スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸の内オフィス街のオアシスのような人気ビストロ=ブラッスリー・オザミ

『ビジネスマンの短いお昼時間でもしっかり本格ビストロ~♪』

   ~ブラッスリー・オザミ -Brasserie Aux Amis- @有楽町

■今日は、隊長と有楽町でランチです。

自分は普段丸ノ内線を使っているので、東京駅の丸の内側や銀座のグルメ探検は比較的容易です。

でも、有楽町や京橋は丸ノ内線の駅から離れているので、平日だと難しいものがあります。

今日は、所用があってたまたま有楽町に来たので、せっかくのチャンスをしっかり生かして探検します~♪

■食べログの、中エリア区分“日比谷・有楽町”エリアの“レストラン”人気順ランキングを見てみます。

(店名をクリックすると過去のの訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみて下さいね~♪)

第1位 【有楽町】 あろいなたべた・有楽町店 (タイ料理、タイカレー)
第2位 【日比谷】 ザ・ペニンシュラ・ブティック&カフェ(カフェ、欧風料理、ケーキ)
第3位 【日比谷】 アピシウス (フレンチ) <未訪問> ☆
第4位 【有楽町】 ブラッスリー オザミ 丸の内 (フレンチ) <未訪問>
第5位 【内幸町】 日比谷 松本楼 (洋食、欧風カレー、ハヤシライス)
第6位 【日比谷】 ピーター (フレンチ、西洋各国料理、バー) <未訪問> ☆
第7位 【日比谷】 レ・セゾン (フレンチ) <未訪問> ☆
第8位 【日比谷】 おいしいカレー工房 ひつじや (インドカレー、インド料理)
第9位 【日比谷】 インペリアル・バイキング サール(バイキング、洋食・欧風料理、西洋各国料理)<未訪問>☆
第10位 【有楽町】 ヴァンピックル 丸の内 (フレンチ、ワインバー、ビストロ) <未訪問>

☆印を付けたお店は、ランチのお値段が弾けるため、サラリーマンのランチからは当面除外します。

すると残りはあと2軒で、東京国際フォーラムの裏手にある新東京ビルに入っている“ブラッスリー オザミ”と“ヴァンピックル”だけです。

どちらが先でもいいのですが、今日は“ブラッスリー・オザミ”に行ってみます。

131025.有楽町・ブラッスリー・オザミ0000

■“ブラッスリー・オザミ”は、2003(平成15)年に丸の内・新東京ビルにオープンした、カジュアルフレンチのお店です。

銀座や丸の内を中心に東京都心部でフレンチレストランをメインに展開しているオザミワールド㈱という会社が運営しています。

同社のお店は好立地にお洒落な店舗を構え、本格的な料理にリーズナブルな価格設定で、どのお店も女性を中心にかなり人気あります。我ら探検隊もお気に入りです。

同社のHPによると、店舗は次のとおりです。(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます~♪)

【銀      座 】 オザミ・デ・ヴァン (フレンチレストラン)☆
【丸   の   内】 オザミ・トーキョー (フレンチレストラン)☆
【銀座・丸の内】 ヴァンピックル (フレンチバーベキュー)
【丸の内・東京スカイツリー】 ブラッスリー・オザミ (フレンチレストラン)☆
【池     袋】 オザミ・サンカントヌフ (フレンチレストラン)
【銀     座】 パリのワイン食堂 (フレンチレストラン)☆
【銀座・上野駅】 バニュルス (スペインバル&レストラン)
【銀     座】 銀座 大野 (日本料理) (訪問済みブログ未掲載)
【 本所吾妻橋 】 オザミ工房 (パティスリー&ブーランジュリー)

フレンチレストランのお店は、看板を少し変えるごとに、コンセプトを変えているようです。

ちなみに、ミシュランガイドの姉妹本で、良質フレンチを紹介する『ボンヌ・プティット・ターブル東京』では、上記☆印を付けた4店舗が掲載されています。

131025.有楽町・ブラッスリー・オザミ0003

■お店は、JR有楽町駅・京橋口を左手に出て、目の前の道を左方向に50m進み、一つ目の交差点を右折、100m進んで丸の内三丁目交差点を左折、50m進んだ右手にあります。徒歩3分ほどです。

