スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老舗天ぷら屋のボリューム満点名物天丼@三ノ輪=土手の伊勢屋

『食べて納得!ボリューム満点のめちゃウマ天丼~♪』

   ~土手の伊勢屋 @三ノ輪 (/吉原大門)

■今日は、午後の仕事で東武伊勢崎線に乗り埼玉方面に行くので、手前の三ノ輪で途中下車ランチです。

滅多に来るチャンスのないエリアなのですが、意外と有名店・人気店が多いので、楽しみながらも慎重にお店を選びます。

その結果、とある有名天ぷら店を今日のターゲットにします。

■食べログで、“東京都全域”エリアの“和食-天ぷら”人気順ランキングでお店の位置付けを確認します。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみて下さいね~♪)

第1位 【淡路町】 神田まつや (そば、天ぷら、日本酒)
第2位 【浅  草】 並木藪蕎麦 (そば、天ぷら、日本酒) <未訪問>
第3位 【飯田橋】 蕎楽亭 (そば、天ぷら)
第4位 【新  宿】 讃岐うどん大使 東京麺通団 (うどん、カレーうどん、天ぷら)
第5位 【浅  草】 大黒家天麩羅・本店 (天ぷら、天丼・天重、居酒屋)
第6位 【新  宿】 天ぷら新宿つな八・総本店 (天ぷら、割烹・小料理、居酒屋)
第7位 【三ノ輪】 土手の伊勢屋 (天ぷら、天丼・天重) <未訪問>
第8位 【銀  座】 てんぷら 近藤 (天ぷら、懐石・会席料理) <未訪問>
第9位 【神  田】 室町砂場 (そば、天ぷら)
第10位 【高円寺】 天すけ (天ぷら、天丼・天重) <未訪問>

このランキングを見ると、そば屋、うどん屋、天ぷら屋の3種類が混在しています。

今日のターゲットは、第7位の“土手の伊勢屋”で、純粋な天ぷら屋としては、東京で第3位となっています。

140313.三ノ輪・土手の伊勢屋0002

■“土手の伊勢屋”は、1889(明治22)年に開業した、創業114年になる老舗の天ぷら屋です。

創業当初は一般食堂で、場所が吉原大門のそばだったことにより、朝から晩まで吉原の客で賑わったそうです。

20年ほど経ってから、メニューを最も人気があった天ぷらに絞り、たくさんの漁師が近くの隅田川河口などで獲れた新鮮な魚を運んで来ては、すぐに捌いて天ぷらにして出していたそうです。

現在でも、このお店の天ぷらの名物タネの一つである“穴子”は、生きたまま仕入れて注文を受けてから捌くそうで、今でも昔ながらの伝統を引き継いでいます。

140313.三ノ輪・土手の伊勢屋0013 (2)

■“東京カレンダー”という情報サイトの記事では、次のように紹介されています。

**********************************************
【濃厚な味と軽快な歯触りの、下町三ノ輪が誇る名物天丼】

地下鉄三ノ輪駅から徒歩10分ほどの住宅と町工場に囲まれた一角に佇む 創業百年を越える天丼の専門店。創業当時2銭であったという価格こそ変わったが、「天丼は大衆食。お腹一杯食べてもらいたい」という理念は今も昔のまま。その専門店ならではの誇りとともに受け継がれる天丼は、海老や穴子、野菜に掻き揚げまでが載る、豪勢な一杯。軽快な衣の歯ごたえ、濃厚で奥深いタレ、そして、丼からはみ出す程のボリューム。だが、良質の胡麻油を使い高温で揚げることで、さっぱりと味わえる仕上がりになっている。明治の創業から時代を経て「今は誰もがグルメになった」と語る三代目主人の若林喜一さん。客の舌に追いつき、追い越すことが料理人の務めと、今なおより良い天丼に向けての研究に余念はない。
(注)この記事は数年前のもので、現在の店主さんは若林家とは違う方が五代目となっています。
**********************************************

なるほど。110年に渡って、旨い天ぷらで人気を博し続けているお店なんですね~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

0006039096E7_740x555ya.jpg
(お店の入口付近から見た店内の様子。自分では店内写真が撮れなかったため“ヒトサラ”から拝借しています。)

■お店は、東京メトロ日比谷線・三ノ輪駅の真上にある大関横丁交差点から行くと、都道306号線を亀戸方向(南東方向)に800m進んだ左側にあります。道のりは単純な一本道ですが、徒歩で15分近くかかります(遠いっ!^^;)。

お店に着いたのは、11:50ごろです。

お店の建物は、隣の老舗馬肉料理店“桜なべ 中江”と繋がっていて、1927(昭和2)年に再建され国の有形文化財にも指定されている、とっても趣のある和風建築なんです。

ガラスの引き戸を引いてお店に入ってもイメージはそのままで、燻されたような濃色木材の柱や家具がやや暗めの照明に照らされて、レトロな調度と合わせて老舗らしい味のある雰囲気を出しています。

客席はテーブル席が4卓18席、座敷席が10席ありますが、少なくともテーブル席は相席で座ることになっています。

いつもは平日でも食事時は待ち行列ができるそうですが、今日は雨降りのせいか待ち行列はありません。

それでも店内はほぼ満席で、自分は入口近くの6人卓の片側に、最後のお客として座ります(テーブルは片側一組)。

ただ、昔のテーブルだからか机の幅がとても狭く、向かいの人とはかなり近い感じがします。

(前に座っている人に気兼ねして、写真を非常に撮りにくいのがブロガー的には難点です…(^_^;))

640x640_rect_22957856.jpg
(メニューの写真は、対面の席が近すぎて撮れず、食べログから拝借しています。^^;)

■メニューは、丼物形式が基本で、“天丼”(3種)、“海老天丼”、“穴子天丼”、“かき揚げ丼”があり、天ぷらプラス定食形式のメニューも一応あります。

丼物については、いずれのメニューも人気があるようですが、初訪問なのスタンダードな“天丼”から選びます。

(イ)キス、イカのかき揚げ、海老2本 (1,400円)
(ロ)穴子、イカのかき揚げ、海老1本、獅子唐 (1,900円)
(ハ)穴子、小海老・貝柱・白魚のかき揚げ、海老2本、野菜3種 (2,300円)

この3種類からの選択で、事前調査によると名物タネが“穴子”であるため、一般には(ロ)を選ぶ人が多いようです。

ただ、自分は滅多に来れる場所ではないことと、差額がたった400円であることと考え合わせて、(ハ)を注文することにします。

あと、店員さんが味噌汁などは付いていない旨を告げるので、定番の“なめこ椀”(200円)を付けてみます。

【天丼(ハ)】
140313.三ノ輪・土手の伊勢屋0004 (2)

■注文するとすぐにお茶とお新香が出て来ますが、天丼はそれから17分後に出て来ます。

天丼には蓋が被せてあるのですが、その蓋から名物タネの“穴子”が大きくはみ出しています。20cmは優にありそうなビッグサイズです。

なるほど。前評判どおり、なかなかインパクトのあるルックスですね~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

140313.三ノ輪・土手の伊勢屋0006 (2)

■蓋を開けてみると、穴子以外の盛りだくさんのタネが姿を現します。

写真中央の細長いものが、野菜タネの一つの“生姜”で、その左側にカボチャと獅子唐があります。

このままだと食べられないので、このお店の“通”の方がやる通り、3種の野菜タネを丼ぶりの蓋に移します。

140313.三ノ輪・土手の伊勢屋0006 (2)_edited-1

■すると、下の写真のように2つの海老が姿を現し、その右下にかき揚げが載っているのを確認できます。

それでは、このお店の名物タネである穴子から食べ始めます。

むむむ、、、


うぉー、めっちゃウマ━━━(*´∀`*)o^∀^o)*´Д`*)━━━イ!!!!!!


