スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九段斑鳩〔4回目〕(2杯目)=飯田橋ラーメン店めぐり(その19)

『名店・九段斑鳩の鉄板メニューを食す~♪』

   ~九段 斑鳩

■今日の午前中は、用事で九段下に来ているので、お昼は“九段斑鳩”に行ってみます。

食べログでは、ラーメンの人気順ランキングの全国第5位に入っていますが、他の指標ではどうでしょう。

例えば、ラーメン好きだけが集まる“ラーメンデータベース”(RDB)では、全国で第217位、東京都で第130位、東京都千代田区で第8位になっています。

RDB自体は、東京都上位40店に“ラーメン二郎”が9店もランクインするなど、あまり自分の感覚と合わないのですが、広くラーメン好きがあつまるので、ある程度の信憑性はあると言えると思います。

すると、RDBでの一般的な評価と比べると、食べログの全国第5位は、ちょっと行き過ぎているといえそうです。

まぁ、レストランの人気ランキングは、お客にとっては、これをきっかけにして美味しい店が見つかればいいだけなのですが、お店にとっては大問題ですよね。

くだらないことですが、ちょっと考えさせられちゃいます。

110531.九段・斑鳩0007

■さて、今日は時間が早過ぎて、なんと開店(11時)前にお店に着いてしまいました。

でも、すでにお客さんは10人ほど並んでいます。常連さんみたいな人が多いですね。さすがです。

結局は、自分が美味しい店であると認識して通い始めたら、ランキングの順位は何位だろうと関係ないんですよね。

110531.九段・斑鳩0010

■今日で4回目の訪問ですが、4回連続でカウンター席となりました。

お店のつくりは、カウンター席6席、テーブル席16席なので、かなり低い確率です。

この席に座っていつも思うことは、厨房がすごく綺麗にしてあるな~ということです。

これだけ綺麗にしてあるのを見るだけで、店主さんおよびスタッフの方々の仕事が丁寧であることが伺えます。

斑鳩のこういうところも、自分は大好きですね~♪

110531.九段・斑鳩0006

■このお店のメニューは種類が豊富で初めて訪問すると選ぶのに苦労しそうですが、お店の方でうまい工夫がされています。

券売機の最上段に、“九段斑鳩・人気ベスト5”と書いて、ボタンを5つ配置しています。

第1位 特製らー麺
第2位 特製本枯れ鰹醤油らー麺
第3位 燻製煮玉子豚骨魚介つけ麺
第4位 特製ガーリックまぜそば
第5位 燻製煮玉子和風ラー油豚骨

何気なくこのボタンを眺めていて、いままで食べた中で最も美味しかったメニューのボタンを無意識に押してしまいました。

それは、お店でも人気No.1としている“特製らー麺”(880円)です。

【特製らー麺】
110531.九段・斑鳩0013

■まずは、スープから味わってみます。

むむむ、しっかりとしたコクのある豚骨スープに、香りのある魚介スープが合わせられています。

さすがベースがしっかりしているので、味わい深いスープは、インパクトがあります。

ただ、しばらくして気付いたのですが、美味しいは美味しいものの、以前よりも魚介が弱くなったでしょうか?

最初の“ガツン”と来るべき魚介の風味が弱くなったような気がします。

110531.九段・斑鳩0017

■続いて、白っぽい色をした中細平ストレート麺を食べてみます。

噛んで風味と味の出る美味しい麺です。茹で加減は柔らかめかな…?

そういえば、前回食べた時と、麺の種類が変わっているような気がします。

確か“らー麺”の麺は、白っぽい“本枯れ鰹醤油らー麺”などに使われている麺と違って、黄色っぽいコシのある麺だったと思います。

前回せっかくその違いをベタ褒めしたのに… なんでかな?

