スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らー麺藤平=東京駅ラーメン店めぐり(その10)

『たまには飛び込みで知らないラーメン店に~♪』

   ~らー麺 藤平・大手町店

■いつも、食べログやラーメンデータベース、ラーメン雑誌など、事前情報を持ってラーメン屋探検をしています。

でも、たまには飛び込みで近くの店に入ってみて、美味しい一杯を見つける、そういうのって嬉しいですよね。

今日は、東京メトロ丸ノ内線・大手町駅に来ていますが、事前情報無しでここから一番近くのラーメン店に行ってみます。

■丸ノ内線・大手町駅の東京寄り改札を出ると、“大手町ビル”の地下に出ます。

出てすぐにスターバックスがあって、右脇の通路を進むと、20mほどで、昔ながらのスパゲティの名店“リトル小岩井”が見えます。

あれ、その手前に早くもラーメン屋が~?!

看板を見ると“らー麺 藤平”とあります。

というわけで、今日はこのお店を訪問してみます。

110620.大手町・らー麺藤平 (11)

■事後的に調べてみると、このお店は大阪を中心に展開するラーメン・チェーンのようです。

“㈱ホッコク”という飲食店を展開する会社(ジャスダック上場)の1ブランドで、大阪~愛知で21店を展開していて、東京では唯一の店舗のようです。

この会社の他ブランドとしては、“札幌ラーメン どさん子”(全332店)、“らーめん みそ膳”(全64店)があるそうです。

確かに、“どさん子”ってラーメン屋、見たことがあるような気がするのですが、1977(昭和52)年ごろは全国に1000店を超えるお店を展開していたんだそうです。

■いつもの習性で、食べログの人気順ランキングを調べました。

大エリア区分の“東京・日本橋”エリアで全125軒中第67位、小エリア区分“大手町駅”エリアで全14軒中第12位です。

ちなみに、㈱ホッコクが経営するお店が“東京・日本橋”エリアには、あと2軒あります。

第42位 みそ膳・丸の内店 (小区分“東京駅”エリア全35件中、第19位)

第77位 札幌ラーメン どさん子・八重洲店(小区分“東京駅”エリア全35件中、第25位)

いずれも、好立地を生かした時間のないサラリーマン向けクイックラーメン店なんでしょうか…?

110620.大手町・らー麺藤平 (4)

■お店に着いたのは、13:00ごろ。

店内は意外と広く、カウンター席が8席程度、その奥にテーブル席が12席(?)ぐらいあります。

一人で訪問すると、入口近く、厨房前のカウンター席になるようです。

110620.大手町・らー麺藤平 (1)

■メニューは、豚骨ベースの“藤平らーめん”と、醤油豚骨の“藤平醤油”、味噌豚骨の“藤平味噌”があります。

迷わず看板メニューの“藤平らーめん”にしましたが、お腹が空いていたので、麺大盛り(+50円)にしてみました。

【藤平らーめん(大盛り)】
110620.大手町・らー麺藤平 (5)

■まずは、茶色いマー油を垂らした、まっしろな豚骨スープを味わってみます。

むむむ、口当たりがマイルドな優しい豚骨スープです。なんだか、クリーミーな感じ。

ただ、コクはほとんどありませんね… 

味の輪郭がボケないようにマー油が投入されているようですが、きっちり機能しています。

110620.大手町・らー麺藤平 (9)

■続いて、白っぽい色の細ストレート麺を食べてみます。

いわゆる博多豚骨ラーメンによく使われる麺です。

茹で具合は、最初からかなり“やわ”になっています。

■スープの一口目(第一印象)が悪くないので、序盤は普通に美味しく食べられます。

中盤に入ってくると、スープに味はそれなりに付いているのですが、物足りなくなってきます。

コクがないからなのか、味も実際に薄めなのかはちょっと分かりません。

終盤は、もともと“やわ”茹での麺を、替玉ではなく大盛りで頼んだので、麺が延びて辛いものがありました。注文ミスです…

110620.大手町・らー麺藤平 (7)

