スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老舗鉄板焼店の名物・激辛“ココットカレー”@日本橋=紅花別館

『鉄板焼を世界に広めた老舗で、なぜか名物スリランカカレー~?! 』

   ~レストラン 紅花別館 @日本橋

■今日は、日本橋でランチです。

日本橋近辺のレストランは、老舗、和風、綺麗でお洒落、といったキーワードでくくれそうなお店が多いんです。

江戸時代からの大都会であることと、三井グループが総力を挙げて再開発していることから、この傾向が出るんでしょうね。

そういえば、日本橋では“カレー屋さん”を見かけないような気がします。それなら逆に、探してみることにします。

■食べログの、大エリア区分“東京・日本橋”エリアの“カレー”人気順ランキングを見てみます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみて下さいね~♪)

第1位 【京     橋】 ダバインディア (インド料理、インドカレー)
第2位 【丸  の  内】 インデアンカレー・丸の内店 (カレーライス、パスタ)
第3位 【京     橋】 南インド料理 ダクシン・八重洲店 (インド料理、インドカレー)(訪問済みブログ未掲載)
第4位 【銀座一丁目】 札幌ドミニカ・銀座店 (スープカレー、創作料理)
第5位 【京     橋】 南インドカレー&バル エリックサウス (インド料理、インドカレー)<未訪問>
第6位 【馬  喰  町】 南インド料理 ダクシン・東日本橋店 (インド料理、インドカレー)(八重洲店に訪問済み)
第7位 【東 京 駅 内】 仙臺たんや 利久・東京駅店 (牛タン、カレーライス)
第8位 【日  本  橋】 紅花別館 (鉄板焼、洋食、カレー) <未訪問>
第9位 【京     橋】 3丁目のカレー屋さん (カレーライス、欧風カレー) <未訪問>
第10位 【丸  の 内】 グリル満天星 麻布十番・丸ビル店 (洋食、オムライス、カレーライス)

やっぱり、日本橋にはカレーのお店が少ないようですね。このエリアのトップ10で1軒のみです。

今日は、日本橋のNo.1カレー店、“紅花別館”に行ってみることにします。

130318.日本橋・紅花別館0002

■“レストラン 紅花別館”は、1937(昭和12)年に日本橋でオープンした“甘味喫茶紅花”をそのルーツとしています。

初代オーナーは、大正末期から昭和初期にかけての俳優、タップダンサーとして活躍した方なんだそうです。

戦後、焼け野原となった跡地に“レストラン紅花”を開業すると、洋食・鉄板焼のお店として成功します。

さらに、1964(昭和39)年にはアメリカ・ニューヨークに“BENIHANA OF TOKYO”を開業し、アメリカで鉄板焼ブーム(≒日本食ブーム)を巻き起こします。

現在でも、アメリカで“BENIHANA OF TOKYO”の店名で、80店舗を展開しているそうです。

■また、日本の店舗では、鉄板焼以外にも、スリランカ人店員の“まかない”から生まれたココット(壷)カレーが大人気になったそうです。

1980年台後半のバブル期には、兜町・茅場町と近いこともあって、昼時にはリッチな証券マンが、この千円超の壷カレーを求めて行列を作ったとの話もあるようです。

現在は、鉄板焼、洋食、カレーの3枚看板の老舗レストランとして営業しています。

130318.日本橋・紅花別館0022

■お店は、東京メトロ・日本橋駅の真上にある、中央通りと永代橋通りが交わる日本橋交差点から行くと、中央通りを北向きに20m進み、一つ目を左折し30m進んだ右側にあります。徒歩1分ほどです。

現在は、永代橋通りに面した広い敷地が工事中になっていて、その裏手に当たります。

お店に着いたのは、ちょうど12:00ごろです。

グレーの壁に赤いテントの小奇麗な一軒家風の店舗を入ると、1階は鉄板焼、2階は洋食のお店となっています。客席数は40席あるそうです。

事前の調査で、カレーは洋食メニューに含まれていることを知っていたので、2階に案内されると思いきや、なぜか1階の鉄板焼のテーブルに案内されます。う~ん、何でかな? (^-^;)

1階には大小の鉄板焼テーブルがいくつかあり、そのうちの一つに他のお客さんと相席で座ります。

130318.日本橋・紅花別館0007

■お店の入口には、1階の鉄板焼メニュー、2階の洋食メニューが貼り出されています。

でも、入口で一度「カレー」と告げると、席に座ってもメニューリストが出てきません。

店員さんが「カレーですね?」と聞いてきたので、逆に「どんな種類があるのですか?」と聞くと、「チキンかシーフードで、チキンならすぐ出せます。」との返事です。裏を返すと、シーフードだと時間が掛かるようです。

目の前の鉄板焼のテーブルを見ると、鉄板上にたくさん“壷”が並んでいて、“チキン”を選択すると、この一つの壷が目の前に寄せられて来ます。

これで、“ココットカレー”(1,575円)の注文は完了です。

う~ん、こんな奇妙な注文の仕方は、今までにしたことがありません。。。(^-^;)

【サラダ】
130318.日本橋・紅花別館0010

■注文完了後、まもなくサラダがやって来ます。

写真ではレタスしか見えませんが、千切りニンジンや薄切り紫玉ネギなどが載っています。

柔らかい味わいのビネガー系ドレッシングが掛かっていて、とっても食べやすいサラダです。

食べ終わった後の皿を見ると、ドレッシングの色はなんと緑色。何か野菜のピューレと酢・油が混ざって作られているようです。

【必需品】
130318.日本橋・紅花別館0013

■サラダを食べ終わるころ、店員さんが緑色のビンに入ったお水を持ってきます。

最初、席に座った時からグラスに入ったお水が置いてあったのに、何ででしょう?

