スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺処ほん田(西武百貨店)=池袋ラーメン店めぐり(その94)

『お気に入りラーメン店が、池袋にやって来た~♪』

   ~西武百貨店・麺処ほん田

■今日は、地元・池袋を探検します。

と言っても、お店に行くのではなくて、百貨店の催事に行ってきます。

ゴールデンウィークに合わせて、西武百貨店が食べ物の催事を企画し、有名ラーメン店を引っ張ってくるからです。

■池袋には、東口に西武百貨店、西口に東武百貨店があって、あらゆる面で張り合っています。

売り場面積は東武の方が広くって、売上は西武の方が上だったような。ともに本店なので、メンツを賭けています。

食品催事をする場合でも、より人気の高いお店を誘致すべく、両者しのぎを削っているようです。

■過去の催事では、次のようなお店が来ていたので、探検隊も行ってみました。

東武百貨店・池袋本店 ~【川越】頑者

西武百貨店・池袋本店 ~【松戸】中華蕎麦とみ田

“頑者”と言えば、現在最も人気のあるラーメンジャンル、濃厚魚介豚骨の開祖とも言うべき存在。

“とみ田”と言えば、六厘舎本店なき後、日本で最も人気のあるラーメン店と言っても過言ではない存在。

う~ん、両者とも、かなり強力なお店を引っ張ってきますね。。。いい勝負です!

110429.池袋西武・麺処ほん田_0000

■今回の西武百貨店の企画は、『第10回 人気話題の味紀行 全国の味・逸品会』と銘打って、2店のラーメン屋が出店します。

(前半週)4月21日(木)~28日(木)【新小岩】麺屋 一燈

(後半週)4月29日(金)~5月5日(木)【東十条】麺処 ほん田

2店とも“麺屋こうじ”グループのお店で、ラーメン・つけ麺の味に“切れ”があるし、人気も飛ぶ取り落とす勢いという点で共通であり、納得のセレクションです。

本当は、前半週の“麺屋 一燈”の“特製(塩)芳醇香味そば”も食べに来たかったのですが、残念ながらタイミングが合いませんでした…

110429.池袋西武・麺処ほん田_0004

■食品催事のイートイン・コーナーは、昼時12時台はラーメン目当てではない人も参戦するので、めちゃくちゃ混みます。

そこで今日は、あらかじめ食事時間を外して、13:30ごろに7階の催事場に着くように出かけました。

“麺処 ほん田”のコーナーに行くと、狙い通り行列は短くて、20人ほどが並んでいました。

席の設定が30席前後あるので、すぐに順番が回ってくるはずです。実際、13:50には席に着くことができました。

110429.池袋西武・麺処ほん田_0007

■今回のメニューは、“濃厚豚骨魚介つけ麺”(751円)のみで、味玉つき(+100円)と大盛り(+100円)の設定があります。

隊長は“味玉付き”、隊員は“味玉付き大盛り”を注文しました。

久しぶりに“ほん田”のおはこ・濃厚魚介豚骨メニューを食べるので、とっても楽しみです~♪

【濃厚豚骨魚介味玉つけ麺】
110429.池袋西武・麺処ほん田_0011

■まずは、くすんだクリーム色をした極太ストレート麺を食べてみます。

う~ん! しっかりとした歯応えのあって、噛めば噛むほど、小麦の香りと甘みが味わえる麺です。

食感的には、麺の表面はつるつるで、水での締め具合、水切り具合もしっかりしています。

(厨房の脇には、この麺のメーカー“心の味食品”の通い箱がうず高く積まれています。)

110429.池袋西武・麺処ほん田_0013

■続いて、見るからに濃厚なスープを味わってみます。

おお! 初めの一口で魚介風味がふわっと広がって、後からしっかりした豚骨の旨味・コクが追いかけてきます。

甘味・酸味・辛味のバランスも良く、美味しいですね~♪ 投入されている柚子皮片が、さっぱり感を演出しています。

ちょっと気になったのですが、東十条の本店と比べると、スープの味付けが塩気が若干強めの感じがします。

もしかすると、誰にでも分かりやすい味に調整してあるのかな…?

110429.池袋西武・麺処ほん田_0014

■濃度の高いスープは、極太ストレート麺にしっかり絡みます。

つけ汁にしっかり浸けて麺を食べた方が、麺の小麦の香りが更にしっかり香る感じがします。

この点で、麺とスープの相性は良いと言えますね~

大盛りは見た目以上に量があって、食の細い男性だと、けっこう頑張らないと食べ終わらないぐらいはあります。

つけ麺を食べる時は、だいたい300gを目安にしている隊員も、終盤スピードが落ちました…( ^-^;)

110429.池袋西武・麺処ほん田_0016

■具材は、チャーシュー、メンマ、味玉、刻みネギです。

一番の目玉は味玉です。“麺処ほん田”オリジナルのブランデーに浸けたもので、風味が奥ゆかしくて、超美味です!

