スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めん和正=東急沿線ラーメン店めぐり(その2)

『完成度の高い、和風醤油魚介豚骨つけ麺~♪』

   ~めん和正@三軒茶屋

■今日は久しぶりに、東京全域ラーメン店トップ100を踏破するために、東急線沿線まで遠出をしてみます。

食べログでは、“東急沿線”で一つのエリアが設定されているのですが、人気順ランキングは次の通りです。

(カッコ内は、“東京全域”人気順ランキングの順位です。)

第1位(28) 中華そば専門 多賀野   ※この1ヶ月ほど休業し、食べログ順位からは消えていますが、復活したはずです。
第2位(40) めん 和正  <未訪問>
第3位(58) 三ツ矢堂製麺・中目黒店(高田馬場店に訪問済み) <未訪問>
第4位(80) 八雲      <未訪問>
第5位(87) 麺屋 和利道 <未訪問>

ラーメンの世界はとても競争が激しいようで、“せたが屋”や“ひるがお”などの有名店もトップ100から外れてしまっています。

上位には名の知れたお店が並びますが、東急沿線には縁のない探検隊は、“多賀野”を除いてことごとく未訪問となっています。

まずは上から順に攻めてみます。今日は“めん 和正”です。

110729.三軒茶屋・めん和正0000

■このお店は、永福町大勝軒で修行をした方が、2004年に閉店した人気店“ふくろう”を経て、2008年にオープンしたお店です。
ちょっと解説しますと、“大勝軒系”というのは有名どころだけで3系統あります。

“東池袋大勝軒系” …1961年創業。今を時めく松戸“麺屋とみ田”、東十条“麺処ほん田”、新小岩“麺屋一燈”などは、全てこの流れを汲む。“六厘舎”もここです。

“丸長大勝軒系” …荻窪で1947年創業。目白“丸長”、中野大勝軒、代々木大勝軒など。元祖“東池袋大勝軒”は、山岸一雄氏が“中野大勝軒”から独立したもの。

“永福町大勝軒系”…上2系統とは全くの無関係。1955年創業。幡ヶ谷“不如帰”、池袋“我家”などがこの系統。

■お店は、東急田園都市線・三軒茶屋駅の真上にある玉川通り(国道246号)を8分ほど渋谷方面に進んだ左側にあります。

ちょうど首都高上り線・三軒茶屋入口のそばで、昭和女子大学の道を挟んで反対側にあります。

お店には看板はなく、真隣りに“油坊主”というお店があって、すごく紛らわしいです。

お店に着いたのは12:00ちょうどです。店外の椅子に待っている人が一人います。

10分ほどして店内に入ると、椅子が高いカウンター席が6席、奥にテーブル席が4席あるそうです。

綺麗な店内にはピアノ系のジャズが流れ、店主さんが黙々と仕事をし、奥様がとっても丁寧な対応をしています。

110729.三軒茶屋・めん和正0003

■メニューは、すごくシンプルで、“中華麺”と“つけ麺”のみです。潔いですね~!

夏場だからといって、特別に冷たくさっぱりしたメニューを出しているということはありません。

食べログでは“つけ麺”の写真と記事が多かったので、こちらにしてみようと思います。

麺の量を奥様に聞くと、1玉(普通盛り)250gとのことだったので、普通盛りの“つけ麺”(750円)にします。

ただ、お客さんの8割は“中華麺”を頼んでいます。(隊長と一緒に来て、“中華麺”を頼んでもらった方が良かったみたいです…)

中華麺の方が麺が細いらしく、つけ麺の提供が遅くなる旨、奥様が丁寧に説明してくれます。素晴らしい気遣いです~♪

【つけ麺】
110729.三軒茶屋・めん和正0005

■まずは、黄色が強めのクリーム色をした、中ストレート麺を食べてみます。

つるつる食感がいいなぁ、と思って噛み始めた後、麺の甘さと風味にびっくりします。

なんて小麦がよく香り、自然の甘味が出る麺なんでしょう~!これは、かなり美味しい麺です!

カウンター内の通い箱には“南京軒食品”と書いてあります。見たことがありませんが、かなりイイですね~♪

110729.三軒茶屋・めん和正0008

■続いて、珍しいこげ茶色をした、つけ汁を味わってみます。

表層をラードが覆っているように見えたので、薄味のつけ汁をイメージしたのですが…

むむむ、おいしい~! 魚介動物系のスープですが、魚介にウエイトが置かれ風味がよく、甘味と酸味がバランス良くとれています。

今風の濃厚魚介豚骨と比べると、どろどろ感はなく、あっさりしていて上品な感じがします。

110729.三軒茶屋・めん和正0009

■麺とつけ汁のバランスは、素晴らしいの一言に尽きます。

流行の極太麺だと、かなりの濃度が必要になります。このつけ汁はそこまでの濃度はないものの、麺が太くないのでぴったりです。

味の構成からしても、つけ汁の魚介の風味、甘味と酸味、麺の小麦の香りと甘味が、口の中で渾然一体となった時の味覚と嗅覚の相乗効果が、きっちり取れています。

多少のごまかしが効く濃厚系と違って、非常に繊細なスイートスポットをずばり突いているような、絶妙なバランスです。

110729.三軒茶屋・めん和正0010

■具材は、大型チャーシューと極細メンマ、輪切りネギです。

特筆すべきは、厚さ15mmはある極厚チャーシューで、大きな塊が3個も入っています。脂身が若干多目ですが、柔らかくて、味が染みていて、とっても美味しく、食べ応えがあります。

二郎系・二郎インスパイア系以外で、こんなにしっかりしたチャーシューが入っているお店は少ないですね。

記憶にある範囲だと、う~ん、麺屋武蔵系(→例えば高田馬場“麺屋武蔵 鷹虎”)の大型チャーシューぐらいでしょうか。

110729.三軒茶屋・めん和正0011

■総括としては、非常にバランスのいい、完成度の高いつけ麺です。

探検隊のラーメン理論では、麺、スープ、具材の各要素のクオリティが高いことはもちろんですが、その3要素間のバランスの良さを重視して、その一杯を分析・評価しています。

このつけ麺は、美味しい麺、しっかり作り込まれたスープ、質・量ともに手抜かりのない具材と、各要素が高いレベルにあります。

また、特に麺とつけ汁は、別個に味わうよりも、一緒に味わった方が美味しさが増すもので、バランスレベルの高さを証明しています。

一言でいうと、“あっさりしているのに、しっかり食べ応えのある濃厚魚介つけ麺”です。

このお店でなければ味わえない個性もしっかりあり、かなり好きになりました。

おすすめレベルは5++(かなりおすすめ~!!)です~♪

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
139位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html