スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コスパ抜群!老舗川魚問屋直営のうなぎ専門店@池袋=まんまる

『旨いうなぎをお得にがっつり食べたい時は~♪』

   ~うなぎと地酒のまんまる・池袋店

■今日は、池袋で週末ランチです。

いつもの週末ランチは、フレンチやイタリアンなどの洋食系が多いのですが、今回はジャンルを和食系に設定してみます。

普段使いができる美味しい魚料理のお店を見付けたりするといいかなぁ、なんて考えながらお店を探します。

■食べログで、中エリア区分“池袋”エリアの“和食”人気順ランキングを加工して、“魚系の和食”人気順ランキングを作成してみます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみて下さいね~♪)

第1位 【北口】 かぶと (うなぎ)
第2位 【北口】 魚金・池袋店 (居酒屋、魚介・海鮮料理)
第3位 【東口】 梅丘寿司の美登利 回し寿司 活・池袋西武店 (回転寿司、魚介・海鮮料理)
第4位 【東口】 楽旬堂 坐唯杏 (居酒屋、くじら料理、魚介・海鮮料理) (訪問済みブログ未掲載)
第5位 【西口】 牛たん炭焼 利久・池袋店 (牛タン、魚介・海鮮料理)
第6位 【北口】 てしごとや (居酒屋、魚介・海鮮料理、日本酒) (訪問済みブログ未掲載)
第7位 【西口】 築地竹若・池袋店 (魚介・海鮮料理、懐石・会席料理、天ぷら) <未訪問>
第8位 【北口】 まんまる (うなぎ、居酒屋、割烹・小料理) <未訪問>
第9位 【西口】 立喰 美登利・エチカ池袋店 (寿司) <未訪問>
第10位 【北口】 磯丸水産・池袋西口店 (魚介・海鮮料理、居酒屋、バーベキュー) <未訪問>

※東口のグリーン大通りの北側を“東口”、南側を“南口”、西口の駅前通りの北側を“北口”、南側を“西口”と記載。

未訪問店の中から、雑誌で見掛けたことがあった第8位の“まんまる”に行ってみることにします。

140125.池袋・まんまる0004

■“まんまる・池袋店”は、1999(平成11)年に開業した、うなぎの専門店です。

創業116年になる㈱鯉平という埼玉の川魚問屋の直営店で、問屋の強みを生かし、美味しいうなぎを安価で提供しています。

ぐるなび”のメニュー紹介のページには、このお店のうなぎの特徴が次のように記載されています。

********************************************
『職人技の★本格鰻★です。炭で丁寧にふっくら焼き上げました。』
鰻を炭火で焼き上げる理由のひとつとして、火力の強さが大きな理由です。
強く、しっかりとした火で一気に焼くことにより、旨みや、水分などを身の中に閉じ込め、ふっくら美味しい鰻に仕上げることができます。
あとは、鰻についたタレが炭の上にこぼれ落ち、それが煙となり焼いている鰻に、よりタレの風味を加えることもできます。
「炭」特有の「遠赤外線」の熱量には「炎」とはまた違った焼き上がりになるので、当店は「炭」で焼いた鰻をご提供しています。
香ばしい香りや、口の中でとろける味わい,ぜひ一度御賞味ください。
鰻問屋直営店だからこそできるこの価格!!スタッフ一同心よりお待ち申し上げます。
********************************************

なるほど。うなぎそのものだけでなく、備長炭を使用するなど調理法にもこだわりがあるようですね~♪

あと、このお店の場合、地酒にも力を入れていて、相当種類の日本酒や焼酎が揃っており、店内所狭しと一升瓶が並んでいます。“お酒を飲んで〆に鰻!”なんて楽しみ方もできます。

なお、店名が同じ“まんまる・巣鴨店”という鰻屋さんがあるようですが、㈱鯉平のHPにはなく、暖簾分けか何かでしょうか。関係はあるようですが、正確には不明です。

ik12.jpg
(お店のHPに掲載されている店内の写真。)

■お店はJR池袋駅西口から行くと、駅前通りの右側を200m進み、西口五叉路を越えて更に80m進み、3本目の右折路を右折し、50m進んだ左側にあります。徒歩7分ほどです。

お店に着いたのは、土曜日の13:15ごろです。(※日曜日は定休日です。)

お店に入るとすぐにラーメン屋のような券売機があって、食券を買ってから席に座ります。

お店が角地にあって外観は大きく見えるのですが、店内は意外と狭くてカウンター席6席とテーブル席9席の計15席となっています。探検隊はカウンター席に案内されましたが、テーブル席でも通常相席となるようです。

音楽は店長さんの趣味なのか、The Beatlesの“White Album”がずっと流れていたりして、こんなところもちょっとラーメン屋さんぽいところがあります。

遅い時間のランチにもかかわらず、探検隊がお店にいる間、ほぼ常時満席で、時々席待ちも発生しています。

やっぱりお値段が魅力的だからか、かなり人気があるようですね~♪

140125.池袋・まんまる0005

■ランチメニューはシンプルで、“まんまる丼”(1日30食限定、1,000円)、“うな丼”(1,350円)、“ひつまぶし”(1,650円)、“上うな重”(2,500円)、“特うな重”(3,800円)の5種類のみです。

名物の“まんまる丼”は、どんぶりからはみ出るぐらいの大きな鰻が乗ったうな丼ですが、今日はすでに売り切れのようです。

探検隊は、隊長と隊員で同じものを頼むことはないので、隊長は“うな丼”を、隊員は“ひつまぶし”を選択し、それぞれ食券を購入します。

リーズナブルに鰻を食べたい人が集まるお店だからか、他のお客さんも“うな丼”か“ひつまぶし”のいずれかを注文しているようですね。しかも、割合は8:2ぐらいで、断然“うな丼”が多いようです。

あと、トッピングメニューに“肝焼き”(200円)とあったので、これを食券手渡し時に現金で追加注文します。

【うな丼+肝焼き】
140125.池袋・まんまる0020

■注文してから10分ほどで、隊長の“うな丼”が出て来ます。うなぎの量は約90gとのことですが、サイズとしては価格見合いでまずまずでしょうか。

追加注文の“肝焼き”が紫蘇の葉の上に乗って、刻み海苔がかかった状態で、うな丼のご飯の上に載っています。

ご飯から出る湯気とともに、タレの甘い醤油の香りが立ち昇り、鼻腔を優しくくすぐります。

140125.池袋・まんまる0022

■それではさっそく、鰻とご飯を一緒に食べてみます。

むむむ、、、


う~ん、これは美味しいですね~! ヾ(*´∀`*)ノ


鰻は蒸さずに炭火の強力な火力で焼き上げているため、旨味がぎゅっと詰まっている感じがありながらも、身の食感は柔らかく、ところどころカリっと香ばしく焼けています。いわゆる“関西風”ですね。

