スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明治から続く江戸前天ぷらの老舗=銀座 天國

『根強いファンに支えられる江戸前天ぷらの老舗~♪』

   ~銀座 天國(てんくに)・本店

■今日は、銀座でランチです。

最近、体重を気にして、昼ご飯の時はともかく、晩ご飯の時には白米を食べないようにしています。

ただその反動で、ランチの時にはご飯をガッツリ食べたくなってしまうんですよね。。。

今日も、ご飯をしっかり食べたい気分なので、ジャンルはずばり“天ぷら”あたりからお店を探します。

■食べログで、大エリア区分“銀座・新橋・有楽町”エリアの“天ぷら・揚げ物”人気順ランキングを見てみます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみて下さいね~♪)

第1位 【銀  座】 煉瓦亭 (洋食、ハヤシライス、とんかつ)
第2位 【銀  座】 てんぷら 近藤 (天ぷら) <未訪問>
第3位 【新  橋】 牛かつ おか田 (洋食、牛料理、天ぷら)
第4位 【東銀座】 矢場とん・東京銀座店 (とんかつ、かつ丼・かつ重) (名古屋・矢場町本店に訪問済み)
第5位 【銀  座】 梅林 (とんかつ、コロッケ・フライ) (訪問済みブログ未掲載)
第6位 【新  橋】 とんかつ まるや・新橋駅前店 (とんかつ、天ぷら・揚げ物) <未訪問>
第7位 【有楽町】 遊豚菜彩いちにいさん・銀座店 (豚料理、豚しゃぶ、とんかつ) <未訪問>
第8位 【新  橋】 銀座 天國・本店 (天ぷら、天丼・天重、懐石・会席料理) <未訪問>
第9位 【銀  座】 ゲンカツ (とんかつ、居酒屋、和食) <未訪問>
第10位 【日比谷】 遊食豚彩いちにいさん・日比谷店 (豚しゃぶ、とんかつ、かき氷) (訪問済みブログ未掲載)

このジャンルだと、銀座なら“天ぷら”が優勢かと思いきや、“とんかつ”の方が勢力が強いんですね。

この中で、いわゆる“天ぷら”専門店は、第2位“てんぷら 近藤”と第8位“銀座 天國”だけです。

“てんぷら 近藤”は、ミシュラン★付きのお店で、昼のコースが6,300円からなので、後日に取っておきます。

というわけで、今日のターゲットは、“銀座 天國・本店”です。

130301.銀座・天國 0025

■ちなみに、“東京都”の“天ぷら”人気順ランキング(※)での位置付けも確認しておきます。

第1位 【浅草】 大黒家天麩羅・本店 (天ぷら) <未訪問>
第2位 【新宿】 天ぷら新宿つな八・総本店 (天ぷら、割烹・小料理)
第3位 【銀座】 てんぷら 近藤 (天ぷら) <未訪問>
第4位 【三ノ輪】 土手の伊勢屋 (天ぷら、天丼・天重) <未訪問>
第5位 【高円寺】 天すけ (天ぷら、天丼・天重) <未訪問>
第6位 【日本橋】 玉ゐ・本店 (魚介・海鮮料理、うなぎ、天ぷら)
第7位 【京橋】 てんぷら 深町 (天ぷら)
第8位 【神保町】 天婦羅 いもや・本店 (天ぷら、定食・食堂)
第9位 【銀座】 銀座 天國・本店 (天ぷら、天丼・天重、懐石・会席料理) <未訪問>
第10位 【赤坂】 六波羅 (串揚げ・串かつ、天ぷら、和食) <未訪問>

※蕎麦をメインとしているお店を除く。

さすが銀座の老舗天ぷら店です。なかなかいい順位に付けていますね。期待しちゃいます~♪

■“銀座 天國”は、1885(明治19)年に創業した、天ぷらの老舗です。

創業当時のお店は銀座3丁目にあり、天ぷらは揚げたてを店頭に並べてお客さんが指で摘まんで食べる、今でいうとファストフードのようなものだったんだそうです。

1924(大正13)年に、現在の場所、銀座8丁目の新橋際河岸通りに移転しています。

“銀座 天國”のHPでは、以下のように自己紹介しています。

*********************************************
【天國伝統の技を。天國伝統の逸品を。】

風味ゆたかな伝統の江戸前天丼は、天ぷら、丼タレ、ご飯の絶妙な合わせ技により生まれます。したたる丼タレに、こだわりと伝統が薫ります。”コクがあるのにあっさりした”こだわりの丼タレ特有の旨味は、揚げたての天ぷら、あつあつご飯と最高の相性をもたらします。またかき揚は、種を盛りたすことなく約三分間で揚げ切る、いわば一発揚げの妙技によるものです。熟練した職人のみに許される秘伝の技を、ぜひご賞味くださいませ。
*********************************************

なるほど。128年も続いているのであれば、秘伝の技がいろいろありそうですよね。

現在、銀座本店の他、横浜のみなとみらい・ランドマークプラザに支店があります。

■お店は、東京メトロ銀座線・銀座駅の真上にある銀座4丁目交差点から行くと、中央通りを新橋方面に500m進んだ、首都高の手前の右側にあります。徒歩7分です。(新橋駅の方が近く、3分ほどで着きます。)

