スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本における本格インド料理の草分け的存在@麹町=アジャンタ

『スパイスの魅力を日本に広めた伝道師的インド料理店~♪』

   ~純印度料理 アジャンタ -Indian Spice Magic AJANTA “अजंता” - @麹町

■今日は、麹町でランチです。

この街はかつて日本テレビの城下町で、オフィスビルも多く立ち並ぶのですが、食事処は少ない感じがします。

今回は、麹町での初のグルメ探検なので、ちゃんとしっかりお店探しをしてから突撃します。

■食べログで、大エリア区分“赤坂・永田町・溜池”エリアの“レストラン”人気順ランキング(※)を見てみます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみて下さいね~♪)

第1位 【溜 池 山 王】 ロウリーズ・ザ・プライム・リブ 東京 赤坂 (牛料理、アメリカ料理、バイキング)
第2位 【虎  ノ   門 】 そば処 港屋 (そば)
第3位 【半  蔵  門 】 エリオ・ロカンダ・イタリアーナ (イタリアン)
第4位 【麹      町】 アジャンタ・麹町店 (インド料理、インドカレー)
第5位 【赤      坂】 兄夫食堂・赤坂本店 (韓国料理、焼肉、韓国鍋)
第6位 【赤 坂 見 附】 黒猫夜 (中華料理、上海料理、四川料理)
第7位 【六本木一丁目】 さいとう (寿司)
第8位 【永  田  町 】 赤坂 四川飯店 (四川料理、担々面)
第9位 【赤      坂】 室町砂場・赤坂店 (そば) (室町砂場・本店に訪問済み)
第10位 【 赤     坂】 赤坂一龍 別館 (韓国料理)

※ラーメン店を除く補正済み。

このエリアは、四ツ谷・市ヶ谷の南側から赤坂・永田町あたりまでが一括りになっていますが、やはり赤坂に人気のお店が偏っているようです。

今日のターゲットは、上記ランキングで唯一の麹町のお店、第4位の“アジャンタ”です。

140318.麹町・アジャンタ0028 (2)

■“アジャンタ”は、1954(昭和29)年に阿佐ヶ谷で、初めはチャイを出すインド風喫茶店として創業したインド料理店です。

創業当初よりこのお店では香辛料を多用する本格的チキンカレーを出していたため、1949年創業の銀座の“ナイルレストラン”と並んで、日本のインド料理店の草分け的存在と言われています。

当時このチキンカレーは評判を呼び、1961年にはインド大使館に近い九段へ移転し、その後客席120席、調理人12人、フロアスタッフ20人の大規模店舗へと成長したそうです。

1980年代には支店も店舗まで拡大したようですが、その後本店を九段から麹町に移し、支店は全て閉鎖したそうです。

さすが歴史の長いお店だけあって、このお店出身者のインド料理店もたくさんあるみたいですね。

Cave_26,_Ajanta1
(ネット上から拝借した、インドが誇る世界遺産“アジャンタの石窟群”第26窟内部の写真です。行ってみたいですね!)

■このお店のカレーについては、お店のHPではいろんな形で紹介しています。断片を拾うと次の通りです。

・レシピのルーツは、創業者の出身地である南インドの(中上流階級の)家庭料理であること。
・南インドの純粋な料理を提供するため、日本人向けにアレンジしていない本場の味であること。
・50年以上引き継いでいる味を変えていないこと。
・「他店では一週間分のスパイスを一日で使っている」というエピソードがあるらしい。

なるほど。一度信念を持って提供し、世の中に受け入れられたものをこだわって残していく姿勢は、他の料理の老舗とまったく同じですね。

140318.麹町・アジャンタ0026

■お店は、東京メトロ有楽町線・麹町駅6番出口から行くと、目の前の道を左方向(南方向)に30mほど進み、一つ目の交差点の左角にあります。徒歩30秒です。

お店に着いたのは、12:00ちょうどです。

お店の入口ドアが開いていて、待ち行列が伸びていたのでその後ろに並んでいると、インド人の店員さんが「店内デ、オ食事デスカ?」と聞いてきます。

当たり前でしょ!と思いながら、「はい!」と答えると、「2階ヘドウゾ。」とのこと。行列の先をよく見てみると、テイクアウトの行列だったんですね。(後で行列の理由が分かります。)

