スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肉そば けいすけ=水道橋ラーメン店めぐり(その19)

『巧みなメニュー構成の一杯~♪』

   ~肉そば総本山 神保町けいすけ

■“池袋グルメ探検隊”を名乗る以上、“池袋”は徹底的に調査しなければならない、という目標を持って、昨年は池袋エリアのラーメン店をかなり深くまで掘り下げました。

ラーメンに関しては、今年は期せずして“神田・秋葉原・水道橋”エリアの深堀りになっています。

神保町界隈は、B級グルメの聖地として、半世紀以上の歴史も伴っているため、お店の層の厚さは半端ありません。

とっても魅力的なエリアです~♪

■前回の“つけそば屋 北かま”訪問時に使用した、食べログの中エリア区分“神保町・水道橋”エリアの人気順ランキング
第11位から第20位のゾーンをターゲットとします。

(すでに踏破済みの、第1位から第10位については、以前の“さぶちゃん”訪問時のブログをご覧下さい~♪)

(↓店名をクリックすると、過去の訪問時のブログを参照できます。ぜひご覧下さい~♪(*^-^*)/)

第11位 つけそば屋 北かま
第12位 ぽっぽっ屋・水道橋店
第13位 太陽のトマト麺・水道橋店(大塚北口店に訪問済み)
第14位 麺処 おかじ
第15位 つけ麺屋 やすべえ・水道橋店
第16位 肉屋 <未訪問>
第17位 肉そば総本山 神保町けいすけ <未訪問>
第18位 神保町 可以
第19位 お茶の水 大勝軒 <未訪問~?>※
第20位 麺一筋・水道橋東口店(新大塚店に訪問済み)

現在位置が神保町なので、未訪問3店舗のうち、一番近い“肉そば総本山 神保町けいすけ”に今日は訪問してみます。

110518.水道橋・肉そば総本山けいすけ0000

■このお店は、名前の通り“けいすけ”グループの店舗で、今年2月にオープンしました。

グループ展開は、次の通りです。(↓こちらも、店名をクリックすると、過去の訪問時のブログを参照できます~♪)

【本   郷】 黒味噌ラーメン 初代けいすけ(閉店、支店の品川店、タイバンコク店は営業中)
【高田馬場】 二代目海老そばけいすけ
【本 駒 込 】 つけめん四代目けいすけ <未訪問>
【住   吉】 肉そばけいすけ <未訪問>
【新   宿】 塩逸品 五代目けいすけ <未訪問>
【湯   島】 魁肉盛りつけめん六代目けいすけ <未訪問>
【秋 葉 原 】 極辛BLACKつけ麺七代目けいすけ <未訪問>
【水 道 橋 】 肉そば総本山神保町けいすけ <未訪問>
【東 京 駅 】 蟹専門けいすけ北の章(旧 二代目けいすけ海老そば外伝
【シンガポール】ramen doning keisuke singapore