お店は“新東京ビルディング”の1階に入っていて、隣りにはエルメスの豪華なブティックがあったりします。

お店に着いたのは、11:50ごろです。

店内は、テーブル席とカウンター席合わせて44席ありますが、ちょうど満席になったばかりらしく、入口に待っている人が2人います。

5分ほどして、前に並んでいた2人組が入店し、その後まもなくしてカウンター席が空いたらしく、そこに案内されます。(その後周りを見ていると、お客さんの回転はかなり良いようです。)

店内は、本国パリのビストロを再現すべく家具調度をフランスから取り寄せているそうで、木目のテーブルに赤い布地の椅子など、いい雰囲気を出しています。

空間自体は、ガラスを多用して広く見えるよう工夫をしていますが、テーブルの感覚などはちょっと狭い感じです。賃料の高い新東京ビルディングでは致し方ないところでしょうね。

131025.有楽町・ブラッスリー・オザミ0001

■ランチメニューは、(前菜+主菜)または(主菜+ドリンク)で1,050円、(前菜+主菜+ドリンク)で1,250円となっています。

前菜は、“ロレーヌ風キッシュ”、“ワラサのコンフィ マヨネーズ風味”、“かぼちゃの温かいポタージュ”の3つから一つ選びます。

主菜は、基本は“吉田豚のパン粉焼き ウィーン風”か“宮古の秋鮭オーブン焼き スープ仕立て”ですが、“モンサンミッシェルのムール貝白ワイン蒸し フレンチフライ添え”(1,500円)または“牛ロースステーキ フレンチフライ添え”(1,800円)にグレードアップすることもできます。

また、追加料金(+210円)で、デザートとして“タルト盛り合わせ”または“チョコレートムース”を付けることが出来ます。

我ら探検隊は、前菜は“キッシュ”と“ワラサのコンフィ”、主菜は基本料金の“豚のパン粉焼き”と“秋鮭のオーブン焼き”にして、追加でデザートを2種類とも付けることにします。