■スープにある程度の濃度とコクがあるので、麺にはしっかり絡みます。

それぞれの要素の素性が良いので、初めて食べれば組合せの違和感は感じないと思います。

ベースの良さで“こういう一杯なのかな”と、美味しく食べられるでしょう。

ただ、以前のような、各要素をぎりぎりまで詰め切ったような緊迫感や、麺とスープの緊密感は弱くなったような気がします。

110531.九段・斑鳩0015

■具材は、仕込み物なので、期待通りに逸品ぞろいです。

大きなチャーシューは、しっかりした肉感があり、脂の入りも適度でジューシーです。

燻製味玉は、斑鳩独特のもので、噛んだ時に口の中で広がる燻製独特の香りがとっても美味しいです。

大きくて太いメンマも、なかなか良いですね~

■総括としては、麺・スープ・具材の各要素がそれぞれ作り込まれているので、普通に美味しい一杯です。

ただ、前回食べた時のような麺とスープの緊密感・緊張感を感じることはできませんでした。

やはり、前回との差異であるスープの魚介の弱さ、麺の変更と茹で具合が影響したものと思われます。

毎日高いレベルで同じクオリティのものを提供するのは、ラーメン屋さんにとっては大変なことだと思います。

ただ、普通のラーメン屋ではなく、名店“九段斑鳩”であれば、当然満たして欲しい条件です。

おすすめレベルは、格下げして5+(かなりおすすめ~)です。

必ず再訪するので、ぜひ昔のように、感動的な6★クオリティに戻って欲しいと思います~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

九段斑鳩〔4回目〕(1杯目)=飯田橋ラーメン店めぐり(その19)

『名店・九段斑鳩の意欲作~♪』

   ~九段 斑鳩

■今日は、東京メトロ東西線・九段下駅付近でランチです。

あまり来るチャンスのある場所ではないので、自動的に名店“斑鳩”に訪問することになります。

昨年は、4月、5月、10月と3回訪問しました。

今年4月には、東京駅ラーメンストリートに支店をオープンし、ますます勢いがあるようです。

■久しぶりなので、食べログの人気順ランキングを見てみます。

エリアについては、“日本全国”を初めて指定してみます。(リンクで訪問時のブログ記事を参照できます~)

第1位 【東京・恵比寿】 AFURI
第2位 【東京・新 宿】 風雲児
第3位 【東京・東京駅】 六厘舎 TOKYO
第4位 【東京・九 段】 九段 斑鳩
第5位 【東京・新 宿】 麺屋 海神
第6位 【京都・一乗寺】 中華そば 高安 <未訪問>
第7位 【東京・東陽町】 麺屋 吉左右
第8位 【京都・七 条】 新福菜館・本店 <未訪問>
第9位 【東京・門前仲町】 こうかいぼう
第10位 【京都・七 条】 本家第一旭たかばし・本店 <未訪問>

へぇ~、上位10位までだと、東京(7店)と京都(3店)だけなんですね。シリマセンデシタ…

110531.九段・斑鳩0000

■ちょっと面白いので、この続きも見ちゃいます。

第11位 【東京・新 宿】 麺屋武蔵・新宿本店
第12位 【東京・渋 谷】 はやし
第13位 【北海道・札幌】 麺屋 彩未 <未訪問>
第14位 【東京・品 川】 つけめん煮干そば TETSU・品川店(つけめんTETSUに訪問済み)
第15位 【東京・湯 島】 らーめん天神下 大喜
第16位 【神奈川・横浜】 吉村家
第17位 【大阪・今宮戎】 無鉄砲・大阪店(東京中野店に訪問済み)
第18位 【東京・池 袋】 屯ちん・池袋本店
第19位 【東京・渋 谷】 中華そば すずらん
第20位 【東京・秋葉原】 粋な一生