しっかりした厚めの衣でタレもしっかり掛かっているのに、なぜかふわっとさっくさくで心地良い軽快な食感です。

穴子は絶妙な火加減で揚げているからでしょう、身はしっかりした旨味を湛えつつも、ふわふわで柔らかな食感に仕上がっていて、サイズは大きいのですが、衣の軽さと合わせてどんどん食べられます。

掛かっているタレは、やや甘めのさらっとしたものですが、香りと味わいには深いものがあり、醤油は立ち過ぎず寝ぼけず、主役の天ぷら自体をしっかりと引き立てるものになっています。

このタレはご飯とも相性がよく、天ぷらとご飯とをうまく繋いでいて、天丼全体をうまく纏める役割を果たしています。

これは前評判に違わず、随所に伝統の技とノウハウが生きている、とってもレベルが高い天丼ですね~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

140313.三ノ輪・土手の伊勢屋0009 (2)

■穴子以外のタネも、衣とタレが絶妙なので、どれもこれも美味しく仕上がっています。

・海老;揚げ上がりでも12cmほどあるしっかりしたサイズのもので、火の通し方が巧くぷりっぷりの食感に
仕上がっており、海老の風味と甘味が存分に楽しめます。

・かき揚げ;小海老と小柱は柔らかくぷりっとした食感に、白魚はパリっとした食感、香ばしい風味に仕上がって
います。元の食材の鮮度の高さまで感じられるもので、これなら“かき揚げ丼”も絶品でしょうね。

・カボチャ;驚くほど柔らかく、しっかりとカボチャの甘みを感じられる素晴しい揚げ上がりです。

・獅子唐;ただの獅子唐でも、揚げてあるのに野菜ならではのフレッシュさをしっかり感じられる仕上がりです。

・生姜;これは面白いタネですが、揚げ物なのに食べると口の中がさっぱりして、気分転換や味わいの
アクセントになっています。

良質な胡麻油を使って高温で一気に揚げるそうですが、どのタネも素材の鮮度の高さが揚げた後でもしっかりと伝わってくる絶妙な仕上がりになっており、ここに老舗伝統の技が生きているんでしょうね。

追加の“なめこ椀”は、細かい絹ごし豆腐となめこ、三つ葉が具材で、合わせ味噌をしっかり効かせたものです。

お新香(キュウリと大根の浅漬け)と合わせて、天丼の合間に食べれば、良い箸休め、アクセントになります~♪

■総括としては、見た目のインパクトとワンランク上の味わいを兼ね備えた、とっても美味しい天丼を出してくれる老舗天ぷら店です。

やはり特筆すべきは、タレを掛けてもふわっとしてさくさくの衣で、新鮮なタネを生き生きと仕上げているところと合わせて、老舗に伝わる技とノウハウを感じます。

また、天ぷらともご飯とも相性が良いタレのおかげもあって、全体がよく纏まっているところも大きな美点です。

自分はこれまでいろんな天丼を食べてきたつもりですが、東京で最も美味しい天丼の一つと言えるかと思います。

それなりにいいお値段がするので、普段使いにするには難しいものがありますが、観光地だと思えば美味しいので納得感はあります。

見た目にもインパクトがある、美味しい天丼を食べてみたいと思うすべての方におススメです~♪

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

鯉と鰻が美味しい人気の老舗大衆居酒屋@赤羽=まるます家

『川魚料理がとにかく美味しい超人気大衆居酒屋~♪』

   ~鯉とうなぎのまるます家・総本店 @赤羽

■今夜の週末ディナーは、ちょっと足を伸ばして赤羽まで飲みに行きます。

赤羽には“吉田類の酒場放浪記”に出てきそうな、昭和を髣髴させる、味のある渋い居酒屋が数多くあるんです。

その中でも、以前から特に気になっていた、とある人気の大衆居酒屋に行ってみます。

■食べログで、大エリア区分“大塚・巣鴨・駒込・赤羽”エリアの“レストラン&ラーメン”人気順ランキングを見てみます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみて下さいね~♪)

第1位 【赤羽岩淵】 手打うどん すみた (うどん、居酒屋) <未訪問>
第2位 【西新井大師西】 スタミナ苑 (焼肉、ホルモン) <未訪問>
第3位 【東 十 条 】 麺処 ほん田 (ラーメン、つけ麺)
第4位 【王子神谷】 中華そば屋 伊藤 (ラーメン) 
第5位 【赤   羽】 自家製麺 伊藤 (ラーメン、つけ麺、丼もの)  <未訪問>
第6位 【赤   羽】 鯉とうなぎのまるます家・総本店 <未訪問>
第7位 【千   石】 千石自慢ラーメン・本店 (ラーメン)  <未訪問>
第8位 【大   塚】 ぼんご (おにぎり) (訪問済みブログ未掲載)
第9位 【赤   羽】 丸健水産 (おでん、立ち飲み居酒屋・バー) <未訪問>
第10位 【大   塚】 ぼたん・大塚本店 (ラーメン、餃子)

食べログのいい加減な(?!)エリア設定では、ずいぶん広い地域が含まれているので、このランキングを踏破するのには、かなりてこずりそうですね。

今日のターゲットは、ずばり第6位の“鯉とうなぎのまるます家・総本店”です。

140105.赤羽・まるます屋0001

■“まるます家”は、1950(昭和25)年に開業した、創業63年になる老舗の大衆居酒屋です。

看板にもあるとおり、“鯉”や“鰻”などの川魚の料理を得意としているお店です。

このお店の特徴は、何と言ってもその営業時間で、朝9時から食事をすることもできるし、お酒を飲むことができることです。

常時100種類以上の料理が揃っていて、料理とご飯をセットにすることで、朝食、ランチに利用することも可能だし、朝っぱらから(お昼から)お酒を飲んで〆に食事という使い方もできる万能なお店なんです。もちろん夜の居酒屋利用も可能です。

このスタイルを60年以上続けていて、漫画“孤独のグルメ”や吉田類の“酒場放浪記”にも取り上げられる、老舗居酒屋としての確固たる地位を築いています。

昭和の香りがぷんぷんする、酒好きの人々から長年愛され続けているお店なんですね~♪

140105.赤羽・まるます屋0005

■お店は、JR赤羽駅・東口から行くと、駅前ロータリーを見て左手にある“一番街商店街”のアーケードをくぐり、80mほど進んだ左手にあります。徒歩3分ほどです。

お店には夕方の17:00頃に着いたのですが、近くにはいろんなタイプの居酒屋さんが並んでいて、いくつかのお店はすでに満席だったりします。

このお店も、案の定すでに満席で、待ち客が3人ほど店内のすりガラスの引き戸の近くに立っています。

店内は少人数客用の1階席と3人以上客用の2階席があって、1階席は吉野家のようなコの字型のカウンター席2列と、壁際にテーブル席が3つあります。席数は全部で80席あるそうです。

