スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤坂ラーメン=赤坂ラーメン店めぐり(その3)

『芸能人御用達!TBS関係者の社食~♪』

   ~赤坂ラーメン (赤坂ラーメン3部作・第3部)

■最近、だんだん赤坂のお洒落な雰囲気にも慣れてきました。

普段、池袋から大手町に掛けてのエリアでしか行動していないので、この近辺の洒落た雰囲気には抵抗があったのですが。。。

そのうち、ラーメンだけでなく、ちゃんとしたグルメ探検をする勇気も湧いてきているところです。

でも、今日はまだまだラーメン店めぐりです。(↓リンクで過去の訪問時のブログを参照できます~♪)

第1位 めん徳 二代目 つじ田・麹町店(神田御茶ノ水店飯田橋店に訪問済み)
第2位 油そば 東京油組総本店
第3位 ラーメン屋 秀
第4位 九州じゃんがららあめん・赤坂店(秋葉原本店に訪問済み)
第5位 赤坂ラーメン・赤坂本店 <未訪問>
第6位 つけ麺屋 やすべえ・赤坂店(池袋店水道橋店に訪問済み)
第7位 らーめん バリ男 <未訪問>
第8位 赤坂一点張 <未訪問>
第9位 三田製麺所・赤坂見附店(池袋店に訪問済み)
第10位 ビックラーメン・虎ノ門店 <未訪問>

よくみると、チェーン系と独立系がちょうどいい感じで混ざり合っている、というのが赤坂のラーメン事情のようですね。

今日は、赤坂の3店目ということで、未訪問の“赤坂ラーメン”にチャレンジしてみます。

110630.赤坂・赤坂ラーメン0000

■赤坂ラーメンは、1980年代初めに屋台のラーメン屋としてスタートしたそうです。

屋台で12年、店舗で11年営業し、今ではFC店が国内5店舗、海外9店舗にまで成長したとのことです。

直営店は、赤坂の本店と、六本木交差点のアマンドの斜向かいにある六本木店です。

地味にHPがあって、これによると、“塩味をベースにしたとんこつ味”と“多少、太麺(=中太麺?)”が特徴とのことです。

110630.赤坂・赤坂ラーメン0018

■お店は、東京メトロ千代田線・赤坂駅の1番出口を出て、目の前の赤坂通りを渡って右手に進み、一つ目の道を左に曲がった左側にあります。徒歩1分です。

1番出口を出て左手に見える最上部が円盤状の大きな建物がTBSテレビです。

今日は遅い昼食で、お店に着いたのは13:50ごろです。

テーブルとカウンター合わせて、見た感じ20人以上は入りそうな店内ですが、さすがに時間が遅いので、前客1人、後客2人でした。

110630.赤坂・赤坂ラーメン0006

■メニューは、ラーメン系が5種類(?)つけ麺系が2種類(?)と、いろんな種類があります。

“赤坂小町”や“こうもり(黒麻ラーメン)”など、食べてみないと分からないラーメンは、ベースから別種類なのか、バリエーションなのか分からないんです…

口コミでは、ほとんどの人が“ラーメン”か“つけ麺”を選ぶようなので、どちらにしようか迷ってしまいます。

110630.赤坂・赤坂ラーメン0002

■そこで、店先で見つけたこの看板~! 「店長おすすめの大サービス!」とあります~( ^-^;)

2010年新作ラーメンとして、ラーメンとつけめんを合わせて、“イケメンセット”(850円)というメニューがあるとのこと。

これなら、一度で両方試せますね。良かったです~♪

【イケメンセット】
110630.赤坂・赤坂ラーメン0013

■まず、運ばれてきて、変な形の器にびっくりです !?( ゜o゜;)

ひょうたん型の器が半分に分かれていて、大きい方にラーメン、小さい方につけ麺のつけ汁が入っています。

お子様ランチの器みたいで、ちょっと恥ずかしいですね… (。・д・。)