2005年に本郷で“黒味噌ラーメン”からスタートし、2006年に2店目の高田馬場以降、しばらくは甲殻類系ラーメンで展開します。

その後、2010年1月から江東区住吉で“肉そば”をスタートし、これが当たったのか、この系統を1年で3店舗開店しています。

“黒味噌系”“甲殻類系”は既食ですが、“肉そば”系は初めてなので、味の想像がつかない点で、すごく楽しみです~♪

■お店は、JR水道橋駅東口から行くと、目の前の白山通りを反対側に渡って、500mほど南下したところにあります。徒歩7分ほどでしょうか。

お店に着いたのは13:00ごろ。店内はカウンター22席と、都内のラーメン店にしては、かなりの大型店です。

このエリアには、大学や専門学校が多数あり、大小オフィスビルもたくさんあるので、計算してのこの規模だと思われます。

いつもだと、この時間でも外に行列ができていますが、今日はたまたま1席空いていてすぐに座れました。

110518.水道橋・肉そば総本山けいすけ0001

■メニューは、肉そば3種類(醤油味、味噌味、塩味)と肉つけそば1種類の計4種類です。

“けいすけ”は、甲殻類系(海老、蟹)醤油のイメージが強く、醤油・味噌・塩の全方位メニューは初めて見たので、どれも味のイメージがつきません。

お店による人気メニューランキングによると、第1位が“肉そば極み(醤油味)”、第2位が“肉そばみそ”、第3位が肉そばつけ麺極みなんだそうです。

ここは、お店のおすすめにしたがって、“肉そば極み(醤油味)”(880円)を選択してみます。

食券購入後、探検隊の鉄則どおり、デフォルトにすべきだったか、ちょっと後悔したのですが…

【肉そば 極み(醤油味)】
110518.水道橋・肉そば総本山けいすけ0005

■まずは、表層に厚めにラードが張った、真っ黒な醤油スープから味わってみます。

むむむ?! 色といい、味といい、これは“札幌醤油ラーメンインスパイア系”とでも言いましょうか。

今年ららぽーと船橋で食べた、“すみれ”の醤油ラーメンに似ています。

ベーススープは豚骨系で、味はラードの影響もあって、色の割には適度な醤油味です。

なかなかコクもあり、パワフルな醤油味を志向しているスープです。

なお、調理工程上、玉ネギともやしを中華鍋で強火でファイヤーしたものが載っているので、その香ばしい香りと油分もスープに旨味を増しています。

(そういえば、“銀座 五行”でも、黒い醤油ラーメンに、ファイヤーした炒め野菜を載せていましたね…)

110518.水道橋・肉そば総本山けいすけ0007

■続いて、カネジン食品製の中細ストレート麺を食べてみます。

太さは一般的な中華麺と同じぐらいですが、麺の質は味噌系などの濃厚スープに合わされるような、もちっとして食べ応えのあるタイプです。

麺の量は少なめで、140gぐらいでしょうか。

110518.水道橋・肉そば総本山けいすけ0009

■食べ応え重視の中細麺は、パワフル志向の醤油スープをがっちり受け止めています。

組合せは上手いですね。さすが“けいすけ”、いろんなバリエーションで多店舗展開しているだけのことはあります。

スープの油分が高いので、麺に醤油味がしっかり絡まって口の中まで運ばれます。

もう一つ上手いと思ったのが、この卓上セット。胡椒、一味以外に、カレーパウダー、刻み玉ネギ、キュウリの漬物が置いてあります。

卓上セットで味を変えるのは、一杯の完成度が低い証明で邪道!という考え方もありますが、個人的には嫌いではありません。

遊び心でカレーパウダーと刻み玉ネギを入れてみましたが、それぞれかなり味が変わって楽しかったですね~♪

110518.水道橋・肉そば総本山けいすけ0006

■フルトッピングである“極み”バージョンの追加具材は、お店の説明書きによると、味玉半分、豚トロチャーシュー、豚ロースチャーシュー、焼き海苔、メンマです。

おそらくデフォルトは、炒め玉ネギ&もやし、メンマ、豚ロースチャーシュー、刻み白ネギ、おろししょうが、一味なんでしょう。

特徴は、名前の通り大量のチャーシューが載っていることで、お味は割と普通ですが、何と言っても食べ応えがあります。若い男性にはすごく受けそうですね。

(2種類のチャーシューの違いは、見た目はちょっと違うものの、味・食感はほぼ同じと感じました…ハハハ…(^-^;)

技ありなのが、おろししょうがが載っていること。醤油スープともチャーシューとも合っていて、旨味を引き立てています。

■総括としては、若い男性をターゲットとして、チャーシューとパワフル醤油スープで武装した、なかなか美味しい一杯です。

醤油ラーメンという伝統的なカテゴリーから考えると、具材とスープに重心を置いた革新的な構成と言えそうです。

肉にウエイトを置いたのも面白いのですが、ラードでパワフルさを増した醤油味という古くて新しい札幌醤油ラーメンの手法を前面に出したのは、着眼点がすごくいいと思います。

自分はいわゆる“札幌醤油ラーメン”というカテゴリーは、従来からかなり美味しいと思っていたのですが、東京都内では、なかなか食べられるお店が限られていたので、これは嬉しい一杯ですね。

おすすめレベルは5+(かなりおすすめ~!)です~♪

【メモ】

今度、味噌ラーメンの名店、高田馬場“さっぽろ純連”で、醤油ラーメンを食べてみて、比較してみたいと思います~♪

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

北かま=水道橋ラーメン店めぐり(その18)

