スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡県No.1ラーメン=一蘭・天神店

『上品に完成された博多ラーメン~♪』

   ~一蘭・天神店 @福岡市中央区   ~博多グルメ探検ツアー第1弾~

■今日は、旅行で福岡に来ています。

旅行目的の半分は、もちろんグルメ散歩です。福岡は、有名な名物料理がいくつもあって、わくわくしちゃいます~♪

今日はその第一弾で、博多名物の一つ、ご存知“博多ラーメン”を食べに行きます。

東京で人気の博多ラーメンといえば、“一風堂”や“一蘭”などが思い浮かびますが、ご当地博多ではどうなんでしょう?

答えを見つけに、お店をリサーチしてみます。

■バカの一つ覚えのようですが、食べログで“福岡県”の“ラーメン”人気順ランキングを見てみます。

第1位 【博 多】 一蘭・天神店
第2位 【博 多】 博多だるま
第3位 【博 多】 元祖長浜屋
第4位 【博 多】 元祖赤のれん 節ちゃんラーメン・天神本店
第5位 【久留米】 大砲ラーメン・本店

おっとびっくり。ご当地博多でも“一蘭”が人気なんですね。

それでは、さっそく一番人気のお店“一蘭・天神店”を訪問してみます。

120113.福岡旅行0388
(“一蘭・天神店”が入っているビルの外観。焼肉ののぼりの後ろに通路があって、そこにお店があります。)

■改めて、“一蘭”について調べてみます。Wikipediaによると、次のように紹介されています。

***************************************************
1960年(昭和35年)に福岡県福岡市早良区百道で創業、1966年(昭和41年)に小郡市へ移転し営業を続けていたが、初代店主夫妻が高齢により廃業を考えるも、常連の懇願により営業を継続した。

その際に常連を会員とした、全国でも稀な会員制ラーメン店となった。その後、味を引き継ぐための後継者に現社長の吉冨学が指名され、1993年(平成5年)9月、現在の「一蘭」第1号店である那の川店が開店、その後、福岡県内で店舗展開を行った。

2001年(平成13年)に、関東地区初となる「六本木大江戸線駅上店」を開店し、大阪府・愛知県・熊本県にも進出、現在32店舗を展開。
***************************************************

なお、食べログ上の“一蘭”32店舗の人気順ランキングは次の通り。

第1位 一蘭・道頓堀店
第2位 一蘭・天神店
第3位 一蘭・アトレ上野山下口店
第8位 一蘭・池袋東口店第11位 一蘭・東京ドームシティ・ラクーア店

これまた意外にも、一番人気があるのは、本場“博多”でも“東京”でもなく、大阪“道頓堀”なんですね…

120113.福岡旅行0389
(ビルの真ん中に通路が通っていて、そこはまるで映画のセットの飲み屋街のよう。面白い風景です。)

■“一蘭”は店の造りを含め、色んな点で“変わった”特徴があります。

世界初『味集中カウンター』 …カウンター席は両横が衝立で仕切られている。

   自分の前もラーメンが出てきたあとはすだれが下がり、店員にさえも食べているところが見られないような
   仕組みになっており、女性一人でも気兼ねなく食べることができる。
   この仕組みを「味集中カウンター」と名づけ、特許を取得した。

元祖『オーダーシステム』 …味をカスタマイズできる。

   1)味の濃さ(うす味・基本・こい味)
   2)こってり度(油の量:なし・あっさり・基本・こってり・超こってり)
   3)にんにくの量(なし・少々・基本(1/4片)・1/2片・1片・2片)
   4)ねぎの種類(なし・白ネギ・青ネギ)
   5)チャーシューの「あり」か「なし」
   6)秘伝のたれの量(なし・1/2・基本・2倍)
   7)麺の堅さ(超かた・かため・基本・やわめ・超やわ)

元祖『替え玉システム』 …替え玉は専用の金属を置くことで、声を出さず注文ができる。

う~ん、面白いというか、なんというか… 

自分の個人的意見としては、何人かで連れ立って食べに行っても、『味集中カウンター』の隣りとの壁(衝立)のせいで、会話がしにくいのが気になっちゃいます。

120113.福岡旅行0397
(目の前の壁に書かれた能書き。この能書きの下が開いているのですが、ラーメンが提供されると簾が下りてきます。)

■お店は、地下鉄天神駅の真上、明治通り(東西)と渡辺通り(南北)の交差点から、明治通りを50m東に進み、右折して30m進んだところにあります。徒歩1分です。

お店に着いたのは、17:10ごろです。店内は38席あるようですが、衝立だらけで他のお客の入りが分かりません。

案内されたのは、4人だけが座れるゾーンで、自分が座って満席です。

120113.福岡旅行0393

■メニューは“ラーメン”のみです。券売機には、“天然とんこつラーメン(創業以来)”と書いてあります。(正式名称かな?)

