スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド料理と微妙に違うニュアンスが楽しいパキスタン料理@池袋=マルハバ

『東京No.1パキスタン料理店はイスラムの戒律に正しく則ったお店~♪』

   ~パキスタン・レストラン マルハバ -مرحباً (MARHABA)- @池袋

■今日は、池袋で休日ランチです。

隊長・隊員ともに、久しぶりに辛い料理が食べたくなったので、四川料理系かインド料理系からお店を探そうと考えます。

そんな時、ふっと思い出したのが、池袋にある“パキスタン料理”のお店です。

■食べログで、中エリア区分“池袋”エリアの“アジア・エスニック”人気順ランキングを見てみます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみて下さいね~♪)

第1位 【池袋東口】 サイゴン・レストラン (ベトナム料理、東南アジア料理)
第2位 【池袋西口】 フォー・ベト (ベトナム料理、カレー)
第3位 【池袋西口】 メコン (タイ料理、タイカレー)
第4位 【池袋北口】 アガリコ (ビストロ、東南アジア料理、ワインバー)
第5位 【池袋東口】 コラボ・池袋店 (韓国料理、焼肉、居酒屋)
第6位 【池袋西口】 GARA スパイスレストラン・池袋店 (インド料理、インドカレー、洋食)
第7位 【東 池 袋 】 エルトリート・池袋サンシャイン店 (メキシコ料理、アメリカ料理)
第8位 【池袋北口】 マルハバ (パキスタン料理、インド料理、インドカレー) <未訪問>
第9位 【東 池 袋 】 韓豚屋・池袋サンシャインシティ店 (韓国料理、焼肉、冷麺)
第10位 【池袋西口】 ベンシーズキッチン・ルミネ池袋店 (タイ料理、タイカレー、ラーメン) <未訪問>

※池袋駅周辺については、東口のグリーン大通りの南側を“南口”、西口の駅前通りの北側を“北口”と記載。

池袋のエスニック・ジャンルは、特定の国や地域の料理に偏ることなく、バランスが良いのが特徴です。

そう言えば、東池袋にある南インド料理の名店“エー・ラージ”が第1位のはずなのですが、食べログではなぜか“掲載保留”(?)となっていてランキングには出てきていませんね。

上記トップ2のベトナム料理店は、“東京都全域”のベトナム料理店のランキングでも第2位と第4位になっていて、ともに東京を代表する老舗のベトナム料理店です。

今日のターゲットは、そんな中でも変り種の、未訪問となっている第8位のパキスタン料理“マルハバ”です。

140211.池袋・マルハバ0000

■“マルハバ”は、2005(平成17)年以前からある、パキスタン料理のお店です。

お店の名前は、現地の言葉で“こんにちは”や“いらっしゃいませ”の意味で、中華料理屋で言えば“你好(ニーハオ)”とか“歓迎(ホェンイン)”という店名みたいな感じです。

一般の日本人からする、とインド料理もパキスタン料理も、どちらも香辛料を多用したカレーのようなもので、似た感じがするかもしれません。

でも、インドは概ねヒンズー教の国、パキスタンはほぼイスラム教の国なので、宗教上の禁忌が全く異なるため、料理も当然全く違ってきます。

パキスタン料理のこのお店の場合、イスラムの戒律を厳格に守っているため、ノンアルコール&ハラールフード(豚等の禁止)となっています。

パキスタン料理について少し調べてみると、豚肉を食べないこと以外に、①羊は全身あらゆる部位を使用すること、②肉料理が多いこと、③調理に油を多用することなどが挙がられるようです。

このお店は、“通”な人にとっては貴重なお店となっていて、マイナー系エスニック料理店として“All About”の記事にも出ています。

■ちなみに、食べログでは“アジア・エスニック”ジャンルの中に、“南アジア料理-パキスタン料理”というジャンル区分が設定されていて、これによると東京都内では29軒が登録されています。

参考までに、“東京都全域”の“パキスタン料理”人気順ランキングでお店の位置付けを確認します。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみて下さいね~♪)