『手堅いメニュー作り、底堅い人気~♪』

   ~(神保町 集中攻略シリーズ第5弾) つけそば屋 北かま

■今日も、B級グルメの聖地、神保町のディープな世界を、さらに奥深く探検していきます。

神保町は、昭和の時代から学生街としても、サラリーマンの街としても、長い歴史があります。

グルメ街としても、60年以上の歴史があるので、そんじょそこらの新しい街とは違います。奥が深いんですよね~♪

料理のバリエーションの豊かさもさることながら、新しい店、古い店、チェーン系から個人経営まで、歴史や形式も多彩です。

そんな街では、B級グルメの一分野であるラーメン屋さんも、生き残るのはいっそう大変なんでしょうね。。。

■食べログの中エリア区分“神保町・水道橋”エリアの人気順ランキングでは、トップ10を押さえました。

(第1位から第10位については、前回の“さぶちゃん”のブログをご参照下さい~♪)

これからは、この下をもう少し掘り下げていってみようと思います。

第11位 つけそば屋 北かま <未訪問>
第12位 ぽっぽっ屋・水道橋店
第13位 太陽のトマト麺・水道橋店(大塚北口店に訪問済み)
第14位 麺処 おかじ
第15位 つけ麺屋 やすべえ・水道橋店
第16位 肉屋 <未訪問>
第17位 肉そば総本山 神保町けいすけ <未訪問>
第18位 神保町 可以
第19位 お茶の水 大勝軒 <未訪問~?>※
第20位 麺一筋・水道橋東口店(新大塚店に訪問済み)

おっと、ランキングをよく検証してみると、11位から20位のゾーンも、ほとんどカバーしていたんですね~♪

※大勝軒は、東池袋大勝軒南池袋大勝軒飯田橋大勝軒に訪問済みですが、お店によってけっこう味が違うので、“訪問済み”とはしにくいところです…

今日は、未訪問になっている第11位の“つけそば屋 北かま”に行ってみます。

110427.池袋西武・麺処ほん田_0035

■このお店は、アメリカで10年以上日本料理店を経験した店主さんが、2003年に横浜市南区六ツ川(京急弘明寺駅)にて、ラーメン・プロデューサー、渡辺樹庵氏のプロデュースを受けてオープンしたそうです。

渡辺樹庵氏によるプロデュース店としては、高田馬場“渡なべ”、池袋・五反田“瞠(みはる)”、神保町“可以”があり、共通する特徴としては、流行やジャンルに関係なく、洗練されたまとまりのいい一杯をアレンジするのが得意です。

“北かま”自体は、2006年に神保町に移転したり、2008年に秋葉原・末広町に支店を出したり、2009年に改装リニューアルしたりと、オーナーさんには財力がある?ようです。

今日は、“(有)渡なべスタイル”プロデュースの、一定のイメージを持って、お店に訪問してみます。

■お店は、地下鉄・神保町駅の真上、神保町交差点から、白山通りを北へ向かい、2つ目の道を右に曲がって、2つ目の大き目の道を右に曲がって10mの右側にあります。徒歩5分ぐらいでしょうか。

お店に着いたのは、12:10ごろ。カウンター席は10席ありますが、店外で5人待ちになっています。

お客さんは、近くの会社に勤めるサラリーマンが中心のようで、手ぶらの人がおおいですね。。。

110427.池袋西武・麺処ほん田_0045

■メニューは、つけ麺系が“つけそば”の1種類、ラーメン系が“中華ソバ”“塩中華ソバ”の2種類です。

ただ、初めて券売機を見た時に、たくさんボタンがあったので、なんとなく左上の方にある“北かまつけそば”(950円)を押してしまいました。

本来であれば、デフォルトの“つけそば”(820円)を選ぶところでしたが、期せずしてフルトッピング・バージョンを選びました。

でも、プラス130円でフルトッピングなら、けっこうお買い徳とも言えそうですね~♪

【北かまつけそば】
110427.池袋西武・麺処ほん田_0043

■まずは、綺麗な薄クリーム色をした中太ストレート麺を食べてみます。

う~ん、なかなか良いじゃないですか!