“蒸した鰻”の“食感至上主義”と比べると、この鰻は“旨味凝縮度至上主義”といった感じで、噛むほどに広がる旨味と炭火の香ばしい香りが素晴しく魅力的です。

甘辛の醤油ダレは、きりっとした味わいですが、しつこさはなくさっぱりしていて、やや控え目にして主役の鰻を引き立てるようなバランスです。

わずかに硬めのご飯の炊き具合もよろしく、ご飯に掛かったタレの量も適度で、“うな丼”としてパーフェクトな構成です。

美味い鰻はこうでなくっちゃ~!と思わせてくれる美味しいうな丼です~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

140125.池袋・まんまる0023

■“うな丼”を食べる途中で、“肝焼き”をつまんでみます。

食べてみると、焼け具合は穏やかで、焦げた部分などはなく、柔らかく食感が楽しめ、時々肝特有の苦味がアクセントで入ります。

やはり、肝焼きはご飯と合わせるよりは、日本酒と合わせたくなりますね~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

140125.池袋・まんまる0021

■“吸い物”は、だし汁に、具材として“わかめ”と“麩”が入っています。

ご飯をがつがつかき込んでいる合間に吸い物を飲むと、ほっとした気分になりますね~♪

※そう言えば、このお店の通常メニューでは“肝吸い”は注文できないようですね。。。(^_^;)

【ひつまぶし】
140125.池袋・まんまる0025

■ちょっと遅れて、隊員の“ひつまぶし”が出て来ます。うなぎのサイズは“うな丼”とほぼ同じ感じですが、細かく刻みが入っています。

刻み海苔、刻みネギ、わさび、ゴマといった薬味とだし汁が付いて+300円だと、“うな丼”の方がコスパは良さそうです。

メニューリストに“ひつまぶし”の食べ方が記載されているので参照するよう、店員さんに案内されます。

140125.池袋・まんまる0026

■まず最初の3分の1は、そのまま食べてみます。


う~ん、これも美味しいですね~! ヾ(*´∀`*)ノ


この状態だと、“うな丼”と全く同じで、香ばしい香りと、引き締まっていながらも柔らかな食感、噛むほどに滲み出る鰻の旨味が堪りません。

140125.池袋・まんまる0031

■続く3分の1は、薬味だけを載せて、だし汁は掛けずに食べてみます。

う~ん、海苔、ゴマ、わさび、ネギが加わると、少し気分が変わって、これも悪くないですね。

多少泥臭い鰻の場合は、特にわさびが巧く効いたりするのですが、この鰻はまったく泥臭くないので、この点で薬味の活躍はありません。

140125.池袋・まんまる0030

■最後の3分の1は、薬味を載せて、だし汁を掛けていただきます。

う~ん、“ひつまぶし”を食べている感じが出て、これはこれで美味しいですね~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

ただ個人的意見としては、美味しい鰻の場合には、だし汁を掛ける必要はそんなにない気がしますね。

そのままでも美味しいので。。。(^_^;)

■総括としては、鰻の価格がどんどん高騰する中、良心的な価格で本格調理の美味しい鰻をしっかりいただける貴重なお店です。

うなぎは江戸時代から、庶民の味として親しまれてきたわけですが、この2年ですっかり高級料理になってしまいましたよね。東京都内だと、最安メニューでも2千円以下で出しているお店はほとんど見なくなった感じがします。

そんな中、焼き方にまでちゃんとこだわった美味しいうな丼が、千円ちょっとの価格で食べられるのは嬉しい限りです。

探検隊としては、今後このお店を地元の普段使いの鰻屋さんにして、次回は地酒と一緒に楽しみたいですね。

とにかくコスパが良いので、うなぎ好きの方はもちろん、広く皆さまにおススメです~♪

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コスパ抜群!関西風お好み焼の美味しいお店@池袋=喃風(なんぷう)

『お好み焼の味もコスパもサービスも大満足の優良店~♪』

   ~喃風(なんぷう)・東池袋店

■今日は、池袋で週末ランチです。

久しぶりに“関西風お好み焼”が食べたくなったので、地元・池袋で美味しいお店を探します。

ただ、両親とも関西人で“お好み焼”を食べ慣れている自分としては、“お好み焼”に関しては特別にこだわりがあって、普通のお店では満足できないんです。

端的に言うと、「①早い、②安い、③旨い」の三拍子が揃えば十分なのですが、そういうお店が都内ではなかなか見つからないんです。

■特に難しいのが「②安い」という条件で、東京では多くのお店でお好み焼に800円を越える値段を付けています。もんじゃ焼も同じ状況です。

でも、そういうお店では、食べてみてよほど飛び抜けて美味しくない限り、もう一度食べたいという気にはなれません。

“粉モノ”はもともと子供の“おやつ”で、気軽に食べられるものであって欲しいんです。食材の原価も知れていますし。

「③旨い」は好みもあるでしょうね。「①早い」というのは、自分の生活圏にあるとか、並ばないで済むという意味です。

東京都内で、今までの自分のNo.1は、丸の内にある“お好み焼 きじ”なのですが、②と③の条件は問題がないものの、すごい人気でいつも大行列なので①の条件がダメなんです。

今日は、上記三条件を満たす、行きつけにしたくなるお店を見付けるために、地元・池袋を探検します。

■食べログで、大エリア区分“池袋~高田馬場・早稲田”エリアの“和食-お好み焼・たこ焼”人気順ランキング(※)を見てみます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみて下さいね~♪)

第1位( 1 ) 【池袋南口】 鉄板Diner JAKEN・池袋本店 (鉄板焼、お好み焼、ステーキ)
第2位( 2 ) 【池袋東口】 喃風・東池袋店 (お好み焼、鉄板焼、たこ焼) <未訪問>
第3位( 3 ) 【池袋南口】 Na味 (もんじゃ焼、お好み焼、居酒屋) <未訪問>
第4位( 5 ) 【池袋北口】 ごっつい・池袋店 (居酒屋、お好み焼、たこ焼) <未訪問>
第5位(10) 【池袋南口】 鉄-KUROGANE (鉄板焼、ステーキ、お好み焼) <未訪問>
第6位(22) 【池袋東口】 大阪生野 桃太郎 (お好み焼、鉄板焼) (訪問済みブログ未掲載)
第7位(16) 【池袋東口】 半兵ヱ・池袋サンシャイン60通店(居酒屋、焼鳥、お好み焼)(訪問済みブログ未掲載)
第8位(36) 【池袋南口】 赤鬼・池袋店 (居酒屋、お好み焼) <未訪問>
第9位(23) 【池袋北口】 金太郎 (鉄板焼、お好み焼、ダイニングバー) <未訪問>
第10位(35) 【池袋東口】 花門亭・池袋店 (お好み焼、鉄板焼、もんじゃ焼) <未訪問>

※1.池袋については、東口のグリーン大通りの南側を“南口”、西口の駅前通りの北側を“北口”と記載。
※2.カッコ内の数字は、口コミ投稿者の主観的点数を加味した“総合ランキング”の順位。
※3.食事スペースのない店舗や甘味処を除く。