■具材は、チャーシューとキクラゲとネギです。

チャーシューは、脂身の少ないもので、醤油の味付けはしっかりしているものの、特徴がない感じです。

■総括としては、手軽に食べられる、あっさりクリーミー豚骨ラーメンです。

良きにつけ悪しきにつけ、あっさりしてコクがないミルクのようなスープがキーになっています。

普段ラーメンを食べない人からすると、こういうものなんだ~と、まずまず美味しく食べられると思います。

でも、ラーメンヲタクにとっては、ちょっとキツイかもです…

ただ、ランチの平均金額が、おそらく日本で最も高い大手町エリアにあるので、少なくとも“早い・安い”を実現しており、それなりの需要はありそうです。

ごちそうさまでした~

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

ジャンクカレッジ=東京駅ラーメン店めぐり(その9)

『史上最もジャンクなつけ麺~♪』

   ~ジャンクカレッジ・東京駅店

■今日のランチは、仕事仲間と“東京駅ラーメンストリート”に行ってみます。

たまたま、4月8日(金)に新しくオープンした話をしたところ、盛り上がっちゃいまして…(^-^;)

■もともと2年前に“六厘舎TOKYO”などの4店舗でスタートしたのですが、今回はエリアが拡張され、さらに4店が開店しました。

新しい4店舗の顔ぶれは次の通りです。

・東京駅 斑鳩 …“九段 斑鳩”の初支店。基本メニューの醤油ラーメン・塩ラーメンがとにかく上品。

・麺処 ほん田 …東十条“麺処 ほん田”の初支店。濃厚魚介豚骨で人気が出たが、あっさり端麗メニューも絶品。

・ジャンクカレッジ …東京から埼玉に移転した“ジャンクカレッジ”の東京駅支店。六厘舎の“まぜそば”バージョン。

・麺や 七彩 …都立家政“麺や 七彩”の初支店。無化調の尾道ラーメン。

■初回訪問時は、“麺処 ほん田”を訪問したので、今回は未訪問の他の3店に仲間を誘導しちゃいます…

“ラーメンストリート”に着いたのは、11:40ごろ。

もともとは、JR東京駅地下改札から一番近い“東京駅 斑鳩”に行くイメージだったのですが、すでに20人以上の大行列です。いた~い…

次にジャンクカレッジを見ると、行列は15人程度。前回訪問時に一番混んでいたため意外でした。そこでここに並ぶことにします。

(このお店だけ待ち椅子があって、実際は30人近く並んでいたのですが、最初気付きませんでした。)