チャーシューはちょっと貧弱で、短冊チャーシューを更に小さくサイコロ型に刻んだものが少量入っています。

このあたりは、本店とはかなり差が出てしまいますね…

■総括としては、初めて食べた人でも、単純に美味しいと思えるような、分かりやすい味の濃厚豚骨魚介つけ麺です。

ただ、“麺処ほん田”の本店で食べる“”とは、いろんな面でかなり違っているようです。

百貨店の催事のラーメン・つけ麺だと、調理条件が違うので、本店の味にはなかなか敵わないんでしょうね。

厨房設備も十分には整っていないし、店主本人が作っているわけではないし、大量のお客さんに対応するためにうまく現場を回さなければならないし。。。

こういった不利な条件が重なってしまうので、“ほん田”のつけ麺のイメージは味わえますが、店主が作る本店の味と比べると80%の出来、といったところでしょうか。

そのぐらい、“ほん田”の店主・本田氏が本店で作る入魂の一杯は、オーラが注入されていて美味しいんですよ~!

この一杯は、これはこれで十分美味しいので、このゴールデン・ウィークに池袋で食事をされるようでしたらいかがでしょうか。

おすすめレベルは5(かなりおすすめ~)です~♪

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっと3つクリックお願いします!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

麺屋武蔵二天〔2回目〕(2杯目)=池袋ラーメン店めぐり(その86)

『真っ赤でから~い濃厚魚介ラーメン~♪』

   ~麺屋武蔵 二天

■“二天”は、探検隊が初めて訪問した“麺屋武蔵”グループのお店です。

理由はもちろん池袋にあるからですが、最初の印象は微妙でした。

■もともと、名前の由来は何だったんでしょう?

麺屋武蔵のHPによると、「なお、店名は宮本武蔵が生み出した兵法「二天一流」から。」と書いてあります。

でも、ちょっと古い口コミによると、「“豚天”“玉子天”という2種類のトッピングがあったから」とあります。

要は、開店時のメイン・コンセプトとなったメニュー(具材)がなくなってしまった、ということのようです。

メニューだけでなく、レシピ自体も変わっていっているようですが、もう落ち着いてきたんでしょうか?

ヾ(;´▽`A``

110114.池袋・麺屋武蔵二天 025

■食べログの中区分“池袋”エリアだと、人気順ランキングは16位、点数順ランキングは34位となっています。

人気順ランキングは累積の口コミ数で順位付けされるので、古いお店ほど有利です。

点数順だと、全120店舗中なので、まずまずの評価を得ているようです。

110114.池袋・麺屋武蔵二天 006

■探検隊も、再訪問して実際に“二天つけめん”食べてみると、味も変わって美味しくなっていました。

今回は、隊長が食べた期間限定メニュー“辛ら~麺”(800円)についてです。

ちなみに、辛いメニューには、“辛つけ麺”もありましたが、隊長は季節柄温かいものということで“辛ら~麺”を選択したようです。

【辛ら~麺】
110114.池袋・麺屋武蔵二天 012

■まずは、スープから味わってみます。

ベーススープは、おそらく“ら~麺”と同じ、濃厚は魚介豚骨スープです。

そこに、肉をベースにしたラー油系の辛味エキスを投入してあり、辛さとしてはけっこうな辛さです。

隊長によると、旨みのある辛さで、すでにかなりの高評価だそうです。

110114.池袋・麺屋武蔵二天 014

■つづいて、麺を食べてみます。

白っぽい色合いの、太くもなく、細くもない中ストレート麺は、つるつる食感、もちもちした歯応えで、のど越しの良い麺です。

■濃度が高いこともあり、スープは麺にしっかり絡みます。

麺が白っぽいので、箸で麺を摘み上げると、真っ赤に染まった麺が、更に辛さをイメージさせ、食欲をそそります。

110114.池袋・麺屋武蔵二天 011

■具材としては、チャーシュー、メンマ、海苔、輪切り白ネギです。

豚バラチャーシューは、かなり大きく厚いもので、脂身の入り方とともに、武蔵らしい食べ応え満点のチャーシューです。

辛味が染みて、まるで一品料理のようでした。

■総括としては、濃厚魚介動物スープの旨みを生かしつつ、十分な辛さを加えた、バランスの良い旨辛ラーメンです。

もともと“二天”にあまり良い印象を持っていなかった隊長ですが、この一杯で逆に好評価に変わったそうです。

リピーターが生まれるようであれば、期間限定ではなく定番メニューになるかもしれませんね。

隊長によると、おすすめレベルは5+(かなりおすすめ~!)とのことです~♪

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっと3つクリックお願いします!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