東京都内の“お好み焼”で検索すると、関西風お好み焼のお店だけでなく、広島風お好み焼のお店、鉄板焼のお店、もんじゃ焼のお店、焼物系居酒屋と、いろんな系統のお店が混在したランキングが出てきます。

上記の第1位“JAKEN”は広島風なので今日はとりあえず外し、今日は第2位の“喃風(なんぷう)”に行ってみます。

131221.池袋・南風0002

■“喃風”は、兵庫県姫路市に1986(昭和61)年に開業したお好み焼のお店です。

はじめは普通の関西風お好み焼のお店でしたが、オリジナルメニューの“鉄板たこ焼”と“どろ焼”を開発して以降、関西エリアを中心に広がり、現在では海外(タイ・バンコク)を含め全44店舗を展開しているそうです。

関東エリアには東京・池袋と千葉県市原市に店舗があり、池袋店は2006(平成18)年にオープンしています。

お店が看板メニューにしている“どろ焼”は、HPによると「お好み焼のネタに玉子とダシ、タコを入れて鉄板の上でオムレツのような形に焼き、明石焼き風にダシを添えたもの」なんだそうです。

なるほど。お好み焼とそれ以外にも姫路のB級グルメが食べられるお店、ということのようですね~♪

131221.池袋・南風0019

■お店は、JR池袋駅東口から行くと、駅前ロータリーを越えサンシャイン60通りに入って200m進み、東急ハンズの手前の右折路を右折、50m進んだ左側のビルの2階にあります。徒歩7分ほどです。

お店に着いたのは、開店後間もない12:00過ぎです。

店内は、適度に仕切られてあって、鉄板付きのテーブル席、カウンター席を合わせて42席あります。

先客は2名、後客10名ほどで、お客さんは男女ペアが数組と、おじいさんグループ、男性一人客がいます。

131221.池袋・南風0010

■メニューリストは、サラダ類、鉄板焼、どろ焼、お好み焼、もんじゃ・そば・うどん、ドリンクと続きます。

ざっと目を通すと、ほぼ全てのメニューが高くても900円台止まりで、どろ焼・お好み焼は680円からと、リーズナブルな価格設定であることに気付きます。

今日は、“粉モノ”を食べに来たので、どろ焼、お好み焼、焼きそばあたりを注文してみます。

■メインの“お好み焼”は後に廻して、最初は看板メニューの“どろ焼”と“焼きそば”を注文します。

“どろ焼”は、具材の違いで17種類もありますが、メニューに大きな“おすすめ”のマークが付いている“桜海老と豚肉のどろ焼”を頼みます。

“焼きそば”は、“ソース焼きそば”、“北海塩バター焼きそば”、“オムそば”の3種類がありますが、こちらも“おすすめ”マークのある“オムそば”を選択します。

【まずは生ビールで乾杯~!】(490円x2)
131221.池袋・南風0022

■来る前は昼から飲むつもりはなかったのですが、鉄板を目の前にすると我慢できず、つい。。。

ぐびっつ、ぐびっ、ぐびっ、ぷは~! ヾ(*´∀`*)ノ

昼からビールが飲めるのは、幸せな気分になりますね~♪ (そういえば、生ビールも安いですね~♪)

【オムそば】(780円)
131221.池袋・南風0029

■最初から“焼きそば”と“どろ焼”の2品同時に注文すると、店員さんに「できたものからお持ちして宜しいでしょうか」と聞かれます。これにOKしたところ、およそ10分後、“オムそば”が先に出てきます。

メニューにも“喃風のオリジナル焼きそばを、卵でふわっと優しく包みあげました”とあったので、まずは予想通りのルックスです。

131221.池袋・南風0034

■まずは、上の玉子焼きをちょっと除けて、焼きそばをいただきます。

むむむ、、、


おっと、これは美味しいですね~! ヾ(*´∀`*)ノ


張りがあるプリプリ食感の麺が特徴的で、甘めのソースとの絡みもよろしく、ほんのりカツオが香る美味しい焼きそばです。

そこに、キャベツともやしが混ざっていて、味わいと食感にアクセントを加えています。

さらに、使われている豚肉が豚トロで、とっても柔らかく超ジューシー。焼きそば全体の味わいをパワフルにします。

途中から玉子焼きと一緒に食べると、味わいはさらに華やかに、賑やかになります。

意外なところで、期待を上回る味わいだったので、急にテンションが上がります~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

【どろ焼(桜海老と豚肉)】(750円)
131221.池袋・南風0037

■“オムそば”が来てから10分後、ちょうど良いタイミングで“どろ焼”がやって来ます。

表面にはこんがりと焼き色が付いていて、1枚のオムレツを中央で半分に折り曲げて焼き上げたようなルックスです。

131221.池袋・南風0041

■それでは、店員さんの指示通り、へらで“どろ焼”を一口大にカットして、温めたダシ汁に浸け、ネギを乗せて食べてみます。

むむむ、、、


おー、これはけっこう美味しいですね~! ヾ(*´∀`*)ノ


表面はパリっと、内側はふわっとした“どろ焼”は、和風ダシの中でそれぞれ柔らかくなりますが、それぞれ違った食感に変わります。

基本はたこ焼と同じような生地を焼いてありますが、うっすら醤油ダシ系の味が付いているので、和風ダシの中でも味わいのコントラストはちゃんと出ています。

薬味のネギと一緒に食べると、味わいによりメリハリが出る感じになっています。

いわゆる“明石焼”以上に柔らかい食感の、お好み焼状のたこ焼きをさっぱりと食べている感じです。

お好み焼ともちがうし、もんじゃ焼のようでもあり、たこ焼や明石焼とも違う、面白い“粉モノ”料理です~♪

ちなみに、ダシ汁に浸けずにソースをかけて食べると、“大きなたこ焼”を食べている感じで、こってりパワフルに味わえます。

【お好み焼(豚玉)】(680円)
131221.池袋・南風0053

■“どろ焼”を食べ終わる頃、今日のメインの“お好み焼”を注文します。“関西風お好み焼”の実力を測る時は、自分は必ず“豚玉”と決めています。

注文すると店員さんに「焼き上がりには、15分少々いただいております。」と告げられます。あらら、もっと早く頼めば良かったですね。実際にも15分ちょっとして、“豚玉”がやって来ます。

131221.池袋・南風0055

■さっと“はけ”でソースが塗ってありますが、その下に平らに張り付いている焼けた豚肉が見えます。(←これが大事!^^)

お好み焼をへらで4分の1にカットして小皿に移し、卓上のソース・マヨネーズ・かつお・海苔を掛けてからいただきます。

むむむ、、、


これは、ウマ━━━(*´∀`*)o^∀^o)*´Д`*)━━━イ!!!!!!


生地はふわっと柔らかく、キャベツのシャキシャキ食感に、ほんのりダシが香って、これぞ関西風ですね~!

