スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渋谷の歓楽街の狭間にある人気の老舗カレー店=ムルギー

『個性的な味わいで他の追随を許さない老舗の無国籍カレー~♪』

   ~ムルギー -MURGI- @渋谷

■今日は、渋谷で一人ランチです。

仕事の都合で、食事の時間があまり取れないため、ぱっと出てきてさくっと食べられる料理がいいですね。

そこで思い付いたのが、渋谷にある、とあるカレー屋さんです。

■食べログで、中エリア区分“渋谷”エリアの“カレー”人気順ランキングでお店を確認します。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみて下さいね~♪)

第1位 【渋谷】 カレーハウス・チリチリ (カレーライス) (訪問済みブログ未掲載)
第2位 【神泉】 ムルギー (カレーライス) <未訪問>
第3位 【渋谷】 おまかせ亭 (洋食、創作料理、カレーライス) <未訪問>
第4位 【渋谷】 カンティプール (ネパール料理、カレー) <未訪問>
第5位 【渋谷】 ネバリコ (ネパール料理、カレー) <未訪問>
第6位 【神泉】 宇田川カフェ (カフェ、パスタ、カレーライス) <未訪問>
第7位 【神泉】 カレーやさん LITTLE SHOP (カレーライス) <未訪問>
第8位 【渋谷】 もうやんカレー 246 渋谷店 (カレーライス、居酒屋、欧風カレー) 
           (“もうやんカレー 池・池袋店”に訪問済み)
第9位 【渋谷】 チャオタイ・渋谷道玄坂店 (タイ料理、タイカレー) <未訪問>
第10位 【渋谷】 ラージ・マハール (インド料理、インドカレー) <未訪問>

そういえば、渋谷ではほとんどカレーを食べたことがありませんね。上記のとおり、ほとんどが未訪問です。

今日のターゲットは、以前から目を付けていた、第2位の“ムルギー”です。

131008.渋谷・ムルギー0001

■“ムルギー”は、1951(昭和26)年創業のカレー屋さんです。今年で創業62年になる老舗です。

日経トレンディネット”の記事によると、初代店主さんがビルマ(現ミャンマー)を訪れた際に食べたカレーに衝撃を受け、日本でカレー店を開いたのが始まりなんだそうです。

店名の“ムルギー”とはヒンディー語で“鶏肉”の意味だし、店の看板には“印度料理”と書いてあるので、インドカレーかと思いきや、実際は違うようです。

もともとビルマで食べたのは、英国人が作ったカレーだったそうですが、これをスパイスを駆使して店主さんなりにアレンジしてあるので、欧風でもない、印度風でもない、もちろん日本風でもないカレーなんだそうです。

いったい、どんなカレーなんでしょうね。

ちなみに、秋葉原にも“ムルギー”という店名のカレー屋さんがありますが、こちらは支店ではなく、渋谷のお店で修行した人が暖簾分けを受けた別のお店のようです(昔は王子にあったのが移転したそうです)。

■お店は、JR渋谷駅ハチ公口から行くと、大交差点を渡って道玄坂(渋谷109の左側の上り坂)に入り、200mほど進んで右手にどでかく黄色い“博多風龍”看板を見たら右折します。

そこから“渋谷百軒店商店街”の始まりで、周りの雰囲気が歓楽街っぽくなってきます。急な坂を50m登って突き当たって左折し、30mほど進んだ右手にお店はあります。

お店に着いたのは、12:35ごろです。こげ茶色に塗った古めのビルの1階に、レンガ造りの重厚でレトロな雰囲気の入口があります。

お店に入ると、昭和の喫茶店のような雰囲気で、総席数は38席あります。基本は四角い4人テーブルが基本ですが、テーブル同士の間を隔てる衝立が高くて隣が見えないのが面白い造りです。

