町店 (定食・食堂、カレーライス、コロッケ・フライ)
第5位 【神保町】 スマトラカレー 共栄堂 (カレーライス、ハヤシライス、スイーツ)
第6位 【神保町】 ライスカレー まんてん (カレーライス)
第7位 【後楽園】 ムーミン ベーカリー&カフェ・東京ドームシティ ラクーア店 (カフェ、パン、西洋各国料理)
第8位 【神保町】 欧風カレー ガヴィアル (欧風カレー)
第9位 【神保町】 とんかつ いもや・二丁目店 (とんかつ、定食・食堂)
第10位 【神保町】 さぼうる2 (喫茶店、パスタ、カレーライス)

上記の10軒はB級グルメの名店揃いで、どのお店もとっても魅力的です。グルメ探検としては、かなり前に全て訪問済みです。

ただ、この中で初訪問時に“看板メニュー”を外してしまったお店が1軒だけあり、それが第10位の“さぼうる2”です。

今日はこのお店に再訪して、2年前の無念を晴らしに(ちょっと大げさですね…^^;)行ってみます~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

140806.神保町・さぼうる20001

■本家の“さぼうる”は、1955(昭和30)年に開業した老舗の喫茶店で、“さぼうる2”は、本家の隣に1982(昭和57)年にオープンした支店です。

本家“さぼうる”では、サンドイッチやケーキなどの軽食のみを提供しているのに対し、“さぼうる2”ではカレーやナポリタンなど、いわゆる“昔ながらの喫茶店の食事”を提供しています。

昭和中期の“喫茶店文化”を牽引してきた、神保町を代表する老舗喫茶店にして、今なお現役の人気を誇るお店というからすごいですよね。

“さぼうる”の半地下のレンガの壁には、たくさんの落書きが残されているのですが、元気に書きなぐられた落書きの日付が1970年代だったりして、その歴史の長さを肌で感じることができます。

ちなみに店名の由来は、前回も書きましたが、サラリーマンが喫茶店で仕事を“さぼうる”ではなく、スペイン語で“味”という意味なんだそうです。 ヾ(*´∀`*)ノ

140806.神保町・さぼうる20004

■ちなみに、このお店は“ナポリタン”が看板メニューであることから、“ロメスパ”の老舗名店の一つとも言われています。(“ロメスパ”の解説については、下記の“ジャポネ”の記事をご参照ください。)

そこで、食べログで“東京都全域”の“パスタ”人気順ランキングから、“ロメスパ系”のお店をピックアップすると、以下の通りになります。(自分の主観で抽出していますので、あしからず…^^)

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみて下さいね~♪)

第1位 【有 楽 町】 ジャポネ (パスタ、カレーライス)
第2位 【丸 の 内】 インデアンカレー・丸の内店 (カレーライス、パスタ)
第3位 【神 保 町】 さぼうる2 (喫茶店、パスタ、カレライス)
第4位 【新   橋】 カフェテラス・ポンヌフ (喫茶店、パスタ、カレライス)
第5位 【阿佐ヶ谷】 ミート屋 (パスタ、イタリアン) <未訪問>
第6位 【渋   谷】 パンチョ・渋谷店 (パスタ) (池袋店に訪問済み・ブログ未掲載)
第7位 【大 手 町】 リトル小岩井 (パスタ、サンドイッチ)
第8位 【新   橋】 むさしや (洋食、パスタ、ハンバーグ) <未訪問>
第9位 【西 新 宿】 ハシヤ (パスタ) <未訪問>
第10位 【西新宿 】 あるでん亭・新宿店 (パスタ、イタリアン) <未訪問>

近年の“ナポリタンブーム”もあって、新旧のお店が入り乱れていてなかなか面白いランキングですが、今日の訪問でメジャーな“老舗ロメスパ”は制覇したことになりそうです~♪

■お店は、地下鉄神保町駅の真上にある神保町交差点からいくと、白山通りを南に20m進み一つ目の左折路(小道)を左折、20m進んだ右側にあります。徒歩1分以内です。

お店に着いたのは、11:20ごろです。

隣の“さぼうる”は、怪しげな密林の中に入って行くような独特な雰囲気ですが、“さぼうる2”はそこまでの感じはなく、ちょっとレトロな喫茶店に入る感じです。

ただ、お店の造りは“さぼうる”と同様に入口が中間階で、半地下のフロアと半2階のフロアに分かれています。

各フロアには25席程度はありそうですが、テーブルも席も昔サイズなのか小さいので、ぎっちり座れる感じではありません。内装も家具調度も、本家“さぼうる”と同じくレトロでウッディーな感じです。