そこにカリっと焼けた豚肉の旨み・食感が加わって、味わいにふくらみが出ています。

そこに甘めのソースを中心に、マヨネーズ、かつお節、海苔の風味や味が加わって、口の中が賑やかになり、お祭り状態です。

131221.池袋・南風0058

■あまりにすんなり自分の中の関西風お好み焼の“及第点”を越えてきたので、びっくりです。

地元・池袋でこんなお店を見付けるなんて、まさに“灯台下暗し”ですね。これには大満足ですぐに完食です~♪

■総括としては、初めて見つけた①並ばず食べられる、②リーズナブルで、③美味しい関西風お好み焼き屋さんです。探検隊の地元・池袋なので、なお良しです。

しかも、基本の関西風お好み焼が美味しい上に、姫路のご当地B級グルメ“どろ焼”も楽しめ、ドリンクも含めてとってもお得な価格設定と至れり尽くせりです。

さらに、びっくりしたのはサービスの良さで、食事中こまめに気付いてくれるのもあるのですが、お勘定の後に店員さん3名で寒い店のドアの外まで出てお辞儀をされたのには、気持ちを感じます。

探検隊としては、このお店を超えるお店が現れるまでは、お好み焼の“行きつけのお店”にして通ってみたいと思います。

美味しい関西風お好み焼きを食べたい方には、池袋近辺にお住まいの方だけではなく、広く皆様におススメです~♪

ごちそうさまでした~!

【追記】
自分が日本で一番美味しいと感じた関西風お好み焼き屋は、大阪なんばにある“福太郎”です。
食べログの人気順ランキングで、大阪No.1のお好み焼店になってるので訪問したのですが超納得です。
お好み焼の生地のふわっとした食感は、他のどこにもないもので、異次元の美味しさです~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス




にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

鮮度抜群!ネタで勝負の優良回転寿司@池袋=うおや亭

『さすがデパチカ鮮魚店直営の回転寿司~♪』

   ~うおや亭・西武池袋店

■今日は、隊長と一緒に池袋で週末ランチです。

久しぶりに、寿司屋にでも行こうということになったのですが、さてどうしたものか。

池袋はそんなに寿司屋が多いエリアというわけではないので、探検は限界に近づきつつあります。

■食べログで、中エリア区分“池袋”エリアの“寿司&回転寿司”人気順ランキングを見てみます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみて下さいね~♪)

第1位 梅丘寿司の美登利 回し寿司 活・池袋西武店 (回転寿司)
第2位 回し鮨 若貴・池袋サンシャイン60通り店 (回転寿司)
第3位 回し鮨 若貴・池袋東口本店 (回転寿司) (訪問済みブログ未掲載)
第4位 天下寿司・池袋西口店 (回転寿司) (大塚店に訪問済み・ブログ未掲載)
第5位 立喰 美登利・エチカ池袋店 (立ち喰い寿司) <未訪問>
第6位 すしまみれ (寿司)
第7位 魚真 (寿司、魚介・海鮮料理、定食・食堂) (訪問済みブログ未掲載)
第8位 美登利 テイクアウト・エチカ池袋店 (テイクアウト寿司) <未訪問>
第9位 幸ちゃん寿司 (寿司、魚介・海鮮料理)
第10位 雛鮨・ヤマダ電機LABI1日本総本店池袋 (寿司、和食) <未訪問>

ゆっくりとお酒を飲みながら寿司を食べるなら、東口の“幸ちゃん寿司”、西口の“すしまみれ”はいいですね。

ただ、ランチタイムにサクっと寿司を食べるなら、“回し寿司 活”は、ネタが大きくて新鮮なのでぴったりです。

でも、なんせ池袋西武レストラン街で最も人気のあるお店なので、休日のランチタイムは1時間待ちは覚悟しなければなりません。

■そこで、もう少しランキングを下位の方まで見てみます。

第11位 福助・池袋東武店 (寿司) <未訪問>
第12位 魚がし日本一・池袋西口店 (立ち喰い寿司) <未訪問>
第13位 うおや亭・池袋西武店 (回転寿司) @西武池袋店(B2F) <未訪問>
第14位 活 大江戸・池袋東口店 (回転寿司) <未訪問>
第15位 さくら寿司 (立ち喰い寿司) @東武ホープセンター <未訪問>

ランキングの順位を見ると同時に、食べログの口コミ記事を見ていると、1軒気になるお店が。

百貨店の鮮魚コーナーに出店している魚屋さんが、その横で寿司屋をやっているとのこと。

自分は、“寿司ネタは鮮度が命”と思っているので、これはちょっと気になります。そのお店は、第13位の“うおや亭”です。

130119.池袋・うおや亭0000

■“うおや亭”は、神奈川県藤沢市に本社がある㈱魚喜という会社が経営する回転寿司店です。

もともとこの会社は、個人の魚屋さんからスタートして、百貨店等で鮮魚小売の店舗を持つようになり、現在では東証二部に上場するまでになった急成長の会社です。

現在では、鮮魚小売店舗を57店舗有しており、多角化の一環として飲食店を8店舗展開しています(HPが古いよままなのか、池袋店は載っていないし、ネットで調べると“うおや亭”は他にももっとたくさん存在します)。

百貨店の鮮魚コーナーを担当している会社の直営であれば、魚の鮮度にはかなり期待でそうですね~♪

130119.池袋・うおや亭0036

■お店は、西武百貨店・池袋本店の地下2階、いわゆるデパチカの鮮魚コーナーの隣り(A5区画)にあります。

お店に着いたのは、12:10ごろです。店内はカウンター席のみ16席あるのですが、満席で先に2人客が店外で待っています。

10分ほど待った後、カウンター席に案内されます。目の前に寿司が廻っているので、確かに回転寿司です。

デパチカにあるといっても、ちゃんと一つのお店のようになっているので、店に入るとデパチカにいることは気にならなくなります。

130119.池袋・うおや亭0034

■このお店のシステムは、普通の回転寿司と同様で、お皿の色によって値段が異なり、基本的には1皿2貫で130円から980円まであります。

中心的な価格帯は190円から290円で、47種類のネタのうち、約半分の25種類がこのゾーンに入っています。

■それから、このお店のメニューの特徴としては、いろんなテーマごとに3個から5個の鮨ネタを組み合わせたセット物が充実しています。

たとえば、貝4種類(トリ貝、赤貝、ホッキ貝、ホタテ)で“貝尽しセット”、白身魚3種(鯛、しまあじ、平目)で“白身魚セット”、青魚4種(あじ、いわし、〆さば、こはだ)で“光物セット”などです。