つるつるした心地よい食感、硬すぎず柔らかすぎない適度な噛み応え、程良い小麦の風味に、良好なのど越し。

美味しいですね~! まず、コストを掛けて、三河屋製麺製の中太麺を持ってきています。

110427.池袋西武・麺処ほん田_0041

■続いて、見た目も濃厚なつけ汁を味わってみます。

むむむ、これも良いじゃないですか! 

ジャンル的には、濃厚魚介豚骨に含まれますが、スープの味付け、コク、濃度、いずれもバランスがいい感じがします。

味付けは、酸味、甘味、辛味、どれが突出するわけでもないので、クセがなくすごく食べやすいものになっています。

豚骨も、鶏ガラもしっかりコクが出ていますが、濃すぎないので、しつこくありません。魚介も然りです。

110427.池袋西武・麺処ほん田_0042

■濃厚スープと、中太ストレート麺の相性は、ばっちりです。

スープの出来が良いので、並みの中太麺でもいいところ、三河屋製麺製をもってきているので、万全の構成です。

クセのないスープと、美味しい麺の組合せは、毎日食べても食べ飽きない一杯を志向しているように感じます。

■フルトッピングバージョンなので、具材は、かなりにぎやかです。

つけ汁の中には、炙りチャーシュー、ほぐしチャーシュー、穂先メンマ、味玉、刻み九条ネギが入っています。

麺の上には、焼き海苔だけでなく、乾燥岩海苔が載っています。

どれも一ひねり入っていて、オリジナリティがあり、食べていて楽しくなってきます。

自分としては、小ぶりだけど5、6枚は入っていたチャーシューと、柔らかい穂先メンマが気に入りました。

■総括としては、美味しくてパンチはあるけど、バランス重視で常食できる一杯です。

同じ美味しい一杯でも、奇を衒って突出した何かを目指した一杯とは、明らかに方向性が違います。

基本構成要素であるスープと麺を、きっちり高いレベルに持ってきてバランスさせ、かつマイルドに仕上げているんでしょう。

流行でやって来る一見さんではなく、近場の人を常連さんにすることを狙った一杯、そんな感じがします。

おすすめレベルは、5+(かなりおすすめ~!)です~♪

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

さぶちゃん=水道橋ラーメン店めぐり(その17)

『いぶし銀の腕が光る、昭和の東京ラーメン~♪』

   ~(神保町 集中攻略シリーズ第4弾) さぶちゃん

■今日も、神保町界隈でランチです。

食べログの中エリア区分“神保町・水道橋”エリアの人気順ランキング・ベスト10のコンプリートにかかります~!

電車の駅でいうと、最北は地下鉄・後楽園駅から白山通りを南下して、JR水道橋駅、最南は地下鉄・神保町駅までのエリアです。

第1位 (神保町) ラーメン二郎・神田神保町店
第2位 (神保町) 覆麺 智
第3位 (後楽園) 一蘭・東京ドームシティラクーア店(池袋店に訪問済み)
第4位 (神保町) 味噌や
第5位 (神保町) 用心棒
第6位 (神保町) 麺屋33
第7位 (神保町) 麺者 服部
第8位 (神保町) さぶちゃん <未訪問>
第9位 (水道橋) 天下一品・水道橋店(神楽坂店に訪問済み)
第10位 (後楽園) 本枯中華そば 魚雷

人気店のロケーションとしては、神保町に集中しているのが良く分かります。

昼時は、どの店も学生・サラリーマンで行列ができています。

今日は、未訪問として残っている“さぶちゃん”に行ってみます。

110422.神保町・さぶちゃん_0000
(写真は店主の“さぶちゃん”こと、木村三郎さんです。お店の入ったビルが補修工事中のようです。)

■実はこのお店、『半チャンラーメン』(ラーメンと半チャーハンのセット)というメニューを世に定着させたことで知られています。

創業はなんと、1966(昭和41)年なんだそうで、ということは今年で45周年なんですね~

創業以来、流行り廃りとまったく関係なく変わらぬ味を提供し、学生から年配者まで幅広い層に愛され続けています。

■お店は、神保町交差点から白山通りの西側を200m北上し、“天婦羅いもや”と“キッチングラン”の間の小道を右に10m入った左側にあります。徒歩3分ぐらいでしょうか。

