スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺やあかつき=駒込ラーメン店めぐり(その2)

『ガッツリ旨い、二郎インスパイア系~♪』

   ~麺や あかつき

■今日は、わざわざ行きにくい場所にあるお店に、狙い撃ちで行っちゃいます。

というのは、先日、ラーメンデータベース(RDB)で“豊島区”のランキングを見ていたら、上位に“穴”が空いていることが発覚したためです。

“池袋グルメ探検隊”を名乗っているので、他の地域であれば、No.1に穴が開いていてもいいんですが、“池袋”&“豊島区”に穴があると、気持ち悪くて我慢できません~!

第1位 らー麺 きん
第2位 BASSO ドリルマン
第3位 中華そば べんてん
第4位 鶏の穴
第5位 麺や あかつき <未訪問>
第6位 鶏そば専門店 前略。まるきゅう
第7位 つけ麺 椿
第8位 オリオン食堂2
第9位 ラーメン 麺たつ <未訪問>
第10位 馳走麺 狸穴

第11位 麺処 花田
第12位 麺屋 ごとう
第13位 ラーメン二郎・高田馬場店
第14位 俺の空
第15位 らーめん・つけ麺 我家
第16位 塩そば専門店 まるきゅうらあめん
第17位 創新麺庵 生粋
第18位 
第19位 中華そば 青葉・池袋サンシャイン店
第20位 麺舗 十六

第5位の“麺や あかつき”は、二郎インスパイア系ということで、隊長が付き合ってくれないため、一人で行く必要がありまして。
ちなみに、食べログだと、小エリア区分の“駒込”エリアの人気順ランキング第4位、点数順ランキング第2位です。

それでは、さっそく向かってみます~!

101216.駒込・麺やあかつき 001
(ビルのガラス扉の中に、オレンジ色で“あかつき”と書かれた看板があります。見えます?)

■お店は、JR駒込駅(こんなところまで豊島区?!)の東口を降りて、線路下をくぐって南向きに伸びる商店街“アザレア通り”を終わりまで歩いた右側のビル1階にあります。徒歩8分ぐらいでしょうか。

お店に着いたのは13:50ごろ。カウンター席は10席ありますが、さすがに地味な駅の地味な商店街の外れにあるので(地元の方、すみません…)、この時間だと先客2名、後客1名です。

メニューはシンプルで2種類のみ。自家製極太麺を使った豚骨醤油ラーメンの“あかつき麺”と、生玉子、粉チーズ・揚げニンニクが入った汁のないラーメンの“あえそば”です。

101216.駒込・麺やあかつき 008

■口コミなどでは、どちらも好評のようで迷いますが、まずは“二郎インスパイア”系と言われる所以である“あかつき麺”(650円)にします。

並盛250g、大盛400gとのことなので、並盛のままにします。

101216.駒込・麺やあかつき 009

■あと、“二郎インスパイア”系なので、当然コールがあります。二郎と同じ“にんにく・やさい・カラメ・アブラ”です。

「にんにくだけ、ちょっとお願いします~!」

【あかつき麺】
101216.駒込・麺やあかつき 010

■まずは、スープから味わってみます。

うんっ!美味しいんじゃないの?!