110418.東京駅・ジャンクカレッジ_0008

■お店は、JR東京駅から行くと地下通路に面した“東京駅 斑鳩”の隣の“麺処 ほん田”の隣にあります。

店内は、カウンターとテーブル席合わせて24席(多分、カウンター8席、テーブル16席)あります。

110418.東京駅・ジャンクカレッジ_0013

■待ち椅子のあるあたりから店内に掛けて、若い店主さんの趣味のCDジャケットや、ギターなどの飾り物が目を惹きます。

隊員は嫌いじゃないカジュアル感ですね。CDジャケットは3割ぐらいは分かりました~

110418.東京駅・ジャンクカレッジ_0011

■メニューは、“まぜそば”“まぜつけ”“ラーメン”の3種類です。

一番の売りは“まぜそば”なので、券売機の最上段最左側の大ボタンは“特製まぜそば”になっています。

“まぜつけ”は、東京駅店専用に設定されたメニューとのことです。

ただ、初めて来たお客さんに対するお店のおすすめとしては、“ラーメン”とのことです。

110418.東京駅・ジャンクカレッジ_0012

■メニュー選択はけっこう悩みます。

売りは“まぜそば"ですが、“ラーメン”はまだ食べたことがありません。ただ、これらは他の支店でも食べられます。

すると、“まぜつけ”は東京駅限定メニューなので、選択しそうですが、先日“ほん田”の限定メニューで“外した”ばかり…

どうしましょう…

110418.東京駅・ジャンクカレッジ_0014

■結局は、ふたたび“東京駅限定”のフレーズに負け、“まぜつけ(並)”(1,000円)を選びます。

席に着くと、無料トッピングについて聞かれたので、ニンニク・アブラ・チーズの“全増し”にしました。

紙エプロンが必要か聞かれたので、飛び跳ねを警戒し、もらって着けました。

【まぜつけ】
110418.東京駅・ジャンクカレッジ_0019

■まずは、強烈な見た目からです。

どうやら、まぜそばに2種類のつけ汁がついているようです。

麺の上には、卵黄、もやし、チーズ、ニンニクチップ、背脂、にんにく、鰹節、煮豚塊チャーシューが載っています。

110418.東京駅・ジャンクカレッジ_0021

■トッピングをしっかり混ぜてから、小麦色をした極太ストレート麺をたべてみます。

老舗・浅草開花楼に特注し、強力粉オーションのみを使用して打った、強いコシと小麦の風味が特徴の極太麺です。

オーションは、ラーメン二郎の麺に使用される小麦粉(強力粉)で、普通の中華麺に使う準強力粉で打った麺と比べると、コシと風味が格別です。

強い歯ごたえの麺ですが、ジャンクなつけダレ、トッピングと合っています。

110418.東京駅・ジャンクカレッジ_0025

■まぜそばのタレは、豚骨醤油ベースのようで、適度な油分と塩分を感じます。

まぜむらのおかげで、一口ごとに麺に纏わり付いてくるものが異なり、味の変化を楽しむことができます。

時に強烈なニンニクの香りと辛さ、時に鰹節の魚介風味、時にチーズのまろやかさと、刻一刻と変化します。

具材の煮豚は、醤油で味付けされたもので、ラーメン二郎の煮豚を模しているものと思われます。

■麺自体けっこうな量があるので、まぜそばとしてだけ食べ続けていると、正直少し飽きてきます。

そこで、中盤からつけ汁に浸けて食べてみることにします。

110418.東京駅・ジャンクカレッジ_0022

■まずは、ゴマダレのような色をしたつけ汁に浸けてみます。

変な話ですが、つけ汁に浸けた時点で、麺に付着したまぜそばトッピングは取れてしまい、単なるつけ麺になります。

豚骨スープをメインにした濃厚なつけ汁で、うっすらと醤油で味付けしてあるようです。

■続いて、醤油色をしたつけ汁に浸けてみます。

こちらは、ゴマ色つけ汁と同じく豚骨スープがベースですが、見た目通り、醤油がはっきりした感じです。

両方とも、サイコロ型の小さなチャーシューが入っています。脂身多めでいい感じです。

110418.東京駅・ジャンクカレッジ_0023

■総括としては、池袋グルメ探検隊史上、最高にジャンクな“つけ麺”です。

最初“まぜそば”として食べると、なんでもかんでも投入されて、食べている途中の味の変化を楽しむべきものであると認識させられます。

また、ただの“まぜそば”だと、途中で飽きてきて変化をつけたくなるのですが、このメニューだと途中で2種類のつけ麺にチェンジでき、まったく飽きさせません。

コストを掛けて浅草開花楼特注極太麺を使うことで、基本構成をしっかりさせているところが心憎いところです。

食べ終わった感想としては、かなりジャンクで好みが分かれるでしょうが、これはこれでありだと思います。

正直に言うと、味が複雑すぎて、一回食べただけでは、十分に分析し切らないところもありました…(^-^;)

なので、再訪しちゃうかも、です。。。

おすすめレベルは5(かなりおすすめ)です~♪

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

麺処ほん田=東京駅ラーメン店めぐり(その8)

『東京駅限定味噌つけ麺~♪』

   ~麺処ほん田・東京駅店

■東京駅・八重洲南口地下一階の“ラーメンストリート”が、4月8日(金)にグランドオープンしました。

2009年6月の当初オープン時は、“六厘舎 TOKYO”、“塩専門 ひるがお”、“二代目 けいすけ 海老そば外伝”、“らーめん むつみ屋”の全4店舗(探検隊はもちろん4店とも訪問済み)だったのですが、今回はさらに4店舗増え、合計8店舗となりました。

