スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瞠miharu〔4回目〕(2杯目)=池袋ラーメン店めぐり(その93)

『お洒落な雰囲気で楽しむ濃厚魚介ラーメン~♪』

   ~らーめん瞠 miharu

■今日は、池袋の“らーめん瞠”です。

食べログでのランキングは、全東京ラーメン店5,496軒中、人気順ランキングは第21位、点数順ランキングは第240位です。

小エリア区分“池袋”エリアだと、人気順第2位、点数順第11位になっています。

第1位は“屯ちん”で、下には“麺創房無敵家”“蒙古タンメン中本”“東池袋大勝軒”を従えています。

なかなかやりますね~♪

110320.池袋・瞠 002

■このお店は、高田馬場“渡なべ”のオーナー、渡辺樹庵氏がプロデュースしたことでも知られています。

オープンは意外と古くて2002年で、2006年には恵比寿に支店を出しています。

恵比寿店も、小エリア区分“恵比寿”エリアで、人気順第5位、点数順第6位と健闘しています。

■店内は、薄暗い雰囲気のある照明に、壁の漆黒の木片、天井の赤い和紙など、統一したコンセプトでお洒落に仕上がっています。

流れる音楽もゆったりしたジャズと、お店のキャラクターが出ています。

お客さんも、カップルだけでなく、女の子連れがけっこういるもの特徴です。

110320.池袋・瞠 006

■今回は、去年6月以来、9ヶ月ぶりの訪問だったのですが、メニューや出し方が結構変わったようです。

メニューは、従来からある“らーめん”“つけめん”“あぶらそば”に加えて、“チリトマトヌードル”が新メニューとしてラインナップしています。

“らーめん”“つけめん”については、中盛りが無料になり、さらにスープは“こってり”を選択可能になっています。

“つけめん”については、“つけめんTETSU”のように、つけ汁が冷めた時に投入する“焼き石”のサービスを始めたようです。

たった9ヶ月で、いろいろ工夫しているんですね~!

隊長の注文は、“らーめん”(750円)を中盛り(200g -並盛りは150g)で、スープこってりで注文します。

池袋エリアのグルメカード・エクポカードを提示して、無料で味玉を付けてもらいます。(*^-^*)/

【らーめん】
110320.池袋・瞠 013

■まず、スープから味わってみます。

う~ん! 節系特有のきりっとした、かすかな酸味がある魚介が聞いています。まさにガツンと来ます。

合わせる豚骨スープも負けずに濃厚。旨みとコクがしっかり出ています。

この濃厚魚介豚骨スープは、しっかりとした粘度を持っています。

(オーダーした“こってり”と“普通”の差は、以前の“普通”を明確に思い出せず、分かりませんでした…)

110320.池袋・瞠 015

■続いて、白っぽい色をした中細ストレート麺を食べてみます。

いわゆる中華麺と異なり、コシよりも噛んだ時の小麦の風味やほんのりした甘味を強調している麺です。

どんなスープにも合わせやすい、素直な性格の麺です。

■濃厚なスープは、中細ストレート麺にしっかりがっつり絡みます。

強烈なキャラクターのスープに、素直な性格の麺を合わせて、きっちりバランスを取っています。

ラーメン・つけめんは、特にスープの出来によって、日々同じ味を提供するのが難しいのですが、この構成であれば多少のブレをも許容されそうです。

こういうしたたかさが、さすが人気店ですね~♪

110320.池袋・瞠 014

■具材は、オリジナリティがあるものが満載です。

チャーシューは、脂身が少なめで、赤身と脂身のバランスが良く、外側のしっかりついた焼き目が香ばしいものです。

メンマは、大きく手厚いのですが、しっかりと味が染みて柔らかい逸品です。(これは“渡なべ”譲りですね(^-^)

味玉には、醤油系のダシがしっかり染みていて、ちょっと固めの茹で上がりもいい感じです。

■総括としては、やはり人気店の定番メニュー、スープ・麺・具材、各要素の構成の安定感が抜群の一杯です。

強いキャラの濃厚魚介豚骨スープと素直な麺で、基本構成をしっかりさせ、個性豊かな楽しい具材で仕上げられています。

濃厚魚介豚骨ラーメンの一つの完成系として、誰にでもお勧めできる一杯です。

おすすめレベルは5+(かなりおすすめ!)です~♪

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっと3つクリックお願いします!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