探検隊も、寒いすりガラスの傍で20分ほど待った後、たまたま一番居心地が良さそうなテーブル席が空き、そこに案内されます。

カウンター席だと必ず対面に人がいるので、料理の写真を撮る時に人目が気になるところですが、テーブル席なら何の気兼ねもなくゆっくり写真撮れます。これはすごくラッキーですね~♪

640x640_rect_7908732.jpg
(食べログから拝借した、壁に貼ってあるメニューリスト。これ以外に“今日のおすすめ”が厨房口にあります。)

■メニューは、壁中に短冊の形で無数に貼り付けられています。

基本は、鯉、鰻、鯰(なまず)、鰌(どじょう)などの川魚料理ですが、揚げ物や焼き物など、普通の居酒屋料理もめちゃくちゃ充実しています。

いきなり訪問したら、何を注文しようか迷うところですが、探検隊は事前に十分な調査をしたので、自信を持って注文を開始します。

【まずはビールで乾杯~!】
140105.赤羽・まるます屋0008

■実はこのお店、酔っ払いが長居をするのを防止するために、『お酒類1人3本まで!!』という黄金ルールがあります。

そのため、普通なら隊長・隊員で生ビールを2杯注文するところ、瓶ビールを1本からスタートします。

ぐびっ、ぐびっ、ぐびっ、ぷは~! ヾ(*´∀`*)ノ

夕方の早い時間から、飲むビールは格別ですねー。待ち時間が長かったこともあって、渇いた喉にビールは最高です~♪

【鯉のあらい】(400円)
140105.赤羽・まるます屋0012

■このお店は“鯉とうなぎ”のお店なので、最初の一品は“鯉のあらい”です。

前に食べたのは何年前だったでしょうか。けっこう泥臭くて小骨なんかが混じっていた嫌な記憶がよみがえります。

でも、このお店の看板メニューとのことなので、注文から外すわけにいかず、やむなく注文です。

さっそく、添えてある酢味噌を軽く付けて食べてみると、、、


あれれ、これは美味しい~! ヾ(*´∀`*)ノ


たぶん下処理等の技術の違いだと思いますが、泥臭さは皆無で、身に張りがあり鯉自体が新鮮な感じがします。

これなら酢味噌でごまかさなくても、普通の醤油でもぜんぜん美味しくいただけますね。

もちろん、嫌な小骨も皆無で、小骨を警戒しながら食べる必要もありません。さすがこのお店の看板料理ですね~♪

【鯉こく】(400円)
140105.赤羽・まるます屋0017

■二品目は“鯉こく”です。簡単に言うと、鯉の身を入れた味噌汁です。(序盤に汁物を入れて、がっつり飲む準備をします。)

かなり大きな味噌汁椀には、大きな鯉の身、豆腐、刻みネギなどがたっぷり入っています。

140105.赤羽・まるます屋0020

■さっそく一口飲んでみると、、、


おー、これも美味しい~! ヾ(*´∀`*)ノ


魚を煮た味噌汁ですが、海の魚とは全く違う、独特で濃厚な風味と旨味があって、予想をはるかに上回る美味しさです。

やはりこれも、専門店ならではの伝統の技があったりするんでしょうね。さすがです~♪

【ナマズの唐揚げ】(500円)
140105.赤羽・まるます屋0025

■このお店は“鯉と鰻のお店”ですが、事前調査によると、他にも“なまず”や“どじょう”といった川魚の人気メニューもあるようです。そこで、唯一のなまずの料理、“ナマズの唐揚げ”を三品目に頼みます。

出てきたものを見ると、さくさく系の分厚い衣を纏っていて、レモン、もみじおろし、ポン酢が添えてあります。

レモンを絞り掛け、軽くポン酢に付けて食べてみると、、、


めっちゃ、ウマ━━━(*´∀`*)o^∀^o)*´Д`*)━━━イ!!!!!!


なんという美味しさなんでしょう。予想外の美味しさに、隊長と隊員で歓喜の声をあげてしまいます。

中のナマズの身は、噛むともっちりとして、独特な旨味が口の中で優しく広がる感じです。さくさく系の衣には軽く塩などで味が付けてあり、ポン酢は付けなくても十分楽しめます。

このお店、恐るべしデス。泥臭くて不味いという、自分の川魚に対する思い込みが根底から破壊されます。

ちゃんとプロの技を経ると、川魚は海魚とは違った味わい、うまみが楽しめるんですね。けっこう感動です~♪

【牛すじ煮込み】(450円)
140105.赤羽・まるます屋0015

■四品目は、このお店の看板メニューともいえる“牛すじ煮込み”です。

具材は、牛すじがメインで、大根、ニンジン、ゴボウ、豆腐、こんにゃくなどが入っています。

どの具材も、サイズが大ぶりなのが特徴的ですね。

140105.赤羽・まるます屋0023

■さっそく牛すじから食べてみると、味付けはあっさり目で、その分素材の味をしっかり感じることができます。

大根、ニンジン、ゴボウなどは、柔らかくなるまでしっかり煮えており、美味しいですね~♪

味噌味のスープも、そのまま飲めるぐらいの濃度なので、このあとお酒の途中でアクセントになります。

【日本酒投入~!】
140105.赤羽・まるます屋0028

■お酒は、ビールをやめて日本酒を投入します。赤羽の地酒“清酒 丸真正宗”(350円×2合)です。

寒いので体を温めたい隊長は“熱燗”を、日本酒は基本冷でしか飲まない隊員は“常温”を別々に頼みます。

飲んでみると、常温は骨太な風味としっかりした味(甘味)のあるお酒ですが、熱燗だときりっとした辛さが強調され、違いがはっきりしていて面白いですね。

【スッポン鍋】(750円)
140105.赤羽・まるます屋0030

■つづいて、このお店の名物メニューの一つである“スッポン鍋”を頼みます。

一般には高級料理と考えられていて、高い値段が付いていることが多いスッポンも、このお店だと超お得なプライスです。

出て来たものを見ると、澄んだスープの中に盛りだくさんの具材とともにスッポンの身が入っています。

140105.赤羽・まるます屋0032

■さっそく、スープから味わってみます。

う~ん、なかなか美味しいですね~! ヾ(*´∀`*)ノ

たくさんの野菜とスッポンからエキスがしっかり出ているためか、あっさり味ながらも滋味深い味に仕上がっています。

スッポンの身は、コラーゲンのようにつるんとした部分と、骨の周りの肉の部分があって、肉は鶏のような魚のような不思議な味わいです。

【うなぎの肝焼き】(?円)
140105.赤羽・まるます屋0036

■上の料理を食べながらお酒を飲んでいると、店員さんが「うなぎの肝焼きは要りますか?」と探検隊のテーブル席に向かって、でも他の人にも聞こえるように声を掛けます。

そうすると、隣のテーブルの人が「2本!」と叫ぶので、自分も「2本!」と言ってVサインを出します。

その後、カウンター席のたくさんの人が手で必要な本数を示しますが、10本限定のようで、ほんの10秒ほどで完売です。
面白いシステムですね~♪

うなぎの肝焼きは、表面が微妙に焦げていますが、ちょうど良い柔らかさに焼き上がっています。

デフォルトで山椒が掛けてあり、タレはさらっとしていて、肝特有のしっかりしたコクと部分的な苦味、食感を楽しむことができます。これは美味しいですね~! ヾ(*´∀`*)ノ