能書き書によると、1つのメニューに絞っているのもお店のこだわりの1つのようです。

席に置いてある注文書に、各席備え付けの赤ボールペンで、好みの条件に丸を付けて行きます。

1)味の濃さ=基本、2)こってり度=基本、3)にんにくの量=基本(1/4片)・1片・2片)、
4)ねぎの種類=青ネギ、5)チャーシュー=あり、6)秘伝のたれの量=基本、7)麺の堅さ=かため

この紙を(顔の見えない)店員さんに渡すと、「ご注文、全て確認いたしました~!」との掛け声が。

5分ほど経って、チャルメラの音が聞こえると、ラーメンが提供され、目の前の簾が下ろされます。

【ラーメン】
120113.福岡旅行0403

■まずは、ラーメン中央に浮かぶ赤色の“秘伝のたれ”を混ぜずにスープを飲んでみます。

むむむ、まったく臭みがないのに、しっかりしたコクのあるスープです。

“秘伝のたれ”は唐辛子など30種類の材料を調合して熟成させた物とのことですが、これを混ぜると辛さが増すだけではなく、明らかにスープの幅と奥行きが広がります。

■続いて、白色の極細低加水麺を食べてみます。

ん~? 一蘭の麺って、こんなに美味しかったっけ?

噛むとしっかりと小麦の香りとかすかな甘味を感じます。これは博多系最高の麺では~?!

120113.福岡旅行0406

■スープと麺のバランスは、他の博多ラーメンと比べると、格段に良いことに気付かされます。

麺を一気にすすった時に鼻腔にかかるスープの風味と、咀嚼した時に広がる麺の風味が混ざった時の相性が非常に良いと思います。

同じ豚骨スープと極細麺の組合せでも、時に麺が浮いていたりするのですが、かなりの相性の良さです。

“一蘭”って、こんなに完成度が高かったでしょうか。

少なくとも、この一杯は、めちゃくちゃ美味しいです~♪

■具材は、チャーシューと青ネギのみです。

チャーシューは、薄くて、甘めの味付けのもので、噛むと肉と醤油の旨味が口の中で広がります。
(例えがいいか分かりませんが、インスタント・チャーシューメンの別個袋入りチャーシューを想起させます…)

青ネギは、個人的には博多ラーメンに不可欠な要素です。ラーメン全体がきりっと締まります。

機会があれば、選択可能な“白ネギ”を入れるとどうなるのか試してみたいところです。

■総括としては、オリジナリティを持ちつつも、完成度が高く、洗練された、非常に美味しい一杯です。

ここまでくると、博多ラーメンの一つの完成形と言っても過言ではないと思います。

今回は、本場博多で食べたせいか、かなり良い印象です。2年前に池袋で食べた時は、ここまでの衝撃はなかったのですが…

連れと入っても話ができないお店の造りとか、作り手によって味がぶれかねないオーダー方式などは、賛否両論だと思います。

ただ、ベースとなるスープの完成度の高さは、万人受けすること間違いなしです。

この一杯のおすすめレベルは、6段階で5+(かなりおすすめ~!)です~♪

120113.福岡旅行0407

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

福岡ラーメン店めぐり(その1)=一風堂

2010年3月16日(火) 博多天神・一風堂 【おすすめレベル:4】

福岡出張のついでに、本場九州とんこつラーメン

■一風堂だったら東京にもあるのに、なぜか本場に行くと本店に行ってみたくなってしまった。

夕方、飛行機に乗るまでに時間があったので、ちょっと寄ってみた。



■奇をてらって食べたことのない“博多つけ麺(平日限定)”にしてみたが、これは裏目。

かなり脂っぽい魚介トンコツで、もともと九州ラーメンにはない極太ストレート麺。

流行に合わせて無理やりつけ麺をメニューに入れた感じがする。

紹介には“18時間とんこつスープとカツオ・サバエキスをじっくりと煮込んだ”と書いてある。

頑張っているみたいだけど。。。

個人的意見としては、九州ラーメンは魚介系に浮気しちゃダメ!!

普通の“白丸元味”の方が“素直で澄んだトンコツスープ”、よっぽど“博多”気分になれたかな~



■(雑記メモ)

池袋店では聞かれなかったが、赤丸や白丸だと麺の硬さについては、茹で具合をお客の好みにしてくれるらしい。

ただ、そのネーミングが面白くて笑ってしまった。。。

硬いのから順に、

針金(はりがね) > バリ硬(かた) > 硬め > 普通

と言うらしい。こんど使ってみよっと~! (*^o^*)b

■(追記)

本当は、地元の人に“超おすすめ店”と聞いたところ、“一風堂”を紹介されたのですが、「一風堂は東京にもありますよ。他の店は?」と聞き返したら、大丸天神店近くの“赤のれん”を紹介されました。

ただ、実際に行ってみると、たまたまその日休業でした。。。残念(^^;;


人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
139位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html