■新設の4店は、“九段 斑鳩”、“麺処 ほん田”、“ジャンクカレッジ”、“麺や 七彩”(探検隊は4店とも、旧来店舗に訪問済み)で、まさに東京を代表するとも言える豪華なラインナップです。

しかも、探検隊の超お気に入りの“斑鳩”と“ほん田”の2店が入っており、すぐに行かないわけにはいきません。

(“けいすけ”は、“蟹専門 けいすけ 北の章”にリニューアルしています。)

オープン後1週間なので、ひどい行列が予想されたのですが、我慢できずに出陣することにします。

110414東京駅・麺処ほん田_0003

■ラーメンストリートに着いたのは11:15ごろ。すでに結構な人だかりができています。

この時点ですごい行列ができていたのは、“六厘舎”と“ジャンクカレッジ”。両店とも30人以上並んでいます。

そういえば、ラーメンストリート自体、少し間取りが変わり、“六厘舎”と“ひるがお”は、入口が反対側になっていますね。

110414東京駅・麺処ほん田_0031

■“麺処ほん田”の店舗は、地下通路に接した“東京駅 斑鳩”と、“ジャンクカレッジ”に挟まれています。

この時点ですでに20人ほどの人が並んでいました。本店と違って、食券を買わずに先に行列に並ぶようで、行列最後尾につきます。

店内はカウンター10席、テーブル12席で、着席するまで30分弱かかりました。

110414東京駅・麺処ほん田_0005

■メニューは、“鶏と魚介の豊潤醤油ラーメン”“鶏と魚介の豊潤塩ラーメン”のラーメン系2種類と、“濃厚豚骨魚介つけ麺(醤油)”“濃厚豚骨魚介つけ麺(味噌)”のつけ麺系2種類です。

ラーメン系2種類は、紹介写真を見てみると、昨年7月に池袋西武で開催された旨いもの大会の出品メニューに似ているので、まずパスします。

“ほん田”らしい一杯を味わうなら“濃厚豚骨魚介つけ麺(醤油)”、東京駅限定メニューでいくなら“濃厚豚骨魚介つけ麺(味噌)”を選ぶことになります。

“麺処 ほん田”では、本店でもイベントでも味噌メニューを出したことがないので、“ほん田の味噌”という未知のテイストに対する興味が掻き立てられ、“濃厚豚骨魚介 特製つけ麺(味噌)”(1,030円)を選んでみます。

麺の量は、並盛り200g、中盛り300gで、中盛り無料とのことだったので、中盛りでお願いします。

【濃厚豚骨魚介 濃厚つけ麺(味噌)】
110414東京駅・麺処ほん田_0020

■まずは、中太ストレート麺から食べてみます。

思ったより太くなかったので、ちょっと面喰いました。

食感はつるつるして、喉越しはいいですね。噛み応えはちょっと柔らかめでしょうか。

110414東京駅・麺処ほん田_0021

■続いて、熱々で供される味噌ベースのつけ汁を味わってみます。

むむむ、かなり濃厚な味噌つけ汁です。魚介豚骨ということで、豚骨のコクはしっかり出ています。

適度に辛味も効いていて、全体としてオリジナリティのある独特な味わいに仕上がっています。

ただ、味噌の風味と塩気が強いので、“ほん田”の美点である繊細な魚介の風味や味はないですね…

110414東京駅・麺処ほん田_0023

■味噌味のつけ汁がしっかり濃厚なので、中太麺にしっかり絡みます。

つけ汁にレモンが添えてあったので、途中で麺の方に振り掛けてみました。

ちょっとさっぱり感が出ましたが、もともとスープ自体さほどくどくないので、あんまり必要ないでしょうか…

最後に気になったのが、底の方の麺がやたら細切れだったことと、麺の水切りが不十分で、麺の器の底に水が溜まっていたことです。

本店だと、ちょっと考えにくい状況ですが、支店だとしょうがないんですかね… チョットザンネン…

110414東京駅・麺処ほん田_0024

■特製メニューを頼んだのですが、特製トッピングは別皿で供されます(写真上)。

肩ロースチャーシュー2枚、ブランデー味玉、海苔2枚、白髪ネギです。

チャーシューや、味玉は本店と同じとのことですが、ちょっと違う感じもします。乾燥気味…?

