スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破顔(2杯目)=練馬区ラーメン店めぐり(その2)

『魚介香る平打ち醤油ラーメン~♪』

   ~らーめん 破顔

■このお店の名前はすごく変わっていますが、一体どんな意味なんでしょう~?

うーん、ちょっと考えても分かりません… 

「顔が破れる」~?

そこで、広辞苑を引いてみましょう。

*********************************************************************
は・がん【破顔】
顔をほころばせて笑うこと。にこやかに笑うこと。
→はがん・いっしょう【破顔一笑】
*********************************************************************

へぇ~、そういう意味なんですね。。。

美味しいラーメンを食べると、“破顔一笑”しちゃう、という店主さんの気持ちが入っているんでしょうか~♪

DSC04130.jpg

■このお店は、珍しいことに“まぜそば”がメイン・メニューです。

メニューは、ラーメン系2種類、つけ麺系1種類、まぜぞば系3種類ですが、券売機のボタンの順番は、まぜそば(汁なし)-つけめん-らーめんの順になっています。

“スープが命!”と言われるラーメン屋の世界で、“汁なし”をメインにするのは思い切りが必要なのでは?と心配しちゃうところですが、“汁なし”を食べてみて納得しました。

“汁なし”がここまで美味しければ、お店として十分やって行けそうですね~♪

DSC04127.jpg

■さて、もう一杯のメニューを選ぶ必要があるのですが、“汁なし”とともに人気を二分する“つけめん”が売り切れています。どうしましょう。。。?

選択肢は“塩汁なし”“煮干し汁なし”のまぜそば系2種類と、“醤油らーめん”“塩らーめん”の2種類です。

美味しいか分からない段階で、“汁なし”を2種類注文するのイマイチなので、“醤油らーめん”(650円)で勝負します。

デフォルトだと、平打ち麺が150gなので足りないかもしれません。そこで“麺の大盛”(100円)券を買っちゃいます。店員さんによると、これで+75gになり、合計で225gになるそうです。

【醤油らーめん(大盛)】
DSC04139.jpg

■まずは、スープから味わってみます。

う~ん、あっさりスープですが、ほんのり魚介の香りがする豚骨スープです。

醤油味もきつくなくて、スープとしても飲める程度です。

DSC04141.jpg

■続いて、中太ストレート平打ち麺を食べてみます。

見た目は、しっかりした黄色い卵色で、表面がつやつやしています。

口に入れるとつるつるした食感で、平打ち麺のやさしい噛み応え。喉越しも良好です。

■さすが平打ち麺、麺をすすると、端麗なスープを包み込むように絡めて口に入ってきます。

スープがあっさりしているので、計算した上で、中太平打ち麺をセレクトしているんでしょうね。

流行の中太ストレート麺だとスープが負けてしまうし、細麺を採用するとオリジナリティが出しにくいんでしょう。

DSC04140.jpg

■具材は、大型炙りチャーシュー、メンマ、海苔、大量の白ネギです。

“汁なし”や“つけめん”だと、チャーシューは短冊状に小さく切ってから炙っているようですが、“らーめん”は大きいまま炙っています。

そのためか、ラーメンを注文する人がいると、小さな店内は炭火焼の煙で一杯になります。。。( ^-^;)

焦げ目が香ばしくて、適度な肉感と適度なジューシーさ、大きいので食べ応え十分、という感じです。

■総括としては、おそらくこのお店が人気メニューの“汁なし”“つけめん”に行き着く過程で出来上がった独特な醤油ラーメンと言えそうです。

人気店の中には、たとえ“つけめん”で成功しても、“醤油ラーメン”“中華そば”という超基本メニューに対しては特別な思い入れを持って、オーソドックスな中華そばを店主さんのセンスで磨きこむことが多いようなきがしますが、この一杯はそうではありません。

(池袋の“馳走麺 狸穴”や“BASSO ドリルマン”では、“中華そば”を頼むと、ばりばり美味しい昔ながらの中華そば最新版が出てきます。)