第1位 【銀座】 デリー・銀座店 (インド料理、インドカレー、パキスタン料理)
第2位 【品川】 シターラ・ダイナー (インド料理、インドカレー、パキスタン料理) <未訪問>
第3位 【池袋】 マルハバ (パキスタン料理、インド料理、インドカレー) <未訪問>
第4位 【新宿】 カラチ (インド料理、インドカレー、パキスタン料理) <未訪問>
第5位 【】 シディークパレス・麻布十番店 (インド料理、インドカレー、パキスタン料理) <未訪問> m

この辺りまでがメジャーと言える口コミ数(50件)を獲得しているお店です。

“パキスタン料理”と謳うお店でも、そのほとんどがインド料理・インドカレーがメインで、パキスタンの肉系の焼き物料理をメニューに多少導入しているケースが多いようです。

その意味では、“マルハバ”は本格的パキスタン料理として、実質的に東京都No.1のお店と言えます。

140211.池袋・マルハバ0011 (2)

■お店は、JR池袋駅北口を出て、線路沿いの道とホテルサンシティーを隔てて反対側の道を400m進んだ右側にあります。徒歩7、8分です。

目の前にスーパーホテルというビジネスホテルがあって目印になります。周りは駅の繁華街からは完全に離れていて、中小ビルやマンションなどが立ち並んでいます。

お店に着いたのは13:00ちょっと前です。

お店に入るとすぐにガラス張りのキッチンが見えて、奥の客室はカウンター席とテーブルクロスを掛けたテーブル席が整然と並んでいて、総客席数は37席です。

先客は団体込みで日本人8名、後客は日本人2名・外国人2名です。店員さんはおそらくオーナーのパキスタン人で、流暢な日本語で丁寧に対応してくれます。(団体客の日本人が、ウルドゥー語らしい言語で注文をしていて、ちょっとビビります。)

普段から、お客さんは日本人からはパキスタン系に見える外国人が多いようです。厳密なハラールをまもっているからこそ、敬虔なイスラム系の人が集まってくるんでしょう。

照明は暗めで落ち着いた雰囲気になっており、内装はシンプルながらも中近東を感じさせる絵画や置物などがあって、なかなか良い雰囲気です。(昭和の喫茶店の雰囲気もありますね…(^_^;)

140211.池袋・マルハバ0008

■このお店のレギュラーメニューは、種類が多くて事前情報がない限り、選ぶのに困ってしまうぐらい充実しています。

サラダ4種、前菜8種、串焼き8種、チキンカリー8種、マトンカリー7種、フィッシュカリー6種、野菜カリー4種、ダル(豆)カリー4種、スペシャルカリー3種、ビリヤニ類6種、ナン類4種、デザート類3種、セット3種と言った具合です。

特徴的なのは、羊を使った料理が豊富で、カレーだけでなく、串焼きやビリヤニ類にも多用されています。

事前情報では、スパイスを多く使用した辛いマトンカレーの“マトンカラヒ”、マトンやチキンなどの“ビリヤニ類”、マトン肉の“串焼き類”が人気のようです。

特殊なところでは、日本ではこのお店でしか食べられないという羊の脳みそのカレー“ブレインマサラ”なんて料理もあります。

140211.池袋・マルハバ0009

■このお店のメニューで、もうひとつ迷う要素としては、超お得な価格設定のランチメニューがあります。

カレー1種類にライス(またはナン)とドリンクを付けたAセットは、なんと700円という価格です。

カレー2種類にライス(またはナン)、タンドリーチキン、ドリンクを付けたBせっとは850円と、もっとお徳になります。

これらに、“野菜パコラ”(天ぷら)や“野菜サモサ”(煮込み野菜の包み揚げ)を加えたセット(Cセット)や、“シシカバブー”(マトンひき肉の串焼き)や“ボディカバブー”(マトン肉の串焼き)を加えたセット(Dセット)の設定もあります。

さらに“ビリヤニ”のセットもあって、サラダとドリンクが付いて750円となっています(Eセット)。

アラカルトと比べてもかなりお得なので、さんざん迷った挙句、隊員はカレー2種にシシカバブーが付いたDセット、隊長はビリヤニのEセットを注文します。

【Dセットのプレート】
140211.池袋・マルハバ0013

■注文してから15分後、DセットとEセットが同時に出て来ます。

Dセットのプレートには、選択した2種類のカレー(マトン&チキン)と“シシカバブー”、サラダが載っています。

【シシカバブー】
140211.池袋・マルハバ0016

■こちらは、“シシカバブー(マトンひき肉の串焼き)”で、まずこちらから食べ始めてみます。


う~ん、なかなか美味しいですね~! ヾ(*´∀`*)ノ


パンチのある複雑な香辛料を纏ったマトン肉は、炭焼きのような香ばしさを伴っていて、噛むほどに羊肉の旨味が感じられます。味付けは、それなりの辛さがあって、旨辛系ですね。