お店に着いたのは、12:10ごろ。店内はとっても狭くって、小さな厨房を囲むようにカウンター席が7席あります。

今日はラッキーなことに、外に3人しか並んでいません。以前、午後1時過ぎに見に来たことがあるのですが、このタイミングでも10人以上並んでいました。

ただ今日も、自分が並んだ後から、急に行列が形成され、食べ終わった後(12:40ごろ)には、10人以上の行列でした。

さすが、40年以上“ラーメンヲタク”の聖地と言われ続けているだけのことはありますね~♪

110422.神保町・さぶちゃん_0005
(カウンター内の様子を、ちょっと控えめに撮ってみました… とっても狭い厨房です。)

■そういえば、このお店の名物の一つが、このお店の“大将”です。おん歳は70をゆうに超えていらっしゃるように見えます。

カウンター席からすべての調理動作が見えるのですが、熟練過ぎて、ちょっとコミカルで、なんだかすごくテキト~に作っているように見えちゃいます。

醤油ダレの入れ方とか、スープの注ぎ方とか、麺の茹で方とか。。。でも、めちゃくちゃ正確なんでしょうね。

大将は時々、カウンター内でタバコを吸っているのですが、お客さんもそれを分かった上で来るので、当然誰も文句なんて言いません。

110422.神保町・さぶちゃん_0001

■メニューは、超シンプルです。

“半チャンラーメン”発祥の店だけあって、基本的には“ラーメン”と“チャーハン”しかありません。

初訪問の隊員は、もちろん“半チャンラーメン”(690円)を注文します。

【半チャンラーメン】
110422.神保町・さぶちゃん_0006

■先にラーメンが供され、あとからチャーハンが出てきます。

いつものように、まずはラーメンのスープから味わってみます。

う~ん! 鶏ガラベースのスープで、生姜の風味が香り、醤油はほんのり甘い味付けになっています。

見た目は透明度が高く、味が薄そうですが、ぜんぜんそんなことはありません。むしろ味(塩気)はしっかりしています。(化調も効いていそうですが…(^-^;)

昭和の懐かしさを覚える味のような気もしますが、しっかりした生姜の風味と味つけは、ぜんぜん古臭さを感じさせないどころか、きりっとして斬新ささえ感じます。

110422.神保町・さぶちゃん_0003

■続いて、見た目が鮮やかな黄色の、中細ストレート麺を味わってみます。

いわゆる典型的な“中華そば”の中華麺です。食感や噛み応えもオーソドックスで、なかなか美味しいです。

量的には、茹で前で150g以上は十分ありそうです。食べ応えも十分です。

110422.神保町・さぶちゃん_0008

■中細ストレート麺と、醤油スープの絡み具合は良好です。

スープには十分な油が入っているようで、麺との絡みの良さにつながっているとと同時に、最後までスープが冷めないことにも役立っています。

生姜風味が食欲をそそり、麺をすすってスープが十分に絡んだまま口まで運ばれるのですが、さらにスープを飲みたい衝動に駆られます。(でも残念ながら、このお店は、レンゲがないんです…)

110422.神保町・さぶちゃん_0004

■具材も超シンプル。チャーシューとメンマと輪切り白ネギのみです。

チャーシューは脂身部分がほとんどないのですが、スープに浸して食べると、肉感を味わうことができます。

面白かったのはメンマで、他店よりもかなり甘い味付け。その方が、スープとのアクセントになって隊員は好きなのですが、これは人によって感想が違うようです。

110422.神保町・さぶちゃん_0007

■チャーハンの材料は、ご飯とほぐしチャーシューと玉子で、ラーメンと同じ醤油ベースのタレで味付けされています。

大将が作るところを見ていたのですが、けっこうな量の塩を投入しており、塩気はしっかりしています。

お味の方は、作り慣れたチャーハン、という感じで、ところどころに存在する“おこげ”が美味しいんです。

まぁ、意図しておこげを作っているというよりは、大将が一人でラーメンとチャーハンを同時に作っているので、ラーメンの作業中に、チャーハンが自然と焦げてしまっているような気もしますが…(^-^;)

