スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中商店(2杯目)=足立区ラーメン店めぐり(その1)

『本場博多長浜ラーメン@足立区』

   ~博多長浜らーめん 田中商店

■今回も東京で食べられる美味しい博多長浜ラーメンの店の代表格、“田中商店”を探検しま~す。

いままで探検隊は、300店ほどのラーメン店を回ってきたので、豚骨ラーメン店も数多く含まれています。

その多くが、九州系のお店です。

・一風堂(池袋)
・屯ちん(池袋)>東京とんこつ
・一蘭(池袋)
・博多天神(池袋)
・えるびす(池袋)
・ラーメン康竜(池袋)
・節骨麺たいぞう(池袋)
・なんつッ亭(池袋)>神奈川とんこつ
・無鉄砲(中野区・沼袋)>京都とんこつ
・博多長浜らーめん ぼたん(大塚)
・麺の房 砦(渋谷)
・博多長浜屋台やまちゃん(銀座)
・京都銀閣寺ますたにラーメン(日本橋)>京都とんこつ

ざっと思い付くだけでも、このぐらいはリストアップできます。

110409六町・田中商店_0001

■いわゆる“豚骨ラーメン”というのは、「外れは少ないけど、大当たりも少ない」というのが、このジャンルの印象です。

豚骨をしっかり煮込んで旨味を出せば、スープの味(塩ダレ)自体には差がないので、外れにくいと言えます。

ただ、豚骨をどのように、どのぐらい長い時間煮込んだかで、旨味とコクの差が大きく出ます。

この観点からみると、上記のリストでも飛び抜けて美味いのは、“田中商店”“無鉄砲”“ぼたん”でしょう。

いずれも、焦げやすい豚骨を、焦げないように混ぜながら、強火で長時間炊いた、手間隙のかかった豚骨スープが自慢のお店です。

■この3店が、今日までのところ、探検隊にとっての“とんこつ御三家”ですが、特徴は多少違います。

“田中商店”は、豚素材を三日三晩煮込んで骨まで溶かし、まろやかにして旨味とコクを凝縮した超濃厚スープを実現しています。

“無鉄砲”は、長時間強火で煮込んだ豚骨スープに、更に大量の背脂を効かせてワイルドな超濃厚豚骨スープを完成させています。(この店は、博多長浜系ではなく、京都ラーメン系なんですよね。)

“ぼたん”は、許容範囲内の“獣臭さ”をうまく効かせ、深いコクがあるのに、後味はすっきりした濃厚豚骨スープに仕上げています。

どのお店も魅力的なスープなので、ぜひ食べ比べてみてくださいね~♪

■自宅にあるラーメン雑誌、『業界最高権威TRY認定 魂の一杯 2010-11ラーメン大賞』では、ラーメンのジャンル別にランキングを載せています。

その中で、豚骨部門のランキングは次の通りにとなっています。

第1位 愚直(板橋区)<未訪問>
第2位 ラーメン きら星(武蔵野市)<未訪問>
第3位 博多長浜らーめん 田中商店(足立区)
第4位 なんつッ亭(秦野市)(池袋店に訪問済み)
第5位 極濃麺家初代 一本氣(江戸川区)<未訪問>

1年前は、「豚骨ラーメンなんて、そんなに味の差がないもの」と思っていた探検隊も、食べ進むにつれ、豚骨の奥深い世界に、すっかり嵌っています。

上記の未訪問店も、そのうち訪問したいですね~♪

110409六町・田中商店_0025

■さて、話は戻って“田中商店”です。待ち行列ができていると、待っている人に店員さんがメニューを渡して、注文をとります。
このお店の基本メニューは“らーめん”1種類なのですが、隊長と隊員で同じメニューを頼むのもつまらないので、ちょっと変化をつけてみます。