麺処花田〔3回目〕(1杯目)=池袋ラーメン店めぐり(その92)

『池袋No.1味噌ラーメン~♪』

   ~麺処 花田

■池袋については、美味しいラーメン店を厳選してご紹介しています。

まず、今年に入ってから訪問した池袋のお店を振り返ってみます。

1軒目) 馳走麺 狸穴
2軒目)  <麺屋武蔵 二天>味の再確認
3軒目)  <ラーメン二郎・池袋東口店>味の再確認
4軒目) BASSO ドリルマン
5軒目) 鶏の穴
6軒目) 蒙古タンメン中本・池袋店
7軒目) つけ麺屋やすべえ・池袋店

(※“味の再確認”の店は、人によってはハマリます。それ以外は、池袋グルメ探検隊の厳選おすすめ店です~♪ )

■こう見渡してみると、味の方向性が偏っていますね。。。(^-^;)

探検隊の好みがバリバリ出ていて、“魚介豚骨スープ”の“つけ麺”が売りのお店が多いです。

ただ、池袋独特の事情もあります。多いジャンルは“魚介豚骨”と“豚骨”で、この系統のお店はたくさんあります。

でも、いわゆる典型的な“醤油ラーメン”“塩ラーメン”の美味しいお店はないんですよね。。。

で、“味噌ラーメン”はというと、美味しいお店はあります。探検隊が、今年訪問していないだけです。。。

それでは、今日は“池袋No.1味噌ラーメン”を食べに行きましょう~♪

110317.池袋・麺処花田 002

■“麺処 花田”は、去年4月にオープンし、食べログで開店情報をゲットして、すぐに食べに行きました。

オープンしてから、ちょうど1年なのですが、食べログ小エリア“池袋”人気順ランキング第11位にまでなっています。

点数順ランキングにいたっては、な、なんと、第1位まで登り詰めているではありませんか~!

池袋は日本でも1、2を争うラーメン超激戦区。並みの店では、たった1年でここまで来れません!

■お店は、JR池袋駅東口からロータリーを渡ってサンシャイン60通りを進み、2本目の道を右折、一つ目を左折した右側にあります。

店舗の建物には、2階に“幸ちゃん寿司”が入っていて、“麺処花田”の隣は“中華一番”というラーメン店です。

今日は夜の訪問で、お店に着いたのは20:50ごろ。

夕食タイムはもう終わっているので、カウンター15席は空いていると思ったのですが、満席でかつ待ち2名。人気です…

110317.池袋・麺処花田 004

■メニューは、前と変わらず、ラーメン系は“味噌”と“辛味噌”、つけ麺系は“味噌つけめん”と“辛味噌つけめん”の計4種類です。

前回(2回目訪問時)に“味噌つけめん”を頼んだ時に、“味噌”の方がスープのコクに深みを感じたので、隊長・隊員とも、ラーメン系を注文します。

もちろん、辛いものが苦手な隊員が“味噌”(790円)、辛いものマニアの隊長が“辛味噌”(790円)です。

110317.池袋・麺処花田 005

■お店にはサービス項目が3つあるようです。

一つ目は、“野菜大盛り無料”とあるので、隊員、隊長ともに、野菜大盛りにします。

二つ目は、“にんにく増し無料”とあるので、隊員のみ、にんにく増しにしてもらいました。

三つ目は、“ランチごはん無料”とあったのですが、夜なので“半ライス”(100円)を別注しました。

【味噌】
110316.神保町・用心棒 025

■まずは、スープから味わってみます。

白味噌を使った味噌汁のような色をしたスープからは、野菜炒めのいい香りがします。

一口すすると、白味噌をメインに味付けをした濃厚スープで、スープのコクと旨味がじわっと染みてきます。

ベーススープは、モミジ、ゲンコツ、鶏ガラなどを8時間以上煮込み、1日寝かしているんだそうです。

110317.池袋・麺処花田 017

■続いて、三河屋製麺製の中太ストレート麺を食べてみます。

う~ん! もちもち系の食感の麺で、噛んだ時の風味と甘みがいいですね~!

