スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京に居ながらにして本場・名古屋の“みそかつ”を満喫@銀座=矢場とん

『なぜか時々食べたくなる名古屋めし“みそかつ”~♪』

   ~矢場とん・東京銀座店

■今日は、東銀座でランチです。

仕事の都合でかなり遅めのランチになってしまったので、けっこうお腹が空いています。

こういう時は、がっつり系に偏るのですが、今日はそこにちょっとひねりを入れてみます。

■食べログで、中エリア区分“銀座”エリアの“天ぷら・揚げ物”人気順ランキングを見てみます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみて下さいね~♪)

第1位 【銀  座】 てんぷら 近藤 (天ぷら) <未訪問>
第2位 【東銀座】 矢場とん・東京銀座店 (とんかつ、かつ丼・かつ重) (名古屋・矢場町本店に訪問済み)
第3位 【銀  座】 銀座 梅林 (とんかつ、コロッケ・フライ) (訪問済みブログ未掲載)
第4位 【有楽町】 遊食豚彩いちにいさん・銀座店 (豚料理、豚しゃぶ、とんかつ)
第5位 【銀  座】 ゲンカツ (とんかつ、居酒屋、和食) <未訪問>
第6位 【銀  座】 とん喜 (とんかつ、かつ丼・かつ重)
第7位 【銀  座】 天ぷら 阿部 (天ぷら) <未訪問>
第8位 【銀  座】 明月庵 田中屋・ぎんざ本店 (そば、割烹・小料理、天ぷら) <未訪問>
第9位 【銀  座】 天冨良 いわ井 (天ぷら) <未訪問>
第10位 【銀 座】 立呑み マルギン (立ち飲み居酒屋・バー、串揚げ・串かつ) <未訪問>

“とんかつ”でお店を物色しようと思ったのですが、銀座のとんかつNo.1はなぜか名古屋名物の“みそかつ”です。

本場・名古屋では食べたことがありますが、東京では食べたことがないので、今日のターゲットは第2位の“矢場とん”にしてみます。

131225.銀座・矢場とん0002

■“矢場とん”は、1947(昭和22)年に“矢場のとんかつ”という店名で名古屋市内で開業しています。

創業者は、戦後の雑踏の屋台で、お客が“どて鍋(豆味噌煮込み)”に串かつを浸して食べてるのを見て、“みそかつ”をこの世で初めて開発・商品化したんだそうです。

それから60余年、“味噌かつ”は東海三県(愛知県、岐阜県、三重県)では超メジャーな料理となり、“矢場とん”も現在では名古屋市内を中心に17店舗を展開しています。

131225.銀座・矢場とん0006

■なお、この“矢場とん”の東京進出1号店は、今日訪問する“東京銀座店”で、2004(平成16)年にオープンしています。

その成功を受けて、2013年には東京駅周辺に2店、丸の内側“東京KITTE GRANCHE店”(テイクアウト店)と、八重洲側“東京駅グランルーフ店”に立て続けに新規オープンしています。

店舗数が増えたことで、東京でも“名古屋・みそかつ”が容易に食べられるようになりますね。

pict_shop09_06a.jpg

■お店は、東京メトロ日比谷線・東銀座駅の真上にある三原橋交差点から行くと、晴海通りを銀座方面に30m進んで右折し、50m進んだ右側にあります。徒歩1分です。

お店に着いたのは、14:30過ぎです。ビルの壁に描かれた、名古屋の矢場町本店よりも巨大な“黄金のブタ”が目印です。

1階、2階のカウンター席、テーブル席合わせて62席あるそうですが、自分は1階カウンター席に通されます。

時間が遅かったせいか、1階には先客ゼロだったのですが、後客は6人ほどいて、意外とお客さんは途絶えません。

ダークブラウンと白を基調とした清潔感のある店内で、女性一人でも入れるホスピタリティを保っています。

131225.銀座・矢場とん0007

■グランドメニューは、名古屋の矢場町本店と全く同じで、価格設定も全く同じです。

東京銀座店オリジナルメニューとして、“限定 銀座メンチ”(定食;1,050円)や“かつ丼”(1,260円)などがあり魅力的ですが、1年以上ぶりの“味噌かつ・矢場とん”なので王道メニューから選びます。