麺屋武蔵二天〔2回目〕(1杯目)=池袋ラーメン店めぐり(その86)

『再訪、再食、再評価~♪』

   ~麺屋武蔵 二天

■池袋グルメ探検隊が、ラーメン店めぐりを始めてちょうど1年になります。

それ以前は、ラーメンを年に2、3回しか食べなかったので、初めはスタンダードが分からず、評価に困りました。

ラーメン店を6段階評価しているのですが、最低2軒回るまでは順位付けすらできなかったわけです。

いくつかのお店では、食後の評価が間違っていたんじゃないかと、気になっているお店もあります。

そんなお店の一つが“麺屋武蔵 二天”です。

110114.池袋・麺屋武蔵二天 024

■お店は、池袋東口を出て、明治通りを右(南)向きに西武百貨店に沿って進み、光麺・池袋本店を越えると、麺創房無敵家のある五叉路に着きます。

そこから緑色の看板の“東通り商店街"(もっとも細い道)を入って、50m進んだ右側にあります。

手前の左側に美味しいうどんの“うちたて家”があり、隣の地下に“世界の山ちゃん”があります。

110114.池袋・麺屋武蔵二天 007

■メニューは多彩ですが、名前の由来である天婦羅の入ったメニューはないようです。

ラーメン系が4種類で、レギュラーメニューの“ら~麺”“辛ら~麺”、冬季限定“味噌らぁ麺”、10食限定“花畑牧場ホエー豚 肉だし中華そば”があります。

つけ麺系は2種類で、“つけ麺”と“辛つけ麺”です。

券売機では、最左側には+250円のフルトッピング・バージョンが配置されていたので、これを外して左から2番目のデフォルト・バージョンから選択します。

まずは、前回も食べた“つけ麺”(750円)を選択してみます。

■面の量は、並盛り、中盛り、大盛り、特盛りが同料金ということだったので、店員さんに麺の量を聞いてみました。

「並盛り240g、中盛り300g…」とのことだったので、中盛りにしました。

さてさて、久しぶりの再食ですが、どうなんでしょうね。。。

【二天つけめん】
110114.池袋・麺屋武蔵二天 015

■まずは、中太ストレート麺を食べてみます。

いわゆる今流行のつけめんに合わせてある麺と比べると、細目といえる太さです。

噛んでみると、う~ん!もちもちして、なかなかいい歯応えと喉越しです。

110114.池袋・麺屋武蔵二天 017

■つぎに、表面は透明なラード層に覆われているつけ汁を味わってみます。

むむむ、ちょっと味が薄い感じはしますが、程よい魚介の香りと動物系のコクがあります。

お店の説明によると、宗田節や鯖節などをふんだんに使い魚介系の風味を重視しながらも、より動物系のパンチを効かせたそうです。

味付けは、甘味・酸味・辛味のバランスを取ろうとしているようですが、甘味が前面に出ています。

これは、昨年と明らかに違いますが、新宿の麺屋武蔵・本店と同じ方向性です。

これはこれで、なかなかいいじゃないですか~!

110114.池袋・麺屋武蔵二天 018

■つけ汁と中太ストレート麺の相性はまずまずです。

スープがいわゆる濃厚系ではないことと、味付けが薄めなので、食べ続けていると若干パワー不足を感じます。

そんなときには、レンゲでスープを掬って口に入れながら、パワー・味を補充しながら食べちゃいます。

110114.池袋・麺屋武蔵二天 020

■具材は、崩しチャーシュー、メンマ、輪切り青ネギです。

崩しチャーシューは柔らかくて美味しいのですが、750円でこの量はいただけません。。。

たぶん、フルトッピングメニューを頼んで欲しい、という意味だと思いますが、この点だけがちょっと残念ですね。。。

110114.池袋・麺屋武蔵二天 023

■最後に割りスープを頼んでみました。

スープ以外に、ネギと魚粉(?)を足してくれたみたいで、美味しく飲めました。

■総括としては、初めて食べた時とずいぶん違う印象で、アベレージ以上の出来ばえです。

他のブロガーの方のコメントや前回の経験を統合みると、どうやら味に関してはチェーン展開しない“麺屋武蔵”グループにあって、なかなか味やアレンジの方向性が安定しなかったため、結果として本店とほぼ同じレシピにした、ということのようです。