そう言えば、このお店、営業時間は11:30から15:00までのみで、夜の営業はありません。

131008.渋谷・ムルギー0005

■メニューは、カレーは基本的に“ムルギーカリー”(1,000円)と“ハヤシカリー”(1,100円)の2種類です。

このお店では、看板メニューの“ムルギーカリー”があまりにも有名で人気なので、“ハヤシカリー”を注文する人はほとんどいないはずです。(少なくとも、自分の周りでは注文している人はいませんでした。)

“ハヤシカリー”は、おそらく常連さんの気分転換メニューになっているものと思われます。

“ムルギーカリー”のバリエーションとして、“玉子入りムルギー”(1,050円)があり、メニューには“当店おすすめ”との記載があります。

サイドメニューも、“サッテ(焼きチキン)”と“ガドガドサラダ”の2種類のみの設定です。かなりシンプルなメニュー構成ですね。

カレーは、大盛り(+350円)があるほか、甘口(+50円)、辛口(+50円)、大辛(+100円)に変更可能です。チーズトッピング(+100円)、玉子増量(+50円)なんていうのもありますね。

自分は初訪問なので、お店のおすすめどおり、“玉子入りムルギー”をデフォルトのままで注文します。

【玉子入りムルギー】
131008.渋谷・ムルギー0011

■注文してからなんと2分後(!)、注文の品が出てきます。早いですね~!

カレーの上に、スライスしたゆで卵が綺麗に並べられ、その上にケチャップが線を描くように掛かっています。

また、ゆで卵の列に沿って、クリームが白い線を描いています。

上から見ると、とっても綺麗に盛り付けられているのが分かりますが、ライスの形がちょっと変わっています。

131008.渋谷・ムルギー0008

■カレーが盛られたお皿を、斜めから写真を撮るとこんな感じです~♪

これが“カレー通”の方々の間では<常識>となっている、ムルギーの“エベレスト”です。グルメブロガーの方々は、皆さんこの写真をアップしています。

初代店主さんが世界旅行や登山が趣味だったそうで、遊び心でライスをこのように盛ったのが始まりで、このお店では伝統的にこのように盛っているようです。

自分はこれを見ると、子供の頃に食べた百貨店の大食堂のお子様ランチの、爪楊枝の国旗がささった富士山型のチキンライスを思い出しますね~♪

131008.渋谷・ムルギー0012

■それでは、カレーを一口食べてみます。

むむむ、、、


う~ん、これは美味しいですね~! ヾ(*´∀`*)ノ


色が黒々としているのでどんな味なのかと思ったのですが、評判どおり、欧風カレーのようでもあり、インドカレーのようでもある不思議な味わいです。

ルーに野菜がしっかり溶け込み、ほんのり甘くてコクがあるところは欧風で、後から感じるしっかりスパイスが効いているところはインド風です。

味わいをもっと正確に言うと、最初に玉ネギを炒め切ったようなかすかな苦味がきて、続いて野菜由来の優しい甘味、鶏肉由来の旨味とコク、最後にスパイスがじわ~っと効いてくる感じです。

この一連の味わいにはすごく安定感があって、さすが老舗の看板メニューであることを思い知らされます。

このお店について書いた記事によると、このお店のルーは、鶏肉と野菜と13種類のスパイスを1週間煮込んで作っているんだそうです。

131008.渋谷・ムルギー0018

■ルーはどろっとしていて、野菜は完全に溶け込んでいるのですが、鶏肉はそぼろ状になって入っているのが確認できます。

欧風とインド風をミックスした個性的な味わいに慣れてきて、食べるペースが上がってきた頃に面白いことに気付きます。

食べ始めてしばらくは「辛くないな~」と思っていたのですが、途中から体が辛さを感じたらしく、汗が止まらなくなります。これは心地良いですね。

最初から辛いと感じるカレーは唐辛子を立たせ過ぎているので、自分としては×なのですが、ここまでゆっくり効いてくるのも初めてです。ある意味、スパイスの使い方が絶妙なんですね~♪