前回の矢場町本店訪問時に食べたのが“ロースとんかつ(定食)”だったので、これを外して選びます。

メニューに“おすすめオーダーチョイス”というページがあって、「矢場とんデビュー or 若者なら、ボリューム満点矢場とん看板メニュー“わらじとんかつ”や“みそかつ丼”」という記載を参考にします。

結局、“みそかつ丼(定食)”(1,260円)に、おすすめトッピング“ねぎ”(52円)を付けて注文します。

あと、ホットペッパーのクーポンで「定食注文で“どて煮”or“ポテトサラダ”プレゼント」とあったので、“どて煮”を無料でもらいます。

【どて煮】
131225.銀座・矢場とん0015

■注文してから5分後、サービスの“どて煮”が出て来ます。

食べてみると、けっこう甘めで濃厚でコクがある豆味噌ベースのたれの中に、細かくした豚ホルモンが入っています。

この味は、“矢場とん”のみそかつだれと同じような調味料を使っているようで、味の方向性は同じです。

いろんなホルモンが入っていて、食べてみるまでそれが何か分からないので、そこが意外と楽しくなってきます。

味が濃い目であることもあって、少し食べると、ビールが欲しくなってきますね~♪ (^_^;)

【みそかつ丼(定食)+ねぎ】
131225.銀座・矢場とん0017

■注文してから8分後、思ったよりも早く“みそかつ丼”の定食セットが出て来ます。

定食セットは、山盛りのキャベツ、味噌汁、ご飯、漬物で、トッピングのねぎも別皿でやって来ます。

131225.銀座・矢場とん0020

■たっぷりのみそだれを纏ったかつは、きれいな黄金色の揚げ具合で、衣の厚さはグルメとんかつとしてはやや薄めです。

豚肉自体の大きさは長辺が13cm程度、厚さが1cmほどで、サイズはまずまずですが、厚さはお値段の割には薄めです。

どんぶりのご飯にも、けっこうな量のみそだれが掛かっているようですね。

131225.銀座・矢場とん0026

■それでは、さっそくかつを一切れ食べてみます。

むむむ、、、


う~ん、やっぱり美味しいですね~! ヾ(*´∀`*)ノ


食べる前にイメージしたとおりの、矢場とんならではの甘めの豆みそだれがしっかり主張していますね。
(当たり前ですが、名古屋の矢場町本店の味と同じです。今日食べたかったのは、まさにこの味です~♪)

衣には、みそだれがたっぷり付いているので、基本しっとりしていますが、部分的には意外とからっとしています。

主役の豚肉は、厚さがないためボリューム感はあまりありませんが、自慢の九州産豚肉は、脂身にはほんのり甘みがあって、赤身は染み出る肉汁がジューシーです。

みそかつ全体のバランスとしては、こってりしたみそだれに、油で揚げたロースカツの組合せの割には、食べ続けても意外とくどくなくて、飽きずに美味しく食べ続けられます。(ここにお店のノウハウがあるんだそうです。)

さすが、名古屋ではどのお店でも行列ができるだけのことはありますね~♪

131225.銀座・矢場とん0028

■今回初めて分かったこととしては、ご飯とかつが別々の普通の“みそかつ定食”と、一緒の“みそかつ丼定食”とでは、食後感のイメージがやや違うことです。

前者だと、ご飯とみそだれのバランスは自分で決めることができますが、後者だとみそだれが自分の好みと関係なくすでに掛かっているため、自由度がありません。

特にみそだれは、濃厚で甘くてこってりしているため、個人的にはデフォルトは掛かり過ぎで、もっと少なくて十分だと思います。(でも、これが標準ということは、名古屋ではこのぐらいたっぷり味噌ダレが掛かった方が人気なんでしょうね。)

今回は追加のネギを投入して、これはこれで美味しく完食しましたが、みそだれに慣れていない自分には味が強過ぎますね。

自分は、次回以降は必ずご飯とかつが別皿のメニューを注文したいと思います。。。(^_^;)