本来クセのあるマトン肉にいろんな香辛料を合わせたペーストが塗り込まれていて、羊肉の旨味はそのままに臭みがうまく消されています。

すごくビールが欲しくなりますが、このお店にはないんですよね。残念です…(;^_^ A)

【マトンカレー】
140211.池袋・マルハバ0018

■次は、小皿に入ったマトンカレーをいただきます。量的にはインドカレー店の鉄腕よりも少ない感じです。

骨付きのマトン肉が数個入っていて、上から細切りの生姜とパクチーが少量掛かっています。

スプーンで一口食べてみると、、、

う~ん、これもなかなか美味しいですね~! ヾ(*´∀`*)ノ


カレー自体は粘度が低くさらっとしているのですが、その中にはしっかりとした旨味があります。

香辛料も食べ始めはやや辛く感じる程度で、非常にマイルドですが、後からじわ~っと辛さが効いてくる、自分が最も好きなタイプです。

多くのインド料理店だと、マトンカレーは粘度が高くどろっとしていて、香辛料を多く使って辛く仕上げてあるのですが、それと比べるとかなりニュアンスが違いますね。これがパキスタン流でしょうか。

カレーの中の羊肉はしっかり煮込まれていて、適度な歯応えを残しつつも、柔らかく簡単に咀嚼できます。旨味はそこそこで、ジューシーなエキスはカレーに溶け出しているんでしょうね。

生姜とパクチーも巧くアクセントとして効いていて、マトンカレーを引き立てています。

【チキンカレー】
140211.池袋・マルハバ0017

■続いて、こちらも小皿に入ったチキンカレーです。赤めのカレーの中にチキンの塊が数個入っています。

たべてみると、むむむ、、、

粘度が低くさらっとしているのはマトンカレーと同じですが、味わいもあっさりしていて、旨味も香辛料も弱い感じです。

カレーも鶏肉も普通に美味しくいただけますが、食べる順序が良くなかったのか、インパクトに欠ける感じがします。

辛さ、味わいともに穏やかなので、食べ慣れが必要なのかもしれません。また、ビリヤニなど他の香辛料を多用した料理と一緒に食べると良いのかもしれませんね。

こちらもインド料理店と比べると、チキンカレーは濃厚なコクのあるバターチキンカレー風に仕上げられていることが多いように思うのですが、見た目は割りと近いものがあるものの、味わい、ニュアンスは全く違う感じですね。

【サラダ】
140211.池袋・マルハバ0019

■サラダは、キャベツ、ニンジン、トレビスを乱切りにして、フレンチドレッシングを掛けたものです。

見た目に彩りの工夫をしていますね。ドレッシングの酸味がほど良くて、口の中の香辛料を中和してくれます。

【ナン】
140211.池袋・マルハバ0031

■ナンは、直径が25cmほどのほぼ円形のものを半分にカットした形で供されます。

食べてみると、表面がパリッとしていて、中はそんなにふんわりしたものではなく、味もさほど付けられていない素朴なタイプです。

日本人好みのふわっとした食感に少し甘味のあるナンではないのですが、カレーに付けてもカレーの味を邪魔しないプレーンなナンとも言えそうです。

【マトンビリヤニ】
140211.池袋・マルハバ0023

■こちらはEセットのプレートで、マトンビリヤニが載っていて、ガラスの小皿でサラダが添えられています。

強力な香辛料の香りを放つビリヤニの中には、マトン肉の塊と、いろんな香辛料がちらちら見えます。

ビリヤニの上にちょこんと載せられた輪切りのゆで卵が、見た目とっても可愛らしいですね。^^

140211.池袋・マルハバ0026

■それでは、さっそく一口食べてみます。


う~ん、これは美味しいですね~! ヾ(*´∀`*)ノ


お米は長粒米のバスマティライスでぱらっと仕上がっており、穏やかながらも複雑な香辛料使いで奥深い味わいです。

クミンシード、マスタードシード、ブラックペッパーホールなどは認識できますが、他にもいろいろ入っています。

食べ続けると、香辛料が不均一に存在するので、一口ごとに風味・味わいが微妙に異なり、楽しく食べられます。

具材は羊肉のみとシンプルですが、羊肉からも旨味が出ているようで、塩気や辛さは控え目なのにインパクト不足や飽きを全く感じさせない、安定した美味しさで食べ続けることができる一品です。