一つのネタを1個ずつ味わえるので、いろんなネタを味わいたい時はいいですね。

■あと、このお店のメニューにはもう一つ、最大の特徴があります。

それは、ビールやお酒などのアルコールを含め、ドリンクメニューが存在しないことです。

さすがデパチカの回転寿司です。ゆっくり食べても、結果的にはサクっと食べたことになるんですね。

【お茶の用意】
130119.池袋・うおや亭0043

■このお店では、湯飲みに卓上のお茶の粉末を入れ、卓上の蛇口からお湯を注いでセルフで作ります。

これが意外と悪くなくて、隊長も隊員もけっこう気に入りました。

【ガリの用意】
130119.池袋・うおや亭0035

■あと、卓上にガリが入った容器があるので、しょうゆ皿に少々取って用意します。

これで準備万端です。さっそく食べたいネタを、カウンター内の職人さんに注文していきます。

【極上セット】(1,040円)
130119.池袋・うおや亭0009

■隊員は、まず順番待ちの時から決めていた“極上セット”からスタートします。

中トロ、生エビ、真鯛、シマアジ、生ウニの5種類のネタが1個ずつ乗っています。

まずは、中トロから。う~ん、これは新鮮ですね~! ヾ(*´∀`*)ノ
微細なサシから噛むほどに旨みが滲み出て、赤身の味わいをどんどん華やかにしてくれます。

次は、生エビです。ぽってりとして柔らかい舌触りに、自然な甘みと香りが口いっぱいに広がります。

続いて、真鯛です。引き締まった味と風味は、白身魚の王様らしいもので、その張りが鮮度の高さを物語っています。

お次は、シマアジです。プリッとしたしまりのある味わいと食感に、ほのかな脂の旨みを感じます。

最後に、生ウニの軍艦です。鮮度が悪いと黒ずんで臭みがありますが、色も綺麗な黄土色でくすみがなく、食べるとウニ独特のコクと甘み、旨みが広がります。

そういえば、お寿司の“シャリ”ですが、サイズは割りと小さめで、酸味や甘味の効かせ具合は穏やかでマイルドです。米粒の間に適度な空気もあって、なかなか良い握り具合です。

【本マグロネギトロ】(420円)
130119.池袋・うおや亭0016

■食べられる寿司ネタが限られている隊長は、まず“本マグロネギトロ”を回転レーンからピックアップします。

見た目も割りと新鮮そうなのですが、実際に食べてみると、マグロの鮮度が非常に高くて、噛むほどに旨みが口の中で広がるネギトロ軍艦なんです。

むむむ、握ってからの経過時間が分からない回転レーンの寿司でこの鮮度?! ( ̄□ ̄;)マジッスカ?!

このお店、すごいかもしれません~♪

【ツナマヨネーズ軍艦】(137円)
130119.池袋・うおや亭0013

■隊長は、続いて“ツナマヨネーズ軍艦”を注文します。ちょっと子供っぽいのですが、やむを得ません。

見た目は、いかにもチューブで盛りましたという感じなのですが、けっこう美味しくて驚きです~♪

ツナがかなり細かくなっているので、旨みが全体に行き渡っているようです。

【えんがわ】(305円)
130119.池袋・うおや亭0018

■こちらは、隊長・隊員共通の大好物、カレイの“えんがわ”です。

うわ~、これもかなり新鮮で、美味しい~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

身がプリっとしていて、脂の乗ったエンガワの旨みが、噛むほどにじゅわーと口の中で広がります。

この旨みが寿司シャリの酸味・甘味と渾然一体となった時のハーモニーが堪りません~!

【サーモン】(200円)
130119.池袋・うおや亭0021

■隊長が食べられる第三の寿司ネタは“サーモン”です。本格的な寿司ネタではないですが、ポピュラーになってますよね。

まぁ、たかがサーモンと思ったのですが、食べてみると衝撃的な鮮度の良さで、噛むほどにサーモンの身からみずみずしさが溢れます。

今まで食べたことのあるサーモン寿司の中で、史上最高に新鮮で美味しいサーモンですね~♪

【北海にぎり】(767円)
130119.池袋・うおや亭0026

■隊員は、職人さんに“北海にぎり”を頼みます。北海道産のネタを集めたもので、“白子”、“特大生ホタテ”、“生ホッキ貝”のセットです。

白子の軍艦は、上にポン酢のジュレと刻みネギがのっていて、白子の濃厚でミルキーな味わいが、ポン酢味で引き立っています。美味い~!

特大生ホタテは、大きなホタテが開いてあって、柔らかな食感と潮を感じる甘味で、口の中で溶けていくようです。

生ホッキ貝は、単品だと頼まなそうですが、食べてみると、柔らかいのにこりっとした食感と、貝らしい海の香りが良いですね。(今まで貝をあまり好きではないのは、鮮度が高くないものを食べていたからかな?と思っちゃいます。)

【イクラ】(305円)
130119.池袋・うおや亭0028

■隊員は、たまたまベルトコンベアで廻ってきた“イクラ”が美味しそうだったので、ぱっと取ります。

ぷりぷりっとしたいくらが、噛むたびに口の中ではじけて旨みが溢れ出します。幸せです~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

【カルパッチョ軍艦】(200円)
130119.池袋・うおや亭0030

■隊長は、メニュー表の写真を見て、職人さんに“カルパッチョ軍艦”を頼みます。

上に乗っているのは、マグロ、イカ、赤貝のぶつ切りとキュウリです。

食べてみると、むむむ、オリーブオイルにハーブが効いていて、まるで洋風寿司のようなインパクトのある味わいです。これも良いですね~♪

【えんがわ(2皿目)】(305円)
130119.池袋・うおや亭0024

■“えんがわ”は、先ほど隊長・隊員で1個ずつしか食べていないので物足りず、もう一皿注文します。

【ツナマヨネーズ軍艦(2皿目)】(137円)
130119.池袋・うおや亭0032

■隊長は、序盤に食べた“ツナマヨネーズ軍艦”がかなり美味しかったとのことで、再注文します。

【〆サバ】(200円)
130119.池袋・うおや亭0039

■隊員の〆の一皿は、“〆サバ”です。子供の頃からの大好物なんです。

見た目から、いかにもこってりと脂の乗った〆サバです。身がプリプリしています。 

食べてみると、見た目どおりこってりとした旨みがあって、でもくどくなくて、美味いです~! ヾ(*´∀`*)ノ

【サラダ軍艦】(200円)
130119.池袋・うおや亭0041

■隊長の〆の一皿は、“サラダ軍艦”です。

イカ、タコ、貝類などを細かく刻んだものと粒状の魚卵をマヨネーズで和えたものが乗っています。

寿司通の方には邪道と言われそうですが、本格という枠を外すととっても美味しい軍艦巻きです。

130119.池袋・うおや亭0044

■お支払いのために、お皿を積み上げてみると、全部で12皿あり、28個食べた計算です。

これでお勘定はちょうど4千円。注文したネタの種類と質・鮮度を考えると、かなりリーズナブルです。

■総括としては、さすが西武百貨店の鮮魚コーナー直営の回転寿司です。

どのネタも、質が良くて鮮度も高く、食材の面ではパーフェクトです。

職人さんの握る作業も迅速かつ的確で、提供時間も短いので、サービス面のフラストレーションも全くありません。

他の寿司店と比べると、お酒がないことだけが特殊なので、ランチでお寿司を食べるにはもってこいのお店です。

探検隊としては、普段使いができる優良寿司店のリストにさっそく入れちゃいました。

次回訪問時は、今回頼まなかった光物(青魚)や貝類にチャレンジしたいと思います~♪

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コスパ抜群の旨いやきとん屋@池袋=やきとん みつぼ

『激ウマ、激安の、大人気のやきとん屋~♪』

   ~東京ホ~ルモン やきとん みつぼ @池袋

■今日は、池袋に飲みに行きます。

当たり前のことですが、休みの日は、早めに出掛けさえすれば、行きたいお店はよりどりみどり。

そんなわけで、夕方早い時間から、“飲み屋天国・池袋”の名店を巡ります。

■食べログの“池袋”エリアの“居酒屋・ダイニングバー”人気順ランキング(※)から、今日のお店を選びます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。良かったら見てみて下さいね~♪(*^-^*)/)