入店後、時間が進むに連れてどんどんお客さんが増えてきて、11:45ごろには店の外に行列ができ始めます。

老舗喫茶店ということで、男性客ばかりかと思いきや、女子比率は意外と高く、3割ぐらいは女性でOLさんがランチにやって来ているようです。

140806.神保町・さぼうる20002

■ランチメニューは写真のとおり8種類あり、喫茶店としてはカレー、ピラフ、ナポリタンと、定番メニューが一通り揃っています。

2年前の前回訪問時と比べても、価格も含めて何も変わっていないので、消費税アップでも価格はアップさせなかったんですね。スバラシイ~!

前回訪問時の注文ミスというのが、お腹が空いていてがっつりご飯系の“ポークしょうが焼き”を選んだことなんです。

これはこれで人気があって、注文する人も多いのですが、看板&名物メニューといえばやっぱり“ナポリタン”です。

今日はこの念願の“ナポリタン”をコーヒーとのセット(850円)で注文します~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

【ナポリタン・セット】
140806.神保町・さぼうる20005

■注文してから8分後、お目当ての“ナポリタン”がやって来ます。

二人の同行者は“ハンバーグ”と“ポークしょうが焼き”を注文したのですが、それらはメインディッシュ、ライス、スープが別々のお皿でやって来ます。

“ナポリタン”などパスタ類は、専用のトレー(白地に青い模様のお盆)に乗ってやって来ます。

出てきた瞬間に、一同、その“盛り”のすごさに「おー!」と声を上げてしまいます。

140806.神保町・さぼうる20011

■上の写真で、ナポリタンの“盛り”のすごさを感じていただけるでしょうか。目の子で高さ10cmはあるでしょう。

このお皿のサイズに普通に盛り付けられる量のおよそ3倍のナポリタンが、とっても上手に堆く盛られています。
ヾ(*´∀`*)ノ

140806.神保町・さぼうる20009

■この堆い山を崩さないように、細心の注意を払いながら、頂上から食べ始めます。

むむむ、、、


う~ん、なかなか美味しいですね~♪ ヾ(*´∀`*)ノ


食べてすぐに気付くのは、このお店のナポリタンはいわゆる“ロメスパ”のナポリタンの一つとして知られていますが、他店と比べるとパスタの形状と食感がかなり違います。

通常だとかなりの太麺でしっかりした弾力があるのですが、これは太さも弾力も一般的なイタリアンでも出て来そうなレベルで、あまり茹で置き麺らしくないパスタです。

ソースはケチャップの甘味と酸味が前面に出たもので、これはロメスパ同様ですが、油は少なめでギトギトしたパワフル感はないため、抵抗なくどんどん食べ進むことができます。

具材はシンプルにハムとマッシュルームのみです。他店だと、ピーマンや玉ネギなんかも入っていたりしますよね。

でも、喫茶店のナポリタンの具材としては必要最低限を押さえている感じで、パスタを食べ進む間に挟めば、ちゃんと気分転換の役割を果たしてくれます。

それにしてもすごい量でして、食べやすいパスタ、ソース、具材の組合せになっているとは言え、後半になると満腹感との競争になります。

残してはいけないと思い、早いピッチを継続してなんとか食べ終わりますが、死ぬほどお腹いっぱいですね~♪
ヾ(*´∀`*)ノ

140806.神保町・さぼうる20008

■こちら、サイドで付いてくるサラダです。レタスとトマトにフレンチドレッシングが掛かっています。

140806.神保町・さぼうる20016

■食後はアイスコーヒーを頼みます。単品だと430円のものが200円で飲むことができます。

注文時に、甘くても良いかどうかと、ミルクが必要かを聞かれます。甘い方を選択すると、元から甘いアイスコーヒーが出て来ます。

ごく一般的なアイスコーヒーですが、レトロな空間でいただくと、自然と同行者との話も弾みます~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

■総括としては、歴史を感じさせてくれる空間で、ナポリタンをはじめとする昔懐かしい味の喫茶店メニューを楽しめる老舗珈琲店です。

昭和レトロな空間を維持しているだけでもすごいことですが、いまなお多くのファンの人々の普段使いのお店として人気があるなんて世界文化遺産に申請してもおかしくないレベル(?!)です。