一緒に混ぜ込まれている骨付き羊肉は、柔らかくて旨味がたっぷりあり、香辛料を纏ってうまく味と風味がコントロールされています。

※本来、ビリヤニは具材とともに“炊き上げる”ものらしいのですが、このお店の場合は出来上がっているものを“炒め”て供されるようです。日本では、炒めるビリヤニの名店もあるので、日本人としては気にしなくても良いようです。

【ドリンク】
140211.池袋・マルハバ0022

■“ラッシー”と“アイスミルクティー”です。料理と同時にやって来ます。

インド・中近東系の料理では、飲み物は香辛料を中和する重要な役割があるので、このタイミングで正解ですね。

■総括としては、とってもリーズナブルに、美味しい本格的なパキスタン料理を楽しむことができるお店です。

自分にとっては初めての本格的パキスタン料理でしたが、インドから独立した国の料理だけあってインド料理と近い部分が多いものの、全体としては微妙にニュアンスが違う感じがします。

乱暴な言い方をすると、中近東風インド料理といった感じで、宗教的禁忌と香辛料使いの差異からくるニュアンスの違いがあるように思います。

探検隊としては、抜群のコスパを含め、かなり気に入ったので、今後ちょくちょく訪問してみたいと思います。

日本では中近東料理と言えば他にトルコ料理ぐらいしかないので、そちらと合わせて深く研究してみたいものです。

普通に美味しいエスニック料理を食べたい方にもおススメですが、インド料理通、カレー通の方で、ど真ん中の王道に飽きてしまった方には特におススメです~!

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

昔、銀座にあったパキスタンレストランで、
「羊の脳味噌カレー」食べましたよ。
真っ赤な、豆板醤みたいなペースト状で、
あまりに辛くて味はよくわからなかったです(笑)。

No title

Kentaroさん♪
おはようございますv-222v-16

パキスタン料理店は今までに一度も行ったことがありません^^;
でも。。。
私が住んでいるこの街のカレー店はほぼ全店がバングラディッシュ人がやっています。
パキスタンのカレーもそれに近いものがあるのかなぁ?と思って読みました。
とても興味深いお店です^^

カレーは大好きです。。。

※ナンってお店によって違いますね。。。

Re: No title

Paganiniさん、こんばんは~!
先ほど(FC2へのアクセス制限がある)中国出張から帰ってきて、やっとお返事が出来ますです~!

自分も今回初めてパキスタン料理を食べましたが、事前に調べたり、違いを意識しようとしない限り、インド料理系のお店との違いは、料理を食べただけでは分かりませんね~♪^^;

日本だと、インド、バングラディッシュ、スリランカ、パキスタンの料理は、ほとんど区別されていないみたいですが、それぞれの国の人からすると、宗教上の禁忌が異なり、食べてもいい食材が違うので、どこの国の料理屋であるかが非常に大事なことみたいですヨ。

カレー自体にもナンにも特徴があるので、インド料理屋さんに飽きたら変化球としてお試し下さいね~♪
(*^_^*)b

Re: No title

つかりこさん、こんばんは~!
つかりこさんは、脳みそカレーを召し上がったことがあるんですね~♪^^
自分も、グルメ探検の時は必ずそのお店の特色ある料理を食べるようにしており、今回もお店に着くまではチャレンジするつもりだったのですが、直前でビビッてやめちゃいました。
実は2ヶ月ほど前に熊本に行って、馬料理のフルコースを食べたのですが、その中に“脳みその甘辛煮”みたいな料理があって、味は濃厚でまずまず美味しいのですが、リアルな見た目で途中リタイアしたことを思い出しちゃったんです。
このお店の脳みそカレーも、つかりこさんが食べた“ペースト状”らしく、見た目はグロくないようなので、次回は頑張ってみます。。。
(^_^;)
プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
301位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
128位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html