【ラーメン】
110630.赤坂・赤坂ラーメン0014

■麺が伸びてしまうといけないので、最初にラーメンを食べ切ってしまいます。

まずは、白っぽい色のスープから味わってみます。

良く言えば、あっさりと食べやすい豚骨スープです。逆に表現すると、薄くてあまりコクがありません。

110630.赤坂・赤坂ラーメン0017

■続いて、中縮れ麺を食べてみます。

一般的な中華麺より若干太いこともあり、適度な歯応えがあるつるつる縮れ麺です。

■麺が縮れているので、スープのピックアップはまずまずです。

ただ、このスープと麺だと、薄いスープに対し、麺のキャラクターが勝ってしまい、バランスはそんなに良くないかも…

■具材は、チャーシュー、メンマ、海苔、レタスです。

ラーメンには珍しいレタスは、しゃきしゃき食感が面白いです。それ以外の具材は、特別な感じはしません。

【つけ麺】
110630.赤坂・赤坂ラーメン0015

■まずは、中縮れめんから食べてみます。

と言っても、ラーメンと同じ麺です。意外と噛み応えがあるのが特徴です。

110630.赤坂・赤坂ラーメン0016

■つづいて、つけ汁を味わってみます。

むむむ、これは今まで出会ったことがないスープです。

豚骨ベースで、それなりにラードが入っていて、熱々を保っています。味は醤油ベースですが、甘めの味付けになっています。

ラーメンのスープと比べると、それなりにコクもあり、けっこういい感じです。

■スープと麺の組合せでは、こちらのスープの方がパワフル感があるため、キャラの立つ麺とのバランスが良いですね。

甘めの醤油豚骨スープは、自分はけっこう好きなので、なかなか美味しく食べられます。

■具材は、チャーシュー、レタス、刻み海苔です。

チャーシューは、ラーメンとは異なり、醤油に漬けたかたまりチャーシューです。つけ汁と同方向の味付けで、合っています。

■総括としては、よくある街のラーメン店といった風情で、ラーメンもつけ麺も普通に食べられます。

たぶん、テレビ関係の仕事をしている人が、TBSに出入りする時に利用するラーメン店で、立地が違っても人気が出るかは?です。

ラーメンやつけ麺自体に、何か特徴があるか?と聞かれると、なかなか回答が難しいからです。

飲んだ後に深夜に訪問する方がいいかも知れません。テレビで見たことのある人に会えるかも? ( ^-^;)

ごちそうさまでした~♪

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

ラーメン屋 秀=赤坂ラーメン店めぐり(その2)

『こってり豚骨×超極細麺の組合せ~♪』

   ~ラーメン屋 秀 (赤坂ラーメン3部作・第2部)

■前回に引き続き、今日も新天地・赤坂を探検します。

食べログの“赤坂・永田町・溜池”エリア・人気順ランキングも、まだまだ未訪問店が目立ちます。

(↓リンクで過去の訪問時のブログを参照できます~♪)

第1位 めん徳 二代目 つじ田・麹町店(神田御茶ノ水店飯田橋店に訪問済み)
第2位 油そば 東京油組総本店
第3位 ラーメン屋 秀 <未訪問>
第4位 九州じゃんがららあめん・赤坂店(秋葉原本店に訪問済み)
第5位 赤坂ラーメン・赤坂本店 <未訪問>
第6位 つけ麺屋 やすべえ・赤坂店(池袋店水道橋店に訪問済み)
第7位 らーめん バリ男 <未訪問>
第8位 赤坂一点張 <未訪問>
第9位 三田製麺所・赤坂見附店(池袋店に訪問済み)
第10位 ビックラーメン・虎ノ門店 <未訪問>

上から順に、丁寧に未訪問店を探検してみます。今日は第3位、“ラーメン屋 秀”です。

110617.赤坂・ラーメン屋秀0020

■このお店、最初は赤坂ローカルな独立店と思いきや、本場博多の“博多だるま”の兄弟店だったんです。

食べログで“福岡県”の“ラーメン”人気順ランキングを出すと、こんな感じです。

第1位 一蘭・天神店
第2位 博多だるま
第3位 元祖長浜屋

この“博多だるま”の店主の息子さんが、博多で“秀ちゃんラーメン”(福岡県第9位)というお店をやっています。
その東京支店が“ラーメン屋 秀”で、開店はけっこう古くて2002年なんだそうです。

110617.赤坂・ラーメン屋秀0031

■お店は、東京メトロ千代田線・赤坂駅4a番出口を出て直進し、信号を一つ越えて50mほど行った左側にあります。徒歩3分弱です。

お店に着いたのは12:00ぐらい。店内はテーブルカウンター席10席とテーブル席16席と、ラーメン屋にしては広い作りです。訪問時は、テーブルがほぼ埋まり、テーブルカウンター席に3人ほど座っています。

110617.赤坂・ラーメン屋秀0025

■メニューは、博多豚骨ラーメンがメインで、つけ麺や冷やし中華など、バリエーションは豊かです。

メニュー表と壁の張り紙も併せて考えると、酒のつまみ類が充実しており、夜は飲み屋のような雰囲気になるようです。

デフォルトの“ラーメン”を頼んでも良かったのですが、食べ足りないといけないと思い、メニューの最上段に書いてあった“トロ肉チャーシュー麺”(1,000円)に白ごはん(+50円)を付けて注文します。