【角ハイボール投入~!】(1,000円+150円?)
140105.赤羽・まるます屋0038

■壁に貼ってあるお酒の広告の中に、“角ハイボール 390円”と書いてあったので、これをダブルで頼もうとします。

すると店員さんが、「もうちょっと飲むなら、ボトルの方がお徳かも」というので、ボトルでもらうことにします。

「残ったら持ち帰りOKですよ!」とも言われたのですが、探検隊はこのボトルで濃淡4杯のハイボールを作り、飲み切ります~♪ (もちろん、濃いのは隊員用、薄いのは隊長用です。)

【激辛チョリソー】(450円)
140105.赤羽・まるます屋0040

■ここでアクセントに、肉系のおつまみとして“激辛チョリソー”をもらいます。

長さが20cm近くある細長いチョリソーで、皮が切れるか切れないかぐらいまで火を通してやって来ます。

食べてみると、そこそこの辛さがあって、とってもジューシーで美味しいですね。ハイボールにぴったりです~♪

【特上うな重】(2,000円)
140105.赤羽・まるます屋0042

■最初から決めていた最後の〆は、うなぎが売りのお店なので“うな重”です。

鶴重(1,500円)、亀重(1,700円)、特上重(2000円)の3種類があるのですが、500円しか違わないので、特上重を頼みます。

注文してから15分ほどして、外売りのために店頭の焼き台で焼いていたうなぎが、ご飯に載ってやってきます。

大きな木製漆塗り(?)のどんぶりの蓋を開けると、大きなサイズのうなぎが現れ、タレの甘い香りを含んだ蒸気がもわっと立ち昇り、鼻腔を刺激します。

140105.赤羽・まるます屋0043

■さっそく、箸でうなぎを一口サイズに切って、ご飯とともにたべてみます。


これは、ウマ━━━(*´∀`*)o^∀^o)*´Д`*)━━━イ!!!!!!


さすが看板メニューです。ふっくらと蒸し上がったうなぎの身は、ふんわりした食感で、一瞬うなぎ特有の軽い泥臭さを感じた後、うなぎの旨味がふわーっと口の中で広がります。

タレは、醤油が立った甘さ抑え目のきりっとした味付けのものですが、付け方が軽いので、うなぎの風味がより引き立ちます。

ご飯にもタレは少量しかかかっていないので、しつこくなることなく、ふっくらうなぎを満喫できます。

【熱いお茶】
140105.赤羽・まるます屋0048

■ご飯物の後には、熱い日本茶を出してくれます。

これが、うな重を食べ終わってすぐの、ぴったりのタイミングで、店員さんが忙しい中でもタイミングを見計らってくれています。

この気配りは感動モノです。すばらしい~!!

■総括としては、熟練の技で適切に調理した、美味しい川魚料理が味わえる、超人気の昭和の大衆居酒屋です。

このお店の魅力は、料理の種類が多いこと、料理もお酒も安いこと、目玉料理は格別に美味いことなど、一つに限定できないところです。

その上、営業時間が朝・昼・夜と開いていて、いつでも食事ができて、店員さんも熟練の方ばかりでテキパキスムーズでストレスがないとくれば、文句の付けようがありません。

いい感じの古さを感じる雰囲気も、昭和にノスタルジーを感じる人、感じたい人には堪らない環境です。

お酒の本数に制限があったり、人と向かい合うカウンター席だったり、常時どこでも喫煙可能だったりするので、抵抗がある人には向かないかもしれません。

ただ、上述のような魅力満載のお店なので、特にお酒好きの方には訪問必須レベルにおススメです~♪

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

沖縄っぽい雰囲気満点の美味しい沖縄居酒屋@高円寺=抱瓶(だちびん)

『沖縄旅行に来た気分になれる居酒屋~♪』

   ~沖縄居酒屋 抱瓶(だちびん) @高円寺

■今夜は、隊長と一緒に高円寺に飲みに行きます。

暑い日が続くと、さっぱりした料理か、香辛料がガツンと効いた料理を食べたくなりますよね。

こんな時、我ら探検隊の場合、もうひとつ食べたくなる料理があるんです。それは“沖縄料理”です。

沖縄料理を食べるためだけに行ってもいいのですが、せっかくなので沖縄ビールや泡盛も飲みたいですね~♪

■食べログの、“東京都全域”の“沖縄料理”人気順ランキングでお店を探してみます。

(1店だけですが、店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます~♪)

第1位 【高円寺】 抱瓶 (沖縄料理、居酒屋) <未訪問>
第2位 【渋  谷】 てやん亭”・渋谷店 (居酒屋、創作料理、沖縄料理) <未訪問>
第3位 【新  宿】 沖縄そば やんばる (沖縄料理、沖縄そば、定食・食堂) (↓第5位の“2号店”に訪問済み)
第4位 【渋  谷】 琉球チャーニーズ TAMA (沖縄料理、中華料理、ワインバー) <未訪問>
第5位 【新  宿】 沖縄食堂 やんばる (沖縄料理、沖縄そば、居酒屋)
第6位 【丸の内】 東京うりずん (沖縄料理、焼酎) (訪問済みブログ未掲載)
第7位 【東銀座】 竹富島 (沖縄料理、居酒屋、日本酒) <未訪問>
第8位 【国分寺】 首里乃家 (沖縄料理、焼酎、沖縄そば) <未訪問>
第9位 【代田橋】 首里製麺 (沖縄そば、沖縄料理) <未訪問>
第10位 【新 宿】 ぱいかじ・新宿新南口店 (沖縄料理) (銀座店に訪問済み・ブログ未掲載)

あまり知らなかったのですが、沖縄料理って新宿と渋谷に集中しているんですね。

今日は、ちょっと足を伸ばして、前から気になっていた東京No.1沖縄料理店の“抱瓶”に行ってみます。

130818.高円寺・抱瓶0042

■“抱瓶(だちびん)”は、1978(昭和53)年にオープンした、今年で創業35年になる沖縄料理をメインにした居酒屋です。

地元・高円寺に根付いて人気を広げ、現在では沖縄料理のグループ店舗が、高円寺に4店舗(きよ香、抱瓶、うりずん食堂、ごっぱち)あり、故郷に錦で沖縄・那覇にも1店舗(抱瓶)あります。

深夜番組を中心に、テレビなどのメディアにも時々出ているようですね。

“グルメWalker 東京”のちょっと昔(2008年2月)の紹介記事を引用してみます。

**********************************************
【沖縄の家庭料理と陽気なもてなし】
30年続く沖縄料理の老舗。豚肉、豆腐、ゴーヤなど沖縄の食材を使って、地元の人が食べている味の再現にこだわる。ゴーヤチャンプルー735円やグルクンという沖縄特産の魚の唐揚げ945円が人気。オリオンビールの生や、豊富にそろう泡盛と共に楽しみたい。スタッフの明るい接客にも心がなごむ。毎月沖縄のミュージシャンによるライブを開催している。
**********************************************