あとで、その理由に気付きます。。。(^-^;)

【ココットカレー】
130318.日本橋・紅花別館0014

■店員さんが、ライスを持って来てこれをテーブルの上に置き、ココット(壷)の蓋を持ち上げて、「どうぞ!」と言って、蓋を持ち去っていきます。

すると、壷の中から、いろんなスパイスが入り混じった、複雑な香りを含んだ湯気がぱっと立ち昇ります。

そして、壷の底まで届く柄杓のようなスプーンでルーの量を確認しようとしますが、あまりよく見えません。

そこで、少量のルーと、具材をちょっとだけすくい出して、ご飯に掛けてみます。

130318.日本橋・紅花別館0016

■ルー自体は、かなりさらっとしていて、まるでスープカレーのようです。

ルーをライスに掛けると、粘度が低くて、米粒と米粒の間にルーがすべて染み込んでいきます。

具材としては、鶏肉、じゃがいも、玉ネギ、ピーマン、マッシュルームが入っているようですね。

それでは、ルーの掛かったライスを、さっそく一口食べてみます。

むむむ、、、


う~ん、これはウマい~!! ヾ(*´∀`*)ノ


さらっとしたルーは、30種類のスパイスを使っているというだけあって、繊細にしてかなり複雑な味わいです。

辛さはほどほどで、粘度が低い割には、しっかりとしたコクと旨みがあります。

インドカレーと比べると、スパイスの押し出しが控え目で、その分繊細なニュアンスが出ている感じがします。

■具材の鶏肉は、ブロイラーではないようで、しっかりとした旨みがあり、ルーが染みていて鶏の旨みが倍増している感じです。

野菜類にもルーがしっかり染みていて、1個丸ごとのジャガイモや、肉厚な玉ネギも、とっても柔らかく、かつ美味しくなっています。

具材は、ルーに合わせて、種類・サイズ・量が、よく計算されています。

130318.日本橋・紅花別館0019

■ルーをしっかり掛け直して、第2ラウンドに入ります。

先ほどは、どうもルーをケチり過ぎて、このままだとルーが余りそうなので、しっかりとルーを掛けます。

そして、どんどん食べ進みます。

すると、あれれ、、、


めっちゃ、カラ━━━━(゜∀゜*)━━━━━イ!!!


第1ラウンドでは、ルーとライスの比率がおかしかったようです。本当は、すごく辛いんですね。

しっかりルーを掛けて食べると、スパイスの複雑さはそのままに、押し出しの強い、骨太な味わいに変わります。

激しい辛さとコク深い旨みが、同時に表裏一体になって迫り来る感じです。

辛いと感じた瞬間に、頭部の汗腺がぱっと全開になり、滝のような汗が噴出してきます。

130318.日本橋・紅花別館0025

■ご飯がなくなったのでお替りをし、第3ラウンドに入ります。

具材は第2ラウンドで全て食べてしまったので、ライスとルーのみです。

辛さのあまり、お腹が一杯になったかどうか、だんだん分からなくなってきます。

なので、ただひたすら、完食に向けて食べ続けます。


う~ん、辛い、美味い、あつーい~! ヾ(;´▽`A``


辛さと美味さの連続波状攻撃で、胃袋を中心に、体全体が熱くなってきます。汗はまさに滝の如く流れ続けます。

全て食べ終わると、汗を多量にかいたせいか、風呂上りのような爽快感があります。

食べ終わった感想を一言でいうと、「幸せ」ですね! 「食べた!」という満足感で満たされます。 ヾ(*´∀`*)ノ

【付け合せ】
130318.日本橋・紅花別館0011

■付け合せとして、コップに入った福神漬と、おっきならっきょうが出てきます。

辛いものがそんなに得意でない人は、これら付け合わせを途中でうまく挟むといいんでしょうね。

ちなみに、このカレーを食べる時は、途中で水は飲まない方が良いと思います。もっと辛く感じちゃいます。

■総括としては、このお店の看板メニューの一つである“ココットカレー”は、とっても個性的な激辛で美味しいカレーです。

スリランカカレーと名乗っていますが、スパイスの使い方などの点において、インドカレーの類とは方向性が異なる感じがします。

複雑なスパイスが奏でる激しい辛さと、それと同時にやって来るコクと旨味は、かなりクセになるもので、食後の爽快感とともに、このカレーの最大の魅力となっています。

お値段に関してはやや高いので、賛否両論あるようですが、この唯一無二の麻薬性のある深い味わいの虜になった人には関係ない話ですね。個人的には、このコスパで十分満足です。

カレー好きなら、大いに試してみる価値がある逸品です。おススメですよ~♪

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス




にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
245位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
115位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html