■総括としては、前評判どおり、懐かしささえ感じる、オーソドックスにして美味しい東京醤油ラーメンです。

ただ、生姜がピリッと効いた鶏ガラスープが、他の東京ラーメンと一線を画すオリジナリティとなっています。

この生姜のおかげで、オーソドックスといってもけっして古臭いわけではなく、ラーメン全体が引き締まった非常にバランスがいい印象を受けます。

ちょうど、秋葉原にある新潟・長岡ラーメンの名店“青島食堂”の生姜の効いた“青島ラーメン”を想起させます。

どちらも、バランス的には、スープがラーメン全体をビシッと纏める美味しい一杯です。

おすすめレベルは5(かなりおすすめ)です~♪

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

麺処おかじ=水道橋ラーメン店めぐり(その16)

『濃厚クリーミーな鶏白湯スープ~♪』

   ~(神保町 集中攻略シリーズ第3弾) 麺処おかじ

■今日は、最近の隊員のマイブーム、B級グルメの宝庫、神保町の探検です。

食べログのラーメン“神保町・水道橋”エリアだと、人気順ランキングでは上位10軒中9軒を訪問済みです。

今日はちょっと趣向を変えて、点数順ランキングでお店を検索してみます。(カッコ内は人気順ランキングの順位)

第1位( 1) ラーメン二郎・神田神保町店
第2位(14) 麺処 おかじ <未訪問>
第3位( 5) 麺屋33
第4位( 2) 覆麺 智
第5位( 9) 天下一品・水道橋店(神楽坂店に訪問済み)
第6位(10) 本枯中華そば 魚雷
第7位(13) 太陽のトマト麺・水道橋店(大塚北口店に訪問済み)
第8位(11) つけそば屋北かま <未訪問>
第9位( 7) 麺者 服部
第10位(31) 麺処 美空 <未訪問>

う~ん、第2位のお店が未訪問状態にあるのは、探検隊としては我慢できませんね…

更に調べてみると、このお店は“神保町・水道橋”エリアのレストラン点数順ランキングでも第12位に入っています。

これは行かなければ! さっそく“麺処おかじ”に向かってみます。

110420.神保町・麺処おかじ_0001

■お店は、神保町交差点(地下鉄神保町駅の真上)から白山通りの東側を北に300mほど進んだところにあるラーメン屋“肉そば総本山 神保町 けいすけ”の脇の小道を30mほど入った右側にあります。

対面には“神保町・水道橋”エリアのレストラン人気順ランキング第7位に入る“ライスカレーまんてん”があります。

110420.神保町・麺処おかじ_0014
(白山通りから奥まったところにあるので、白山通りの歩道に立て看板を置いていますが…)

■この微妙な立地についてですが、ちょっと考えさせられちゃいました。

“おかじ”の店主さんは、もともと学生に人気の“まんてん”が対面にあるので、白山通りから引っ込んだ細道に開店しても、集客上問題ないだろうと判断されたんでしょう。“おかじ”は2010年1月にオープンしました。

店主さんの想定外だったのは、2011年2月に白山通りの角に“肉そば けいすけ”がオープンしたこと。

自分の店の軒先で、大手同業が大規模に商売を始めた形になってしまいました。

110420.神保町・麺処おかじ_0010
(こちら、“おかじ”の対面にある“ライスカレーまんてん”。学生たちでいっぱいで、まるで学食のようです。)

■お店に着いたのは、13:00過ぎ。店内は、カウンター席のみの11席で先客7名、後客3名。

お店の中はは、広々としていて、清潔感があります。厨房も大きいし、カウンター席の間隔も広いです。

(ちなみに、同時刻、“肉そば けいすけ”は、カウンター席22席で、外に6人の待ち行列でした。)

(おっと、そういえば“まんてん”の方も、カウンター20席で、外待ち2名でした。)