■麺をすすると、濃厚スープは中太麺にしっかり絡みついて、口まで運ばれます。

さすが味噌ラーメン、ラードが熱を閉じ込めていて、スープがいつまでも熱々です。

ラーメンの器が、深さが深くて、上部の面積が狭くなっているのも、熱を逃がさない工夫なんでしょうね。

110317.池袋・麺処花田 011

■この一杯の具材を語る上で、最も重要なのが“野菜炒め”です。

注文を受けてから、まず香りつけのニンニクと生姜を炒め、モヤシ、白菜、玉ネギ、ニラの順に炒めます。

そこにベーススープを入れて煮立て、味噌ダレを溶かす手順になっています。

仕上がった野菜炒めは、しっかり炒めてあるのに、食感はしゃきしゃきで心地いいものがあります。

これ以外には、ロールチャーシューとメンマとネギが入っています。

チャーシューは、熱々のスープで温められ、脂が溶け出すようで、美味しく変化します。

【辛味噌】
110317.池袋・麺処花田 016

■“辛味噌”は、スープに使用する味噌ダレが違っているだけで、麺や具材は同じです。

辛さ自体は、客観的にはさほど辛くないものと思われます。(隊員は、けっこう辛いと感じましたが…)

個人的には、辛さが増すと、その分ベーススープのコクや旨味に対する感覚が鈍るような気もしました。(隊長によると、そんなことないそうです。)

■総括としては、濃厚味噌スープのコクと旨味が素晴らしい、完成度の高い味噌ラーメンです。

しっかり手間隙を掛けたベーススープに、柔らかい甘めの味噌ダレ、香りのよいしゃきしゃき野菜炒め、美味しい中太麺、と各構成要素がしっかりと磨かれ、高い次元でバランスしています。

ここ以外の美味い味噌ラーメン店としては、市ヶ谷の“麺処くるり”や高田馬場の“さっぽろ純連”がありますが、白味噌ベースのコクのあるスープの“くるり”の方が近い印象です。

一杯のラーメンとしてのレベルの高さ、味の安定感という点では、新店にもかかわらず、上記2店にも負けていません。

おすすめレベルは5+++(“超おすすめ”に限りなく近い“かなりおすすめ”~!!)です~♪

110316.神保町・用心棒 022

池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加していますので、
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

瞠miharu〔4回目〕(1杯目)=池袋ラーメン店めぐり(その93)

『さっぱりした魚介風味の油そば~♪』

   ~らーめん瞠(miharu)

■今日は、池袋でお昼ごはんです。

2011年に入ってからスタートした、池袋ラーメン店・ベストセレクションの第9軒目です。

これまで回ってきたお店をおさらいすると、こんな感じです。

1軒目 馳走麺 狸穴
2軒目 (麺屋武蔵 二天) ~味の再確認のために訪問
3軒目 (ラーメン二郎・池袋東口店) ~ジロリアン化しつつある隊員の単独訪問
4軒目 BASSOドリルマン
5軒目 鶏の穴
6軒目 蒙古タンメン中本
7軒目 つけ麺屋やすべえ
8軒目 麺処花田