むしろ、人気を知って食べに来る人には“汁なし”“つけめん”を食べてもらって、常連さん向けに気分転換に設定されているメニューのようです。

ただ、あっさり魚介豚骨醤油ラーメンと分かって食べると、なかなかいいお味に仕上がっていて、美味しくいただけると思います。

おすすめレベルは4+(けっこうおすすめ)です。

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっと3つクリックお願いします!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

破顔(1杯目)=練馬区ラーメン店めぐり(その2)

『初めて出会った美味しい“まぜそば”~♪』

   ~らーめん 破顔

■今日は天気がいいので、池袋から車でちょっとの距離でいいお店がないかと、練馬区・中野区などをターゲットにお店を探します。

ラーメンデータベースの“練馬区”のランキングは次の通り。

第1位 ラーメン二郎・桜台駅前店
第2位 麺処 井の庄
第3位 らーめん 破顔

一方、食べログの“西武沿線”エリアの点数順ランキングはこんな感じ。

第1位 ばりこて・都立家政
第2位 麺処 井の庄
第3位 らーめん 破顔

むむむ、どちらでも第2位に入っている“麺処 井の庄”は最近行きましたねー。

濃厚魚介豚骨の“つけめん”と、激辛濃厚魚介豚骨の“辛辛魚らーめん”は、かなり美味しかったです。

で、第3位で入っている“破顔”というお店は、雑誌かどこかでも見たことがありますね~

食べログの紹介では、“汁なしまぜそば”と“つけめん”がおいしいお店なんだそうです。

池袋の本拠地からは、およそ7km。ドライブには、ちょうどいい距離です。今日はここにしましょう~♪

DSC04146.jpg

■お店は西武池袋線・桜台駅の北口から北向きにおよそ30秒歩いたところにあります。

駅の近くをうろうろしていると、最初に高架下に10人ほどの行列が見えたので「これかな?」と思ったのですが、違いました。

こちらは“ラーメン二郎・桜台駅前店”でした。駅の周りをよく見ると、ラーメン店だらけです。。。

(@-@;)(コノエキ、スゴスギ…)

DSC04128.jpg

■やっとのことでお店を見つけたのは13:30ごろ。店内はカウンター席9席で、待ち行列は7人ほどでした。

しばらく並んでから“先に食券を買ってください”と書いてあるのに気付いて、券売機を見てみると、ショック!

人気があるとのことだった“つけめん”のボタンは、すでに赤字で“売切れ”のランプが点っています。

すごく残念…

■券売機の表示順にメニューを挙げると、“汁なし”(醤油味「甘口」)、“塩汁なし”(塩味「ピリ辛」)、“煮干し汁なし”(醤油味「和風」)、“つけめん”(鳥と野菜のポタージュ)、“醤油らーめん”“塩らーめん”(平打ち麺150g)の順になっています。

お店の説明書きだと、人気順は(1)“汁なし”、(2)“つけめん”、(3)“塩汁なし”なんだそうです。

まず1杯目は券売機最上段最左側、“汁なし”をセレクトします。並盛200gと中盛300gが同料金だったので、300gにしてみます。

■ちなみに、このお店の“汁なし”は、『噂のラーメン2011(首都圏版)』というラーメン本でも紹介されています。

“太麺とタレが絡まる-トッピングも旨い”というタイトルに続いて、こんな解説です。

「人気の汁なしは極太麺と特製醤油ダレ、カツオ節を中心とした魚粉などが一体になっている。炭火で焼くチャーシューや大量のネギがアクセントになり、300gの麺もペロリ。とろとろの味玉も秀逸だ。」

自分は“まぜそば”がけっこう苦手ですが、この解説を見るとちょっと期待できるかも。どうでしょう?

【汁なし(中)】
DSC04133.jpg

■出てきた時はこんな感じ(↑)です。

まずは、大量のネギをちょっと横に避けて、具材を見てみます。

炭火で炙った短冊形チャーシュー、メンマ、半熟玉子(半分)が入っていますね。

そして、大量の揚げニンニクチップと、大量の魚粉が振り掛けられています。

DSC04135.jpg

■太ストレート麺の下を見てみると、醤油ベースのタレが入っています。

普通の“油そば”と比べると、タレがどんぶりの底にしっかり入っていて、スムーズに混ぜ合わせることができます。

食べる前に、しっかりと混ぜ合わせます。ぐるぐるぐる…

DSC04137.jpg

■それでは、味わってみます~!