自分も、今回看板メニューをいただき、肩の荷が下りたというか、2年越しの念願を叶えたので、次回からは気軽にその他のメニューを一つ一つ制覇していこうと思います。

昔懐かしい喫茶店の味が分かる人であれば、料理自体は普通に美味しいので、観光に行くつもりで行ってみて下さいね。おススメですよ~♪

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

B級グルメの都で稀少なコスパ抜群の激旨イタリアン@神保町=ロベルト

『ランチのシンプルな創作パスタでも、アイディア満載・コスパ抜群~♪』

   ~ロベルト -ROBERTO- @神保町

■今日は、神保町でランチです。

このエリアは、B級グルメの聖地といわれるだけあって、洋食やカレーなどのジャンルでは、東京を代表する老舗や名店がひしめきあっています。

一方で、イタリアンやフレンチ、割烹・小料理や寿司・海鮮料理などのジャンルは、以前からお店の数も少ない状況でした。

ただ、最近はこれらのジャンルでも、飛び抜けた優良店がどんどん出てきています。今日は、以前から目を付けていた、とあるイタリアンのお店に行ってみます。

■食べログで、中エリア区分“神保町・水道橋”エリアの“イタリアン”総合ランキングを見てみます。

(1軒だけですが、店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみてくださいね〜♪)

第1位 【神保町】( 1 ) クラフトビアマーケット・神保町店 (ビアバー、ビストロ、イタリアン) <未訪問>
第2位 【後楽園】( 3 ) チッタ・アルタ (イタリアン、スペイン料理、創作料理)
第3位 【竹  橋】(11) ラー・エ・ミクニ (イタリアン、フレンチ、西洋各国料理) <未訪問>
第4位 【神保町】( 2 ) ラ・スタジオーネ (イタリアン、ピザ、ダイニングバー) <未訪問>
第5位 【神保町】(21) レグーミ (カフェ、イタリアン、ダイニングバー) <未訪問>
第6位 【水道橋】( 5 ) 伊のマタギ (居酒屋、イタリアン、ろばた焼) <未訪問>
第7位 【神保町】(20) ロベルト (イタリアン) <未訪問>
第8位 【神保町】(31) クッチーナ・イタリアーナ・アンゴロ (パスタ、イタリアン) <未訪問>
第9位 【神保町】(36) アルフィーネ (イタリアン) <未訪問>
第10位 【神保町】(27) グッドモーニングカフェ・神田錦町 (カフェ、ダイニングバー、イタリアン)

※カッコ内は、食べログの口コミ投稿数のみによる人気順ランキングの順位。

『ミシュランガイド東京 2014』に目を通してみると、神保町駅周辺では3軒のお店が掲載されています。

星付きのお店は、新日本料理のジャンルの“傳(でん)”、焼鳥のジャンルの“蘭奢待(らんじゃたい)”で、イタリアンのジャンルでは“ロベルト”がビブグルマンに選ばれています。

今日は、上記第7位の“ロベルト”に行ってみることにします。

140523.銀座・タテルヨシノ0001

■“ロベルト”は、2007(平成19)年にオープンした、ワインにこだわったイタリアンのお店です。

神田神保町の公式タウンサイト“ナビブラ神保町”では、次のように紹介されています。

******************************************
ワインと小料理のお店“ROBERTO(ロベルト)”
旬の素材にこだわったロベルト店長自慢の料理と豊富なワインの品揃えで女性に大人気のお店です。ランチはパスタを中心に週替わりでメニューが変わるので毎回それを楽しみに足を運べば、次第にリピーターになりそうです。
【ワインはフランス・イタリアを中心に40種類以上と豊富】
(中略)
【旬の素材にこだわった自慢の料理をゆったりと】
ロベルト店長の料理には既製品がなく、どれも自家製ばかり。とにかく旬の素材にこだわり、おすすめメニューは3週間~1ヶ月程度のペースで新作を出していくのだそう。ランチメニューは2種類のパスタを週変わりで提供していており、毎週違うメニューが楽しめます。写真でも紹介していますが、人気の「フォワグラのパテ リンゴのゼリーをのせて」は、トーストの上にフォアグラと甘さ控えめのりんごのゼリーをたっぷりぬって食べます。これだけでも美味しいのですが、つけあわせのはちみつをつければ、甘みが増しまた違った味を楽しむことができるのでオススメです。(2010年4月取材)
******************************************