お店に着いたのは、11:45ごろです。お店は自社ビルに入っているので、看板が大きく、見つけやすいんです。

ビルの地下1階から3階までが店舗となっていて、1階と2階がテーブル席、3階がお座敷席、地下1階がカウンター席となっています。

1階に入って行き、店員さんに一人である旨を告げると、どこでもどうぞという感じで、柔らかく着席を促されます。

■この時点で1階席は、7割ぐらいのテーブルの埋まり具合でしたが、徐々に混みはじめ、やがてほぼ満席状態になりますが、そこは老舗の名店なので、他のお客さんと相席になることはありません。

お客さんを見ていると、割とお年を召した方が中心で、かつ常連率がかなり高そうです。

このお店は、老舗の名店にありがちな、値段を吊り上げてお客が去っていく状態とは真逆で、今でも現役でファンを魅了し続けていることが伺えます。

130301.銀座・天國 0011

■メニューは、天ぷら・天丼類が中心で、これ以外にアラカルトとして魚介類を中心とした居酒屋メニューが並びます。

天ぷら・天丼類のメニューは、全て定食形式になっているので、値段の違いは、ずばりタネの種類と数の違いとなっています。

お得なランチメニューとしては、“お昼天丼”(1,100円)と“お昼の天ぷら定食”(1,400円)が設定されています。

初訪問の自分としては、メニューが多くて迷いますが、まずはお得な“お昼天丼”を注文してみます。

【お昼天丼】
130301.銀座・天國 0014

■注文してから5分ほど経った、ちょうど良い頃に“お昼天丼”一式が出てきます。

天丼の蓋を開けると、天ぷらと醤油ダレの成分を含んだ濃厚な湯気が、ぱーっと立ち昇ります。

視覚と鼻腔が刺激され、食欲が一気に高まります。

130301.銀座・天國 0017

■主役の天丼をじっくり観察すると、しっかり纏った衣の厚さに驚かされます。

一般には、からっと揚がったサクサク衣が良しとされる傾向からすると、それとはかなり違っています。

あまりに衣が厚いので、ネタとネタが重なると、一体何が入っているのか分からなくなるぐらいです。

130301.銀座・天國 0020

■そこで、ネタを一つ一つ確認しながら食べ始めてみます。まずは主役の“海老ちゃん”です。

一口食べてみると、むむむ、、、


衣はふわっとして、海老はプリプリ。。。

これは、美味しいですね~!! ヾ(*´∀`*)ノ


実は、衣があまりにも分厚いので、割りと油っぽくぎとぎとした天ぷらをイメージしていたのですが、予想に反して全く油っぽくありません。

ふわっとした食感の衣が纏っているのは、油ではなく、きりっとした旨味のある丼タレのみです。

何ででしょう? 不思議です。こういうタイプの美味しい天ぷらもあるんですね。 これが老舗の力量なのか… 

この瞬間に、天ぷらに対する自分の既成概念が崩壊します。(^-^;)

タネとなっている海老は、それなりのしっかりしたサイズのあるもので、食べ応えがあり、海老の風味と食感を満喫できます。

130301.銀座・天國 0021

■続いては、このお店自慢の、三分間一発揚げの妙技から生まれる“イカのかき揚げ”です。

食べてみると、タネのイカのサイズが絶妙で、とっても食べやすいサイズになっています。

しかも、イカ自体がとっても柔らかく、歯応えを楽しめるぐらいの、ほど良い柔らかさです。

こちらでも、ふわっとした衣の食感と、きりっとした丼タレが、タネであるイカの魅力を引き立てています。

130301.銀座・天國 0022

■最後は、準主役の“キス”です。(実は、自分は天ぷらのタネだと、海老よりもキスの方が好きです~♪)

こちらも、今までは、パリッとした衣を纏ったキスに慣れていたので、一口目は初体験の食感です。

でも、どのタネでも、このお店の個性的な衣と丼タレは、とっても合っています。

さっぱりした味わいのキスの魅力は、衣と丼タレで、よりはっきりと強調される感じです。

■そう言えば、ご飯ですが、丼タレが掛かることを計算してか、わずかに硬めな炊き上がりになっています。

このお店の丼タレは、きりっと醤油が立っていて、甘味抑え目なので、後味がさっぱりしています。

ご飯との組合せの点からいうと、さっぱりしている分、丼タレとご飯だけで食べ進めるタイプではなく、天ぷら、漬物などと平行して食べる感じが良さそうです。

130301.銀座・天國 0016

■具材に麩とアオサとネギが入った、白味噌ベースの味噌汁です。

ちゃんと蓋が閉まって出てくるあたりは、さすがちゃんとした天ぷら屋さんです。

揚げ物の途中で挟むには、優しい味わいでほっとさせてくれます。

130301.銀座・天國 0015

■付け合せの漬物は、タクアンとキュウリの漬物です。

食べ続けていると、揚げ物とご飯が連続するという意味で味わいに変化が乏しい状況では、野菜の漬物はいいアクセントになり大活躍です。

■総括としては、厚い衣にきりっとした味付けが特徴の、オリジナリティがある美味しい天丼を出してくれるお店です。

お店の自己紹介にもある通り、職人の揚げ技と秘伝の丼タレがあってこそ、このお店独特の天丼が生まれるんでしょうね。

特に「衣が厚く揚げたてなのに、油切れが良いのはなぜか?」ということを考えると、次回はぜひ“天ぷら”も食べてみたいですね。

天ぷらでは、高級店から庶民店まで幅広いお店が存在する銀座ですが、ちょっといいお店で気軽に食べるというシチュエーションでは第一候補に挙げられるお店だと思います~♪

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス




にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
250位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
115位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html