二郎のスープをブラッシュ・アップして、品良く組み立てなおしたようなスープです。

しっかり出した豚骨スープに、甘味を強調した醤油で味付けされています。

スープには、それなりに“アブラ”が浮いています。見るからにパワフルです。

101216.駒込・麺やあかつき 014

■続いて、まるで中国の刀削麺のような乱切り極太麺を食べてみます。

うーん、これはまさに“二郎”です。内モンゴル産かんすい使用の自家製麺とのことですが、小麦粉(強力粉)はオーションを使用しているのでしょうか。

しっかりとした噛み応えがあり、ワシッワシッ噛むと、しっかりとパンのような小麦の風味がしてきます。

■パワフルな豚骨醤油スープは、乱切り極太麺にしっかり絡みます。

しかし、このスープは(二郎にしては)上品な旨みがあって、クセになります。

麺や野菜をを食べながらも、時々レンゲでスープを飲みたくなります。

ちょっと投入してもらったニンニクも、このラーメンには合いますね~ スープにアクセントがついてパワーアップします。

101216.駒込・麺やあかつき 011

■具材は、チャーシューと野菜(キャベツともやし)のみです。

チャーシューはロール型で、そんなにジューシーではないのですが、味付けがされていてスープに合っています。

野菜は茹でたキャベツともやしで“二郎”と同じですが、“二郎”よりもキャベツが多めです。

しかし、こってりしたスープに茹で野菜はあいますね。しゃきしゃきした食感もグッドです。

■総括としては、“二郎”の各要素をブラッシュ・アップし再構成した、旨い一杯です。

“二郎”は、池袋東口店高田馬場店神田神保町店の3店舗しか行ったことがありませんが、その中で例えるとスープと麺の特徴が、池袋東口店の“ラーメン”に近い感じがします。

大きな声では言えませんが、“二郎インスパイア”系で、初めて“二郎”よりも美味しい一杯に出会いました。

“二郎”がお好きな方には、チョーおすすめです~!

※こんな感じだと、もう一つのメニュー、“まぜそば”にも興味が出てきちゃいますね~!

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっと3連発クリックお願いします!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

西尾中華そば=駒込ラーメン店めぐり(その1)

『味の本流、中華そばの探求』

~西尾中華そば

■山手線の中で、最も地味な駅の一つに駒込駅があります。

この駅をキーにして食べログを検索すると、人気順でも点数順でも1位になっているのが“西尾中華そば”です。

食べログ上の大エリア、“大塚・巣鴨・駒込・赤羽”で人気順ランキングを出すとこんな感じです。

(カッコ内は点数順ランキングの順位)

第1位( 2) 中華そば屋 伊藤
第2位( 3) 麺処 ほん田
第3位(12) 千石自慢ラーメン・本店
第4位(42) つけめん四代目けいすけ <未訪問>
第5位( 4) 自家製麺 伊藤 <未訪問>
第6位( 5) 柳麺 ちゃぶ屋・本店
第7位(21) 博多長浜らーめん ぼたん・大塚店 <未訪問>
第8位(57) 白山ラーメン <未訪問>
第9位( 6) 西尾中華そば
第10位(14) 広州市場・大塚店

このエリアの特徴は、人気(口コミ数)と評価(点数)が伴わないケースがあるようですね。

“西尾中華そば”を押さえると、人気・評価ともバランスよく取れているお店は“自家製麺伊藤”を除いて概ね踏破してきたと言えそうです。

このお店は、渋谷の“ラーメン専門店 凪”出身の方が2009年5月に開店したお店なんだそうです。

100908.駒込・西尾中華そば002

■お店はJR駒込駅西口を出て、目の前の大通り(本郷通り)を右(北)向きに進み、坂を下り切ったところの左手にある“霜降銀座商店街”を入って、すぐの右側にあります。

お店に着いたのは11:45ごろ。カウンター席7席のうち5席が埋まっていました。

メニューはいろいろあるようで、右から順に読んでいくと、“中華そば”“特製中華そば”“ガリガリ中華そば”“馬鹿中華(淡)”“鶏中華(塩)”“本日の中華そば”となっています。“特製~”は“中華そば”の豪華トッピング・バージョンとしても、少なくとも5種類はあります。

おっと、よく見ると、夏メニューとして“ざる中華”“ガリざる”なんていうメニューもありますね。なので、今はメニューが7種類のようです。なんだか楽しそうですね~

100908.駒込・西尾中華そば007

本来はデフォルトで行くべきですが、せっかく(遠くまで来た)ので、“特製中華そば”(900円)を注文しました。

(ちなみに、他のお客さんはほとんどが地元の人のようで、“中華そば”を頼んでいました。)

【特製中華そば】
100908.駒込・西尾中華そば008

■まずは、スープから味わってみます。

むむむ~!これは美味すぎる~!