このお店のオーナーさんは、沖縄音楽を中心に演奏するクラブや、沖縄文化・芸能のカルチャースクールを運営していたりするところも面白いところです。

■お店は、JR高円寺駅北口を出て、高架に沿って左方向に進み、“高円寺・中通商店街”を150mほど進んだ左側にあります。徒歩5分ぐらいです。

お店に着いたのは休日の17:45ごろです。まだ周りが明るいのに飲めるなんて、なんとも嬉しいですね~♪

お店は、1階と2階で、カウンター席、テーブル席、座敷席合わせて144席もあります。広いですね。

ほど良く薄暗い居酒屋風の造りですが、装飾品や張り紙など、あらゆるものに沖縄っぽい雰囲気があります。

店員さんも全員、エイサー(沖縄の伝統衣装)の格好をして髭を伸ばしていたりするので、尚更その気にさせてくれます。

お客さんは、少人数でしっぽり飲む老人・中年層から、団体でわいわい飲む大学生、果てはゴーヤカレーだけ食べて帰る高校生(?)まで、かなり幅広いものがあります。地元に馴染んでいるんですね。

130818.高円寺・抱瓶0007

■メニューは、料理も飲み物も徹頭徹尾“沖縄づくし”です。

冊子のメニューリストには、豊富なメニューが載っているのですが、各ページに沖縄料理に関する豊富な説明書きがあって、まるで一冊の本のように楽しんで読むことができます。

まぁ、自分が食べたいものはだいたい決まっているので、適当に参考にして、注文を始めます。

【まずは生ビールで乾杯~!】(577円+630円)
130818.高円寺・抱瓶0010

■まずは生ビールで乾杯といきたいところですが、このお店には沖縄のビール“オリオンビール”の生ビールがあるので、隊員はこちらにします。

隊長は、沖縄っぽいカクテルということで“マングース”(泡盛+シークァサーワイン)にします。

(ただし、アルコール度数が高かったようで、隊長が数口飲んだ後は隊員が引き受け、ビールとチェンジです。)

【お通し】(315円×2)
130818.高円寺・抱瓶0013

■お通しは“枝豆”です。沖縄っぽくはないものの、ビールにはやっぱり枝豆が合いますね~♪

【うみぶどう】(525円)
130818.高円寺・抱瓶0014

■まず、最初に注文したのが、この“うみぶどう”です。

ダシ醤油のようなタレに浸けて食べると、うみぶどう自体には味がないのですが、プチプチした心地よい食感があります。

徐々に沖縄っぽい気分になってきて、良いですね~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

【ラフテー】(840円)
130818.高円寺・抱瓶0016

■続いて、沖縄料理を代表する一品“ラフテー”です。隊長も隊員も大好きです。

この料理には、レタスやカイワレ等の野菜がたっぷりで、ちゃんとサウザンアイランドドレッシングまで掛かっています。トマトまでちゃんと添えてありますね。

普段は野菜食に気を付けている探検隊にとっては嬉しい限りで、先にがっつり野菜を平らげます。

それでは、主役のラフテーを食べてみます。


う~ん、これはウマ━━━━━ヽ(゜∀゜)ノ━━━━━イ☆!!


とっても柔らかく煮込まれていて、箸を使わなくても切れるぐらいです。

醤油で甘辛に味付けがしてあって、濃過ぎず薄過ぎず、肉の赤身部分を噛めば、肉の旨味がほんのり甘辛醤油味とともに口の中で広がります。

肉の脂身部分は、口の中でとろけて、脂身本来の甘味が赤身の旨味と華やかにシンクロします。これは旨い!

お酒との相性ももちろん抜群で、お酒がどんどん進んじゃいます~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

【足ティピチ煮付け】(840円)
130818.高円寺・抱瓶0018

■隊長が“豚足”を食べたいというのでメニューを見てみると、2種類の豚足料理が載っています。

一つは“足ティピチ”(昆布入り、柔らかおでん風)、もう一つは“足ティピチ煮付け”(あまから味)と書かれています。

“足ティピチ”の方だけ写真が載っていたのですが、スープの中に豚足が浮かんでいる感じです。いまいちピンと来なかったので、“足ティピチ煮付け”を注文して出てきたのがこちらです(↑)。

箸を使って食べるのが難しそうなので、素手で掴んでかぶりつきます。

実際にも、予想通り歯応えがあって、骨から噛み千切るのに多少苦労します。

やっとのことで噛み切って、咀嚼し続けてみると、、、


おー、これもウマ━━━━━ヽ(゜∀゜)ノ━━━━━イ☆!!


コラーゲンの塊である豚足に、甘辛醤油味がしっかり染み込んでいて、豚足の旨味と結合しています。

なので、噛めば噛むほど味と旨味が滲み出てくる感じです。ぷりぷり食感もいいですね~♪

隊長も隊員も、カニを食べる時のように、お互い無口になって無心に豚足にしゃぶり付きます。これは旨い!

これもお酒に合いますが、濃い目のお酒の方が合うかもしれません。そこで泡盛の登場です~!

【隊員、泡盛投入~!】(360円)
130818.高円寺・抱瓶0023

■本日のサービス泡盛は、沖縄県・久米仙酒造の黒麹仕込み「響天(きょうてん)」(30度)で、これをロックでいただきます。(→参考

きりっとした飲み口で、アルコールが胃袋に染み渡ります。

【隊長、南国サワー投入~!】(420円)
130818.高円寺・抱瓶0033

■隊長は、続いて“マンゴーサワー”を注文します。

マンゴージュースの味が本格的で、かなり美味しいとのことです~♪

【豆腐よう】(525円)
130818.高円寺・抱瓶0031

■泡盛を投入したら、注文し忘れてはいけないものは、“豆腐よう”です。

“豆腐よう”は、島豆腐を米麹、紅麹、泡盛によって発酵・熟成させた、沖縄独特の発酵食品です。

お酒とチーズを混ぜたような味わいで、発酵食品らしいまろやかさと独特のコクがあります。

これを少量ずつ、箸や爪楊枝でそいで口に含み、泡盛を飲むと最高です~! ヾ(*´∀`*)ノ

【フーイリチィ】(735円)
130818.高円寺・抱瓶0035

■隊長・隊員ともに大好きな“フー(麩)チャンプルー”をメニューで探しますが見付からず、代わりにこの“フーイリチィ”を注文します。

(後で調べてみると、“チャンプルー”は“炒め物”、“野菜炒め”のような意味で、“イリチィ”は“炒め煮”のような意味だそうで、結局は似たようなものだったんですね。。。)