インド絵画や調度品が飾られた階段を上がると、2階フロアは群青色に塗られた天井に、赤や黄色の椅子カバー、赤いテーブルクロスに、黄金色中心のインドの装飾品と、ど派手な空間が広がります。

店内は、1階のカウンター席を合わせて65席あるそうですが、2階席は常時8割ぐらいの埋まり具合です。

140318.麹町・アジャンタ0002

■ランチタイムは、3種類のセットが用意されています。

・ワンカレー (1,300円);お好みカレー1種類、ご飯 または お好みパン
・ランチペア (1,500円);お好みカレー2種類 ご飯 または お好みパン
・ランチセット(2,000円);お好みカレー2種類、お好みスープ、ご飯とお好みパン、お好みドリンク

お値段としては、最低価格が1,300円と、やや強気の価格設定でしょうか。

※逆にテイクアウトの価格は700円前後と格安で、これがテイクアウト行列の原因のようです。

■カレーは、なんと全部で21種類も用意されています。他店と比べても、かなり豊富な種類ですね。

スープは、ラッサム(刺激的なコンソメ)かトマトスープの二者択一です。トマトスープは夏は冷製があるようです。

パンは、ナーン、パトゥーラ、ロティ、チャパティの4種類から選択します。なお、ナーンとライスはお替り自由です。

■まずセットの種類は、いろいろ試してみたいので、いろいろ選べる“ランチセット”にします。

カレーは、これだけ選択肢があるとかなり迷いそうですが、事前情報ではこのお店の看板カレーは“チキンカレー”、“マトンカレー”、“キーママター”の3つです。自分はこのうち前二者を選択します。

スープはもちろん“ラッサム”にしますが、インド人の店員さんから「カライデスケド、大丈夫デスカ?」と聞かれ、OKと答えておきます。

パンは定番の“ナーン”にして、ドリングは5種類ラッシーの中から定番を外して“さくらラッシィ(ピンク色の薬膳ラッシィ)”にします。

さてさて、日本にインド料理を浸透させてきたお店のカレーはどんな感じなんでしょうね。楽しみです~♪

【サラダ】
140318.麹町・アジャンタ0009

■注文してから5分後、メニューには書いていなかったのですが、サラダが出て来ます。

コールスローみたいな見た目ですが、食べてみると、ヨーグルトと塩胡椒だけで味付けされたシンプルなものです。(もしかすると、レモン汁もかかっているかも。)

やや硬めのキャベツがいい歯応えで、食べ慣れてくると胡椒が強めであることに気付き、これから始まるスパイス・ショーを予感させてくれます。

【スープ】
140318.麹町・アジャンタ0010 (2)

■サラダとほぼ同時に“ラッサム”が出て来ます。“インドの味噌汁”と言われる、インド料理の定番スープです。

他のインド料理店同様、見た目からさらっとしているので、スパイスを優しく効かせた野菜スープであることが予想されます。

そう思って、一口飲んでみると、スープ自体はコクは穏やかでトマトの酸味がしっかりあります。と思った次の瞬間、


めっちゃ、カラ━━━(*´∀`*)o^∀^o)*´Д`*)━━━イ!!!!!!


時間差で強烈な刺激が襲って来て、頭皮から汗が滝のように溢れ出てきます。自分史上、最高に辛い“ラッサム”です。

スープの中身を見てみると、トマトやキャベツなどの野菜とそぼろ状のお肉、それにいろんな種類の香辛料がたくさん入っています。油で揚げたような唐辛子を多数発見し、辛い理由が分かります。

とにかく辛いのが特徴ですが、スープとしてのバランスが良いので、このお店のラッサムには大ファンが多いらしいのですが、それも十分頷けます。

【ランチセット】
140318.麹町・アジャンタ0012

■サラダ、スープの3分後、2種類のカレーと、ライス、ナーンがやって来て、セットのすべてのものが揃います。

それでは、セオリー通り、比較的辛くないはずのチキンカレーから順に食べることにします。

(ただ、今日は“ラッサム”ですでに味覚が破壊されてしまっているため、味が分かるか心配です…(^^;)