東京は全国から人が集まっているので、口コミ数で順位を付けると上位を占めちゃうんですね。

池袋グルメ探検隊は、全国上位20軒のうち、16軒に訪問済みであることが分かりました~♪(^-^)/

110531.九段・斑鳩0012

■お店は、九段下駅(靖国通りと目白通りの交差点)から目白通りを北上し、一つ目の信号を右折して100m行った右側にあります。徒歩3分ほどです。

実はお店に着いた時間が、お恥ずかしいことに11:00、ちょうど開店時刻でした。開店前から並んでいた人を入れて数えて10番目でした。

店内はカウンター席6席と、テーブル席16席があるのですが、4回連続でカウンター席が回ってきました。

110531.九段・斑鳩0002

■このお店のメニューはバラエティに富んでいるのですが、久しぶりに見ると、多少変更があるようです。

昨年9月時点では、“らー麺”“濃厚和風豚骨”“塩つけ麺”“本枯れ鰹醤油らー麺”“ガーリックまぜそば”“和風醤油らー麺”“和風塩らー麺”の7種類でした。

今回、券売機を見てみると、“濃厚和風豚骨”“塩つけ麺”“和風塩らー麺”が廃止され、“豚骨魚介つけ麺”“和風ラー油豚骨”が新メニューとして追加されています。

110531.九段・斑鳩0003

■今まで3回の訪問で、“特製本枯れ鰹醤油らー麺”“特製ガーリックまぜそば”“ピリ辛つけ麺(元期間限定-廃止)”“特製塩本鰹らー麺(元定番-廃止)”“特製らー麺”の5種類を食べてきました。

現在のメニューだと、“和風醤油らー麺”と、2つの新メニューが未食です。

今日は、その中から昨年10月からレギュラーメニューになった“豚骨魚介つけ麺”をデフォルトで選ぶことにします。

そのつもりだったのでが、何の気なしに券売機の最上段のボタンを押すと、それは“燻製煮玉子豚骨魚介つけ麺”(930円)でした。

(押しやすい位置に、うまいこと売りたいメニューを埋め込むなんて、何気に商売上手ですね…)

店員さんに、大盛り380gに無料でできます、と言われたのですが、普通盛りで290gもあるので止めました。

【燻製煮玉子豚骨魚介つけ麺】
110531.九段・斑鳩0020

■まずは、中細平ストレート麺を食べてみます。

う~ん。つけ麺だと、太さ的には物足りない感じがするかもしれません。

茹で加減は柔らかめ。風味重視の選択です。(おそらく“らー麺”と同じ麺です。)

110531.九段・斑鳩0026

■続いて、表面に一味唐辛子が振られたスープを味わってみます。

むむむ~。豚骨&鶏ガラのベースでしょうか。すすると、豚骨のコクと鶏ガラのまろやかさを感じます。

味付けは穏やかで、弱い醤油も一味も強くは主張してきません。

お店の紹介では、「豚骨と魚介をバランスよく仕上げた」とあるのですが、魚介はあまり感じません。

110531.九段・斑鳩0021

■中細ストレート麺には、絡ませて食べるために、どんぶりに入った段階で、大量の刻み玉ネギ、白胡麻、ラー油、少量の輪切り万能ネギ、ニンニクチップが振りかけられています。

お店の意図としては、まぜそばのように、つけ汁に浸ける前に十分に絡ませてから食べて欲しいようです。

大ヒットしている“ガーリックまぜそば”からの発想の流用でしょうか。

しっかり混ぜてから麺をつけ汁に浸けてすすってみます。

すると、う~ん?!スープも麺も、想像したほどのマッチ感、パワフル感がありません。

スープもこのまま飲めてしまうぐらい薄く感じるし、その意味で中細麺とはバランスしているのですが、全体としては押し出しが弱い感じです。

110531.九段・斑鳩0025

■具材は、相変わらず秀逸です。

お店自慢の燻製煮玉子は、香ばしい香りと、コクのある味わいが特徴的です。めっちゃ美味しいです。

チャーシューも、脂身の入り方が上品で、食べ応えもあるものです。ここは役者が揃っています。

■総括としては、広く豚骨つけ麺としてみると、穏やかな味付けの優しい味わいの一杯です。

ラーメンを食べまくっている人でなければ、普通に美味しいと感じるレベルだと思います。

ただ、斑鳩らしい味付けのインパクトと繊細さの両立という点では、自分にとっては少々期待外れでした。

スープの味付けがぼやっとしているのでインパクトに欠け、魚介の利かせ方も弱いので奥行きを感じません。

また、刻み玉ネギを大量に載せているので、繊細さという点でも、“斑鳩らしくない”方向に行っています。

繊細さで人気の“本枯れ鰹醤油らー麺”と、インパクトが売りの“ガーリックまぜそば”という両極端な人気メニューがあるので、新メニューはその中間のような落ち着かせ方で、中途半端な印象が拭えません。