つけ汁には、ざく切りチャーシュー、キクラゲ、メンマ、万能ネギが入っています(写真下)。

110414東京駅・麺処ほん田_0027

■総括としては、“ほん田”が初めてチャレンジした味噌つけ麺で、オリジナリティ溢れる一杯です。

今まで食べたことがある味噌つけ麺の中では、もっとも濃厚で味がしっかりしています。

ただ、繊細な味や風味を楽しませてくれるのが“ほん田”のいいところなので、しっかりした味を出すと繊細さは失われてしまいます。

このメニューは、このあたりが難しいですね。。。(^-^;)

おすすめレベルは5(かなりおすすめ)です。

(追記)
というわけで、初めて訪問し“つけ麺”を食べる方は、繊細な味と風味が楽しめる“濃厚豚骨魚介 つけ麺(醤油)”の方がおすすめです~!

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっと3つクリックお願いします!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

京都銀閣寺ますたにラーメン=日本橋ラーメン店めぐり(その2)

『ミルキーにしてあっさりした京都豚骨ラーメン~♪』

   ~京都銀閣寺ますたにラーメン・日本橋本店

■今日は、久しぶりに日本橋でお昼ごはんです。

このエリアは、多くのオフィスビルや高級ショッピングモールがあるのに、気楽に食べられる昼食スポットが少ないのが特徴です。

なので、リーズナブルな人気がある料理屋さんは、11時過ぎから人が並び始めます。

■食べログの大エリア区分“東京・日本橋エリア”の人気順ランキングは次のとおりです。

第1位 六厘舎 TOKYO
第2位 塩専門 ひるがお・東京駅店
第3位 京都銀閣寺 ますたにラーメン・日本橋本店 <未訪問>
第4位 つけ麺もといし
第5位 頂上麺 筑紫樓 ふかひれ麺専門店・八重洲店
第6位 トナリ・丸の内店
第7位 くじら軒・八重洲店
第8位 らーめん むつみ屋・東京八重洲店
第9位 九州じゃんがららあめん・日本橋店(秋葉原本店に訪問済み)
第10位 天雷軒・東日本橋 <未訪問>

