スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初代けいすけ(2杯目)=本郷ラーメン店めぐり(その1)

『まっかな味噌ラーメン~♪』

   ~黒味噌らーめん 初代けいすけ

■ラーメン店の中には、チェーン展開ではなく、暖簾分けでブランドネームを付けた店舗を増やしているグループがいくつかありますよね。

その中には、基本的に本店と同じ味を志向して、でもちょっと味が違って店ごとの特色になっている“東池袋大勝軒”グループや“ラーメン二郎”グループがあります。

逆に、本店と同じメニューを出さないことを前提に展開している“麺屋武蔵”グループや“けいすけ”グループもあります。

探検隊は、なんとかグループが特別好き!というのはないのですが、こういったグループ展開のラーメン店の、店ごとの味の違いを楽しむのは結構楽しくて好きですね。

というわけで、今日は“けいすけ”グループについて突っ込んでみます。

■竹田敬介氏率いるラーメン店、“けいすけ”グループは都内各地で見かけますが、いったい何店舗あるんでしょう?

いずれも結構な人気のようですが、食べログのエリア別ランキングとともに整理してみます。

1)二代目けいすけ海老そば外伝〔東京駅〕“東京・日本橋”エリア 人気順2位/点数順12位

2)二代目えびそばけいすけ・高田馬場本店〔高田馬場駅〕“池袋~高田馬場・早稲田”エリア 人気順14位/点数順159位

3)初代けいすけ・品川店〔品川駅〕“浜松町・田町・品川”エリア 人気順5位/点数順17位

4)つけめん四代目けいすけ〔本駒込駅〕“大塚・巣鴨・駒込・赤羽”エリア 人気順5位/点数順44位

5)初代けいすけ〔本郷三丁目駅〕“秋葉原・神田・水道橋”エリア・人気順第12位/点数順75位

6)NEW OLD STYLE 肉そばけいすけ〔住吉駅〕“両国・錦糸町・小岩”エリア・人気順5位/点数順45位

7)魁 肉盛りつけ麺六代目けいすけ〔湯島駅〕“上野・浅草・日暮里”エリア・人気順40位/点数順178位

全部で7軒もあるんですね~! (探検隊としたことが、ぜんぜんカバーしていませんね…)

■最初は“初代けいすけ”の味噌ラーメンからスタートして、魚介系で展開し、最近では肉系でバリエーションを出しているようです。

すべて全く違う味を提供して、採算ベースに乗せているというのはすごいところです。

DSC03536.jpg

■この中から、今日のセレクトは、一号店“初代けいすけ”です。“黒味噌ラーメン”が看板メニューです。

初回訪問ということで、隊員はデフォルトの“黒味噌ラーメン”にしましたが、問題は隊長のメニューです。

DSC03540.jpg

■“黒味噌つけめん”もあるし、“ブラックカリーラーメン”や“スタミナ黒味噌ラーメン”といった、空腹時には非常に魅力的に感じる変り種の面白いメニューもあります。

券売機の前で、隊長のメニューを何にしようか迷っていると、壁の写真が目に入ってきました。

DSC03541.jpg

■黒いどんぶりにまっかなスープが入ったラーメンで“新作・旨辛味噌ラーメン登場!!”とあります。
(そういえば、“黒味噌ラーメン”は赤いどんぶりに黒いスープが入ったコントラストになっていて、その逆ですね。)

見ているだけで、頭から汗をかきそうな色です。この写真を発見した瞬間に隊長のメニューは決まりです。

このメニューの名前は“裏けいすけ”(780円)というんだそうで、券売機にはそう書いてあります。

この日は券売機がちょうど壊れていたので、店員さんには“旨辛味噌ラーメン”と頼みました。

【裏けいすけ】
DSC03543.jpg

■まずは、表面にラードが覆うまっかなスープから味わってみます。

(こんなにまっかなスープを見たのは、“蒙古タンメン中本”の“北極ラーメン”以来です。)