魚介と鶏と野菜がベースとなっているようですが、魚介・鶏から出る深いコクと、おそらく野菜から出るやさしいかすかな甘味がすごくいいです。

醤油も特別なものを使っているのか、押し出しが弱すぎず強すぎず、スープの良さと喧嘩せず、非常にマッチしています。

中華そばという極めてシンプルなメニューのスープにして、味・コク・風味が素晴らしい広がりと深さをもって迫ってきます。

これで“無化調”とは、びっくりです。(°д°;;)

■続いて、極細ストレート麺を食べてみます。

とうもろこし粉が入っているとのことですが、極細なのにすごくしっかりしています。

噛みきると、ざくっざくっと切れる感じです。気持ちがいいです。

噛んだ時の風味も良好です。

100908.駒込・西尾中華そば010

■スープは極細麺にしっかり絡みますが、スープがあまりに美味しいので、麺をすすりながらも、まめにレンゲでスープを飲みます。

スープと合わせると、風味の良い麺がさらに美味しさが増します。

■具材は、チャーシュー(5枚)、味玉、豆もやし、きざみ万能ねぎ。

特筆すべきはチャーシューで、一口サイズながらも、適度なジューシーさで、本来あっさりした中華そばに華を添えます。

味玉の茹で具合も、黄身がちょっととけるぐらいのいい塩梅。

豆もやし、万能ネギともに、単調になりがちな中華そばに、非常にいいアクセントになっています。

■総括としては、麺、スープ、具材のそれぞれの要素をしっかり磨きあげ、3要素間のバランスを高い次元できっちり取った、非常によくできた中華そばです。

シンプルなメニューだけに、濃厚系のように味のごまかしが効かないところで、ほぼ単品メニューで勝負する店主さんの力の入りようとセンスに敬服しちゃいます。

おすすめレベルはひさびさの6★(超おすすめ~!!)です。

今度、別メニューもチャレンジしに行きたいです!

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ↓をポチポチっとクリックお願いします!




にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

千石自慢らーめん(2杯目)=巣鴨・駒込ラーメン店めぐり(その1)

千石自慢らーめん(つづき)

■ネット上のいろんな口コミによると、このお店のラーメンは、本来は“背脂チャッチャ”系の豚骨ラーメン、ということのようです。

ただ、食券販売機の最上段のボタンはすべて“新登場!野菜らーめん”(680円)となっています。

店の入り口など、お店のいたるところに“野菜らーめん”のポスターが貼ってあります。

「新鮮野菜が盛りだくさんのオススメなメニュー!旨っ!」と書いてあり、これに隊長が惹かれました。

100719.巣鴨・千石自慢らーめん006

■実は、、、

池袋グルメ探検隊の悩みは、ほぼ毎日ラーメンを食べると、体重がそのまま増えてしまうこともあるのですが、もっと困るのは、おもむろに野菜不足になることです。

栄養素不足なのか、体がだるく感じることもあります。←単なる“夏バテ”かも知れませんが…(^-^;;)

なので、最近はラーメン以外のものを食べる時は、野菜ばかり食べています。

そんな状況で、この謳い文句はなかなか訴えかけてくるものがあります。

でも、豚骨ラーメンに野菜炒めって、見たことないけど、合うのかな~?

【野菜らーめん】
100719.巣鴨・千石自慢らーめん020

■まずは、スープです。

このお店の“らーめん”系と同じく、背脂たっぷりの豚骨スープですが、見た目ほどくどくありません。

もとの豚骨スープ自体が深いコクがあって、そこに背脂が適度なパワフル感を与えています。

野菜が載っているので、“らーめん”系よりもパンチが穏やかなのかもしれません。

■次に、中太ちじれ麺です。

元々コシのある麺で、ある程度太さもあるのでその分だけしっかり歯応えがあります。

このしっかりとした存在感のある麺は、パワフルなスープといいバランスが取れています。

麺を噛んだ時に出る穏やかな小麦の風味が、豚骨の深いコクとベストマッチです。

100719.巣鴨・千石自慢らーめん024

■このいいバランスの麺とスープに、花を添えるのがトッピングの“野菜炒め”です。

もやしが中心になってキャベツ、ニンジン、ニラが入っています。

麺をすする際に、野菜が一緒に口に入ってくると、野菜の甘味が口の中に広がります。

ちょうど、味噌ラーメンを食べた時に、野菜の甘味が出るのと同じです。

味噌ラーメン以外で、こんなに野菜が載ったラーメンを食べたのは初めてでしたが、けっこういいですね~♪

ジューシーなロールチャーシューも、忘れちゃいけないナイスな仕事をしていました。

100719.巣鴨・千石自慢らーめん021

■総括としては、“野菜豚骨ラーメン”というあまり見かけないメニューにこのお店がチャレンジした一杯ですが、自分はすごくいいと思います。

栄養素的にいうと、偏りがちなラーメンという食べ物を、健康的でビタミン豊かな食べ物へと昇華させています。

多分、このお店が一見さんで勝負するのではなく、地元に受け入れられてなんぼ、という中で編み出された一杯、といえるのではないでしょうか。

“千石自慢らーめん”、さすが創業20年、侮りがたし!