名店“九段 斑鳩”だけに、このメニューに関しては、もっとシビアに味を磨き上げてほしいと、ファンとして切望せずにはいられません。

この一杯に関しては、おすすめレベルは厳し目に4+(けっこうおすすめ~)です。

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

つけ麺処むあん=飯田橋ラーメン店めぐり(その18)

『三味一体の和風すっきりつけ麺~♪』

   ~つけ麺処 むあん・神楽坂店

■今日は、かなり久しぶりに飯田橋・神楽坂エリアを探検です。

『噂のつけ麺2010(首都圏版)』という雑誌で紹介されている“つけ麺店”に行ってみます。

お店の名前は“つけ麺処 むあん”で、新宿区神楽坂(東西線・神楽坂駅)と新宿区山吹町(有楽町線・江戸川橋駅)に2店あるようです。(この2店は徒歩10分以内ですごく近いです。なんでかな?)

お店のコンセプトは“東京屋台風の味わい”とのことで、さっぱりしたつけ麺が期待されます。

DSC04114.jpg

■いつものように、食べログでランキングをチェックします。

小エリア区分の“神楽坂駅”エリアで、人気順ランキング第6位、点数順ランキング第10位です。

2005年8月オープンなので、時間は経っているはずですが、食べログ・ユーザーには受けが悪い(知られていない)ようです。
■お店は東京メトロ東西線・神楽坂駅の神楽坂口(東口)を出て、左に10m進み、左折して20mのところにあります。徒歩20秒!

でも、お店の着いた20:00ごろは、乗降客が非常に少ない駅だけあって、駅の周りを歩いている人さえまばらです。

カウンター席が15席はあるかと思いますが、先客は2名、後客も2名です。

DSC04122.jpg

■お店の名前には“つけ麺処”と書いてありますが、メニューは、“つけそば”だけではなく、“らぁめん”もあります。

ラーメン本の紹介によると、お店の売りとして旨みが凝縮した国産の“霜降りチャーシュー”があるようですが、あえてデフォルトで“特製つけそば”(750円)を注文してみます。

※このお店では、“特製”という名前がついていても、“フルトッピング”という意味ではありません。何にでも“特製”と書いてあります。( ^-^;)

【特製つけそば】
DSC04123.jpg

■まずは、中太平打ち縮れ麺から食べてみます。

表面はつるつるで、噛むと程よい噛み応えで、なかなかいい感じです。

DSC04124.jpg

■つぎに、醤油色をしたつけ汁を味わってみます。

むむむ、この味は複雑っ。甘味を中心に、酸味をしっかり効かせてあります。ちょっぴり一味で辛味も。

ベースの鶏ガラスープがしっかりしているので、ガッチリコクがあり、複雑な味付けが引き立ちます。

雑誌コメント、お店コメントのどこにも豚骨とは書いていないのですが、“豚骨”っぽい良い臭みもあったような…

DSC04125.jpg

■いわゆるドロドロ系ではないので、スープの絡みが気になりますが、実際は予想以上にしっかり絡みます。

スープの程よい油分が、平打ち太麺にまとわりつく感じです。ちゅるちゅるっとすすることができます。

スープの甘味、酸味、辛味が、麺に纏わり付くことで、麺の小麦感までもが引き出され、いいハーモニーです。

DSC04126.jpg

■具材は、短冊状のゴロゴロ・チャーシュー、メンマ、海苔、輪切りネギです。

醤油がはっきりしたスープなので、どの具材を口にしても、しっかりアクセントになります。

特に、麺をすすりながら食べると、チャーシューとネギがいい感じを出します。

■総括としては、味の広がりのある醤油スープが秀逸な、特徴ある“つけそば”です。

甘味・酸味・辛味の効かせ方としては、“つけ麺屋 やすべえ”に近いものがありますが、酸味と同じぐらい甘味を強調していることと、平太ストレート麺が、この一杯の個性になっています。