どひゃーーーーーーーーーー!からっ!。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

ここからは、隊員には味の判定ができないので、隊長にコメントをいただきます。(;´▽`A``

■ベースの味噌スープは、“黒味噌ラーメン”と同じようです。

豚頭とモミジを煮込んだベーススープに、7種類の味噌をブレンドした味噌を合わせています。

そこに大量の唐辛子と花椒(痺れるヤツですね~)を投入ています。

辛くて痺れる、いわゆる中華でいうと本格四川風の辛さですね~( ^-^;アセアセ

さらに、焦がしニンニクも入っていますね。刺激がいっぱいデス。

DSC03546.jpg

■麺も“黒味噌ラーメン”と同じ、中太ストレート麺です。

しっかりとした歯応えで、噛むとかすかに小麦の風味がしてきます。

■スープから麺をすすると、辛味の絡みがいいんでしょうね。

数回すすると、辛いものが得意な隊長でさえ、汗を拭きながら食べざるを得ない状態です。

辛いものが苦手な隊員からすると、味噌ラーメンを食べていることを忘れてしまいます。

あれ、何を食べていたんだっけ~? ( ̄ー ̄?).....??
DSC03544.jpg

■具材は、チャーシューと茹でもやし、白ネギ、青ネギです。

隊長いわく、白ネギが固くて大きな塊なので、ちょっとネギが辛過ぎるかも、とのことでした。

白髪ネギのように薄く細くしたらよかったのに~だそうです。

■総括としては、“蒙古タンメン中本”以外では見たことがない本格的な辛味噌ラーメン、だそうです。

辛さ自体も本格的だし、唐辛子から出るコクもしっかり出ています。隊長も絶賛です。

ただ、辛さのレベルや、辛味のコクという意味では“蒙古タンメン中本”に一日の長があり、一枚上かな?というのが、隊長と隊員の共通見解です。

この一杯のおすすめレベルは5(かなりおすすめ)とのことです~♪

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっと3連発クリックお願いします!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

初代けいすけ(1杯目)=本郷ラーメン店めぐり(その1)

『まっ黒な味噌ラーメン~♪』

   ~黒味噌らーめん 初代けいすけ

■一大ラーメン激戦区である“秋葉原・神田・神保町”エリアは、かなり広いエリアにわたっています。

食べログの中エリア区分だと、“秋葉原”、“神田・御茶ノ水”、“神保町・水道橋”、“本郷・東大周辺”に分かれます。

このうち、“本郷・東大周辺”は、探検隊の生活パターンでいくと、滅多に行かないエリアなので、訪問暦が手薄です。

■その“本郷・東大周辺”エリアの人気順ランキングは次の通りです。(カッコ内は点数順ランキングの順位)

第1位(12) 初代けいすけ
第2位( 3) 信濃神麺 烈士洵名
第3位( 8) 瀬佐味亭
第4位( 5) ラーメン大・本郷店(池袋店に訪問済み)
第5位( 2) らーめん神勢

人気順と点数順があまり一致しませんが、まずは第1位の“初代けいすけ”から訪問してみます。

DSC03537.jpg

■お店は、東京メトロ丸ノ内線・本郷三丁目駅を出て、本郷通りを東大方面に北上し、5分ほど歩いた左手にあります。

ちょうど東京大学の真正面にあって、学生を取り込めるラーメン店としてはいい立地です。
(学生狙いと思われるサービスとして、麺大盛とライス無料!を常時やっています)

DSC03539.jpg

お店に着いたのは13:40ごろ。カウンター席10席は半分ぐらいの埋まり具合です。

DSC03542.jpg

■メニューは、黒味噌ラーメンとそのバリエーション、黒味噌つけめんです。

バリエーションメニューには、“ブラックカリーラーメン”や“スタミナ黒味噌ラーメン”といった変り種の面白いメニューもあったので、メニュー選択にはちょっと迷いました。