【パン】
131025.有楽町・ブラッスリー・オザミ0005

■まずはじめに、金属製のお皿に載って、2種類のパンが出てきます。

このお皿の感じからすると、他のオザミ店舗と比べてかなりカジュアルで、いわゆる“ビストロ(大衆食堂)”をイメージしているみたいですね。

フランスパンもライ麦風パも、いずれもやや硬めのものです。

【ロレーヌ風キッシュ】
131025.有楽町・ブラッスリー・オザミ0011

■こちらは、前菜の“ロレーヌ風キッシュ”で、酸味の効いたフレンチドレッシングのサラダが添えてあります。

食べてみると、ベーコン、チーズ、マッシュルーム、玉子などが入っているオーソドックスなもので、美味しいですね。

さくさくのパイ生地は、ほんのりバターの香りがして、キッシュ全体を美味しく纏めています。

【ワラサのコンフィ マヨネーズ風味】
131025.有楽町・ブラッスリー・オザミ0008

■もう一つの前菜は、“ワラサ(若いブリ)のコンフィ マヨネーズ風味”で、こちらもサラダが添えてあります。

見た目は、シーチキンのマヨネーズ和えのような感じですが、食べてみると全然違います。

口に入れると魚らしい香りが広がるもので、それがマヨネーズでマイルドになっている感じです。

パンに載せて食べると、ワラサの香りと適度な塩気がほど良くて、美味しいですね。ワインにかなり合いそうです。

【吉田豚のパン粉焼き ウィーン風】
131025.有楽町・ブラッスリー・オザミ0015

■注文してから7分後、メインディッシュが出てきます。こちらは、隊員が注文した“吉田豚のパン粉焼き ウィーン風”です。

大きな豚肉のパン粉焼きには、オレンジ色のソースが合わせてあって、豚肉の下にはけっこうな量のマッシュポテトが乗っています。

とんかつ好きの自分としては、堪らないルックスですね~♪ 

131025.有楽町・ブラッスリー・オザミ0018

■それでは、豚肉をカットして、一口食べてみます。

むむむ、、、


う~ん、これは美味しいですね~♪ ヾ(*´∀`*)ノ


表面の衣がパリッとした豚肉は、噛むほどに豚肉のしっかりとした旨味を感じますね。やっぱりブランド豚の吉田豚だからでしょうか。

これに絡めるソースは、柔らかい甘味と酸味を感じるトマトソース(※)で、パン粉の衣を纏った豚肉を華やかに引き立てています。フレンチらしさを感じる美味しいソースですね。

付け合せのマッシュポテトは、できたて熱々のシンプルなもので、食べ応えがあって、ソースとの相性もいいですね。

(でも、“オザミ・デ・ヴァン”や“オザミ・サンカントヌフ”のマッシュポテトのような、濃厚なバター風味があるものを期待したので、ちょっと違ってました。ソースとのバランスを考えて変えてあるのでしょうか…?(^_^;))

※料理の名前に“ウィーン風”とあるので、“ウィーン風仔牛のカツレツ”のようなレモンバターソースなのかと思ったのですが違うようです。トマト味だと“ミラノ風カツレツ”なので、名称が違うような?この小さなナゾが解けません…(^_^;)

【宮古の秋鮭オーブン焼き スープ仕立て】
131025.有楽町・ブラッスリー・オザミ0012

■隊長のメインディッシュは“宮古の秋鮭オーブン焼き スープ仕立て”です。

野菜がたっぷり入ったスープの上に、大きな秋鮭の切り身のオーブン焼きが乗っています。

野菜はシメジを中心に、キャベツ、ニンジン、玉ネギ、ブロッコリー、春菊などが入っていて、スープの味を出すためにベーコンと乾燥貝柱が入ってます。

131025.有楽町・ブラッスリー・オザミ0014

■まずスープを飲んでみると、いろんな素材の旨味が染み出した優しい味わいで、フランスの家庭料理のような、ほっこりする味わいです。

具材の野菜、ベーコン、貝柱からだけではなく、鮭からも旨味成分が出ているんでしょうね。

そして、鮭のオーブン焼きを食べてみると、しっかりした身にスープの優しい味が染み込んでいて、なかなか美味しいですね。

柔らかく優しい味わいの中に、秋鮭から季節を感じることができるスープです。

【タルト盛り合わせ】
131025.有楽町・ブラッスリー・オザミ0025

■一つ目のデザートは、2種類のタルトが乗った“タルト盛り合わせ”です。

チョコレートタルトには、パイ生地との間にイチゴジャムが薄く入っていて、チーズタルトにはブルーベリージャムが入っています。

それぞれビストロならではの本格派ですが、けっこう甘いので、コーヒーの注文は必須ですね。

【チョコレートムース】
131025.有楽町・ブラッスリー・オザミ0023

■二つ目のデザートは、“チョコレートムース”です。酸味のあるベリー系ソースが掛かっています。

こちらは、わりと甘さ控え目の品の良い味で、大人の味わいといった感じです~♪

■総括としては、丸の内のオフィス街の真ん中で、カジュアル・フレンチをリーズナブルにいただける稀少なお店です。

イメージ的には、気軽に入れる“パリの食堂”といった感じで、リースナブルな価格と回転率の良さで、近隣オフィスのサラリーマンやOLからすると、重宝するでしょうね。

ただ、お店はそれなりにお洒落なのですが、スペースが狭くてお客さんで混んでいるので、平日のランチタイムは落ち着いて食事をするというよりは、さくっと食べることに終始してしまいますね。

でも、平日の夜や休日は、街の時間の流れ方自体がゆっくりに変わるので、また雰囲気が違うのかもしれません。

平日のランチタイムに関しては、丸の内三丁目界隈で、時間はないけど美味しいフレンチを食べたい時におススメです~♪

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス




にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
277位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
127位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html