隊長が“らーめん”(680円)+トッピング“赤オニ”(辛し挽き肉)(100円)+辛し高菜(無料)で、辛豚骨ラーメンにしました。

隊員は、バリエーション・メニューから“チャーシュー麺”(900円)を選んでみます。

4段階から選べる麺の固さは、2番目に硬い“バリカタ”にしてみます。

【チャーシュー麺】
110409六町・田中商店_0015

■まずは、スープから味わってみます。

ゲンコツや豚頭などの豚素材を三日炊き続けた乳白色のスープは、一口目から旨味とコクが口いっぱいに広がります。

クリーミーな濃厚スープは、獣臭さが抑えられていて、塩ダレで味付けされています。

110409六町・田中商店_0018

■続いて、白色の極細ストレート麺を食べてみます。

典型的な博多長浜ラーメンの極細低加水麺は、茹で加減を“ハリガネ”にしたこともあって、歯応えがとってもいいですね~♪

麺とスープの構成は、本場・博多長浜ラーメンの組合せをそのまんま踏襲しているため、バランスが良くないはずがありません。

特にスープの濃度が高いので、スープがしっかり麺に絡んで、そのまんま口まで運ばれます。

110409六町・田中商店_0017

■具材も、長浜ラーメンの鉄則どおり。チャーシュー、キクラゲ、海苔、万能ネギ。

唯一、本場の長浜ラーメンと違うところは、煮豚ではなく、燻製焼豚を使っているところ。

注文したのが“チャーシュー麺”だけあって、脂身の少ない燻製焼豚が大量に載っています。10枚ぐらいあったでしょうか。

110409六町・田中商店_0028

■最初の一杯の麺100gは、あっという間になくなったので、替玉(120円)を頼みます。

麺の固さは、隊長が“普通”と“やわ”を試し、隊員の一杯目が“バリカタ”だったので、替玉は“ハリガネ”にしてみます。

注文してから1分と経たないうちに出てきた替玉は、食べるとしっかり芯が残っているぐらいの硬さです。

個人的には、歯応えを楽しむにしても、“バリカタ”ぐらいがちょうどいいかもしれません~♪

110409六町・田中商店_0033

■替玉投入後、卓上セット(下掲写真)から、“らーめんのタレ”と“にんにく”を投入しました。

にんにくを入れると、スープが更にストロングに変わります。(食後はすごい臭いに悩みますが、おススメです~!)

ただ、“らーめんのタレ”はちょっと入れたつもりが、かなり塩辛くなり、汁完できず、失敗しました。

■総括としては、濃厚・ストロングな博多長浜ラーメンを堪能できる、完成度の非常に高い豚骨ラーメンです。

ただ本場のものをそのまま持って来るのではなく、また、お客に合わせて東京風にアレンジしているわけでもないところがすごいところです。

長浜ラーメンの基本構成をしっかりと守りながらも、手間隙を掛けて濃厚豚骨スープを完成させ、チャーシューで独自色を出すなど、よりレベルの高いものに引き上げています。

おすすめレベルは、豚骨ラーメン最高評価の5++(かなりおすすめ~!!)です~♪

110409六町・田中商店_0009
(田中商店の店主さんが、創業10周年記念に本を出版されたそうで、その本の名前が↑なんだそうです~♪)

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

田中商店(1杯目)=足立区ラーメン店めぐり(その1)

『博多長浜本場の豚骨ラーメン~♪』

   ~博多長浜らーめん 田中商店

■今日は、池袋グルメ探検隊の普段の生活エリアから、ちょっと飛び出してラーメン店を探してみます。

池袋から、遠くて行きにくい“名店”を、食べログの“東京全域”人気順ランキングから引っ張ってみます。

トップ50の未訪問店は、あと7店。店名と所在地はこんな感じです。

第24位 中華そば専門 多賀野(荏原中延)
第36位 はつね(西荻窪)
第37位 胡心房(町田)
第39位 田中商店(六町)
第40位 らーめん せたが屋・品川店(品川)
第42位 めん和正(池尻大橋)
第46位 博多麺房 赤のれん(六本木)

平日は、移動に電車を使う隊員としては、クルマでないと訪問が厳しいのは“町田”と“六町(足立区)”。

今日は、比較的近い足立区・六町の“田中商店”を訪問してみます。

110409六町・田中商店_0001

■このお店は2000年創業で、特徴は豚骨ラーメンの本場・博多長浜の味を、東京風にアレンジせずにそのまま提供していることです。

お店の営業時間は、他の店とまったく違っていて、18:00~翌4:00(!)なんだそうです。

初め、「なんで昼営業していないの?」とか、「近くに駅も繁華街もないのになんで深夜4時まで?」とか考えたのですが、あとで理由がなんとなく分かりました。

博多長浜のラーメン屋さんって、夜開店して明け方までだけやっているんですよね。。。

10年ほど前に、博多出張に行った時、現地の人の案内で、夜は中州で飲んで、その後夜中に長浜のラーメン屋に行ったことがありました。

夜中2時だというのに、30人ほど入れる簡素な作りの店内は満席で、すごく繁盛していました。

“田中商店”は、営業時間まで本場の博多長浜と一緒にしてあるなんて、すごいこだわりようですね~♪

■お店は、つくばエクスプレス六町(ろくちょう)駅南口から東西に伸びる道を西向きに1km(!)進んだ交差点(4つ目の信号)を左折して30mの左側にあります。

お店に着いたのは18:45ごろ。お店の前には20人、店内に10人ほどの待ち行列ができています。うわっ、さすが!