【チキンカレー】
140318.麹町・アジャンタ0018

■それでは、黄色いルーが特徴のチキンカレーから食べてみます。

う~ん、ルーはさらさらで粘度は低く、香りの上では香辛料の押し出しははっきりしていてエスニックらしい良い風味です。

ココナッツミルクとヨーグルトを使っているそうで、そのためか、味わいは柔らかく、食べやすい仕上がりです。

これはこれで美味しく食べられるのですが、コクや旨味も弱い感じなので、、パワフル感や食べ応えの面では多少物足りなさを感じます。

辛さ自体は、メニュー表ではこのお店最高の3ツ星が付けられていますが、さきほどのラッサムの効果で、まだ舌が痺れ続けているのか、そこまで辛くは感じません。

ごろっと2個入っている骨付きの鶏肉は、肉の旨味が香辛料で引き立てられており、かなり美味しいですね~♪ 
ヾ(*´∀`*)ノ 

【ナーン】
140318.麹町・アジャンタ0014

■最長部で40cmほどある大きなナーンを手で一口大にちぎって食べてみます。

う~ん、これはかなり美味しいですね~! ヾ(*´∀`*)ノ

手でちぎる時にすでに分かったのですが、全体にもっちりしていて底面はパリッとしており、まず食感のコントラストが◎です。

噛めば、しっかり小麦の香りが口の中で広がり、ほんのり甘味もあって、ナーンだけでも食べられるタイプのものです。

【マトンカレー】
140318.麹町・アジャンタ0015

■つづいて、マトンカレーを食べてみます。

むむむ、、、


う~ん、これは美味しいですね~! ヾ(*´∀`*)ノ


ルーはドロッとして粘度が高く、香辛料使いは複雑かつバランスが良くて、華やかでコクのある味わいです。

普通マトンは独特の臭みがあるため、強めの香辛料を大量に使って臭みを消すのですが、このマトンカレーは臭みの消し方には強引さがなく、必要最低限の刺激で最適処置がしてある感じです。

ゴロゴロ4個ほど入っているお肉は、クセのある匂いはパーフェクトに消し去られ、旨味たっぷりで絶品です~!^^

辛さはこのお店最高の3ツ星ですが、さきほどのラッサム効果でそこまで辛くは感じません。

このマトンカレーは、しっかりした旨味があるので、ライスで食べても、ナーンで食べても美味しいですね~!  
ヾ(*´∀`*)ノ

【卓上セット】
140318.麹町・アジャンタ0008

■卓上には、甘い果実のジャムのようなチャツネ(写真左)と、辛い玉ネギの漬物アチャール(同右)が置いてあります。

どちらも、カレーの合間に食べると、かなり良いアクセントになります。

【ラッシー】
140318.麹町・アジャンタ0023 (2)

■メニューには、“さくらラッシィ”とか“ピンク色の薬膳ラッシィ”とか書いてあるので、味の予想がつきません。

思い切って飲んでみると、意外なことに、ちょっとだけ酸味がある普通のラッシィです。美味しくて良かった~♪^^

【デザート】
140318.麹町・アジャンタ0025

■最後に出てきたデザートは、オーソドックスな濃厚バニラアイスです。

今日のカレーたちの刺激が強かっただけに、バニラの甘味がひときわ優しく感じます~♪

■総括としては、オーソドックスな南インド料理とは何たるかを理解することができる、安定感のある美味しいインド料理のお店です。

インド料理の中でも、特に香辛料を多用する南インド料理ですが、ここ10年で開店した人気店と比べると、香辛料使いは穏やかで雑味がなく、しかもバランスが良くて安定感があります。

その意味では、香辛料使いの複雑さや斬新さによる刺激や目新しさを求めるのではなく、このお店の料理の安定した美味しさ・味わいに惚れ込んで通うのが正しい使い方のような気がしますね。

料理のお値段としては、他に格安の南インド料理店がたくさんあるので、老舗料金といったところでしょうか。味が良いことを含めると、コスパは一般的です。

自分としては、次回は50年守り続けられているというカレー以外の料理や、21種類ある他のカレーもぜひ試してみたいですね。

単にカレーが好きな方にもおススメですが、インド料理の中でも刺激が強い南インド料理を正しく理解したい方には特におススメです~!