第1位( 3) イタリアンバル UOKIN・池袋店 (イタリアン、バル・バール)
第2位( 4) あんぷく (うどん、居酒屋)
第3位(11) かぶと (うなぎ)
第3位(15) 酒・肴 おまた (居酒屋、和食、日本酒) (訪問済みブログ未掲載)
第4位(32) やきとん みつぼ (串焼き、居酒屋) <未訪問>
第5位(33) やきとん もつやき 木々家 (焼きとん、焼鳥、ホルモン)
第6位(34) プレゴ・パケット (イタリアン)
第7位(35) 楽旬堂 坐唯杏 別館 (居酒屋、そば)
第8位(36) 魚金・池袋店 (居酒屋、魚介・海鮮料理)
第9位(40) 炭火焼鳥 母家・池袋本店 (焼鳥、鳥料理、居酒屋)
第10位(41) 酒場 ふくろ (居酒屋) (訪問済みブログ未掲載)

(カッコ内は、“レストラン”人気順ランキングの順位。)

実は、池袋は“居酒屋”激戦区で、食べログでも“居酒屋・ダイニングバー”に区分されるお店がが上位にたくさん入っています。

今日は、上記のランキングで唯一未訪問となっている、“やきとんのみつぼ”に行ってみます。

120811.池袋・やきとんのみつぼ0037

■“やきとんのみつぼ・池袋店”は、1999(平成11)年にオープンしています。

オリジナルのお店は、1989(平成元)年に高田馬場の神田川沿いで開業し、たった三坪の小さな店舗から始まったので、店名を“みつぼ”としたそうです。

“グルメぴあ”の紹介文が簡潔明瞭なので、引用してみます。

**********************************************
【「つぶしたて」13種の炭火やきとんを堪能 】

平成元年、神田川の畔、3坪(みつぼ)5席でつぶしたての「焼きとん」炭火焼き専門店を始めた店長は、とにかく鮮度と素材にこだわる。

つぶしたて(当日絞めた豚の内臓肉)を備長炭で串焼きに。そのジューシーな味わいを知れば、きっといっぱしのホルモン通! 手間ひまかけた焼きとんが、驚きの安さで味わえる。

**********************************************

“やきとんのみつぼ”のHPによると、お店は現在3店舗あり、高田馬場、池袋、江戸川橋にあります。

店主さんの“良いものを安く”という信念がお客に受け入れられ、20年で“三坪”が“三店舗”になっちゃったんですね~♪

■お店は、“ジュンク堂書店本店”の左脇の小道にある、と言えばお分かりいただけるでしょうか。

JR池袋駅東口を出て、目の前の明治通りを右に進み、南池袋一丁目交差点の近くで、徒歩5分ほどです。

お店に着いたのは、17:00ちょうど。ただ、こんな早い時間なのに、店内はほぼ満席です。たまたま空いていたカウンター席に案内されます。

店内は、カウンター席16席、テーブル席22席の合わせて38席あり、外で立ち飲みすることもできます。

そういえば、このお店にはカウンター席の席数があるせいか、男女問わず、“一人飲み”の人が非常に多いんです。

確かに、活気があって騒がしいお店なので、一人で飲んでいても、けっこう自然です。(*^-^*)b

120811.池袋・やきとんのみつぼ0005

■卓上にある基本メニューは、上の写真の通りです。

看板メニューである“やきとん”は、すべて1本90円~!その他の料理もお酒も、何と、すべて500円以下です。

なんだか、貨幣単位が“日本円”ではないような? これはちょっと大げさですが、普通の飲み屋さんの半額ぐらいのイメージです。

これで美味しかったら、まったく文句なしですね~♪

【ホッピー白&梅ハイ】(330円+350円)
120811.池袋・やきとんのみつぼ0008

■隊員は、お店の雰囲気からして、生ビールよりもホッピーかと思い、“ホッピー白”にします。

隊長は、甘い“梅酒ハイ”を頼んだつもりが、そんなメニューはなく、甘くない“梅ハイ”でスタートです。

【赤肉クジラ刺】(450円)
120811.池袋・やきとんのみつぼ0009

■“本日のおすすめメニュー”が壁の白板に書いてあるのですが、その一番上に書いてあったのが、この“赤肉クジラ刺”です。

赤肉なので、「脂の乗った…」とはいきませんが、クジラらしさを味わえます。

【マカロニサラダ】(200円)
120811.池袋・やきとんのみつぼ0007

■食べログの投稿でも人気のある、定番メニューの“マカロニサラダ”です。

普通のマカロニサラダですが、気持ち味付けがはっきりしていて、お酒に合います。

【チーズ揚げ】(300円)
120811.池袋・やきとんのみつぼ0011

■こちらは、定番メニューの中から、隊長が選んだものです。

春巻きの皮の中に、海苔を巻いたチーズが入っていて、からっと揚がっています。

【名物・やきとんの解説~♪】
120811.池袋・やきとんのみつぼ0001

■お店の入口にやきとんの部位の解説(↑)があったのですが、店内にはありません。

ここからは、どの部位か分からずに(!)、メニューに書いてあった順に注文していきます。

(下の解説は、帰宅後に調べたものです)

