スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀座の高級フレンチ・ブディックで快適な極上ランチ=ベージュ・アラン・デュカス 東京

『優雅な空間でゆっくり・しっかりいただく極上ランチ~♪』

   ~ベージュ・アラン・デュカス 東京 -BEIGE ALAIN DUCASSE TOKYO- @銀座

■今日は、銀座でグルメ友達のK君とランチです。

“グルメ野郎”を名乗るには、やっぱり銀座で評判の良いお店は、庶民的なお店から高級店まで、一通り押さえておきたいところです。

洋食系でいえば、フレンチ、イタリアン、伝統的洋食の3ジャンルで、高級店ならそれぞれ数軒知っていればいいでしょうか。

数ヶ月前にイタリアンのジャンルから“ブルガリ・イル・リストランテ”に訪問したので、今日はその対抗馬となりそうなフレンチのお店に行ってみます。

■食べログで、中エリア区分“銀座”エリアの“フレンチ”人気順ランキングを見てみます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみて下さいね~♪)

第1位 【銀     座】 ラデュレ・サロン・ド・テ・銀座三越店 (カフェ、洋菓子、フレンチ) <未訪問>
第2位 【銀     座】 ロオジエ (フレンチ) <未訪問> ★★★
第3位 【銀     座】 オーバカナル 銀座 (カフェ、フレンチ、パン)
第4位 【銀座一丁目】 ベージュ・アラン・デュカス 東京 (フレンチ) <未訪問> ★
第5位 【銀     座】 マリアージュフレール・銀座本店 (紅茶専門店、カフェ、フレンチ) <未訪問>
第6位 【銀座一丁目】 銀座 シェ・トモ (フレンチ) <未訪問>
第7位 【銀     座】 ダロワイヨ・銀座本店 (カフェ、ケーキ、フレンチ) (訪問済みブログ未掲載)
第8位 【銀座一丁目】 オザミ・デ・ヴァン・本店 (フレンチ、ワインバー)
第9位 【銀座一丁目】 ブラッスリー・ポール・ボキューズ 銀座 (ビストロ、カフェ・喫茶、バー・お酒)
第10位 【銀座一丁目】 サロン・ド・テ・アンジェリーナ・プランタン・銀座本店 (フレンチ、ケーキ、カフェ)

★印を付けたのは、『ミシュランガイド東京 2014』で、星が付いたお店です。

第4位の“ベージュ・アラン・デュカス”は、“ブルガリ・イル・リストランテ”と同じプレミアムブランド系で、かつ両方ともミシュラン1ツ星で、良い好敵手になりそうですね。

今日は、このお店に行ってみることにします。

140402.銀座・ベージュ アラン デュカス0001

■“ベージュ・アラン・デュカス 東京”は、2004(平成16)年12月にオープンした、フレンチのお店です。

お店のHPにある記載が、お店の特徴を知るのに分かりやすいので引用してみます。

*******************************************
【Introduction】
「ベージュ アラン・デュカス 東京」は、最高級ファッションブランド「シャネル」と「アラン・デュカス・エンタープライズ」のコラボレーションによって2004年に誕生しました。両者に共通する“シンプルかつエレガント”なエスプリが、料理と空間の細部にいたるまで表現されています。厳選された最良の日本の食材を最大限に使用し、洗練されたフランス料理をご用意いたします。

【Cuisine】
総料理長・小島景の代名詞ともなった鎌倉野菜をはじめ、豊富な魚介類、茨城の梅山豚、北海道オークリーフの乳飲み仔牛などの日本の厳選食材、そしてフォワグラ、ブレス産の鶏、ブルターニュ産オマール海老など、フランスでしか入手できない最高食材をふんだんに使い、伝統的かつモダンな料理が生み出されています。丹念な仕事によって引き出される深い味わいは、そのシンプルさとともに強い印象を残します。

【Interior】
インテリアのすべては、世界のシャネルブティックすべての設計を担当するデザイナー、ピーター・マリノ氏によって演出されています。テーブルアートには、陶磁器やクリスタルはもちろん、シルバーやゴールド、温かみのある木材、銅、ゴムや漆器まで、多彩な素材が使用され、ヨーロッパだけでなく、日本の伝統工芸や、クリエイターによる作品が、“シンプル&エレガント”のテーマのもとに選ばれています。
*******************************************