なるほど。イタリアンとは言っても、昼の食事がメインというよりは、夜のワインと料理がメインのお店のようですね。

■『ミシュランガイド東京 2014』では“ビブグルマン”(コスパの良い店認定!^^)を獲得していて、次のように紹介されています。

******************************************
2007年のオープン前には、調理経験を元にレストランをプロデュースする会社に勤務。新店舗などの提案を重ねるうちに自らの店を構える決意をしたという。料理はトラットリアらしいメリハリのある味付けとボリューム感を重視。コンフィにした鶏もも肉のサラダ仕立ては、ふんだんに使う胡桃の香りとゴルゴンゾーラの濃厚なドレッシングが調和する。「とろーりチーズ入りペンネアラビアータ」も良い。メインの肉料理は、塊のままシンプルに焼き上げる。
******************************************

ワインとボリュームある料理の組合せは、今流行りのイタリアンバル形態そのものですが、ビブグルマンに選ばれているということは、やはりお料理が良いんでしょうね。楽しみです~♪ ^^

140523.銀座・タテルヨシノ0015

■お店は、地下鉄神保町駅の真上にある神保町交差点から行くと、南北に伸びる白山通りを北向きに100m進み2本目の右折路を右折、50m進んだ左側にあります。徒歩2、3分です。

お店に着いたのは、開店時間の11:30です。店内はほぼ正方形のスペースに、大きなオープンキッチンとそれに面したカウンター席8席があり、その逆サイドにテーブル席が一列に12席あります。

お店の入口が全面ガラスになっているせいもあって店内は明るく、広々とした感じがします。簡素ながらもカフェのようなオシャレな雰囲気です。

11:45ぐらいからOLと思しき若い女性が団体で数組やってきて、予約と合わせて12:00ぐらいにはほとんどの席が埋まります。

140523.銀座・タテルヨシノ0004

■ランチメニューは、2種類のパスタと1種類のリゾットの計3種で、価格はすべて900円です。

神保町のランチ価格としては平均的ですが、スープ、前菜、メインが出てくるイタリアンのランチとしては、かなりお得な感じがする価格設定です。

しかも、①サルシッチャ…、②ワタリガニ…、③ホタテ…と見ると、ありきたりのメニューではないということと、けっこう良い食材を使っていることに気付きます。

自分は②の“ワタリガニのスパゲティ”、同行の仕事仲間は“サルシッチャとズッキーニのスパゲティ”を注文します。

【スープ】
140523.銀座・タテルヨシノ0006

■注文が終わるとすぐに、スープが運ばれてきます。具材には、ベーコン、小松菜、玉ねぎが入っています。

飲んでみると、ベーコンから旨味がしっかり出ていて、とっても分かりやすい味の美味しいスープです~♪

【前菜】
140523.銀座・タテルヨシノ0007

■続いて、前菜として“サツマイモのバーニャカウダソース”が運ばれて来ます。

サツマイモの下の、レタスやベビーリーフのサラダには、オイルビネガー系のドレッシングが掛かっています。

食べてみると、サツマイモ本来の甘味がうまく引き出されていて、そこに旨味豊かなバーニャカウダソースが重なり、とっても美味しいですね~♪

サツマイモは、厚みもサイズもあるので、食べ応えもしっかりあります。

【ワタリガニのスパゲティ】
140523.銀座・タテルヨシノ0011

■いよいよメインの“ワタリガニのスパゲティ”の登場です。

トマトソースのパスタらしいオレンジ色のスパゲッティで、その上のソースの中にはたっぷりとカニ肉の繊維が見て取れます。

立ち昇る湯気からも、トマトの香りとともに、カニの香りが鼻腔をくすぐり、テンションが上がります~♪

140523.銀座・タテルヨシノ0013

■それでは、さっそくスパゲッティを一口食べてみます。

むむむ、、、


うぁ、これはウマ━━━(*´∀`*)o^∀^o)*´Д`*)━━━イ!!!!!!