カッコ書きのお店以外は、ラーメン通の方々に勧めたとしても間違いがないお店ばかりです。

■この次に来そうなのは、“瞠 miharu”“つけ麺 椿”“鶏そば専門店 前略っ。まるきゅう”“我家”辺りでしょうか。

せっかくの休日なので、探検隊本拠地から遠い池袋駅北口の大行列店“つけ麺 椿”まで散歩がてら行っています。

訪問すれば昨年8月以来の3回目です。お店に近づくと、ラッキーなことに行列がありません。

やったー!と喜んだのも束の間、店頭には“地震の影響で材料調達が困難なため暫時閉店”との張り紙が…

110320.池袋・瞠 001

■気を取り直して、“瞠 miharu”を訪問します。こちらは昨年6月以来の4回目の訪問です。

お店はJR池袋駅東口を出て、サンシャイン60通りを東急ハンズまで歩き、左折して首都高の下の道を100mほどいった左手にあります。

お店に着いたのは14:00過ぎ。お店は何とか開いていました。゜*。(*´Д`)。*°ヨカッタ…

カウンター席が12席あるのですが、満席で6人ほどがベンチで待っていました。

110320.池袋・瞠 003

■お店のメニューは、以前からあった“らーめん”“つけめん”“あぶらそば(味玉付き)”に“チリトマトヌードル”が加わっています。

今まで3回の訪問では、“らーめん”と“つけめん”しか食べていないので、今日は“あぶらそば”(800円)を食べてみます。

麺の量について聞いてみると、並盛りで少な目の180gとのことだったのですが、大盛りにはしませんでした。

ちょっと足りないかな~? 微妙です。。。

【油そば】
110320.池袋・瞠 016

■“あぶらそば”なので、まずは見た目からチェックしましょう。

短冊形チャーシュー、味玉、メンマ、刻み玉ネギ、輪切り青ネギ、かつお節、揚げニンニクです。上から七味が掛けられています。

麺は“つけめん”に使われているのと同じ、中太平打ちストレート麺です。

麺の下には、醤油ベースのスープが見えます。スープの量は多めですね。

110320.池袋・瞠 019

■それでは、まぜまぜしてみます。

スープの粘度が低いようで、混ぜるとスープが簡単に麺全体に行き渡ります。

さっそく一口食べてみます。 う~ん!

魚介の香りがほんのりして、柔らかい醤油ベースの味がします。

110320.池袋・瞠 021

■油がきつくないので、ラーメンのようにつるつるとすすることができます。

さすがあぶらそば、刻み玉ネギ、青ネギ、ニンニク、七味がランダムに口に入るので、一口ごとに味が変わります。

この一口ごとに変わる味が、あぶらそばの最大の美点ですね~!

他のメニューと共通具材のジューシーな短冊チャーシュー、味の染みたメンマ&味玉、海苔も、口に入れる度に味が変化し、一口ごとに楽しくなります。

110320.池袋・瞠 020

■あぶらそばを注文すると、他の多くの店と同じく“酢”と“ラー油”が出てきます。

これとは別に、カウンターの上には、お店の試作品の“食べるエビ油”が置かれています。

ラスト3分の1ぐらいになったので、酢・ラー油・エビ油を投入してみます。

するとどうでしょう!もともと食べやすかった油そばに酢のさっぱり感が出て、更に食べやすくなりました。

ラー油の辛味とエビ油の香ばしい香りも加わって、更に一口ごとが楽しくなりました。

こんなことなら、もっと早く投入しても良かったですね~♪

110320.池袋・瞠 023

■総括としては、さっぱりとしながらも、魚介の風味を楽しむことができるバランスの良いあぶらそばです。

油がきつくてしつこくなってします油そばが多いのですが、この一杯は油がきつすぎず、スープがしっかりしているので、しつこさを感じることなく食べ続けられます。

具材・薬味がバラエティに富んでいて、最後まで飽きさせない、なかなかの一杯に仕上がっています。

こんなに食べやすく美味しいなら、大盛りにすればよかったと後悔してしまいました… 

ショボ━(´・ω・`)━ン

おすすめレベルは5+(かなりおすすめ)です~!

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっと3つクリックお願いします!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

やすべえ〔2回目〕(1杯目)=池袋ラーメン店めぐり(その91)

『食べやすさで人気の甘酸っぱいつけ麺~♪』

   ~つけめん屋やすべえ・池袋店

*******************************************************************************************************
東日本大地震でお亡くなりになった方々のご冥福をお祈りするとともに、被災して避難生活を送っていらっしゃる皆様には気持ちを強く持ってこの難局を乗り切っていただきたいと心から願っております。

私にも何かできることはないかと考え、まずはささやかですが被災地支援のバナーを設定しました。
もしよろしければ、右掲の“Yahoo!ボランティア”バナーをクリックしてください。(→)
*******************************************************************************************************

■今日(3月12日土曜日)は、池袋で食事をしようと出掛けました。

昨日は、大地震の影響ですべての電車が止まるなど、東京中の交通網が完全に麻痺しました。

地下鉄が止まってしまったため、自分も大手町から池袋まで7キロ歩いて帰りました。

今日のテレビは大地震のニュース一色なので、逆に都内がどうなっているか、情報がなく分かりません。

自宅には食料がないため、食事をしに恐る恐る池袋の街にでてみると、やはりいつもと違う雰囲気です。

110312.池袋・つけめん屋やすべえ 001
(サンシャインシティの横の首都高・東池袋インター入口は封鎖され、何か修復工事をしているようです。)