太ストレート麺は、かなりしっかりした硬めの歯応えのガシガシ麺。お腹に溜まるタイプです。

タレは、お店の解説どおり“甘め”の醤油味で、めちゃくちゃ麺と合います。これは美味い!

“まぜそば”なので、麺と一緒にネギやニンニクチップが口に入ってきますが、これがパワフル感を増強してGOOD!!強烈なアクセントになっています!

途中で味わう具材たちも、なかなかの活躍をします。炙りチャーシューは、香ばしい香りと、脂身のジューシーさが特徴。味付き半熟玉子も、醤油ベースの程よい味付けがタレと合っていて旨い。

DSC04143.jpg

■中盤になって、普通のまぜそばの流儀どおり、机の上の“酢”と“ラー油”を投入します。

すると、どうでしょう!

酢の酸味がさっぱり感を、ラー油がちょいカラ感を出して、まるで別の食べ物のようになります。

ちょっと油っぽさに飽きてきたところに、急にさっぱりした味わい。

これも違った味として美味いです~!!

DSC04144.jpg

■終盤になって、壁の「スープ割にもできる」という表示を見つけ、麺を少し残してスープ割にしてみます。

すると、なんということでしょう!

まるで、別のラーメンを頼んだかのように、麺をすすって楽しむことができます。

■総括としては、初めて美味しい“まぜそば”に出会った、と言える一杯です。

醤油ダレと太ストレート麺の組み合わせが良く、美味しいということがこの“汁なし”の特徴です。

そこに加えられている、ネギ、ニンニクチップ、魚粉も、この一杯を美味しく楽しく演出するのに欠かせない要素です。

さらに、具材にもしっかり手が入っていて、抜かりなくエンターテインしてくれます。

とどめに、酢&ラー油投入、割りスープ投入で、全く違う味わい、楽しみ方を提供してくれてます。

おすすめレベルは5+++(かなりおすすめ~!!)です。

ここまで美味しいと、再訪必至ですねー♪

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっと3つクリックお願いします!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

麺処井の庄(2杯目)=練馬区ラーメン店めぐり(その1)

『激辛濃厚魚介豚骨スープ~?!』

   ~麺処 井の庄

■最近は、辛いラーメン・つけ麺に関するデータもずいぶん貯まってきました。

辛いものが大好きな池袋グルメ探検隊・隊長によると、今のところ、次の3杯がベスト激辛ラーメンだそうです。

第1位 BASSOドリルマン・HOT BASSO    おすすめレベル6★
第2位 つけ麺 椿・辛つけめん          おすすめレベル6★
第3位 蒙古タンメン中本・冷し味噌ラーメン  おすすめレベル6★
第4位 馳走麺 狸穴(まみあな)・辛つけ麺   おすすめレベル6★
第5位 鶏の穴・赤鶏らーめん          おすすめレベル5+

隊長は好きなジャンルが“濃厚魚介豚骨”で、辛い物が好きということなので、こういった結果になります。

隊員も“濃厚魚介豚骨”は好きですが、辛いものが苦手なので、上のランキングも、基本的には食べられる辛さかどうか、ということしか判断できません。

ちなみに、隊員は上のメニューだと、“つけめん椿・辛つけめん”と“馳走麺 狸穴・辛つけ麺”しか食べられません。。。

■今回は、“濃厚魚介豚骨”の人気店、西武池袋線・石神井公園駅の“麺処 井の庄”です。

食べログの紹介によると、激辛メニューが有名なんだそうで、隊長を誘う時にも激辛メニューの写真を見せて同行の同意を取り付けました。

このお店のメニューは、“つけめん”と“らーめん”で、それぞれに辛メニュー“辛辛魚つけめん/らーめん”があります。

初訪問で、隊員が“つけめん”を食べたので、組み合わせを考えて、隊長は“辛辛魚らーめん”(850円)を頼んでみます。

隊員にとっては、食べることができるかどうか気になります。。

【辛辛魚らーめん】
101030.石神井公園・麺処井の庄 009

■まずは、スープから味わってみます。

基本的には、濃厚魚介豚骨スープの“らーめん”に、ラー油と大量の一味唐辛子が投入されているように見えます。

むむむ!一味唐辛子を混ぜない状態でも、けっこう辛い!