濃厚なトマトソースにはたっぷりのタラバガニの身が入っていて、押し出しの強い、しっかりとした旨味が迫って来ます。

それでいて、味付けには繊細な部分もあって、絶妙に荒挽き黒胡椒を効かせてあったり、輪切りの乾燥唐辛子が少量入っていたりして、巧みなアクセントが入っています。

パスタはやや細めで、ソースがしっかり絡まる太さのもの。茹で具合は、芯がちょうどなくなる程度のジャスト・アルデンテです。

いやぁ、とってもシンプルなスパゲッティだけに、事前に標準的なイメージをもって食べ始めたのですが、贅沢な材料使いと絶妙なアレンジで、事前イメージを大きく凌駕してくれます。

あんまり美味しかったので、フォークを持つ手が止まらず、仕事仲間との会話もそこそこに、一気に食べてしまいます。

う~ん、ランチのスパゲッティではありますが、シェフの力量の高さとセンスの良さを伺うには十分な一皿ですね~♪

【サルシッチャとズッキーニのスパゲティ】
140523.銀座・タテルヨシノ0009

■こちらは、同行の仕事仲間が注文した“サルシッチャとズッキーニのスパゲティ”です。

サルシッチャは、イタリアの腸詰め、ソーセージのことです。(注文前に店員さんに確認済みです。 ^^;)

140523.銀座・タテルヨシノ0010

■ぱっと見だと、どんな味か想像しにくいのですが、ニンニク、胡椒、唐辛子が効いたペペロンチーノ風なんだそうです。

■総括としては、本格的で凝った美味しいパスタがメインの、非常にバリューがあるランチを提供するお店です。

お昼はシンプルなパスタランチのみですが、その一皿だけでもお店の料理のレベルの高さが伺えます。

それでいて、夜は本格イタリアンというよりは、イタリアン・バルのようなお店というから驚きです。

料理がこれだけ美味しければ、ワインと一緒に楽しめば最高でしょうね。ランチにも再訪したいところですが、ぜひバルタイムにもお邪魔してみたいと思います。

それでなくても神保町ではイタリアンは貴重ですが、どうせならとびきり美味しいイタリアンはいかがでしょうか。超おススメです~♪

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

東京トップクラスの激旨・激安タイ屋台料理店@淡路町=あろいなたべた

『東京で一二を争う美味しいトムヤムクンスープ~♪』

   ~あろいなたべた・神田須田町店 -aroyna tabeta-

■今日は、淡路町でランチです。

雨降りなのであまり歩きたくないのですが、そこは隠れたグルメシティ・淡路町なので、食事処の選択肢には困りません。

駅から1、2分という条件で思い付いたのが、前から気になっていた、とあるタイ料理のお店です。

■食べログで、中エリア区分“神田・御茶ノ水”エリアの“アジア・エスニック”人気順ランキングでお店の位置付けを確認します。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみて下さいね~♪)

第1位 【神  田】 東京カオマンガイ (タイ料理、タイカレー、居酒屋)
第2位 【小川町】 シャヒ・ダワット (インド料理、インドカレー、ネパール料理) (訪問済みブログ未掲載)
第3位 【神  田】 ブルーパパイヤ (タイ料理、タイカレー、カフェ) <未訪問>
第4位 【小川町】 グリーンパッタイ (タイ料理、タイカレー) <未訪問>
第5位 【小川町】 ディラン (カレーライス、インドカレー、アジア・エスニック料理) <未訪問>
第6位 【神  田】 サモサ・神田店 (インド料理、インドカレー) <未訪問>
第7位 【淡路町】 あろいなたべた・神田須田町店(タイ料理、タイカレー、バー・お酒)(有楽町店に訪問済み)
第8位 【神  田】 焼肉グレート・神田店 (焼肉、焼酎、韓国料理) <未訪問>
第9位 【神  田】 韓豚屋・神田店 (韓国料理) (サンシャイン池袋店に訪問済み)
第10位 【小川町】 ジャンピー (タイ料理) <未訪問>

淡路町というと、東京トップクラスの“とんかつ”の名店群、神田須田町近辺の老舗名店群が有名で、どれも素晴らしく魅力的です。

そのため自分の食べ歩きでは、“アジア・エスニック”のジャンルのお店はかなり手薄になっていたようですね。

たくさんある未訪問店の中から、今日のターゲットは、第7位の“あろいなたべた・神田須田町店”です。

140403.淡路町・あろいなたべた0000

■“あろいなたべた・神田須田町店”は、2010年8月にオープンした、タイ料理のお店です。

タイ・プーケットに本店を構える屋台風タイ料理店の支店で、一号店が有楽町のJRガード下にある、激安・激旨の超人気タイ料理店“あろいなたべた”(←過去ブログ記事参照できます!)で、このお店は日本二号店のようです。