まぁ、普通の人が食べやすくて、普通に美味しいと思えるものにたどり着いたのであれば、経過はどうあれいいことですよね。

おすすめレベルは5(かなりおすすめ)にアップです~♪

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっと3つクリックお願いします!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

屯ちん〔3回目〕=池袋ラーメン店めぐり(その77)

『“東京豚骨ラーメン”の定義とは~?』

   ~屯ちん・池袋本店

■山手線・埼京線・高崎線などいろんな電車が通るJR池袋駅。

日中はずっとぐるぐる回っている山手線も、終電時刻になると“池袋行き”(または“大崎行き”)になります。

では、1日の最後に池袋に着く電車は何線だと思われますか?

昨日、初めて分かっちゃいました。

答えは上りの埼京線のようです。午前1時以降に2本、“赤羽発・池袋行き”として着くみたいです。

大宮で飲んでいたら、こんな時間になっちゃいました。

■すべての電車がなくなった後の池袋駅は、帰宅することを諦めて徹夜覚悟の人々か数少ない地元民です。

この時間は“麺創房無敵屋”“屯ちん”“一風堂”などが営業しているのですが、こういった人気店も、とたんに入りやすくなります。

前回この時間に池袋に帰ってきた時は、隊長を誘って“麺創房無敵屋”に行きましたが、今日は隊長を呼ばずに一人で久しぶりに“屯ちん”に行ってみることにします。

ちなみに、食べログでランキング順位確認をすると、“池袋~高田馬場・早稲田”エリアで、人気順第1位、点数順第6位になっています。

DSC02781.jpg

■実は、今日のお昼は大塚で“博多長浜らーめん ぼたん”で豚骨ラーメンを食べたので、東京豚骨ラーメンを名乗る“屯ちん”に行くと、1日に2杯豚骨ラーメンを食べることになってしまうのですが、味比べのためと思って行っちゃいます。
(相変わらず、バカですね~!)

“ぼたん”では、デフォルトの“ラーメン”(650円)を注文したので、きっちりと比較するために“屯ちん”でもデフォルトの“ラーメン”(650円、値段はたまたま同じでした)を注文します。

DSC02784.jpg

お店に着いたのは午前1:10。カウンター17席は、飲んだ客、バイト上がりの人などでほとんど埋まっていますが、回転がいいので、すぐに座れる感じです。

夜は店員さんにも余裕が出てくるので、券売機の前まで来ていろんな説明をしてくれます。

麺の量を聞いたところ、大盛り240g、中盛り180g、並盛り120gとのことだったので、中盛りを選択します。
(値段はいずれも同価格で650円です。さすが若者向けラーメン店。)

【ラーメン】
DSC02786.jpg

■まずは、豚骨スープからです。

う~ん、久しぶりに食べると、意外とスープ濃度が薄い感じがしますね。自分が飲んでいるからかな?

それをカバーするためか、表面を浮遊する背脂が気になります。

DSC02788.jpg

■つぎに、中細弱ちぢれ麺を食べてみます。九州ラーメンの極細ストレート面とはまったく違います。

卓上の張り紙によると、ゆで方を自分好みにできるようですが、自分が何も言わなかったので“普通”で出てくるはずです。

DSC02785.jpg

う~ん。。。ちょっと柔らか過ぎないか?歯応えがなく、ぼそぼそした感じです。

■スープはちょっと薄い感じがするとはいえ、背脂による補正でインパクトはしっかり出ています。

麺も弱ちぢれ麺を採用しているので、スープとの絡みはさすがにしっかりしています。

DSC02787.jpg

■具材はロールチャーシュー、メンマ、海苔、万能ネギです。

ロールチャーシューは、醤油系の味がしっかり染みたジューシーなもの。

必要最低限の具材で、美味しくしっかり変化を出しています。さすが人気店、押さえるところはしっかり押さえています。

DSC02790.jpg

■そういえば、卓上セットに目をやってみると、胡椒、ニンニク、豆板醤(えっ?)、ら~油(餃子用?)です。

ここでも、九州豚骨ラーメン店とは違っていますね。。。

豆板醤やら~油の使い方はイメージできなかったので、とりあえずニンニクだけ使ってみました。

これは美味しい~!

■総括としては、やはりよく作り込んである“東京豚骨ラーメン”だと思います。

ただ、今回の麺の茹で具合はいまいちだったので、今度からは“麺固め”とコールしてみようと思います。

おすすめレベルは、変わらず5(かなりおすすめ)としておきます。

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ↓をポチポチっとクリックお願いします!




にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

KING KONG(2杯目)=池袋ラーメン店めぐり(その72)

『山岸一雄御大監修・昭和30年代風中華そば』

   ~KING KONG(つづき)

■先日のKING KONGの“トロフルつけ麺”の記事では、食べログの“池袋”エリアの点数順ランキング上位20店の踏破状況を記載しましたが、21位以下はこんな感じです。

第21位 北海道らーめん味源・池袋店 <未訪問>
第22位 オリきん・池袋店
第23位 ばんから・池袋東口店
第24位 光麺・池袋西口店(光麺・池袋本店に訪問済み) 
第25位 俺の空・池袋店
第26位 元祖一条流がんこ総本家
第27位 山岡家・池袋西口店 <未訪問>
第28位 どうとんぼり神座・東池袋店
第29位 京らーめん 糸ぐるま・ISP店 <未訪問>
第30位 摩火鮮菜 <未訪問>

第31位 博多天神・池袋店
第32位 札幌ラーメン武蔵・東武池袋店 <未訪問>
第33位 えるびす・東口店
第34位 油そば専門店 春日亭 <未訪問>
第35位 南池袋大勝軒
第36位 たんたん麺 日本橋やまべぇ <未訪問>
第37位 福しん・区役所前店 <未訪問>
第38位 桂花ラーメン・池袋サンシャイン60通り店(立教通り店に訪問済み)
第39位 光麺・池袋本店
第40位 節骨麺たいぞう・池袋店

20店中12店訪問済み打率6割。もう一度見直してみてもいいかも…しれませんね。

100912.池袋・KING KONG025

■話は戻って“KING KONG”ですが、“東池袋大勝軒”のセカンドブランドとして開店しています。

したがって、“東池袋大勝軒”影響が色濃く出ています。

メニューには“中華そば”があるのですが、その紹介文には、「昭和30年代、東池袋大勝軒創業者である山岸一雄が当時味わった、どこか懐かしい、優しい味の中華そばを復刻しました」とあります。

100912.池袋・KING KONG008

“中華そば”の器には、店主さんの実家の中華料理屋で使用していたラーメンの器を譲り受けて使用し、見た目にも懐かしさを出しているそうです。

なんだか興味が湧いてきます。それで、ついつい券売機の“キング中華そば”(950円)のボタンをぽっちっと。

一体どんなお味なんでしょうね~♪

【キング中華そば】
100912.池袋・KING KONG010

■まずは、スープから味わってみます。

たぶん鶏ガラや豚骨をしっかり煮込んだスープをベースにして、そこにしっかりした醤油で味付けがしてあるんだと思います。

わりとソリッドな、はっきりした醤油味で昔風を出し、ベースでしっかりとコクを出して現代感を演出しているんだと思います。

ソリッドといっても塩気が強いわけではないので、スープは美味しく飲むことができます。

■続いて、中細ストレート麺を食べてみます。

色は美味しそうな玉子色をしていて、食感はつるつる、噛むとさくっと切れる感じです。

100912.池袋・KING KONG015

■麺とスープは、オーソドックスな組み合わせですが、スープが麺に良く絡みます。

隊員が記憶している“昔ながらの中華そば”と比べると、スープのコクは深いし、麺自体が美味しくて、ぜんぜんいいですね~!

100912.池袋・KING KONG011

■デフォルト“中華そば”の具材は、チャーシュー、メンマ、なると、ネギで、どんぶりに載せて供されます。

“特製”に当たる“キング”具材は、味玉と海苔3枚で、チャーシュー、メンマ、ネギは増量になり、別皿で供されます。

チャーシューは食べやすい小さめにスライスされていて、スープに入れると層状に入った脂身がジューシーに変わります。

味玉は、程良い味付けと程良い茹で具合で、味覚と食感を楽しませてくれます。

100912.池袋・KING KONG014

■総括としては、美味しく仕上がっている“昔ながらの中華そば”だと思います。

素材を吟味して、麺とスープと具材を再構成して組み立てた努力のあとは、バランスが良くて飲みやすいスープをはじめとして、随所に出ていると思います。

コンセプトがコンセプトだけに、目新しさにはかけますが、期待通りの味が楽しめる一杯です。

おすすめレベルは5(かなりおすすめ)です~!

(おまけ)
店主さんのご実家の中華料理店の器、というのを確認するために、スープもガッチリ飲んじゃいました…

100912.池袋・KING KONG024

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ↓をポチポチっとクリックお願いします!




にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
297位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
123位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html