【やきとん①】(90円×3)
120811.池袋・やきとんのみつぼ0015

■まずは、15種類あるやきとんの中から3品頼みます。写真左から順に、“フワ”、“コブクロ”、“レバ”です。

“フワ”は、“肺”のことで、文字通りフワフワした食感の中に、かすかに血管のコリコリ感があります。

“コブクロ”は、“子宮”です。しっかりとコリコリした歯ごたえがあります。

“レバ”は、ご存知の通り“肝臓”なのですが、新鮮なので臭みがなく、濃厚な味わいです。中心近くはレアに近い焼き具合でGOODです。

どの部位にも共通しているのですが、素材がとても新鮮で、もつの下処理がしっかりしている感じがします。

さすが、このお店の看板メニューです。どれも美味しいですね~! (*^-^*)/

【煮豚足】
120811.池袋・やきとんのみつぼ0021

■醤油ベースで煮込まれた豚足です。隊長の注文の品です。

皮まで柔らかく煮込まれており、内側にはお肉とコラーゲンがたっぷり。隊長はご満悦です~♪

【キャベツ】(100円)
120811.池袋・やきとんのみつぼ0019

■お肉系の食べ応えのある物が続いたので、ここでさっぱり系の“キャベツ”です。

お値段は、一品メニューで最低の“100円”です。安い~! みずみずしく、しゃきしゃきして、良いですね。

【“ナカ”追加~♪】(250円)
120811.池袋・やきとんのみつぼ0022

■最初に出てきた焼酎に、ホッピーを半分入れたので、残り半分の“ナカ”を注文します。

ホッピーを飲む時は、だいたいこの割合で飲んでます~♪

【やきとん②】(90円×3)
120811.池袋・やきとんのみつぼ0024

■続いて、違う種類のやきとんを3品注文します。写真左から順に、“チレ”、“カシラ”、“ピートロ”です。

“チレ”は、“脾臓”で、レバに近い食感の部位です。レバよりは、クセがないですね。

“カシラ”は、“ほほ肉”のことで、やや硬めのお肉ですが、噛めば噛むほど旨味の出るお肉です。

“ピートロ”は、“豚トロ”のことで、“ネック”のお肉です。脂の乗ったジューシーな味わいが堪りません。

【やきとん③】(90円×2)
120811.池袋・やきとんのみつぼ0027

■やきとんの最後に、また違う2種類を注文します。写真の左が“タン”、右が“ハツモト”です。

“タン”は、“舌”のことで、適度な噛み応えがあって、噛むほどに味わいのあるお肉です。

“ハツモト”は、“豚の心臓(ハツ)の付け根から出ている大動脈部分”のことで、弾力のある、脂っぽくない部位です。

【日本酒①】(290円)
120811.池袋・やきとんのみつぼ0030

■隊員のお酒は、ホッピーから日本酒に切り替えます。

メニューには、日本酒が“定番日本酒正一合”と“福徳長正一合”の2種類だけ記載されています。

まずは、“定番日本酒正一合”を頼みます。銘柄は、何なんでしょうね…?

飲んでみると、しっかり冷やされていて、骨太で男らしい味わいです。なかなか悪くないですね~♪

【巨峰サワー】(350円)
120811.池袋・やきとんのみつぼ0028

■先ほどの一杯は、注文をやや失敗した隊長は、今度こそ確実に甘そうなサワーを頼みます。

飲んでみると、昔懐かしいジャンクな甘さのサワーで、妙に美味しく感じますね~♪

【枝豆】(250円)
120811.池袋・やきとんのみつぼ0031

■お腹がすっかり落ち着いてきた隊長は、野菜系から“枝豆”を選びます。いや~、定番ですね。

【ポテトサラダ】(250円)
120811.池袋・やきとんのみつぼ0034

■もう少し食べたい隊員は、口コミでも人気の“ポテトサラダ”を注文します。

とってもお得なお値段ですが、味の方はばっちりです。ややはっきりした味付けが、呑み助を喜ばせてくれます。

【日本酒②】(320円)
120811.池袋・やきとんのみつぼ0033

■隊員の〆のお酒は、引き続き日本酒です。先ほどとは注文を変えて、“福徳長正一合”です。

先ほどのものよりは、ややすっきりしているでしょうか。飲みやすくて美味しいです。

■総括としては、新鮮で美味いやきとんをはじめ、王道の飲み屋メニューを格安で楽しめる大衆居酒屋です。

食べ物は、ただ安いだけではなく、どれもちゃんと美味しいところが、人気の秘密でしょうね。

それにしても、こんなに安いと、お酒も料理も、気軽にバンバン注文したくなっちゃいます。

店内は炭火の煙が廻っていたりするので、綺麗な服装で食べるにはやや不向きですが、活気に溢れて賑やかなので、数人でわいわい飲みたい時はぴったりです~♪

ごちそうさまでした~!

【メモ】
このお店の看板メニューの一つに、“ホルモン刺し(生の豚内臓)”があるのですが、見た目がえぐそうなので、
今回は注文しなかったのですが、ちょっと心残りです。次回、チャレンジしてみようかな~?!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

新鮮な刺身がお得な居酒屋@池袋=魚金

『新鮮な刺身を食べたい時には…@池袋~♪』

   ~魚金・池袋店

■今日は、池袋で夕食です。理由があって、かなり早い時間に食べに出かけます。

お店は、食べログの“池袋”エリアの“居酒屋・ダイニングバー”人気順ランキング(※)から選びます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。良かったら見てみて下さいね~♪)

第1位( 3) イタリアンバル UOKIN・池袋店 (イタリアン、バル・バール)
第2位( 4) あんぷく (うどん、居酒屋)
第3位(11) かぶと (うなぎ)
第3位(15) 酒・肴 おまた (居酒屋、和食、日本酒) (訪問済みブログ未掲載)
第4位(32) やきとんのみつぼ (串焼き、居酒屋) <未訪問>
第5位(33) やきとん もつやき 木々家 (焼きとん、焼鳥、ホルモン)
第6位(34) プレゴ・パケット (イタリアン)
第7位(35) 楽旬堂 坐唯杏 別館 (居酒屋、そば)
第8位(36) 魚金・池袋店 (居酒屋、魚介・海鮮料理) <未訪問>
第9位(40) 炭火焼鳥 母家・池袋本店 (焼鳥、鳥料理、居酒屋)
第10位(41) 酒場 ふくろ (居酒屋) (訪問済みブログ未掲載)

(カッコ内は、“レストラン”人気順ランキングの順位。)

実は、池袋は“居酒屋”が多いエリアで、食べログでも“飲めるお店”が上位にたくさん入っています。

このランキングでは、未訪問のお店は“みつぼ”と“魚金”の2店ですが、いずれもすごい人気で、普通の夕食時間に行くとまず入れません。

そんなわけで、今日は、夕方の早い時間から飲みに行っちゃうんです。

今日のターゲットは、先日訪問した“イタリアンバル UOKIN”の姉妹店、“魚金”です。

※“レストラン”人気順ランキングの中から、夜の営業時に80%以上のお客さんがお酒を注文するお店を選択。

120804.池袋・魚金0003

■“魚金”は、1995年に新橋でオープンし、その後、急成長を遂げた人気の和風海鮮居酒屋チェーンです。

“新鮮な魚介料理をリーズナブルな価格で提供する”ことにこだわったところ、新橋のサラリーマンの心を鷲掴み。

その後、徐々に店舗を増やし、新橋、五反田、池袋などで22店舗を展開しています。

(詳しい“魚金グループ”の解説は、→“イタリアンバル UOKIN・池袋店”の記事をどうぞ~♪)