110420.神保町・麺処おかじ_0004

■メニューは、かなり豊富です。

ラーメン系は、清湯塩らーめん、鶏白湯塩らーめん、鶏白湯醤油らーめん、おかじらーめんの4種類です。

つけ麺系は、おかじつけ麺、つけ麺、鶏肉もりそばの3種類です。

お店の看板には、次のようなコメントが。。。

『滋賀県から産地直送の近江鶏を100%使用し、約10時間煮込んで完成する鶏白湯スープと、
18種類の食材を薄く幾重にも積み重ねてできる清湯スープをどうぞご賞味して下さい。』

清湯スープ、鶏白湯スープともにおススメのようなので、今日は“鶏白湯塩らーめん”(750円)を試してみます。

【鶏白湯塩らーめん】
110420.神保町・麺処おかじ_0005

■まずは、綺麗な白濁色をしたスープから味わってみます。

むむむ! とろっとした鶏白湯スープはすごく濃厚で、変なクセはなく、しっかりしたコクと旨味があります。

これは美味しいです! これだけ高いレベルの美味しい濃厚鶏スープは、池袋の“鶏の穴”以来です。

モノの本によると、一回の仕込みに近江鶏のガラを40kg、モミジとボンジリ15kgを110ℓの水とともに強火で炊き上げ、途中で30ℓ加水しても、仕上がりのスープはたった27ℓなんだそうです。

どうりで濃厚なわけです~♪

110420.神保町・麺処おかじ_0009

■続いて、中平打ちの弱縮れ麺を食べてみます。

つるつるとすすると、しっかりと縮れの食感があり、噛んだ時の風味のいい麺です。美味しいですね~

この麺は佐野の製麺業者から仕入れている多加水麺で、3種類の太さのものが混じっているんだそうです。

■スープが濃厚である上に、麺が縮れ麺なので、スープは麺にガッチリ絡みます。

濃厚なスープとともに、少し固めでプリプリした食感の縮れ麺が口に入ると、他にはない独特の世界が口の中で広がります。

(ちなみに、スープが同系の池袋“鶏の穴”では、麺はもちもち系ストレート麺で、構成はまったく異なります!)

110420.神保町・麺処おかじ_0007

■具材には、ちょっと変わったものが入っています。

味噌ラーメンでもないのに、茹でたキャベツ、ニンジン、モヤシが入っています。これが意外に濃厚なスープに合っていて、スープの塩味が、茹で野菜で緩和されて、まるでスープ料理のようです。

カットした後に醤油ダレに漬け込んだロールタイプのチャーシューは、ジューシーで、味自体もスープの中でいいアクセントになっています。

これ以外には白髪ネギと春菊が入っていました。個人的には、春菊はクセが強すぎて、残しちゃいました。

■総括としては、とにかくベースの濃厚鶏白湯スープのレベルの高さが光る一杯です。

一般的に言えることですが、スープが美味しいラーメンは、まず間違いなく美味しく食べられます。

ただ、全体の構成を分解してみると、スープのレベルが高い分、麺と具材は若干力不足な感じもします。

茹で野菜の扱い方などは、目新しさ、新鮮さは感じるものの、一杯の完成度の観点からは、まだ荒削りといえるかもしれません。

レベルの高いベーススープの演出の仕方を含めて、今後の更なる進化に期待したいと思います。

おすすめレベルは、5+(かなりおすすめ~!)ですっ~♪

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

麺屋33=水道橋ラーメン店めぐり(その15)

『鶏が得意なラーメン屋さん~♪』

   ~(神保町 集中攻略シリーズ第2弾) 麺屋33

■今日のお昼も、神保町で連荘(れんちゃん)です。

前回と同じく、食べログの“水道橋・神保町”エリアの人気順ランキング・ベスト10を埋めていきます。

第1位 ラーメン二郎・神田神保町店
第2位 覆麺 智
第3位 一蘭・東京ドームシティラクーア店(池袋店に訪問済み)
第4位 味噌や
第5位 用心棒
第6位 麺屋33 <未訪問>
第7位 麺者 服部
第8位 さぶちゃん <未訪問>
第9位 天下一品・水道橋店(神楽坂店に訪問済み)
第10位 本枯中華そば 魚雷