131225.銀座・矢場とん0019

■山盛りのキャベツは、卓上にある2種類のドレッシングを掛けていただきます。

一つは“青じそドレッシング”ですが、もう一つは面白くて“みそだれドレッシング”なんです。

みそだれドレッシングは、みそかつのたれを薄くしたような味で、キャベツとよく合います。

131225.銀座・矢場とん0022

■こちらは、わかめの味噌汁です。こってりみそだれの合間に飲むと、口の中がさっぱりします。

131225.銀座・矢場とん0023

■こちらは、付け合せの大根の漬物です。何の変哲もない漬物ですが、気分転換に活躍します。

■総括としては、東京に居ながらにして、本場名古屋でNo.1の“みそかつ”の味を堪能できるお店です。

このお店の特徴は、印象に残る甘くて濃厚でこってりしたみそだれと、くどく感じないよう工夫されたみそだれととんかつのバランスの良さだと思います。

このみそだれの味は、自分にとっては、頻繁に食べるのはきつそうですが、思い出した時にふと食べたくなるもので、その意味でクセになる味です。

一方、銀座の一等地で気持ち良い空間で食事ができることは嬉しいのですが、豚肉が薄い割にはお値段はけっこうするのでコスパは一般的かと。

特に東京には“とんかつ”というジャンルで考えると、同じ価格帯で超ハイレベルな絶品とんかつを食べられるお店がごろごろあるので、個人的には“とんかつ”を食べたい時ではなく“みそかつ”を食べたい時に使いたいですね。

東京に居ながらにして本場・名古屋のNo.1みそかつを食べてみたい方に、広くおススメです~♪

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

Kentaroさんこんばんは!
またまた失礼いたします~。

おお矢場とん。
私は名古屋市近郊に住んでいることもあり、いつもなんですが、今回の記事は特にとっても楽しく読ませていただきました♪

もちろん人それぞれなんでしょうが、地元人の私でもここの味付けはしっかり・こってり・濃いと思います。

>このみそだれの味は、自分にとっては、頻繁に食べるのはきつそうですが、思い出した時にふと食べたくなるもので、その意味でクセになる味です。

仰るとおり! 本当にそうだと思います。

Re: No title

鍵コメさん、こんにちは~!

※昨日の深夜、一週間の中国出張から戻ってきました。
中国のホテルのネットからは書き込みができず、お返事が遅くなりすみません。。。
m( _ _ )m

みそかつは、けっこう甘味噌味が濃くて個性があるので、正直に言うと好みが分かれると思います。

名古屋めしだと、みそかつ、土手煮、味噌煮込みうどんあたりがほとんど同じ系統の味付けなのですが、初めて食べると、「旨い!」というよりは、「こういうもんなんだぁ~!」と思う人の方が多いと思われます。

ただ、自分もそうですが、「たまに食べたいなぁ~♪」と思うようになる人も多いようで、この手の料理を食べ慣れた中部3県の人でなくても、やがて通いだす人がいるみたいですヨ~♪
(*^_^*)b

※バンザイマークは、太字にするのを忘れていました。。。(^_^;)

Re: No title

椎名さん、こんにちは~!

先週は一週間、中国出張に行ってまして、中国のホテルのネットからは書き込みができないらしく、(FC2はアメリカの会社だから?)お返事が遅くなってすみません。。。m( _ _ )m

みそかつ、土手煮、味噌煮込みうどんなどの“味噌系名古屋めし”って、不思議な常習性がありますよね。
自分は名古屋に出張で行くと、せっかくだからと名古屋めしをせっせと食べまくり、帰る頃にはちょっと飽きてくるのですが、しばらく経つとふと食べたくなります。

自分の場合、そういう時は「世界の山ちゃん」に行くようにしてまして、自分の地元・池袋にお店が2店あることもあるのですが、一通りの名古屋めしが揃っているので、豆味噌欠乏症の対症療法には持って来いなんです。

東京には他にも“名古屋めし”のお店があるので、またレポートしてみますね~!
(*^_^*)v
プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
279位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
131位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html