ただ、今日は初回訪問なので、探検隊の鉄則どおり、デフォルトの“黒味噌ラーメン”(780円)を注文します。

【黒味噌ラーメン】
DSC03547.jpg

■まずは、真っ黒な味噌スープから味わってみます。

う~ん!インパクトのある見た目と違って、普通に美味しい味噌スープです。

この味噌は、信州や仙台など国内外7種の味噌をブレンドし、竹炭を混ぜ込んで熟成させているため、インパクトのあるビジュアルになっているんだそうです。

スープは豚頭、モミジをふんだんに使って濃厚に仕上げたとのことで、まずまずのコクが出ています。

DSC03551.jpg

■つづいて、中太ストレート麺を食べてみます。

しっかりとした歯ごたえがある麺で、噛んだ時の風味もあるなかなか美味しい麺です。

■濃厚な味噌スープは、中太ストレート麺に良く絡み、相性はいいようです。

味噌スープには、豚肉そぼろが入っていて、これも麺に良く絡んできます。

DSC03548.jpg

■具材は、チャーシュー、ゆでもやし、白ネギ、青ネギ、飾りの糸唐辛子です。

この味噌ラーメンは、野菜類は炒めずに載せられています。

(個人的には炒めるタイプの方が好きですが… ヾ(;´▽`A``)

特筆すべきは小ぶりのチャーシューで、プリプリした食感とジューシーな味でなかなか美味しいものでした。

■サービスでライスが付いてきたので、味噌スープを飲みながらライスを食べましたが、この組み合わせ、やっぱり美味しいですね~♪

麺を食べている時は、スープのコクが若干足りないかな?と思っていたのですが、ライスと合わせてスープに意識を集中させるとまずまずかな!という結論に至りました。

■総括としては、ビジュアル的にインパクトのある味噌ラーメンですが、実際は真面目に作られた万人受けする一杯です。

中太麺は味噌ラーメンにあったものがセレクトされているし、凝った味噌スープもベースがしっかりしています。

そして、麺とスープのバランスもきっちり取れているので、標準以上に美味しくいただけます。

おすすめレベルは5(かなりおすすめ)ぐらいでしょうか~♪

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっと3連発クリックお願いします!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

信濃神麺烈士洵名=後楽園ラーメン店めぐり(その2)

『重厚な名前に負けないスープ~♪』

   ~信濃神麺 烈士洵名

■東京メトロ丸ノ内線・後楽園駅から都営地下鉄三田線・春日駅にかけては、ラーメン地図上は割と地味なエリアですが、前々から個人的に気になっているお店が数軒あります。

いつもの食べログで、“後楽園駅”を指定すると、こんな人気順ランキングが出てきます。

第1位 一蘭・東京ドームシティ・ラクーア店(池袋東口店に訪問済み)
第2位 信濃神麺 烈士洵名
第3位 本枯中華そば 魚雷

一蘭がチェーン系有名店で、後楽園遊園地の近くであることから人気が出るのは必然と言えます。

すると実質的に地場で人気なのが、“信濃神麺 烈士洵名”と“本枯中華そば 魚雷”ということになりますが、実はこの2つは系列店です。。。

DSC03478.jpg

■“信濃神麺 烈士洵名”とは、ずいぶんと重厚なお店の名前です。(ちょっと暴走族風ですが…スミマセン…)

このお店は、その名の通り、長野で有名なお店なんだそうです。

すでに“本枯中華そば 魚雷”と兄弟店だと知っていたので、スープにはかなりの期待ができそうです。

DSC03484.jpg

■お店に着いたのは平日の14:00ごろ。カウンター席4席含め全15席あるようですが、さすがにこの時間なので先客1名のみでした。

メニューは“らーめん”“白みそ麺”“辛みそ麺”“つけ麺”の4種類あるようです。

券売機最上段最左側を見ると、“らーめん(太麺)”とありましたが、今日は探検隊の鉄則を破って、敢えてその右側の“らーめん(細麺)”(700円)をセレクトします。

というのも、食べログの口コミでは、何人かの有名ブロガーの方々が「“太麺”にコシがないので“細麺”にすべきだった」と書いていたのを予め読んでいったからです。

14:00までのランチタイムサービスの小ライスを付けてもらいましたが、さてどうでしょう~?!