食べている途中でケチャップ付きのゆで卵を食べると、口の中のスパイス感が一瞬和らぎ、変化を楽しめます。

そうこうしているうちに、ルーもライスもどんどんなくなっていきます。

131008.渋谷・ムルギー0010

■こちらは、白いお皿の縁に小さく盛り付けられている、お店オリジナルの“手作りチャツネ”です。

フルーツや香辛料を煮詰めたジャムのようなもので、好みでルーに混ぜるのですが、これがかなり美味しいんです。

基本は甘いのですが、煮詰めた苦味とほど良いスパイスの効き具合で、いかにもエキゾチックな味わいです。

131008.渋谷・ムルギー0006

■こちらは、卓上の漬物です。赤いのが福神漬けで、黄色いのがたくあんです。

自分は、カレーとライスのペース配分を間違ったので、ライスが余ったのですが、これがあればライスも完食です~♪

■総括としては、オリジナリティ溢れる、個性的な美味しいカレーのお店です。

しかも、“ムルギーカリー”という単一のメニューで、60年以上も人気を維持しているというから脅威的です。

やはり、上野の“デリー”同様、創業者が海外で感動したカレーの味を日本で再現しようと努力した結果、唯一無二の味が生まれたということなんでしょうね。

しかも、それを真面目に頑なに守り続けているからこそ、人気が続くんだと思います。こういうお店には、ずっと頑張って欲しいですね。

欧風とインド風が日本で融合した、素晴しい無国籍カレーです。老若男女、広く皆様におススメです~♪

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス




にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Kentaroさん♪
おはようございます~v-222v-16

このカレー美味しそうですね~♪
このルーの中にたくさんのスパイスや野菜が入っているのでしょうね。。。
かなり煮込んであるのですね。。。
チャツネも添えてあるところって珍しいですよね?

たくわんと福神漬けもあるインドカレー店っていうのも面白いですね~^^
日本人に合わせて下さっているのでしょうね。。。

素敵なお店です。。。v-218

Re: No title

> Kentaroさん♪
> おはようございます~v-222v-16

Paganiniさん、こんばんは~!
いつもコメント、ありがとうございます~♪ m(_ _)m

> このカレー美味しそうですね~♪
> このルーの中にたくさんのスパイスや野菜が入っているのでしょうね。。。
> かなり煮込んであるのですね。。。
> チャツネも添えてあるところって珍しいですよね?

野菜を溶けるまで煮込むと、なんであんなに美味しくなるんでしょうね。
おっしゃるとおり、野菜とスパイスと鶏の旨味がしっかり溶け込んでいるカレーでした。
インド料理屋だと時々見かけるチャツネも、日本系カレー店ではかなり珍しいですね。
ずいぶんと手間隙をかけていらっしゃるようです。

> たくわんと福神漬けもあるインドカレー店っていうのも面白いですね~^^
> 日本人に合わせて下さっているのでしょうね。。。
> 素敵なお店です。。。v-218

ふふふ、そうですね。インド人には福神漬&沢庵は似合いませんもんね。
さすが日本人オーナーのお店です~♪
(*^_^*)b

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメさん、こんばんは~!
コメントありがとうございます。
こちらこそ、いつも楽しくブログを拝見させていただいています~♪

逆に自分はネコちゃん・ワンちゃんを飼いたいのですが、長期間家を空けることが多く、頼める人がいないため、他の方のブログの写真を見ることで癒されているんですよ~♪

ルードメール、自分もお気に入りで、実はこの3年で月一ぐらいでは通っています。
なので、メニューはほぼ踏破しちゃっておりまして。それでも通っちゃいますね~♪

> 最近は、荒川区の尾久銀座商店街の
> 「シバ」というインド・ネパール料理の
> カレーにはまってます。安い、おいしい、遅い??

インドカレーって、奥が深いですよね。香辛料の魔術というか。。。
チャンスがあれば、突撃してみますね~♪
(*^_^*)/
プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
234位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
109位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html