【トロ肉チャーシュー麺】
110617.赤坂・ラーメン屋秀0032

■まずは、スープから味わってみます。

う~ん! かなり濃厚な豚骨スープで、しっかりとコクがあります。

かなりのパワフル系で、スープの表面に背脂がぷかぷか浮いているのが見えます。

このスープは、国産の豚ゲンコツや背脂からダシを取り、鉄釜で長時間炊き上げたものなんだそうです。

無化調で仕上げられていて、味の深みを出すために、貝柱、蝦、蛎、鰹などを漬け込んだ醤油を使用しているそうです。

味付けは、けっこう塩気が強くて、麺だけでなく、ご飯とも合いそうです。

110617.赤坂・ラーメン屋秀0035

■続いて、今まで見たことがないぐらい細い超極細ストレート麺を食べてみます。

茹で加減はデフォルトでも“バリカタ”レベルに仕上げられていて、ザクッと噛み切れる博多ラーメン独特の食感です。

硬めに茹でないと、この超極細麺だとすぐに伸びてしまうんでしょうね。

原料は、国産小麦“麦のいぶき”を100%使用しているんだそうです。

麺の量が少ないなぁ、と思ったのですが、あとで調べてびっくり。たったの85gと、普通のラーメンの半分ちょっとです。

ご飯を頼んでおいて良かったですね。。。(替玉150円は高過ぎです…)

110617.赤坂・ラーメン屋秀0040
(博多ラーメンでは常識の、高菜やニンニクなどの無料トッピングがありません。紅生姜のみです。)

■超極細麺は、麺と麺の間にしっかりスープをキープして引き上げられます。

あまりにスープの絡みがいいので、食べ進んでいくとスープがどんどんなくなっていっていることを実感します。

スープの強めの塩加減は、麺に絡むとちょうどいい感じになっています。

85gの麺はあっという間になくなり、ご飯をスープで食べましたが、予想通り、一般的な豚骨スープよりも相性がいいですね。

110617.赤坂・ラーメン屋秀0034

■具材は、チャーシュー、茹でもやし、輪切り青ネギです。

トロ肉チャーシューは、豚のほほ肉から作ったトロトロの柔らかいお肉を炙ってあります。

ジューシーな味わいで、口の中で溶けるような食感です。

さすがにデフォルトにプラス300円するだけあって、なかなかの逸品です。

110617.赤坂・ラーメン屋秀0039
(雨の日には、ココナッツアイスが無料で付いてきます。なかなかいい口直しになります~♪)

■総括としては、なかなか個性の出しにくい博多豚骨ラーメンですが、濃厚濃い味スープと超極細麺で個性的な一杯に仕上がっています。

チャーシューも手が込んでいて、オリジナリティがあります。

全体的な感想としては、ラーメンはけっこう美味しいのですが、ちょっと値段が高いでしょうか。

おすすめレベルは4+(かなりおすすめ)です~♪

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

東京油組総本店=赤坂ラーメン店めぐり(その1)

『新天地・赤坂の有名油そば~♪』

   ~油そば 東京油組総本店 (赤坂ラーメン3部作・第1部)

■ラーメン店めぐりについては、昨年は“池袋~高田馬場・早稲田”エリアを奥深く極めたので、今年は“秋葉原・神田・水道橋”エリアを攻め込んでいます。

でも、最近では“秋葉原・神田・水道橋”エリアの訪問回数が多すぎて、だんだん手詰まり感が出てきました。

これを打開するには、山手線の円内の、未着手の地域を切り開いていくしかありません。

今日は、池袋グルメ探検隊にとっての新天地、“赤坂・永田町・溜池”エリアに進出してみます~!

■それでは、いつもの食べログで、このエリアの人気順ランキングを調べてみます。

(↓リンクで過去の訪問時のブログを参照できます~♪)

第1位 めん徳 二代目 つじ田・麹町店(神田御茶ノ水店飯田橋店に訪問済み)
第2位 油そば 東京油組総本店 <未訪問>
第3位 ラーメン屋 秀 <未訪問>
第4位 九州じゃんがららあめん・赤坂店(秋葉原本店に訪問済み)
第5位 赤坂ラーメン・赤坂本店 <未訪問>
第6位 つけ麺屋 やすべえ・赤坂店(池袋店水道橋店に訪問済み)
第7位 らーめん バリ男 <未訪問>
第8位 赤坂一点張 <未訪問>
第9位 三田製麺所・赤坂見附店(池袋店に訪問済み)
第10位 ビックラーメン・虎ノ門店 <未訪問>

う~ん、さすがに普段行かないエリアなので、見慣れないお店が並びますね。。。

それでは、未訪問店を上から順に訪問することにします。“油そば 東京油組総本店”からスタートです~!