【らーめん(細麺)】
DSC03490.jpg

■まず、スープから味わってみます。

むむむ!魚介がしっかり効いていて、かつ動物系のコクと奥行きもあります。かなり美味しい~!

お店の説明によると、動物系(鶏ガラ・豚ガラ)・昆布系(羅臼昆布)・魚系(カマス干し・イリコ・鯖節・鰹節)のトリプルスープなんだそうです。

バランス的には、魚介が前面に出ていて、動物系はベースを固めてコクのしっかり感を出すために使われているようです。

醤油もこだわりの“信濃白醤油”で、風味があって、濃すぎず、薄すぎず、適量使われています。

スープだけで完成度の高さが十分表れていて、ちょうど、“柳麺 ちゃぶ屋”や“本枯中華そば 魚雷”のスープと共通するように感じます。

(ちなみに、この3店舗は“佐野JAPAN”というラーメン店主連合の会員です。)

DSC03491.jpg

■次に、細平ストレート麺を食べてみます。

あまりつるつる感やもちもち感はないタイプの麺で、その意味ではあまり個性のない麺です。

役割的には、よくできたスープの引立て役のような感じです。

(コシがない!と酷評されるレベルではないと思いますが…)

■麺とスープのバランスでいうと、やはりスープに圧倒的に重きが置かれています。

麺をすすると、細平ストレート麺はコク深い魚介スープを纏って口の中まで運ばれてきます。

自分としては、こういったバランスもありだと思います。
(これも“柳麺 ちゃぶ屋”や“本枯中華そば 魚雷”と共通ですね~♪)

DSC03487.jpg

お店の能書きには、スープについてはたくさん書いてあるのに、麺については何も言及がないので、このバランスは狙った通りなんでしょう。

DSC03489.jpg

■具材は、チャーシュー、エリンギメンマ、味玉(半分)、海苔、ネギです。

チャーシューは脂多目ですが、あっさりスープの中では存在感があります。

珍しいのは、エリンギメンマ。さすがきのこの産地、長野出身のお店であることを感じさせます。

■総括としては、スープ主体の美味しい醤油ラーメンです。

お店の能書きで書いてあるとおり、スープにはかなり力が入っているようですが、飲んでみればそれも納得できます。

性格が控えめな麺との組み合わせでは、やはりスープ主体に楽しむべきであることに気付かされます。

このトリプルスープは、非常に上品でコク深い仕上がりなので、試してみる価値は十分あると思います。

おすすめレベルは5(かなりおすすめ)です。

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっと3連発クリックお願いします!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

本枯中華そば魚雷=後楽園ラーメン店めぐり(その1)

本枯中華そば 魚雷

■だんだんラーメンを食べるのが暑くてツライ季節になってきました。(;´Д`A ```

昨年まではほとんどラーメン店には行かなかったので気付かなかったのですが、夏になるとどのラーメン店でも“冷やし~”というメニューを用意しているんですね。

“冷やし中華”に限らず、“冷やしトマト麺”とか“冷やし鶏そば”とか。

それでも探検隊は、ラーメン道を極めるべく、いわゆるラーメンを食べ続けます。。。

■今日もお店セレクトに使う雑誌を変えて、『最新ラーメンの本』という雑誌からお店を探してみます。

ふと目が留まったのは、お店の名前に“本枯”という単語が入った“本枯中華そば 魚雷”というお店。

(食べログだと、“秋葉原・神田・水道橋”エリアで、点数順45位、人気順56位とちょっと低目。)

店の名前を聞いただけで、本枯れ鰹のいい匂いが漂ってきそうです。“九段斑鳩”の超美味限定メニュー“特製本枯れ鰹しょうゆらー麺”を想起させます。

100723.後楽園・本枯中華そば魚雷002

■お店は、東京メトロ丸の内線・後楽園駅を下車して、目の前の道を北(左)に向かって5分ほど歩いた右側にあります。都営地下鉄三田線・春日駅からはもっと近くて、北寄り出口を出たら一本西にある大通り沿いで徒歩1分です。