おすすめレベルは5(かなりおすすめ)です。

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ↓をポチポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

千石自慢らーめん(1杯目)=巣鴨・駒込ラーメン店めぐり(その1)

千石自慢らーめん

■食べログのエリア別ランキングを出す時に、マイナーな山手線北部エリアは“大塚・巣鴨・駒込・赤羽”とずいぶん広範な範囲が一くくりになっています。

ただ、このエリア、結構すごいんですよ。

人気順ランキングだと、範囲が広すぎるので名店がずらずら並びます。

第1位 中華そば屋 伊藤
第2位 麺処 ほん田 (その1)(その2)(その3)(その4)
第3位 千石自慢らーめん
第4位 つけめん 四代目けいすけ
第5位 柳麺ちゃぶ屋・本店

第5位に甘んじている“柳麺ちゃぶ屋”でさえ、TVチャンピオン・ラーメン職人選手権に優勝した方が経営している“激ウマ”なので、未訪問の“千石自慢らーめん”と“つけめん四代目けいすけ”は期待できます。

今日は“千石自慢らーめん”を探検してみることにします。

100719.巣鴨・千石自慢らーめん004

■JR巣鴨駅西口から行くと、目の前の大通り・白山通りを南(左)に向かって徒歩4分ほどのところ(左側)にあります。

お店に着いたのは17:30過ぎでしたが、1階のカウンター席(おそらく16席ぐらい)が常時ほとんど埋まるぐらいのお客さんが来ていました。

しかも、そのほとんどがジモティーに見えます。さすが開店20周年のお店です。

100719.巣鴨・千石自慢らーめん009

■メニューは、メインが“豚骨醤油・背脂系!”で、この他に“塩らーめん”と“和節つけ麺”があるようです。

今日は豪華に、ほぼフルトッピングの“全玉入り千石ちゃーしゅーめん”(1,000円)をトライすることにしました。

(実は、他に“全部盛りらーめん”(1,080円)というフルトッピングのものがあったことに後で気づきました。ハハハ…)

【千石ちゃーしゅーめん】
100719.巣鴨・千石自慢らーめん018

■まずは、スープから飲んでみます。

ばりばり背脂系の豚骨スープですが、しつこさが適度でお腹が空いていた隊員にはちょうどいい感じです。

豚骨スープは、洗練された感じで深いコクがあって、パワフル系です。

背脂は厳選上質モノを溶かして浮かしたものなんだそうです。確かに安っぽいギトギト感がないですね。

100719.巣鴨・千石自慢らーめん023

■次に、太目の中ストレート麺を食べてみます。

うーん、歯応えと風味があるなかなかの麺。美味しいです~!

で、この太目弱ちじれ麺ですが、パワフルなスープにも負けていません。

むしろ、スープとの相性がよくて、スープと一緒に口に入れて咀嚼することで旨味が増す感じです。

さすが20年人気店を続けているお店のラーメンです。

目新しさはありませんが、麺とスープのバランスが完成されている感じがします。

100719.巣鴨・千石自慢らーめん019

■トッピングはすごく賑やかです。チャーシュー3枚に、味玉、メンマ、茹でもやし、刻みネギです。

どれもなかなかの出来です。チャーシューはロールタイプのジューシーなヤツ。

味玉も秀逸で、醤油ベースの味がしっかり染みて、美味しいです。

麺と一緒に茹でるもやしも良かったですね~

全てのトッピングが、豚骨ラーメンを楽しく完食するためにうまく活躍している感じです~♪

■総括としては、美味しい豚骨スープと美味しい中太麺が高いレベルでバランスし、楽しいトッピングが花を添えている完成された一杯です。

ラーメン界の流行と関係なく、万人に受け入れられる豚骨ラーメンだと思います。

九州ラーメンの豚骨とは麺も具材も明らかに違うので、その意味では池袋“屯ちん”と同じく“東京とんこつ”というジャンルになるのかな~?

おすすめレベルは5+(かなりおすすめ!)です。美味しいですよ~!

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ↓をポチポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
286位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
130位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html