ぐるなび”でのお店の自己紹介は、次のとおりです。。

*******************************************
【神田5分、淡路町1分のタイ現地の雰囲気たっぷりのお店!歓迎会シーズン到来!タイスキ鍋で歓迎会ぃ~】

◆タイに行きたくなります!なんと単品は630円均一!晩酌・食事も◎
日本向けアレンジ無しの本場の味を忠実に再現してます!タイに行ったことがある方は、タイが恋しくなりますよ(笑)

タイビールや東南アジアのビールもご用意してます!各種カクテル(20種)・焼酎・梅酒(3種)も用意しておりますので、皆様で是非お越し下さい!4種のタイジュースも美味しいですよ♪
*******************************************

要約すると、“日本向けアレンジ無しの本場の味を忠実に再現”というあたりにポイントがありそうですね~♪ ^^

■お店は、東京メトロ丸ノ内線・淡路町駅の真上にある淡路町交差点から行くと、東西に伸びる靖国通りを東へ30m進み一つ目の右折路を右折し、30m進んだ右側にあります。徒歩1分です。

お店に着いたのは12:20ごろです。

店内は、タイの屋台をイメージしたというだけあって、テーブルも床も木目を多用し南国風に仕立てられています。お店の中は、タイ料理店らしい香辛料の匂いで充満していて、気分が高まります。

総席数は、テーブル席、カウンター席、個室合わせて52席とのことですが、お店も認めるとおり、そんなに座ったらちょっときつそうです。実際にはそこまで人を詰めないので、ゆったり座れそうです。

入店時はほぼ満席で、一人客の自分は、たまたま空いたカウンター席に座るように促されます。

こういう店だとお客さんは自然とガヤガヤするのか、タイのポップな歌謡曲と話し声がいい感じにシンクロしています。

140403.淡路町・あろいなたべた0005
140403.淡路町・あろいなたべた0007

■このお店のメニューの特徴の一つは、セットメニューも単品料理も、価格がすべて630円均一であることです。

630円という金額に消費税5%時代の名残りを感じますが、税率が8%に上がってもそのままで頑張っているようです。

もう一つの特徴が、メニューの種類の多さで、セットメニューで20種類、単品料理で40種類はゆうにあります。

また、セットメニューには、いくつかの料理が合わせ盛りになった定食セットのようなものもあります。

メニュー構成は“あろいなたべた・有楽町店”と基本は同じで、一部日替わりなどはオリジナルになっているようです。

■さて、これだけメニューが多いと、メニュー選びには非常に迷うところです。こういう迷い方は楽しいですね~♪ ^^

“カオマンガイ”のようなタイ料理らしい一品モノで行くか、このお店の特徴である定食セットモノでいくか。

しばらく眺めていると、だんだん全て試してみたくなってくるのですが、ひとまず今日のメニューを決める必要があります。

そこで思い出したのが、『タイ料理屋は、トクヤムクンが旨いかどうかで見極める』というマイルールです。

このルールに基づき、“トムヤムクンヌードルセット 高菜炒めご飯付き”(もちろん、630円!)を注文することにします。

このセットではスープに合わせる麺を、バミー(中華玉子麺)とセンレック(中太米粉麺)の2種類から選ぶことができます。ここも迷うところですが、センレックとの組み合せはどのタイ料理店でも試せるので、比較的珍しいバミーにします。

ちなみに、このお店では“屋台らしさ”を徹底的に追求し、お代は前払いになっています。

【トムヤムクンヌードルセット】
140403.淡路町・あろいなたべた0010

■注文してからおよそ5分で注文の品がやって来ます。混んでいるのに、なかなか早いサーブです。スバラシイ~!^^

鉄のお盆の上に、鉄のどんぶりのトムヤムクンヌードル、鉄のお皿の高菜炒めご飯が載っていて、この食器のチープ感もタイの屋台料理っぽくていいですね。

トムヤムクンヌードルから立ち昇る、香辛料の効いた蒸気が、鼻腔を激しく刺激し、唾液の分泌を促します~♪ 
ヾ(*´∀`*)ノ

140403.淡路町・あろいなたべた0011

■まずはトムヤムクンヌードルから取り掛かります。

使用されている中華麺は、かなり細めの縮れ玉子麺で、表面にスープの中の細かい唐辛子が付着しています。

それではさっそく食べてみます。

むむむ、、、


うわっ、これはウマ━━━(*´∀`*)o^∀^o)*´Д`*)━━━イ!!!!!!