具材は、豚バラ肉、豆腐、麩、野菜(もやし、にんじん、ネギ)、玉子で、これらを軽い塩胡椒でざっと炒めた料理です。

食べてみると、う~ん、なかなか美味しいですね~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

野菜とお肉が入った、沖縄の家庭料理っぽい一皿ですね。たまたまなのか、味がかなり薄めだったので、卓上の醤油で味を調整します。すると、さらに良い感じに。

卓上には、コーレーグース(島唐辛子の泡盛漬け)やフィファチ(ロングペッパー)が普通に置いてあるので、これらを試してみたりして、楽しく美味しくいただきます。

【隊員、泡盛再投入~!】(525円)
130818.高円寺・抱瓶0041

■2杯目の泡盛は、こちらも沖縄県・久米仙酒造の「古酒 奴樽蔵(やったるぞう)」(25度)で、再びロックでいただきます。(→参考

見た目から先ほどの“響天”とは違い、お酒自体がうっすら黄金色をしています。古酒だからですかね。

飲んでみると、アルコール度数が低いせいもあるのか、柔らかくまろやかな口当たり、喉越しです。

今夜は泡盛の飲み比べをしようと思っていたのですが、この2杯目が良い具合に回ってしまい、ここで打ち止めです。

■総括としては、たくさんの種類の沖縄料理や沖縄のお酒を楽しむことができる沖縄居酒屋です。

お店の外観も店内の雰囲気も、装飾・調度から店員さんの格好まで、すべてが南国・沖縄っぽい雰囲気満点です。

こんなお店を実現できるのも、おそらく店主さんのこだわりがすごく強いからなんでしょうね。

自分の地元にも、こんな沖縄料理のお店があったら良いなぁと思わせてくれるお店です。

評判からしても東京を代表する沖縄料理のお店なので、チャンスがある方にはぜひおススメです~♪

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス




にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

【東京No.1カレー】複雑な香辛料使いの本格欧風カレー=トマト@荻窪

『絶品欧風カレーにセンスの光る香辛料使いをプラス~♪』

   ~欧風カレー&シチュー専門店 トマト -English Curry & European Stew TOMATO- @荻窪

■お盆休み中は旅行に行かず、東京から出ないことにした我ら探検隊は、都内のグルメツアーに出掛けます。

せっかくなので、普段の生活圏から離れた、なかなか行けないエリアの名店を巡ることにします。

そこで、いろんなジャンルの東京No.1のお店を物色してみます。

■食べログで、“東京都全域”の“レストラン”人気順ランキングを見てお店を探してみます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみて下さいね~♪)

第1位 【八  重  洲】 六厘舎TOKYO (つけ麺、中華麺、ラーメン)
第2位 【五  反  田】 ミート矢澤 (ステーキ、ハンバーグ) <未訪問>
第3位 【神  保  町】 うどん 丸香 (うどん)
第4位 【原     宿】 エッグスンシングス・原宿店 (パンケーキ、ハワイ料理、アメリカ料理) <未訪問>
第5位 【中  目  黒】 ピッツエリア・エ・トラットリア・ダ・イーサ (イタリアン、ピザ) <未訪問>
第6位 【銀座一丁目】 銀座 天龍 (餃子、中華料理、中華麺)
第7位 【六  本  木】 つるとんたん・六本木店 (うどん、懐石・会席料理) (東京ビル店に訪問済み)
第8位 【日  本  橋】 たいめいけん (洋食、ハンバーグ、オムライス)
第9位 【人  形  町】 ブラザーズ・人形町店 (ハンバーガー、カフェ、洋食・欧風料理)
第10位 【荻    窪】 トマト (欧風カレー、シチュー) <未訪問>

未訪問店は4軒で、ステーキ&ハンバーグ、ピザ、パンケーキ、カレーのそれぞれ東京No.1のお店が並んでいます。

そこで今日は、東京No.1のカレーのお店、荻窪の“トマト”に行ってみることにします。

130813.荻窪・トマト0001

■ちなみに、食べログの“東京都全域”の“カレー”人気順ランキングは次のとおりです。

(こちらも、店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったらどうぞ~♪(*^-^*)/)

第1位 【荻     窪】 トマト (欧風カレー、シチュー) <未訪問>
第2位 【京     橋】 ダバインディア (インド料理、インドカレー)
第3位 【新     宿】 バンタイ (タイ料理、タイカレー)
第4位 【神  保  町】 カリーライス専門店 エチオピア・本店 (カレーライス、インドカレー)
第5位 【神  保  町】 ボンディ・神保町本店 (欧風カレー、カレーライス)
第6位 【有  楽  町】 ジャポネ (パスタ、カレーライス)
第7位 【銀座一丁目】 グルガオン (インド料理、インドカレー)
第8位 【湯     島】 デリー・上野店 (インド料理、インドカレー)
第9位 【神  谷  町】 ニルヴァナム (インド料理、インドカレー) <未訪問>
第10位 【丸 の 内 】 インデアンカレー・丸の内店 (カレーライス、パスタ)

今まで、第1位の“トマト”だけ、山手線の円の外側にあるので、訪問できずにいたんですね。。。

今日このお店に行けば、“東京都全域”の“カレー”トップ10の制覇まで、あと1軒になります。

■“トマト”は、1982(昭和57)年にオープンした、今年で創業31年になる欧風カレーとシチュー専門店です。

2005(平成17)年3月に㈱カカクコムが、レストラン口コミサイト“食べログ”のサービス提供以降、“カレー
”のジャンルにおいて、常に口コミ数でも料理の点数でも、東京No.1(=日本No.1)に君臨しているお店です。

完全に個人経営のカレー屋さんで、“おぎくぼ仲通り商店街”の一飲食店として地元に溶け込んでいます。

人気の秘密は、36種類もの香辛料を駆使し、コストと手間隙を掛けてじっくり仕上げた味わいにあります。

食べログ上の口コミ数や点数で“トマト”と勝負になりそうなお店は、月次更新される“東京都カレーTOP100”で今月(2013年8月)第1位となっている“スパイスカフェ”@押上ぐらいでしょうか。

なんでそんなに人気が出るのか、その秘密を直接体感したくなってきますね~♪

130813.荻窪・トマト0007

■お店は、JR荻窪駅から行くと、南口出口を出てすぐに見える“おぎくぼ南口仲通り商店街”に入り、道なりに200m進んで左側にある“コープとうきょう”の店舗の先を左折してすぐ左側にあります。徒歩5分ほどです。

お店に着いたのは、開店時間の10分前の11:20です。先客は男性が一人待っていただけで、探検隊は二番乗り(?!)になったようです。

でも、その後開店時間までの10分間で、10人以上が列を成し、先着11名までが最初の組に滑り込みます。今日はなかなか運と勘が良いようですね。

お店の中は、昭和の喫茶店のような雰囲気で、カウンター席が3席、4人テーブルが2卓、2人テーブルが3卓あります。

静かなジャズが流れていたりして、レトロかつ家庭的で、落ち着いて食事ができる雰囲気です。

お店は、ご夫婦二人で切り盛りされていて、お客さんが入ると、カウンター内でお二人ともかなり忙しそうです。

130813.荻窪・トマト0004

■メニューリストは、厚みのあるカバーに入った見開きのもので、丁寧に手書きされ、写真入りになっています。

料理は、カレーが9種類、シチューが4種類、サラダ、オードブル、各種ドリンクとなっています。今日はたまたま、シチュー系のメニューはないそうです。

まずは、カレー系の最上段に書かれている、このお店の看板メニュー“和牛ビーフジャワカレー(辛口)”(1,890円)は外すわけにはいかないので、隊員がこれを注文します。

隊長はこの時の気分で、“チキン(大山地鶏骨付き)カレー(中辛)”(1,780円)を選択します。

事前調査では、各種カレーには“野菜入り”(+480円)にすると、10~13種類の緑黄色野菜が追加されるとのことだったので、“チキンカレー”は“野菜入り”にしてみます。

何人かのお客さんが“野菜入り”を注文しているようですが、お店の奥様にそう告げると、「かなりの量になりますが大丈夫ですか?」と丁寧に尋ねられます。探検隊は、もちろんOKします。