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ずいぶん昔に行きましたねー。
その時の記憶では、
「南インドの現地そのままのカレーは猛烈に辛い」という印象でした。
ほうれんそう系とレンズ豆系の2種をたのんだはずですが、
確かに他店では味わえないようなスパイスづかいですが、
日本人が好む “旨味” がほとんどないか、
辛くてほとんど感じられないかでしたね。

そして、ランチタイムでなかったからだと思いますが、高かった。
そのせいでその後は近づかなかったのですが、
ランチタイムメニューやテイクアウトがあるなら、
久しぶりに食べてみたくなりますねー。

ご案内ありがとうございました。

No title

Kentaroさん♪
こんにちは~v-222v-16

麹町はあまりというか行く機会がない場所です。。。
テイクアウトもあるのですね。
ランチ設定・・・Kentaroさんもおっしゃっているように、ちょっとお高めかしら~?ふふっ

1種類のカレーですから1000円以下でお願いしたい気もします^^;

※かれぇカレーはちょっと弱いぶぅ^^;
でもカレー大好きなので食べてみたい気もします~^^

Re: No title

つかりこさん、こんばんは~!

> ずいぶん昔に行きましたねー。
> その時の記憶では、「南インドの現地そのままのカレーは猛烈に辛い」という印象でした。
> ほうれんそう系とレンズ豆系の2種をたのんだはずですが、確かに他店では味わえないようなスパイスづかいですが、日本人が好む “旨味” がほとんどないか、辛くてほとんど感じられないかでしたね。

南インド料理や、中国の四川料理・湖南料理なんかは、まずあの激辛に慣れないと良し悪しが分からないという、普通の日本人には理解しがたいハードルがありますよね。

自分は35歳までは、ハウスジャワカレー甘口で撃沈していましたので偉そうなことは言えませんが、そのハードルを越えると、強烈に魅惑の世界が広がっていて、中毒的な喜びがあると思います。
2000年初頭の“ダバインディア”@京橋に端を発する南インド料理は、日本では過激化の一途を辿り、“ダルマサーガラ”@東銀座あたりが、いま最も過激で華やで繊細な激辛の極地にあるお店かと思います。
この辺りのお店と比べると、“アジャンタ”の辛さは、素朴で家庭的な感じですヨ。

> そして、ランチタイムでなかったからだと思いますが、高かった。
> そのせいでその後は近づかなかったのですが、
> ランチタイムメニューやテイクアウトがあるなら、
> 久しぶりに食べてみたくなりますねー。

確かにこのお店、アベレージがお高いですよね。アラカルトだとすごいのでは?!
ランチ1,300円、テイクアウト680円という値段は、老舗としてはかなり頑張っていると思いますヨ。
“ナイルレストラン”@銀座との食べ比べも合わせておススメです~♪
(*^_^*)/

Re: No title

> Kentaroさん♪
> こんにちは~v-222v-16

Paganiniさん、こんばんは~!
三寒四温とは言いながらも、日々の気温の差が激しすぎて、困っちゃいますよね!

> 麹町はあまりというか行く機会がない場所です。。。

Pagaさんも自分も、麹町は池袋からだと有楽町線で一本で行けるのに、あんまり行きませんよね。
たぶん、旧日本テレビ本社を含めオフィスビルばかりなので、用事が発生しようがないからですかね…

> テイクアウトもあるのですね。
> ランチ設定・・・Kentaroさんもおっしゃっているように、ちょっとお高めかしら~?ふふっ
> 1種類のカレーですから1000円以下でお願いしたい気もします^^;

ははは、自分も完全に同意です。カレー1種類なら700円が相場ですよね~!
でも、このお店ではお値段が高い分、お店が満席にはならず、かなりゆっくりできたので、店員さんの対応の良さと居心地の良さを含めて、コスパ的には納得でした~♪