スープの表面に盛られた大量の一味唐辛子を混ぜると、もう隊員の対応できる領域ではありません。

ここからは、隊長によるレポートです。

■スープは辛くても、ベースの魚介豚骨が濃厚でしっかりと感じられます。

辛さはラー油よりも、一味唐辛子の方が支配的で、その分油っぽさはありません。

101030.石神井公園・麺処井の庄 012

■次に、中太ストレート麺を食べてみます。

これは、おそらく隊員が食べた“つけめん”と同じ麺です。

つるつる、もちもちした食感の心地よい麺で、小麦の風味のしっかりある美味しい麺です~♪

■つけ汁の濃度が高いので、中太ストレート麺にしっかり絡みます。

小麦の風味がしっかり香る麺なので、辛いつけ汁がいっそう美味しく感じるんだそうです。

101030.石神井公園・麺処井の庄 011

■具材は、チャーシュー、メンマ、海苔、輪切り白ネギです。

特筆すべきは、大型チャーシューです。なかなか見ない大きさで、厚さも結構あります。

しっかりした肉感があり、適度な脂身も入りジューシーで美味しいチャーシューです。

ぶっといメンマもなかなかでした~!

■総括としては、久しぶりに出会った美味しい激辛濃厚魚介豚骨の一杯なんだそうです。

ポイントは、やはり十分な辛さがある濃厚魚介豚骨スープで、これがとにかく美味しいんだそうです。

隊長によるおすすめレベルは6★(超おすすめ~!!)で、ベスト5に入ったそうです。

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっと3連発クリックお願いします!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

麺処井の庄(1杯目)=練馬区ラーメン店めぐり(その1)

『野生系マイルド濃厚魚介豚骨~♪』

   ~麺処 井の庄

■久しぶりに、濃厚魚介豚骨系のガツンと来るやつが食べたくなりました。

ラーメンデータベースは、スープ別ランキングが表示されるので重宝しています。

“豚骨魚介”スープのランキングは次のとおりです。

第1位  中華蕎麦 とみ田    千葉県 松戸市 97.0
第2位  麺屋吉左右       東京都 江東区 93.9
第3位  燦燦斗          東京都 北区 91.6
第4位  らぁめん 葉月      東京都 大田区 91.5☆
第5位  麺屋 和利道 warito  東京都 目黒区 89.1 ☆
第6位  TETSU           東京都 文京区 88.2
第7位  次念序           埼玉県 鴻巣市 88.0●
第8位  麺処 ほん田       東京都 北区 87.8
第9位  狼煙 〜NOROSHI〜  埼玉県 さいたま市北区 87.0●
第10位  兎に角          千葉県 松戸市 86.9●
第11位  こうかいぼう       東京都 江東区 86.4
第12位  ニ升屋          千葉県 山武郡 85.3 ●
第13位  仁鍛           神奈川県 横浜市神奈川区 85.2●
第14位  RAMEN CIQUE     東京都 杉並区 84.9☆
第15位  麺処 井の庄      東京都 練馬区 83.4☆
第16位  らー麺 きん       東京都 豊島区 83.1
第17位  麺屋 えん寺       東京都 杉並区 83.0☆
第18位  麺匠 ヒムロク      東京都 西東京市 82.8●
第19位  つけ麺 道        東京都 葛飾区 82.5☆
第20位  らーめん はやし    東京都 渋谷区 82.5

●印については、そのお店に行くことを目的として、小旅行をするぐらいの気合がないと行けません。ソンナコトナイカナ?