まず、トムヤムクンスープが抜群に旨いんです。最初の口当たりは、しっかりした辛さにレモングラスの酸味を感じますが、その後、海老の香りとともに重厚な旨味が迫ってきます。

それに加えて、今日の麺選択が大正解で、細めの玉子麺にはスープがしっかりと絡みつくとともに、玉子麺のほのかな甘味が絡めのスープとの絶妙な対立関係を作り上げ、華やかな美味しさへと昇華します。

小さなどんぶりの中で、麺の甘味、レモングラスの酸味、ナンプラーの塩味、海老の旨味、唐辛子の辛味が絶妙なバランスを保ちながら複雑に絡み合っています。

本格的なタイ料理店は数あれど、こんなに美味いトムヤムクンはなかなかないのではないでしょうか~♪ 
ヾ(*´∀`*)ノ

140403.淡路町・あろいなたべた0013

■具材には、ちゃっと海老がいくつか入っています。お値段を考えれば相当立派です。

チンゲン菜はこの辛目のスープの中にあって、パクチーとともになかなかいいアクセントになります。

あまりの美味しさにあっという間に麺と具材を食べ終えると、けっこうな辛さに、額は汗びっしょりです。

残りのスープは、高菜炒めご飯とともにいただき、もちろん汁完(←全部飲んだという意味)です~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

【高菜炒めご飯】
140403.淡路町・あろいなたべた0012

■こちらは、タイの長粒米のご飯の上に、パッ・パッカートドーン(高菜と玉子の炒め物)を載せたものです。

軽い塩胡椒のみの味付けなので、シンプルにして美味しいですね。タイ米の独特な香りがして、エスニック感も満点です。

辛めのトムヤムクンスープとの相性ももちろん抜群で、スープとともに一気に食べ終えてしまいます~♪

**********************************************
【おまけ】
結局、このお店を気に入ってしまい、食べ歩きの訪問は原則一期一会と決めているのですが、リピートしちゃっています。
遅めのランチでサクッと食べたい時には、気軽に通っておりまして。。。

【Dセット】
140428.淡路町・あろいなたべた0007

■肉料理、野菜料理、カレーを組み合わせたセットメニューの中から、Dセットを注文します。

“パッ・パック・ルアム”(タイ風野菜炒め)、“ムー・パッ・クーイケム”(豚肉のクーイケム(アミ塩辛)炒め)、“ゲーン・キィァオ・ワーン”(グリーンカレー)のセットです。

140428.淡路町・あろいなたべた0012

■それぞれの料理の味は、次のような感じです。

“パッ・パック・ルアム”…キャベツ、キクラゲ、ニンジン、小松菜の野菜炒めで、とろみが付けられあっさり薄味に仕上がっています。アクセントにナッツが入っています。

“ムー・パッ・クーイケム”…豚バラ肉を、ピーマン、パプリカ、玉ねぎとともに炒めたものですが、ナンプラーとクーイケム(アミ塩辛)を使った味付けが味わい深く美味しいですね。ご飯にも合うし、クセになりそうです。

“ゲーン・キィァオ・ワーン”…具材として鶏肉、ナス、筍が入った、マイルドにココナッツミルクで仕上げられたグリーンカレーです。意外なことに、塩味が濃い目でご飯が進みます。また、想像以上にかなりジワジワ来るしっかりした辛さがあります。

そういえば、セットメニューのご飯はタイ米ですが、なかなか良い炊き上がりで、匂いもとっても良いですね~♪

■総括としては、本格的な美味しいタイ料理を、全品630円均一の激安価格で味わえる、超絶コスパのタイ料理店です。

ただ安いだけなら、当ブログでは紹介しませんが、日本人向けアレンジなしの本場の美味しさをこの値段で満喫できるのでまったく文句の付けようがありません。

有楽町店はJRのガード下にあって独特な雰囲気で好き嫌いが分かれそうですが、こちら神田須田町店は普通の南国風レストランの雰囲気なので、誰でも入りやすいし、居心地は良いと思います。

なにせメニューが豊富なので、自分好みの料理を見付けるのには数回掛かるかもしれませんが、その価値は十分にあると思いますし、タイ料理のグルメ修業・勉強をするにもコスパが良いので最適だと思います。

周りは中小オフィスビルが立ち並ぶ地味な街ですが、わざわざ行く価値のあるお店だと思うので、タイ料理がお好きな方を含め、広く皆様におススメです~♪

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
291位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
123位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html