デカイ看板や店のトレードマークが張ってあり、さらにド派手な“魚雷”の巨大ハリボテが店の入口の上にあるので、すぐに分かります。

■お店に着いたのは13:30ごろ。カウンター・テーブル合わせて16席ですが、お客さんは5、6人程度。文京区役所をはじめ、近くのオフィスのお客さんがメインでしょうから、時間的にはこんなもんでしょうか。

お店に入ると、男性1名、女性2名の店員さんが「いらっしゃいませ。お待ちしておりました。」と発声。

「いらっしゃいませ」はともかく、「お待ちしておりました」ってなんか違和感が。。。

「お帰りなさいませ、ご主人様」的な不思議な感覚。。。

100723.後楽園・本枯中華そば魚雷005

■メニューは“本枯れ中華そば”と“つけめん”の2種類のみ。

ラーメンの量が少なかった場合に備えて、具材が充実した“特選本枯そば”(900円)(=本枯中華そば+とりチャーシュー+炭火焼豚+煮卵)を選んでみました。

さらに、3種類の好きな具材を選んで別皿に入れて提供されるとのことだったので、“岩のり”“メンマ”“キクラゲ”を選択しました。

【特選本枯そば】
100723.後楽園・本枯中華そば魚雷014

■まずはスープから味わってみます。

むむむ、かなりいい感じですね~♪

ベース・スープは深いコクがあり、本枯節の香りが上品に広がる美味しいスープです。

お店の説明によると、動物系と魚介系のダブルスープをフラスコに入れ、鹿児島県枕崎産の本枯節・本節の粉砕粉をサイフォンにかけたものなんだそうです。手が込んでいますね~♪

隊員はカウンター席だったので、目の前にサイフォンがブクブクいっていました。

100723.後楽園・本枯中華そば魚雷011

■次に、見た目小麦色の蕎麦のような細ストレート麺を食べてみます。

歯応えはあまりない方ですが、噛むと小麦の香りがします。

お店の説明では、北海道産小麦“春よ恋”のストレート粉と石臼挽き粉、モンゴル産天然かんすいから作った、香り、食感、甘味にこだわった麺とのこと。

100723.後楽園・本枯中華そば魚雷016

■スープと麺のバランスからいくと、まずまずといったところでしょうか。

敢えていうと、手の込んだスープがキャラクター弱めの麺に勝ってしまっている感じがします。

細ストレート麺が、日本蕎麦のように感じてきます。もうちょっと歯応え重視の麺でも良かったのでは?

100723.後楽園・本枯中華そば魚雷012

■具材は売りにしているだけあって、なかなか秀逸です。

“とりチャーシュー”は、結構ジューシーで鶏の旨みをよく閉じ込めています。

“炭火焼豚”は、その名の通り、炭火焼の香ばしい香りと、豚肉の旨みが噛むたびに口の中一杯に広がります。

煮卵の味付けも、なかなか上品で、かつ黄身が固まらない程度にとろっとした絶妙な茹で具合。

他の具材は、ほうれん草と刻みネギ、3種類選択した岩のり、メンマ、キクラゲ。

この中では、岩のりがいいですね。磯の風味が広がります。醤油スープの中華そばと乾燥岩のりはすごく合いますね。(“神田 磯野”の“醤油らーめん”には、デフォルトで岩海苔が入っていますが、絶品です~!)

■総括としては、お店の名前の通り、本枯鰹節のいい香りが楽しめるコダワリの一杯です。

ちょっと惜しいのは、麺が日本蕎麦のように柔らかくて、噛み応え、食べ応えがないこと。

でも、そこはコダワリの具材が舌を楽しませてくれるので、トータルではいい感じ、と言えそうです。

おすすめレベルは5(かなりおすすめ)です。

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ↓をポチポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
278位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
119位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html