この踏破状況からすると、今回は“京都銀閣寺 ますたにラーメン”訪問で決まりです(よね!)。

110311.日本橋・京都銀閣寺ますたにラーメン 001

■お店は東京メトロ東西線・日本橋駅の上にあるコレド日本橋の裏隣にあります。徒歩2分ほどです。

道を挟んで反対側に、洋食の名店“たいめいけん”があります。

昨秋には、“たいめいけん”に付属している“たいめいけん・らーめんコーナー”に訪問しました。

110311.日本橋・京都銀閣寺ますたにラーメン 017

■“ますたに”は、昭和24年ごろ屋台ラーメン店として、京都でスタートしたラーメン店なんだそうです。

このお店は、豚骨&醤油を基本構成要素とする“京都ラーメン”のルーツとなっています。

以前、隊員が新幹線の新大阪駅で食べた“熟成細麺 宝屋”も豚骨醤油の京都ラーメンでした。

とっても美味しかった記憶があるので、今回も期待しています。

■お店に着いたのは11:10ごろ。店内は意外と広く、カウンター席が28席もあります。

こんなに席数があるのに、なんと11:20には満席になっていました。ほんとに人気があるんですね~♪

たぶん、ラーメン砂漠の真ん中にある、サラリーマンのオアシスなんでしょう(サラリーウーマンも大勢いました)。

110311.日本橋・京都銀閣寺ますたにラーメン 006

■メニューは、ますたにラーメンしょうゆ味の“ラーメン”と、オリジナル辛みそ味の“辛旨ラーメンみそ風味”の2種類です。

どのメニューも、麺の固さ、背脂の量、辛さ(一味)について、自分の好みの設定ができます。

110311.日本橋・京都銀閣寺ますたにラーメン 004

■初回訪問時の探検隊の鉄則どおり、デフォルトの“ラーメン”(750円)を、麺固さ・背脂・辛さをすべて“普通”で注文します。

ライスが無料で付いてくるのですが、これも“普通”でお願いしました。

【ラーメン】
110311.日本橋・京都銀閣寺ますたにラーメン 009

■まずは、背脂ちゃっちゃのスープから味わってみます。

むむむ、これは美味い~! 

最初の口当たりは甘くてマイルド、なのに後味は意外とさっぱりしています。

ベースは岩手清流鶏のガラスープで、徳島県産の濃口・薄口ブレンド醤油で調製されています

背脂がない状態でも、非常にクリーミーでコクがあって、まるでバターが入っているかのようです。

背脂を含めてレンゲでスープをすすると、パワフル感も満点です。

ただ、後味にもびっくり! しつこくない後味に続いて、最後にぴりっと来ます。

スープをよく見ると、ごく少量の赤い一味唐辛子が入っていました。非常に上手な一味の使い方で、一本取られました。

110311.日本橋・京都銀閣寺ますたにラーメン 011

■続いて、極細縮れ麺を食べてみます。

見た目からも、博多豚骨ラーメンの極細ストレート麺と明らかに違います。

最初は、はりがあって良い噛み応えです。かすかに小麦の風味もあります。

麺はコシにこだわって、熟成のために3日間寝かせてあるんだそうです。

■豚骨醤油スープは、縮れ麺にしっかり絡みます。スープ&麺のバランスは素晴らしく、言うことなしです。

スープのインパクトが強いので、麺もどんどん食べられるし、サイドのライスもどんどん食べられます。

麺は水分を吸い易いようで、後半は麺が若干延び気味になってきますが。。。

110311.日本橋・京都銀閣寺ますたにラーメン 010

■具材は、チャーシュー、メンマ、輪切りネギです。

チャーシューは、小さめで薄切りのものが5枚入っていましたが、味の染み具合と脂の入り具合が程よくて、なかなか美味しいです。群馬県産のもち豚を使用しているそうです。

メンマはオリジナルなのか、味が薄くて、ちょっとたけのこの味。好みが分かれそうです。

甘みと香りの強い輪切りネギは、毎日京都中央市場から送られてくる九条ネギで、このお店の自慢です。いいアクセントになっています。

■総括としては、程よくパワフルで、ミルキーな美味しい豚骨醤油スープが特徴の一杯です。

スープ・麺・具材のバランスからすると、スープの個性が突出していますが、麺も具材も外さずきっちり押さえられて、完成度の高さにつながっています。

また、九条ネギや特製一味唐辛子で、スープの良さを強調する演出も心憎いばかりです。

個性が出しにくい“豚骨ラーメン”ジャンルの中で、非常に印象に残る一杯となっていることには脱帽です。

おすすめレベルは5+(かなりおすすめ~!)です~♪(←豚骨ラーメン最高評価です!)

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっと3つクリックお願いします!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

塩専門ひるがお=東京駅ラーメン店めぐり(その7)

『東京駅ラーメンストリートを制覇~♪』

   ~塩専門 ひるがお・東京駅店

■今日は昼から新幹線で豊橋に出張だったので、東京駅でお昼ご飯です。

いつものように食べログで、“東京・日本橋”エリアの人気順ランキング&踏破状況を確認します。

第1位 六厘舎 TOKYO
第2位 二代目 けいすけ 海老そば外伝
第3位 塩専門 ひるがお・東京駅店 <未訪問>
第4位 京都銀閣寺 ますたにラーメン・日本橋本店 <未訪問>
第5位 頂上麺 筑紫樓 ふかひれ麺専門店・八重洲店
第6位 くじら軒・八重洲店
第7位 らーめん むつみ屋・東京八重洲店
第8位 九州じゃんがららあめん・日本橋店(秋葉原本店に訪問済み)
第9位 天雷軒・東日本橋 <未訪問>
第10位 しばらく・日本橋店 <未訪問>