料理の注文は、奥様が、待ち行列の並び順に聞いていきます。

【和牛ビーフジャワカレー(辛口)】
130813.荻窪・トマト0012

■注文してから15分後、お目当ての“ビーフジャワカレー”が出てきます。(ちゃんと待ち行列の並び順に出てきます。)

カレーは、かなり濃い茶色で、粘度が高く、どろっとしています。香りがとっても良いですね。

熱々のライスは、量的には250gぐらいでしょうか。溶けるチーズと干し葡萄が散らしてあります。

このライスにも“こだわり”満載で、福島産コシヒカリをミネラルやカルシウムを含んだアルカリイオン水で炊き、炊き立てにこだわって、一度に5~6人前しか炊かないそうです。

130813.荻窪・トマト0013

■このお店のカレーの特徴は、上の写真の説明書きなどによると、次のような特徴があるようです。

・香味野菜、フォンドボー、グラスドビアンをたっぷりと使った旨みを生かしたこくのあるソース。
・薬効のある34種類のホールスパイスを含む36種類のスパイスをブレンド。
・じっくりと一週間以上を掛けての仕上げ。
・カレー1食当たり、ブレンド香辛料12g、生姜(高知県産)13g、にんにく(青森県産)13gを使用。

これらの情報からすると、“多種類の香辛料を使った、本格的な欧風カレー”ということになりそうです。

130813.荻窪・トマト0015

■ますはライスと一緒に、一口食べてみます。

う~ん、見た目と香りから、強烈な辛さがいきなり来ると思ったのですが、予想外に甘味と旨味がある口当たりです。

でも二口目にいくと、あれれ?、むむむ、、、??


おー、これはウマ━━━(*´∀`*)o^∀^o)*´Д`*)━━━イ!!!!!!


フォンドボーにグラスドビアンを加えた深みのある旨味とコクと、野菜由来の甘味をベースに、36種類のスパイスを使って辛味や苦味、香りを加え、複雑にしてエッジが効いた、重厚なテイストに仕上がっています。

例えると、コクと旨味のある一級品の欧風カレーに、旨いインドカレーの香辛料使いを持ち込んだような、両方の良いとこ取りのカレーです。

それでいて、油分と塩分を控えているためか、しつこさは微塵もなく、後味はさっぱりとして自然です。

さらに、旨味と甘味が口の中を支配した後、時間差でしっかりした辛さがじわ~っときます。旨辛い料理としては、理想的な辛さの時間差攻撃です。

な~るほど。これなら、しっかりこのお店のオリジナリティもあって、ハマる人が続出するのも頷けます。

■食べ続けると、コクと旨みを楽しみつつ、甘味と辛味の対立構造の中に、いろんなスパイスを感じるようになります。

そんなにスパイスには詳しくないのですが、フェンネルの粒が入っていて、噛むと爽やかな香りが口腔から鼻を抜けていくのを感じます。

具材の“和牛ビーフ”は、かなり柔らかく煮込まれていて、噛めば牛肉の旨みが口の中で広がります。

こんな感じに味わいながら食べ続けると、あっという間に完食です。なるほど、これは旨い~!

【チキン(大山地鶏骨付き)カレー(中辛)+野菜入り】
130813.荻窪・トマト0017

■こちらは、隊長が注文した“チキンカレー”に、野菜を追加投入したものです。

ブロッコリーの綺麗な緑色が映えますが、それ以外の野菜はカレーの中に投入されています。

カレー自体の濃度は、こちらもかなり高めで、どろっとしています。

こちらのご飯も、上にチーズが掛かっており、干しぶどうが数個散りばめられています。

130813.荻窪・トマト0018

■もともとチキンカレーの方が、具材の骨付きチキンが大きいようで、そこにたくさんの野菜を入れたせいで、激しい“盛り”になっています。

追加で入っている野菜は、ジャガイモ、サツマイモ、ニンジン、カブ、カボチャ、ズッキーニ、ゴーヤ、赤パプリカ、ししとう、しめじ。認識されただけでも、これだけあります。

根菜類は、一口サイズの1/4ほどの、とっても食べやすいサイズにカットされています。

130813.荻窪・トマト0020

■それでは、こちらもライスとともに、一口食べてみます。


う~ん、こっちも美味しいですね~! ヾ(*´∀`*)ノ


野菜由来の甘味と深いコクと旨味のあるソースは、“ビーフカレー”と同じようです。

ただし、香辛料の使い方がかなり違っていて、チリの量を押さえている分、野菜の甘味が寄り強調され、後出しの辛さが大人しい感じです。(フェンネルなどは感じません)

“中辛”となっていますが、辛いものが苦手な人でもまったく問題ない程度に仕上がっています。

こちらで味わいを賑やかにしていたのが、クコの実とひよこ豆と干しぶどうです。香辛料使いが大人しいところを、具体的な食感と味でアクセントを付けています。これは上手い作戦ですね~!

■こちらのカレーで特筆すべきは、ルゥの美味しさもさることながら、大山地鶏のドラムスティックがとにかく美味しいことです。

ぷりっぷりの地鶏のもも肉は、簡単に骨から取り外せるほど柔らかく、噛むほどに鶏肉の旨味がじゅわっと染み出す逸品です。しかも、これが2本も入っています。

追加投入した野菜たちも、ほど良い硬さ(柔らかさ)に仕上がっていて、食べていて楽しいし、ヘルシーな気分になってきます。

大山地鶏のドラムスティックと、10種類以上の追加野菜で、こちらは食べ応えが満点!

隊長は半分ぐらい食べて満腹になり、その後を引き受けた隊員も、完食して腹十分に達しフィニッシュです。

【カレーの友】
130813.荻窪・トマト0010

■カレーが供される前に運ばれて来るカレーの友は、福神漬けと生玉ネギの醤油漬け(和風アチャール?)です。

この生玉ネギの醤油漬けが絶品で、しゃきしゃきした食感に、醤油とかすかな甘みが付いていて、口の中がさっぱりする感じがクセになります。

濃厚でスパイシーなカレーの合間にいただくと、とっても良いアクセントになります。

【デザート】
130813.荻窪・トマト0024

■平日ランチには、デザートが付くサービスがあります。今日は、“桃のシャーベット”です。

シャーベットは、優しい桃の甘みと香りで、小さなサイコロ状の桃の実まで入っています。

生クリームの土台の上に一口キウイとミントの葉が乗っていて、見た目も喫茶店の単品メニューのように本格的です。

しかも、カクテルグラスごとしっかり冷えています。スパイシーなカレーの後にはぴったりで、うれしいサービスですね~♪

■総括としては、一級品の欧風カレーに、複雑でエッジの効いた香辛料使いが加わった、オリジナリティ溢れる美味しいカレーのお店です。

本格的な欧風カレーは香辛料はソースの脇役であることが多く、少なくとも主役ではないのですが、このお店のカレーではきらりと光る役割を果たしています。

インド料理(カレー)のお店では、香辛料使いが絶妙なお店が多数あり、お店ごとに著しい特徴があります。

このお店でのカレーは、日本人に馴染み深い欧風カレーに、インド料理顔負けの絶妙な香辛料使いを持ち込んでいる点で、唯一無二のカレーであると言えます。

料理の世界の幅の広さを感じさせてくれるので、カレー好きの方にとどまらず、広く皆様におススメです~♪

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス




にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

はつね=杉並区ラーメン店めぐり(その4)