酸味のある醤油味が適度に食欲を刺激し、特にさっぱり系が好きな人にはいいのではないでしょうか。

おすすめレベルは5(かなりおすすめ)です。

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっと3連発クリックお願いします!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

九段・斑鳩〔3回目〕(2杯目)=飯田橋ラーメン店めぐり(その16)

『東京で3本の指に入るラーメン~♪』

   ~九段・斑鳩〔3回目〕(つづき)

■“斑鳩”クラスだと、ランキング情報も“東京全域”になります。

久しぶりに食べログで“東京全域”の人気順ランキングを確認すると、こんな感じになっています。

第1位 AFURI
第2位 風雲児
第3位 九段 斑鳩
第4位 たいめいけん <未訪問>誰かがラーメン・ランキングに“洋食屋”を乱入させてこの順位。困ります…
第5位 麺屋 海神
第6位 六厘舎TOKYO
第7位 麺屋武蔵・新宿本店
第8位 麺屋 吉左右
第9位 中華そば すずらん
第10位 らーめん天神下 大喜

第11位 つけめん煮干そばTETSU品川店(つけめんTETSUに訪問済み)
第12位 こうかいぼう
第13位 はやし
第14位 粋な一生
第15位 屯ちん・池袋本店
第16位 めん徳二代目つじ田・神田御茶ノ水店(飯田橋店に訪問済み)
第17位 瞠・池袋店
第18位 九十九とんこつラーメン・恵比寿本店
第19位 蒙古タンメン中本・新宿店(池袋店に訪問済み)
第20位 さっぽろ純連・東京店

(一応、洋食屋“たいめいけん”を除いて、全部回っているみたいですね~♪)

100915.九段・斑鳩005

■ちなみに、口コミ投稿者が勝手な主観で採点する点数で順位を付ける“点数順ランキング”では、“九段斑鳩”は東京全域で第111位。

いやぁ、全くあたっていないランキングですね。(`(エ)´)ノ_彡

その点、口コミ数自体で順位を付ける“人気順ランキング”は、美味しい店ほど口コミ数が累積するので、まだ実際の人気や美味しさにある程度比例するんじゃないかと思っています。

■さて、斑鳩ではまだまだ試していないメニューがたくさんあります。

もう一度メニューのおさらいをすると、こんな感じです。

・らー麺
・濃厚和風豚骨
・塩つけ麺
本枯れ鰹醤油らー麺
塩本鰹らー麺
ガーリックまぜそば
・和風醤油らー麺 ~夜の部限定
・和風塩らー麺  ~夜の部限定

100915.九段・斑鳩001

斑鳩の券売機の最上段は、人気メニューが第1位から第5位までがボタンになっています。

いろいろ迷いますが、今日のもう一杯目は人気No.1となっている“特製らー麺”(1,000円)です。

【特製らー麺】
100915.九段・斑鳩016

■まずは、スープから味わってみます。

う~ん!繊細にしてコクがある激ウマスープです!

こちらも斑鳩定番スープ、つまり焼津産本枯節に利尻昆布、煮干から取った和風ダシに、豚骨・鶏ガラから取ったスープをあわせたもの。

白濁したとろみのあるスープを口に入れると、最初に魚介の風味が口いっぱいに広がり、その後豚骨スープのコクのある甘味が広がります。

本枯れ鰹醤油らー麺”の醤油スープと比べると、もうちょっと“昔ながらの中華そば”寄りに振った感じです。

具体的には、繊細さよりも、醤油味の押し出しを強調した感じです。これもいいですね~!