すると、☆のマークをつけた未訪問店から選ぶことになりますが、近いところだと第15位の“麺処 井の庄”あたりでしょうか。

■一方、食べログで“西武沿線”エリアの人気順ランキングは次のとおりです。(カッコ内は点数順ランキングの順位)

第1位( 2) 麺や 七彩
第2位(19) 麺処 井の庄
第3位( 4) 味噌麺処 花道
第4位(20) 麺彩房
第5位(51) 天下一品・江古田店 (神楽坂店に訪問済み)

人気(口コミ数)順ランキングと、点数順ランキングがかなりぐちゃぐちゃですね。。。

さすがに登録ラーメン点数が204軒もあるだけあって、面白そうなエリアですね~♪

101030.石神井公園・麺処井の庄 001

■お店は、西武池袋線・石神井公園駅南口を出て、線路沿いを大泉学園方面に徒歩1分、左手にあるライオンズプラザ(商店の雑居ビル)の地下1階にあります。

お店に着いたのは13:50ごろ。広い店内にはカウンター席が12席あり、待ち人は4人。

お店は地下にあるし、待つ人のために椅子もあるので待つのは楽です~

101030.石神井公園・麺処井の庄 007

■メニューは、“らーめん”と“つけめん”“辛辛魚らーめん”“辛辛魚つけめん”の4種類です。

券売機の最上段最左側は、“つけめん”(780円)となっていたため、まずはこれを注文します。

並盛り200g、中盛り300gが同一料金とのことだったので、中盛りにしました。

【つけめん】
101030.石神井公園・麺処井の庄 013

■まずは、見た目が綺麗でピカピカの中太ストレート麺を食べてみます。

口に入れると食感がつるっつるで、噛み応えはもっちもちです。

噛んだ時の適度な風味と、つるっとした喉越し。麺だけ食べても美味しいですね~

101030.石神井公園・麺処井の庄 015

■つぎに、ふんだんに魚粉が振られたつけ汁を味わってみます。

豚骨ベースで、めっちゃくちゃ高濃度です!適度な野性味があるものの、豚臭くはなくとってもマイルド。

魚粉をしっかり混ぜると、濃厚魚介豚骨の王道ど真ん中のスープになります。

パンチのあるベーススープに、かすかな甘味、辛味、酸味を効かせた味付け。

ずばり、うまーーーい!!

101030.石神井公園・麺処井の庄 016

■どろどろで濃厚な豚骨魚介スープは、つるつる中太麺にガッチリ絡みます。

麺とつけ汁に浸けて食べていると、そのうちつけ汁がなくなっちゃうんじゃないか、と心配になるぐらいの絡み方です。

噛んだ時の麺の風味は、つけ汁をつけた方がより小麦が感じられます。

この組み合わせは、まさに美味しい濃厚魚介豚骨つけめんの黄金律です。

101030.石神井公園・麺処井の庄 017

■具材は、大型ぶつ切りチャーシューに、極太メンマ、輪切り白ネギです。

チャーシューは、すごい量です。写真のような塊が全部で5個も入っていました。

脂身が多めな分、噛むとジューシーさがパンチとなって、つけ汁の魚介豚骨味に変化を与えます。

101030.石神井公園・麺処井の庄 019

■美味しいつけめんの〆は、もちろん“スープ割り”。

このお店のスープ割りは、麺の茹で汁のようですが、白いかわいい瓶に入って出てきます。

まろやかな豚骨スープを魚介風味で味わっている感じです。

■総括としては、久しぶりに食べた“濃厚魚介豚骨つけめん”の定石をしっかり押さえた激ウマの一杯です。

麺、スープ、具材のそれぞれがしっかりとオリジナルテイストで磨かれていて、これをバランスの黄金律に当てはめて完成されているので、美味しくないはずがありません。

他の人気店と比べると、濃厚豚骨スープのマイルドさ、中太麺の食べやすさが特徴といえるでしょうか。

おすすめレベルは、久々のレベル6★(超おすすめ~!!)です。

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっと3連発クリックお願いします!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
278位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
119位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html