> ※かれぇカレーはちょっと弱いぶぅ^^;
> でもカレー大好きなので食べてみたい気もします~^^

ふふふ、Pagaさんは激辛カレーが苦手でしたね~!
辛いものを食べるのは、誰でも最初は苦しいのですが、“ランナーズ・ハイ”や“クライマーズ・ハイ”と同様に、“スパイシー・ハイ”って実際にあって、苦難を越えるとその苦難が堪らない快感に変わるんですヨ。
一度、3日連続でちょーお腹を空かせてみて、その度に南インド料理や本場四川料理をガツガツ食べてみると、ほぼ確実にこの境地にたどり着くかと思います。体調が良い時に、気が向いたら気まぐれでお試しくださいね~!
(*^_^;*)v

No title

ナイルレストランも行ったことありますよ。
こちらは逆に、全然辛くないなー、って印象でした。
ナイルさんが出てきて、「鶏肉をほぐして、全部をまじぇて」って、
おなじみの説明をしてくれました(笑)。
あそこは、独特な “油” を使うのが特徴ですよね。

No title

こんにちは。(^^)

インドカレー、美味しいですよね。
私はインドカレーが好きで、急に思い立って食べに行くことがあります。
Kentaroさんの記事は、とても分かりやすいので、
読んでいるだけなのに、軽く汗が出るような感じがしました。(^^;)

Re: No title

つかりこさん、こんばんは~!

> ナイルレストランも行ったことありますよ。
> こちらは逆に、全然辛くないなー、って印象でした。

ナイルレストランも行かれたんですね。
確かに、自分の記憶でも、エキゾチックな感じはしましたが、カレー自体はまったく辛い印象がないですね^^;

> ナイルさんが出てきて、「鶏肉をほぐして、全部をまじぇて」って、
> おなじみの説明をしてくれました(笑)。
> あそこは、独特な “油” を使うのが特徴ですよね。

ナイルさんの「まじぇ、まじぇ」という講釈を聞くもの、あのお店に行ったら外せませんよね。
自分は一度ランチに行ったきりなのですか、夜飲みに行っていろんなものを食べたら印象が違うかもしれませんね~!
(*^_^*)b

Re: No title

> こんにちは。(^^)

スパロウさん、こんばんは~!
いつも楽しくスパロウさんのブログを拝見しております~♪^^

> インドカレー、美味しいですよね。
> 私はインドカレーが好きで、急に思い立って食べに行くことがあります。

自分もそういう時、ありますよ!
インドカレーの魅力は、やっぱり複雑な香辛料の魔力でしょうか?
お恥ずかしながら、10年ほど前までは、ボンカレーの中辛が限度だったのですが、中国の四川省で現地の陳麻婆豆腐を食べてからは、香辛料の魔力にハマりまくってます~♪

> Kentaroさんの記事は、とても分かりやすいので、
> 読んでいるだけなのに、軽く汗が出るような感じがしました。(^^;)

そう言っていただけると、この上なく嬉しいです~♪
.+゚*《感》(PД`゚q《激》。:゚+

No title

おっふぁようございます~

ここの近所に 勤めております。

その昔 とんねるずの番組でもよく話が出てましたよね

当時は24時間営業だったような???

マトンを食されたのですね♪

おいら的には これが一番お勧めです(^_-)-☆

でも一番辛いんですよね(確か…うろ覚え)

カレーですと 次回は近所にあるプチアラカパニュやサロンドカッパも是非!

Re: No title

しろくま番長さん、こんばんは~!^^

“とんねるず”ですか。世代がかぶりますね~♪^^
ただ、若かりし頃、自分はグルメではなかったので、彼らが話していたことさえ記憶にないんです…

こちらのカレー、21種類中2種類しか試していませんが、マトンは良いですよね~♪
ただ、あまりにメニューが豊富なので、さらに訪問が必要と思っておりますです!
(この近所にお勤めというのが羨ましいです~!)

おススメのお店も、チャンスを作ってチェックしてみますね~♪
(*^_^*)b
プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
297位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
124位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html