100915.九段・斑鳩021

■続いて、中ストレート麺を食べてみます。

こちらは白っぽい色をした“塩本鰹らー麺”の麺と比較すると、玉子色をしていて噛んだ時の風味も小麦だけでなく玉子っぽい風味がします。

ちょうどスープも“昔ながらの中華そば”っぽくアレンジしているのと対応させているんだと思います。

■スープと麺は、合わせて検討し、チョイスされているようです。

イメージ的には、店主さんが考える伝統的“中華そば”を、素材から見直して選びなおし、再構成した感じです。

上品にして繊細・複雑なコク深い風味、味わい、それでいてしっかりとしたパンチもあるからすごいです。

100915.九段・斑鳩018

■具材は“特製”なので豪華です。

大き目のチャーシューに、味付玉子、メンマ、海苔。

ネギが載っていないのは、スープに対する自信の表れなんでしょうか。

確かに、最初こってり感じるスープは、ネギがなくても後味はさっぱりしています。

■総括としては、非常に完成度が高い“斑鳩流中華そば”です。

シンプルで典型的なメニューだけに、店主さんのセンスや腕の差が表れるのですが、そこはさすが斑鳩!

麺、スープ、具材のすべてにこだわって手間隙を掛け、バランスを取って再構成しているので、現代風に洗練された、繊細さとパワフルさを両立した一杯に仕上がっています。

おすすめレベルは、もちろん6★(超おすすめ!)です~!!

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ↓をポチポチっとクリックお願いします!




にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

神楽坂五十番=飯田橋ラーメン店めぐり(その17)

『創業半世紀の伝統の味~♪』

  ~神楽坂五十番

■このお店は、食べログでは“飯田橋”エリアの中華料理で第1位になっています。
 (ちなみに、中華料理第2位は、“タンメン”がめちゃくちゃ美味しい“おけ以”です。)

飯田橋・全レストラン・ランキングでも第8位に入る名店です。

今日は、中華料理屋さんのラーメンにトライです。

100922.神楽坂・五十番014

■創業は1957年で、50年以上もの歴史があるそうです。

隊員が初めてこの店を訪れたのは、15年ぐらい前だったでしょうか。

その時は、有名な店だとは知らず、普通の中華料理屋に入ったつもりでランチを食べました。

■このお店はある単品料理で有名なんです。

そのメニューは、百貨店の食品コーナー(デパチカ)でも取り扱われているほどです。


何だと思います?結構シブいんですけど…


答えは、“まんじゅう(饅頭)”です。(上の写真で、ショウケースのなかに陳列してあります~♪)

■このお店は、飯田橋駅から神楽坂を上って、徒歩5分ほどのところ、右側にあります。

お店の1階は調理場になっていて、通りに面したディスプレイにはたくさんのテイクアウト用肉まんが陳列してあります。

割といつもテイクアウトのお客さんが並んでいます。肉まんだけでなく、いろんな種類があるようです。

お店の2階、3階がレストランになっていて、近所のサラリーマンやら有閑マダム、神楽坂探検の観光客などで込み合っています。

100922.神楽坂・五十番004

■今日はランチメニューの“五十番セット”(800円)を注文します。

醤油ラーメンと肉まんがセットになった、美味しいセットです。

写真を見るとサイズが分かりにくいのですが、小さいラーメンと、大きな肉まんが並んでいます。

100922.神楽坂・五十番008

【ミニラーメン】
100922.神楽坂・五十番010

ラーメンはオーソドックスな“中華そば”です。

豚骨・鶏ガラベースの醤油味ですが、スープはコクがあってかなり普通に美味しいです。


【肉まん】
100922.神楽坂・五十番006

肉まんはソフトボールぐらいの直径があります。(たばこと比べると、大きいのが分かります。)

外のガワもモチモチ感があってしっかりしていますが、中の肉餡も秀逸です。

とってもジューシーで、食べていると肉の脂分がスープになって滲み出してきます。

(テイクアウトで買うと、基本の肉まん360円、特製肉まん500円、ミニ肉まん180円のようです)


【杏仁豆腐】
100922.神楽坂・五十番013

デザートに一口サイズの杏仁豆腐が出てきました。


■このランチセット、女性にも受けそうで、なかなかいいですね~♪

(男性にはちょっと少ないかな? 隊員はこの日の夕方、結構お腹が空いちゃいました。。。)

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ↓をポチポチっとクリックお願いします!




にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
291位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
123位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html