110312.池袋・つけめん屋やすべえ 002
(サンシャインシティは、安全確認のため終日休館。知らずに来た人がちらほらいました。)

110312.池袋・つけめん屋やすべえ 003
(サンシャインシティとサンシャイン通りをつなぐ地下道は、普通の週末なら大混雑のところ、閑散としています。)

110312.池袋・つけめん屋やすべえ 004
(サンシャイン60通りのお店は、開いているお店もあれば、閉まっているお店もあります。人通りはいつもの週末の4分の1ぐらいでしょうか。)

■今日は、久しぶりに“つけめん屋やすべえ”に行ってみます。

いつもは週末ともなると、何時に行っても大行列なので、普通は行きません。

食べログで池袋のラーメン・ランキングをチェックすると、人気順第8位、点数順第16位となっています。

安定した人気があるようですね。

110312.池袋・つけめん屋やすべえ 007

■お店は、JR池袋駅東口から行くと、駅前ロータリーを渡り、サンシャインビルに向かうサンシャイン60通りに入って30mを右折した右側にあります。徒歩3分の好立地です。

お店に着いたのは14:30ごろ。カウンター席が23席あり、いつもならこの時間でも待たされますが、ほぼ待ち時間なしで座れました。

110312.池袋・つけめん屋やすべえ 010

■メニューは、つけ麺系4種類、ラーメン系2種類となっています。

つけ麺系は、醤油か味噌か、辛味かノーマルかの選択で2×2種類、ラーメン系は醤油と塩の2種類です。

麺の量は、並盛り220g、中盛り330g、大盛り440gが同一料金になっています。若者に人気があるのも納得です。

今日は久しぶりなので、“つけ麺”(720円)を中盛りでいただきます。

【つけ麺】
110312.池袋・つけめん屋やすべえ 018

■まずは、つるつるぴかぴかの太ストレート麺を食べてみます。

う~ん! 見た目どおり、つるつるの食感で、適度な噛み応えの麺です。風味は割と普通でしょうか。

ただ、何と言ってもこの麺の美点は、喉越しの良さです。本当につるつる、どんどん食べられます。

これは、330gでもペロリと食べられそうです。

110312.池袋・つけめん屋やすべえ 022

■つづいて、つけ汁を味わってみます。

う~ん、これぞ“やすべえ”!

あっさりした醤油系で、甘味と酸味が強調されていて、少量振ってある一味が辛味を加えています。

甘味・酸味・辛味の“三味一体”のバランスの良さが、このつけ麺、このお店の人気の秘密です。

ベースの豚骨スープに特別なものを感じるわけではないのに、全体としてバランスの良さに納得させられるつけ汁です。

110312.池袋・つけめん屋やすべえ 020

■つけ汁はあっさりしているのですが、素直な性格の麺との相性は良好です。

しっかりした太麺なのですが、口に入れた時の食感と喉越しがいいので、ざるそばのように一気にすすることができます。

予想通り、通常なら簡単には食べ切れない330gは、あっという間になくなってしまいました。

110312.池袋・つけめん屋やすべえ 024

■具材は、短冊切りのチャーシューと、メンマ、海苔、輪切りネギです。

デフォルトだと、特色のある具材はないのですが、それぞれいいアクセントになっていて、役割を果たしています。

110312.池袋・つけめん屋やすべえ 025
(割りスープは、麺の茹で汁のようです。スープで薄めると、あっさりスープの味が飲みやすい濃度になります。)

■総括としては、ずばり一般受けするのに必要な要素がきっちり揃っている、よくできた一杯です。

甘味・酸味にウエイトを置いた味の組み立ては、冷し中華などでも見られるように、日本人の舌に合っていると思います。

甘味・酸味・辛味のバランスのいいスープに、素直な性格の喉越しの良い太ストレート麺を合わせてあるので、老若男女、万人に受けるんでしょうね。

おすすめレベルは5+(かなりおすすめ~!)です~!