未訪問店はの2店は両方お店を見に行ったことがあって、場所も知っています。昼時は両店とも行列ができます。

けっこう面白い対決で、第6位“麺屋33”はここ1、2年にできたピカピカの新店、第8位“さぶちゃん”は見るからに30年以上やっていそうな、いい感じにふるーいお店です。

今日は天気が良くて温かいので、何となく“つけ麺”の気分なので、“麺屋33”を訪問してみます。

110406神保町・麺屋33_0018

■お店は、神保町交差点(地下鉄神保町駅の真上、白山通りと靖国通りの交差点)から白山通りを300mほど北上した右手にあります。徒歩5分ほどでしょうか。

お店についたのは、12:00ちょうど。カウンター席6席とテーブル席8席があり、待ち行列は5人ほどです。

この辺りは大学もオフィスビルも多いので、この時間になるとすごい人通りです。食べ物屋さんにとってはかなりの好立地です。

110406神保町・麺屋33_0008

■メニューはかなり多彩ですが、整理すると、“丸鶏旨味そば 塩/醤油”“濃厚豚骨魚介ラーメン 塩/醤油”“つけめん33 塩/醤油”“濃厚味噌ポタ麺(夜の部・冬季限定10食)”の7種類です。

券売機の前で、どれを選ぶか困っていると、店員さんが出てきたので、「一押しメニューは何ですか?」と聞いてみると「メニューが多いのが売りです!」と言われてしまいました。ハハハ…( ^-^;)

「その中でも?」と続けると、「敢えて言ったらこれですね」と言って“つけめん33塩”(750円)のボタンを指差してくれました。

探検隊の鉄則だと、券売機の最上段最左側メニューである“丸鶏旨味そば 塩”を選ぶべきですが、今回は例外措置を取って、店員さんのおススメに従います。。。

つけ麺メニューは、並盛り200gと中盛り300gが同料金とのことなので、中盛りにしてもらいました。

あと、注文の時に「エビ油と柚子が入りますが、良ろしいですか?甲殻類アレルギー等ありませんか?」と聞かれます。隊員はもちろん、両方OKと答えます。

【つけめん33塩】
110406神保町・麺屋33_0012

■まずは、表面がピカピカしている明るいクリーム色をした太平打ち弱縮れ麺を食べてみます。

つるつるの食感で、適度な噛み応え、小麦の風味はそこそこで、喉越しのいい麺です。

どちらかと言うとキャラクターが強くない麺を持って来ているようです。

110406神保町・麺屋33_0013

■続いて、見た目にも濃度が高いつけ汁を味わってみます。

むむむ、見た目の色は味噌スープのようですが、味は濃厚魚介鶏スープです。

メインの鶏スープが濃厚で、しっかりコクがあり、美味しいスープに仕上がっています。より良い出汁にするために親鶏をメインで使用し、豚骨、野菜とともに10時間以上かけて煮込んでいるとのことです。

魚介は羅臼昆布などを使っているようですが、穏やかに効いていて、先出のエビ油も香り付け程度のようです。

味付け的には、甘味をメインとしながらも、柚子で酸味、一味で辛味をコントロールしていて、バランスがいい配分です。

110406神保町・麺屋33_0014

■超濃厚なスープは、平打ち縮れ麺にめちゃくちゃ絡みます。

麺をすすると、同時に大量のスープが口に運ばれてきます。食べ終わる頃にはつけ汁がなくなる勢いです。

(実際は、つけ汁がたっぷりあるので大丈夫です。)

110406神保町・麺屋33_0015

■具材は、チャーシュー、メンマ、なるとです。

チャーシューはスープと合わせて“鶏チャーシュー”になっています。焼鶏のような醤油系の甘い味付けがほんのり付いていて美味しいです。

メンマは、太くて短い角棒のような形をしていて、味付けがさっぱりしていて個性があります。

■総括としては、濃度が高くて個性的な濃厚魚介鶏スープのつけ麺です。

やはり最大の特徴は、雑味のない超濃厚な鶏スープで、これを中心にバランスよく麺と具材が配置されている感じです。

メインの鶏スープがここまで美味しいのであれば、他のメニューもきっと美味しいはずです。再訪必至ですね~♪

おすすめレベルは5+(かなりおすすめ~!)です。

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
291位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
129位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html