110614.赤坂・東京油組総本店0003

■このお店は2008年1月に赤坂でオープンしたんだそうです。

“油そば(汁なし麺)”は、今でこそメジャーになった感がありますが、どんな歴史があるんでしょう。

調べてみると、“油そば”は、武蔵境の“珍珍亭”が発祥の店といわれているんだそうです。昭和29年創業の老舗です。

その後1995年ごろ、吉祥寺“ぶぶか”、早稲田“東京麺珍亭本舗”がオープンし、ラーメンの一ジャンルとして確立したようです。
2008年は、油そば(汁なし麺)ブームの走りの年で、“ジャンクカレッジ”もこの年にオープンしています。

■“東京油組総本店”は、今日訪問する赤坂のお店が本店で、本店が人気が出た後、渋谷、広尾、銀座、池袋(!)に支店を出しています。

支店名が変わっていて、例えば池袋の支店だと、“東京油組総本店・池袋組”というようです。

名前からだと、本店だか支店だか分かりませんね…(^-^;)

110614.赤坂・東京油組総本店0000

■お店は、東京メトロ・赤坂見附駅の10番出口(ベルビー赤坂)を出て、大通りではなく小道のほうを直進し、一つ目の十字路を右に曲がって30m左側にあります。徒歩3分です。

お店に着いたのは12:45ごろ。店内はカウンター席が10席ありますが、ほぼ満席で運よく最後の1席に座ることができました。
その後は常に5~10人の待ち行列でした。

110614.赤坂・東京油組総本店0005

■メニューは、“油そば”“辛味噌油そば”の2種類です。

看板メニューの“油そば”(680円)をデフォルトで注文してもよかったのですが、油そばはトッピングが大事なので、口コミでも人気が高い“スペシャルトッピングA(ねぎゴマ・半熟たまご)”(150円)を追加します。

麺の量が選べて、並盛り160g、大盛り240g、W盛り320gがすべて同料金です。ここで大盛りを選びました。

さて、どんな油そばが出てくるんでしょうか。

【油そば+スペシャルトッピングA】
110614.赤坂・東京油組総本店0011

■ますは、見た目からです。

基本トッピングは、短冊切りチャーシュー、メンマ、刻み海苔です。

そこに、スペシャルトッピングAの刻み万能ネギ、白ゴマ、半熟たまごが載っています。

鮮やかなクリーム色をした麺は、中平打ち弱縮れ麺です。

どんぶりの底には、醤油ベースのタレと油が見えます。

110614.赤坂・東京油組総本店0012

■それでは、お店の指示通り、酢とラー油を3周(大盛り)掛け回してから混ぜることにします。

混ざったところで、一口食べてみます。

むむむ、醤油ベースの味はしっかりしているのに、すごく柔らかい口当たりです。

麺は適度な口当たりで、小麦の非常にいい風味が感じられます。この麺はすごくおいしいですね~!

ラーメン雑誌によると、このお店では「スープのない油そばは麺が命」と考えているそうです。

なので、この麺には相当なこだわりがあって、季節によって加水率を細かく調整しているんだそうです。

110614.赤坂・東京油組総本店0016

■初めて食べるのに、どこかで食べたことがあるような… あ、親子丼?!

半熟卵をしっかりかき混ぜたところが、ふんわり卵の親子丼の風味、口当たりです。

たまご風味に、ネギとゴマが非常にマッチしています。卵系の和風スパゲッティのような感じもしてきます。

110614.赤坂・東京油組総本店0009

■せっかくの油そばなので、中盤で酢とラー油を追加投入します。

ちょっと酢を多めに入れたのですが、ベースのタレ・油がしっかりしているので、味の変化があるものの、味の基本構成が大きく崩れることはありません。

ベースがしっかりしているんですね。麺が美味いので、どんどん食べられます。

■終盤に入って、卓上にある“刻み玉ねぎ”を投入してみました。

これがなかなか良くて、後半に入りちょっと油で口の中がマンネリ化していたところ、しゃきしゃき食感と、ネギの風味が口の中に清涼感をもたらしてくれるようです。

すごく気分が変わります。

そんなこんなで、麺240gはあっという間になくなってしまいました。

■総括としては、麺へのこだわりが美味しさとなってちゃんと表現されている、なかなか美味しい油そばです。

スペシャルトッピングAのねぎゴマ・半熟たまごが、デフォルトの油そばを根底から変えてしまっているので、デフォルトは想像がつかないのですが、トッピングを前提とすれば、非常にオリジナリティ溢れる、美味しい一杯で、表現すれば、卵を使った和風スパゲティのようなラーメンとでも言いましょうか。

おすすめレベルは5(かなりおすすめ)です~♪

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
291位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
123位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html