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっと3つクリックお願いします!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

鶏そば専門店前略っまるきゅう〔2回目〕(1杯目)=池袋ラーメン店めぐり(その83)

『濃厚魚介鶏つけ麺~♪』

   ~鶏そば専門店前略っまるきゅう

■最近また、探検隊の本拠地である“池袋”エリアの美味しい店を再訪しまくりたくなってきました。

今日はいつもと違って、意外性狙いで、食べログの点数順ランキングを掲載してみます。
(いつもは比較的信憑性の高い“人気(口コミ数)順ランキング”を載せいてます。)

第1位 鶏そば専門店 前略っ。まるきゅう(1回)
第2位 麺屋 ごとう(1回)
第3位 BASSO ドリルマン(4回)
第4位 馳走麺 狸穴(5回!)
第5位 屯ちん・池袋本店(3回)
第6位 麺処 花田(2回)
第7位 まるきゅうらあめん(2回)
第8位 瞠・池袋店(3回)
第9位 麺屋 桑田(1回)
第10位 鶏の穴(2回)

“池袋グルメ探検隊”と名乗っているので、すべて訪問済みなのはもちろんなのですが、美味しいのに訪問暦1回のお店があります。

まずは、8月以来の訪問となる“鶏そば専門店 前略っ。まるきゅう”に行ってみます。

DSC03835.jpg

■お店に着いたのは13:20ごろ。カウンター席が11席あるのですが満席で、待っている人が7人ほどいました。

先日のブログでは、“行列がなくて美味しいお店”と紹介したのですが、さすが休日、今日は行列です。

DSC03836.jpg

■というのも、お店はJR池袋駅北口から伸びる“平和通り”商店街の果てにあって、徒歩で10分以上かかります。

平日は寂しい場所ですが、休日は評判でやってくる人がいるんだと思われます。

DSC03839.jpg

■メニューは、ラーメン系が“鶏塩そば”“濃厚鶏太そば”“熱血!辛タンメン”の3種類、つけ麺系の“鶏塩つけそば”、油そば系の“塩油そば”があります。

前回訪問時は、隊員が“濃厚鶏太そば”を、隊長が“辛塩つけそば”を注文しました。

お店では、メニューの人気ランキングを出していて、それによるとベスト3は、“濃厚鶏太そば”“鶏塩つけそば”“鶏塩そば”なんだそうです。

今日の隊員は、“つけめん”な気分なので、まず人気第2位の“鶏塩つけそば”(800円)を注文します。

なお、麺の量が普通盛250g、中盛350gが同料金です。(自分は中盛300gと勘違いしていました。道理で多いわけです。。。)

【鶏塩つけそば】
DSC03853.jpg

■まずは、BASSOドリルマン製の中太ストレート麺から食べてみます。

見た目ぴかぴかの麺で、つるつるした食感と適度で弾力のある噛み応え、噛んだ時の風味と味がいい麺です。

すごくおいしい中太麺です!さすがBASSOドリルマン。探検隊のおすすめレベル6★だけはあります。

DSC03855.jpg

■次に、濃厚魚介鶏つけ汁を味わってみます。

う~ん!これはかなり美味しいですね。魚介の香り・ダシと、鶏の円み・コクのバランスがいいスープです。

このつけ汁に珍しい“青海苔”が振ってあるのですが、意外と合いますね~♪海苔の風味が魚介鶏の風味とハーモニーを奏でます。

DSC03856.jpg

■つけ汁は、中太麺にしっかり絡んできます。

このBASSOドリルマン製の麺は、つけ汁に浸けると小麦の風味と甘味がよりはっきりする素晴らしい麺です。

麺の量が350gといつもより多めですが、麺はどんどんなくなっていきます。

DSC03851.jpg

■ただ、中盤戦から、つけ汁がかなり薄くなってきました。そこで卓上セットの“にんにく醤油”を投入したところ、醤油味の輪郭が再びはっきりしました。

その後、“おろしにんにく”“ゆず胡椒”を投入し、気分転換をしながら食べ進みました。

DSC03863.jpg

■具材は、つけ汁の中に短冊状チャーシューと細いメンマ、海苔、ネギが入っています。

いずれも際立った個性はないものの、食べる人を楽しませる気分転換の役割を果たしています。

■総括としては、美味しい麺と美味しいつけ汁のバランスがいい一杯です。

つけ汁の濃度・味が、食べ続けるとかなり薄くなってしまうことだけが残念でしたが…

おすすめレベルは引き続き5+(かなりおすすめ!)です~♪

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっと3連発クリックお願いします!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
295位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
127位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html