池袋には2店舗あって、今日訪問する和風居酒屋の“魚金”と、先日訪問した洋風居酒屋の“イタリアンバル UOKIN”があります。

どちらも、予約または順番待ちが必要な、超人気店になっています。

120804.池袋・魚金0048

■お店は、JR池袋駅西口の駅前ロータリーの北側に見える、“中央通り・西一番街”の門をくぐって真っ直ぐ50m進んだ右側のビルにあります。徒歩3分ほどです。

そのビルの1階に“魚金”があって、地下1階に“イタリアンバル UOKIN”があります。

お店に着いたのは、週末の開店時間である16:30です。飲み屋街の真ん中ですが、まだ早いので行き交う人はまばらです。

そんな中、上の写真のとおり、“魚金”の店舗前だけ、異様な人だかりです。これは、魚金の開店待ちの行列で、数えてみると、30人以上います。

店内は、カウンター席10席ぐらいを含め、100席ほどあるようです。ただ、開店と同時に、予約席を除いて全て埋まります。

探検隊は、なんとか席が回ってきて、入口付近のカウンター席に陣取ります。

120804.池袋・魚金0018

■メニューは、定番メニューが紙一枚(↑)、日替りメニューが紙一枚に纏まっています。

いずれも、刺身を中心にした、魚介類を使った料理が中心です。

事前に人気メニューも調べておいたので、食べれるだけ、飲めるだけ、バンバン注文していきましょう~♪

【お通し】
120804.池袋・魚金0007

■席に着くとすぐに、お通しが出てきます。

胡麻豆腐にオクラ、わかめ、生小海老が載っています。

【まずは生ビールとサワーで乾杯~♪】(520円+500円)
120804.池袋・魚金0017

■太陽ギラギラの暑い中、30分近く歩いて来たので、隊員は最初に生ビール(サントリー・プレミアムモルツ)を注文します。

一口目が美味い~!! 渇いた喉に、ビールが染み渡ります~♪

隊長は、サワー系の中から、さっぱりした“丸ごとグレープフルーツハイ”を注文します。

果汁と果肉がしっかり入っていて、本格的な感じがしますね。美味しいです~♪

【刺身3点盛り】(バチマグロver. 1,280円)
120804.池袋・魚金0027

■“魚金”自慢の看板メニューといえば、豪快な“刺し盛り”です。

この刺し盛りのネーミングが不思議で、三点盛りだと6種類、六点盛りだと12種類のお刺身が載ってきます。

三点盛りでも六点盛りでも、マグロの種類(バチマグロ or インドマグロ)によってお値段が違います。

固定のネタは、イワシのたたき、カツオ、甘エビ、〆サバ、カンパチ、平貝です。

まずは、一番お手ごろな、三点盛り・バチマグロバージョンを注文します。

120804.池袋・魚金0029

■こちらは、手前が“甘エビ”で、奥が“〆サバ”です。

新鮮さがないと、極端に味が落ちる“〆サバ”は、非常に新鮮で思わず唸る美味しさです。

池袋だと、“楽旬堂 坐唯杏 別館”の〆サバも絶品ですが、それと並ぶぐらいです。

甘エビは、ほど良い大きさがあって、新鮮さゆえの甘味と喉越しが良いですね~♪

120804.池袋・魚金0030

■手前左側が“バチマグロ”で、手前右側が“カンパチ”です。

この2種類だと、秀逸だったのが“カンパチ”。身に張りがあって、ピチピチした食感です。

刺身が苦手で、普段カンパチを食べない隊長も、どんどん箸を進めます。

“バチマグロ”は、見た目の刺しの入りは良さ気ですが、味は割りと普通です。それでも鮮度が高いので◎です。

120804.池袋・魚金0031

■こちらは、手前左側が“イワシのたたき”、手前右側が“カツオ”、奥の白いのが“平貝”です。

“平貝”は、食べたことがない(たぶん)のですが、クセのない味と食感で、なかなか良いネタなんですね。

“イワシ”と“カツオ”についても、一般的な飲み屋さんより格段に鮮度が高いので、より美味しくいただけます。

う~ん、それにしてもこの刺し盛り、ボリュームがあって、食べ応え満点です~!

しかも、二人で食べているので、かなりお腹にたまりますね~♪ (*^-^*)b

【ホタテの磯辺焼き】(2個420円)
120804.池袋・魚金0033

■焼いたホタテの上に、七味とネギが載っていて、海苔で巻いて食べます。

ホタテは、外はほど良い焼け具合で少し硬く、中の身は柔らかく、旨味と香りが溢れ出てきます。

七味とネギの味がいいアクセントになって、海苔の風味とともに、メインの焼きホタテと調和しています。

【日本酒① ~雨後の月(純米酒)】(1合580円)
120804.池袋・魚金0039

■やっぱり、新鮮なお魚には日本酒です。こちらは、広島のおさけ、“雨後の月”の純米酒です。

このお酒は、味の輪郭がはっきりしていて、きりっとした口当たりなのに、香りはとっても豊かで芳醇です。

これは本当に美味しい~!! もともと辛口好きの自分も、納得の甘口の日本酒です。

【カシスウーロン】(580円)
120804.池袋・魚金0042

■隊長も、アルコールを追加投入します。飲み慣れた“カシスウーロン”です。

烏龍茶のおかげで、甘いお酒の中でもかなりさっぱりしているので、料理の味を邪魔しません。

【宮城産 活〆煮穴子の炙り(半身)】(680円)
120804.池袋・魚金0037

■見るからに、柔らかそうな煮穴子です。タレ焼きで、下にきゅうりが敷き詰められています。

食べてみると、実際にも、ふわっと仕上がっていて、かなり心地よい食感です。

穴子の身には、ほどよく脂が乗っていて、噛むと口の中で穴子の旨味が広がります。これは美味い~!!

きゅうりと一緒に食べると、タレの味の強さ、穴子の脂の強さを微妙に中和して、一層美味しくなります。

これは、今日一番のおススメメニューですね~♪

【カマンベールチーズフライ】(580円)
120804.池袋・魚金0044

■ちょっと揚げ物が食べたくなったので、魚系を離れてみます。

カマンベールチーズに衣を付けて揚げたもので、クラッカーとイチゴジャムが付いています。

何でジャム?、と思いながらも、クラッカーにチーズフライとジャムを載せて食べてみます。

あれれ…? 何故だか分からないけど、不思議と美味い~!!

まるで“ちょい足しグルメ”のような意外さです。しかも、日本酒にもかなり合います。

糖質・脂質満載だと分かっているのですが、やめられない美味しさで、お酒も進みます。。。

【日本酒② ~銀盤播州50純米大吟醸】(1合690円)
120804.池袋・魚金0046

■こちらは、富山のお酒、“銀盤”の純米大吟醸酒です。

甘く優しい口当たりに、華やかで芳醇な香りです。う~ん、美味しいですね~♪

■総括としては、評判どおりに、魚介類のメニューの新鮮さが際立った、美味しい和風居酒屋です。

お値段は、出てきた料理の鮮度・味・量と比べると、かなりリーズナブルな設定で、これがお客さんが大勢集まる秘密でしょうね。

割と落ち着く店の造りだし、店員さんも大勢いてレスポンスも早いので、いい気分でお酒を楽しめます。

高級寿司店以外では、新鮮な魚介料理を出してくれるお店は少ないので、希少価値も高いですね。

席が確保しにくいのが難点ですが、魚好き、日本酒好きに限らず、幅広い人におススメです~♪

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
273位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
118位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html