夫婦、カップルだけでなく、子供を連れた家族連れもたくさんいます。意外と地場に根付いたお店なんですね。一人で食べに来ている人はあまりいません。

待ち行列は長いものの、店内はカウンター席16席にテーブルが4卓20席あるので、お客さんの回転は早そうです。

とはいうものの、結果は30分待った末、隊長と隊員の2人で6人テーブル席に案内されました。

110409六町・田中商店_0024

■基本メニューは“らーめん”(680円)の1種類のみです。

バリエーションは、“ねぎらーめん”(800円)、“チャーシュー麺”(900円)、“ねぎチャーシュー麺”(980円)です。

まず、隊長は“らーめん”を選び、トッピングに辛子ひき肉“赤オニ”(100円)を入れてみます。

【らーめん】
110409六町・田中商店_0012

■まずは、見るからに濃厚なスープを味わってみます。

うぉ~! 脳内に衝撃が走るぐらい、超濃厚な豚骨スープです。コクと旨味が凝縮されています。美味い!!

このスープは、げんこつ、豚頭、豚足、背脂、腹脂などを強火で三日三晩煮込んでいるそうです。

そのせいで、店内は豚骨臭でいっぱいですが、スープには獣臭さがありません。

同じ系統で、超濃厚豚骨の美味い店としては、中野区・沼袋の“無鉄砲”がありますが、どちらかというと背脂バリバリで荒々しい豚骨スープの“無鉄砲”と比べると、穏やかでクリーミーなスープです。

110409六町・田中商店_0014

■続いて、典型的な博多ラーメンらしい白色の極細ストレート麺を食べてみます。

う~ん! この店の極細麺は、たまたまかもしれませんが、細いのに小麦の香りがしますね~

スープが濃厚なこともあり、麺が極細であることもあり、スープは麺にがっちり絡みます。

豚骨スープが濃厚であればあるほど、この麺は美味しく感じられます。

320x320_901084.jpg

■食べ初めてちょっとしてから、隊長は“赤オニ”と“辛し高菜”を投入します。

“赤オニ”は、唐辛子をしっかり練りこんだ豚挽き肉ですが、しっかりとした辛さと肉のジューシーさが凝縮されています。

スープに溶かすと、まるで別のラーメンのように味が変わります。隊長はかなりお気に召したご様子です~♪

そこに、卓上セットの中から、“激辛注意!”と書かれた辛し高菜を大量投入しています。

隊員だと、一口すするだけで、唐辛子の辛さが鼻腔を突き抜け、舌を刺激し、頭皮から汗がどっと出てきます。

110409六町・田中商店_0013

■具材は、チャーシュー、キクラゲ、海苔、万能ネギと、長浜ラーメン定番具材が過不足なく載っています

チャーシューは、脂身が少ないタイプでのものが2枚入っていますが、とても柔らかて美味しいですね。

濃厚な豚骨スープには、キクラゲと万能ネギがよく合います。

110409六町・田中商店_0011

■麺の量はデフォルトで100gと少ないので、替玉を投入します。

柔らかめの麺が好きな隊長は、注文時“普通”にしましたが、替玉は“やわ”を選んでみます。

どのぐらい違うか期待したのですが、隊長・隊員二人して食べ比べても、そんなに違いが分かりませんでした。

110409六町・田中商店_0029

■総括としては、超濃厚豚骨スープがすごくまろやかで、旨味とコクが凝縮された激ウマ豚骨ラーメンです。

創業10年以上で、あの悪い立地で、いまでも評判が高く、これだけの客を集めている理由は、この一杯で十分に納得できました。

東京には、“無鉄砲”や“ぼたん”(大塚・高田馬場)など、美味しい本格的な濃厚豚骨スープを出す店がありますが、探検隊の協議の結果、“田中商店”がベストではないかという結論になりました~!

おすすめレベルは、豚骨ラーメン最高レベルの5++(かなりおすすめ~!!)です~♪

110409六町・田中商店_0016
(海苔の表面に、世界のいろんな言語で“ありがとう”と書いてあります。店主さんの好きな言葉なんだそうです~♪)

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっと3つクリックお願いします!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
291位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
123位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html