『これぞ本物の“しゃきしゃき”タンメン~♪』

   ~はつね

■今日はお昼時間に大手町から移動して、午後から吉祥寺でひと仕事です。

今日のランチのターゲットエリアは、食べログだと“中野~西荻窪”になります。

せっかくのチャンスなので、ここは“ラーメン”店めぐりでいきます。

このエリアの“ラーメン”の人気順ランキングは次の通りです。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログを参照できます~♪)

第1位 中華そば 青葉・中野本店 (飯田橋店サンシャイン池袋店に訪問済み)
第2位 博多ラーメン ばりこて
第3位 はつね  <未訪問>
第4位 ラーメン チキュウ
第5位 春木屋・荻窪本店

今日“はつね”に訪問すれば、このエリアのトップ5制覇になるんですね。

だんだん、やる気が湧いてきます~♪

■おまけですが、“食べログ”には、口コミ数で順位を決める“人気順ランキング”と、口コミ投稿者の主観的点数の平均点で順位を決める“点数順ランキング”があります。

“点数順ランキング”は、口コミ数が少ないとぶれやすいので、あまり参考にはしていないのですが、このエリアのラーメン店は、この点数が非常に高いのも特徴です。

第1位 つけ麺 道  <未訪問>
第2位 麺屋 一燈
第3位 こうかいぼう
第4位 麺屋 吉左右
第5位 中華そば専門 多賀野第6位 麺処 ほん田
第7位 神名備
第8位 ★はつね  <未訪問>
第9位 ★ラーメン チキュウ
第10位 博多ラーメンばりこて・都立家政 (★博多ラーメン ばりこてに訪問済み)

上記10店は、いずれも口コミ数が100件以上なので、点数順でもある程度の信憑性があると言えそうです。

(改めてこのランキングを見ると、未訪問店が2店もあり、ちょっとショックです…ヾ(;´▽`A`` )

110915.西荻窪・はつね0001

■さて、今日のお店“はつね”ですが、創業はなんと1961年。今年で創業50周年なんですね。

戦後間もなく、西荻窪駅南口すぐの路地裏、サカエ通りに、先代の母親が小料理屋“初音”を開き、その店舗を引き継いだ先代が“はつね”の屋号でラーメン専門店を始めている。

現在は、先代の後を継いで、先代の娘さんと娘婿さんが切り盛りをしています。

各地から押し寄せるお客さんの行列がなければ、赤青白のストライプのひさしといい、ちょっと小汚い店舗の外観といい、地元に根付いた昔ながらのラーメン屋といった風情です。

■お店は、JR西荻窪駅南口を出て、右手に見える松屋の角を左に曲がって20mのところにあります。徒歩1分以内です。

お昼時は混むだろうと時間を外したので、お店に着いたのは、平日の12:50ごろです。

ただ、予想は外れ、店の外には7人の待ち行列ができています。この後、店外で20分待ち、店内で10分待ちです。

それもそのはず、狭いカウンター席が6席しかないので、回転は良くありません。

それでも、お店のご夫婦はフル回転で調理・作業をしていらっしゃいます。

110915.西荻窪・はつね0008

■メニューは、醤油系の“ラーメン”、“ワンタンメン”、“もやしそば”、塩系の“タンメン”があります。

このお店で有名なのは、何と言っても“タンメン”(700円)です。これを大盛り(+100円)で注文します。

他のお客さんの注文を聞いていたのですが、サラリーマン風の人たちはほとんどが“タンメン”を注文し、地元風の人たちは“ラーメン”や“もやしそば”を注文しています。

■自分と同時に4人のお客さんがカウンターに着いたのですが、茹で鍋の大きさの都合からか、調理過程を2回分見ることになりました。

印象に残っているのが、野菜炒めにスープを投入し味を調整後、店主さんが毎回味見していることです。

美味しいお店の店主さんは、必ず作る都度、味見をするものだと思っているので、かなり嬉しくなりました。

あと、麺の茹で具合も、熱湯の中から数本の麺を引き上げ、指で触って確認されていました。(死ぬほど熱いと思いますが…)

これだけ丁寧な仕事を目の前で見せられると、否が応でも期待が高まっちゃいます~!

【タンメン(大盛り)】
110915.西荻窪・はつね0005

■まずは、透明な熱々スープから味わってみます。

鶏ガラベースのスープで、塩加減は強めで、油が多く、それなりのパンチ力があります。化調も強めかな…

塩気が強いのは、おそらく野菜や麺とのコントラストを出すためだと思われます。

■続いて、白っぽい色の細ストレート麺を食べてみます。

もともと柔らかめの性格の麺のようですが、これを緩くならないぎりぎりの茹で具合にしてあります。

噛むとかすかに小麦の香りがします。

110915.西荻窪・はつね0006

■スープと麺の組合せは、塩気が強めのスープに、キャラクターの弱い麺なので、なかなか良いバランスです。

ただ、“タンメン”なので、具材である野菜も含めてバランスを考えないと片手落ちです。

■具材の野菜はキャベツともやしが半々に、彩り程度ににんじんが入っています。

数口食べてみると、この野菜がすごいんです! 食感が、ほんとに“しゃっきしゃき”なんです。

普通のタンメンの調理過程は、炒めた野菜を最後にどさっと載せますが、“はつね”では違います。

軽く油で炒めた後に、塩ダレスープでぐつぐつ煮て、馴染ませているんです。

炒め時間が短いので、純粋な油に浸っている時間が短くなり、結果として野菜が“しなっ”としないようです。

■この野菜を含めて、改めてタンメン全体のバランスを検討すると、その塩梅の良さに納得です。

スープの強めの塩加減は、麺だけではなく、本来水っぽいキャベツやもやしとの相性を考えたちょうど良い塩加減と言えます。

また、麺のキャラクターが弱いもの、麺だけを主役に置くのではなくて、野菜をも引き立てるための計算のようにも感じます。

■総括としては、塩ダレ鶏スープ、麺、野菜のバランスがしっかり決まった、安定感のある一杯です。

とは言いながらも、一番の美点はしゃっきしゃきの野菜で、咀嚼していて本当に心地よいものがあります。

スープに複雑な工夫を凝らした最近のラーメンではないので、とってもシンプルなものですが、その中にきっちり他店にはない美点(差別化ポイント)があるので、人気があるもの納得です。

こういうお店が近くにあったらいいなぁ~と思っちゃいました。

おすすめレベルは5(かなりおすすめ)です~!

【メモ】
1.“はつね”は、営業時間が短いので、訪問前に事前の確認をおすすめします。

まず、休みは日曜、祝日、第1・第3月曜日で、営業時間は平日が11時から17時まで、土曜日が11時から16時までです。ただし、スープがなくなると終了です。

2.13:30ごろに食べ終わってお店を出ると、待ち行列は更に伸びて15人ほど。自分が入ったタイミングは、結果良い方だったんですね。びっくりです。

110915.西荻窪・はつね0007
(西荻窪の狭い商店街の路地から見える空。13:30を越えても行列を作っているのが“はつね”です。)

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
300位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
138位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html