東京駅にあるラーメン店は残りあと1つ、“塩専門 ひるがお・東京駅店”だけです。

ここを訪問すれば、東京ラーメンストリートの全4店舗を、やっとのことで全て回ったことになります。

ヽ( ´¬`)ノ

DSC03954.jpg

■“ひるがお”は、ラーメン界の有名人の一人、前島司氏率いる“せたが屋”グループのお店です。

店舗名も味の傾向も基本的にバラバラの12店舗があり、“せたが屋”“ひるがお”以外には、“ラーメンゼロ”“中華そば ふくもり”“小麦と肉 桃の木”などがあるそうです。

“せたが屋”とつく5店舗は魚介醤油ラーメンのお店、“ひるがお”とつく2店舗は塩ラーメンのお店です。

探検隊としては、初の“せたが屋”グループ店訪問なので、ちょっと楽しみです。

DSC03948.jpg

■お店に着いたのは12:00ちょうど。近所の“六厘舎TOKYO”は相変わらずの大行列です。

“けいすけ”“ひるがお”“むつみ屋”は、どれも同じぐらいの待ち行列の長さで、10人待ちぐらい。

DSC03946.jpg

■券売機を見ると、メニュー選択に困ります。

店の名前は“塩専門”とあるのに、券売機の最上段最左側は“醤油らーめん”です。ワケガワカリマセン…

おそらく、メニューに変化をつけるため、“せたが屋”の醤油ラーメンを持ち込んだものと思われます。

そうすると、現在の基本メニューは、“醤油らーめん”“塩らーめん”“塩つけ麺”の3種類なので、看板メニューの“塩らーめん”に味玉を付けた“塩玉らーめん”(850円)を選択します。

食券を購入し、7人ほどの列の後ろにつきましたが、カウンター8席、テーブル14席もあるためか、回転が異常に早く、ほんの3分ほどでカウンター席が回ってきました。

【塩玉らーめん】
DSC03949.jpg

■まずは、綺麗なうす黄金色をしたスープから味わってみます。

う~ん。鶏がベースのようです。塩加減もそこそこ、鶏のコクもそこそこ。

トータルでは、まずまず美味しいスープですが、期待が大きすぎたのか、特別なものは感じません。

DSC03952.jpg

■次に、断面が四角の中細ストレート麺を食べてみます。

小麦は全粒粉を使用しているようで、麺の表面にはつぶつぶが見えます。

なかなか良い噛み応えですが、もちもちという感じではなく、まるで手打ちそばのような食感です。

ラーメンに使用する麺としては、若干奇を衒った感じがします。

■麺とスープの相性ですが、麺が細いので、スープは問題なく絡みます。

少量の焦がしネギ(ニンニク?)、柚子皮片、白ネギが載せられているので、麺をすする時に味の変化を出しています。

DSC03951.jpg

■具材は、デフォルトのチャーシュー、メンマ、小エビ、あおさ、味玉です。

それぞれちょっとした変化を演出するのに、いいキャラクターを出しています。

特にあおさは、海苔をぺろんと載せるよりも風味がしっかり出ていいですね。

■総括としては、全体的な纏まりはあるものの、特筆すべき点に乏しい塩ラーメンです。

スープ、麺、具材のそれぞれに工夫をした跡は見られるのですが、どれもこの一杯を印象付ける個性にまでなっている感じはしません。

有名グループが“塩専門”と名乗っているのであれば、もっとオリジナリティがないと看板倒れかな…

もうちょっと頑張って欲しいところです。(*´ρ`*)

おすすめレベルは4(けっこうおすすめ)でしょうか。。。

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっと3連発クリックお願いします!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
247位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
107位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html