なるほど。お洒落で洗練された空間で、素材重視の自然派フレンチがいただけるようですね~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

2b.jpg
(お店のHPから拝借した、ラウンジスペースの様子。オシャレですね~♪)

■『ミシュランガイド東京 2014』では、このお店は次のように紹介されています。

*******************************************
「シャネル」と「アラン・デュカス」の出会いから誕生した店。デュカス氏が提案したのは、日本の食材の特性を生かしつつ時代の先端を歩むフランス料理。モナコの「ル・ルイ・キャーンズーアラン・デュカス」で修行した日本人シェフが調理場を任されている。鎌倉の西洋野菜、北海道の乳飲み仔牛や茨城の梅山豚(メイシャントン)など、国産素材を多く使う。「カレ・シャネル ショコラ-プラリネ」は定番のデザート。食前や食後は屋上テラスで寛ぐのも良い。
*******************************************

6b.jpg
(同じくお店のHPから拝借した、テーブルと座席のイメージ。上品でシックに落ち着いています~♪)

■お店は、東京メトロ銀座線・銀座駅の真上にある銀座四丁目交差点から行くと、中央通りを京橋方面に250mほど進んだ左手、銀座二丁目交差点の角にあります。

シャネル銀座ビルディングの10階にあり、建物脇の入口にはレストラン専用受付があり、専用エレベーターで10階まで上がります。

座席は1週間前に予約してあり、お店には予約をした12:00ちょうどに到着します。

エレベーターを降りると、さらにコート類を預ける受付があって、ラウンジスペースを抜け客席エリアに着きます。

140402.銀座・ベージュ アラン デュカス0054a

■客席エリアは、天井が高く、一面ガラスなので自然光が燦々と注ぎ込み、明るくて白いテーブルクロスが映えます。

客席は80席あるようですが、なかなかの高級店にもかかわらず、平日昼間で8割ぐらいは埋まっているように見えます。

我々は、店舗内側の席に案内されますが、中央通り沿いの窓側客席が一段下がっているので、視界は広々しています。

お店の明るさやお洒落度は“ブルガリ~”とほぼ同じぐらいですが、天井の高さ、客席間隔の広さは、後からできた“ブルガリ~”の方が上でしょうか。

ややモダンで派手目の“ブルガリ~”、ややシックで上品目の“ベージュ~”といったところです。

140402.銀座・ベージュ アラン デュカス0007

■ランチメニューは、次の3通りが用意されています(税・サービス料(12%)込)。

季節のコース①(6,160円);アミューズ、お好みの2皿<前菜1皿、メインディッシュ1皿>、小菓子、デザート、食後のお飲物

季節のコース②(10,080円);アミューズ、お好みの3皿<前菜1皿、魚料理1皿、肉料理1皿>、小菓子、デザート、食後のお飲物

シェフおまかせメニュー(14,560円);アミューズ、3皿、小菓子、デザート、食後のお飲物

今日は何の記念日でも打上げでもないので、入門偏の“季節のコース①”を選択します。

140402.銀座・ベージュ アラン デュカス0012

■前菜、メイン、デザートは、次の中から選びます。

<前菜>
・レンズ豆のヴルーテスープ、ブレス産鶏肉のロースト ※
・タラのコンフィ、ジャガイモのクリーム煮
・鴨とフォアグラのパテ・アンクルート *

<魚料理>
・キンメダイのア・ラ・プランシャ、フェンネルのフォンダン レモンの香り
・帆立貝と車海老のソテー、ラッディッキオとブロッコリ

<肉料理>
・牛ランプステーキ、野菜のグラタン エシャロット風味のサバイヨン *
・フォアグラのポワレ、ビーツ アーティーチョーク リンゴのソース ※

<デザート>
・カレ・シャネル ショコラ-プラリネ、ヘーゼルナッツのアイスクリーム *
・ババ モンテカルロ風
・イチゴとピスタチオのムース
・マロンのムースと柑橘類 ※

相変わらずお肉好きの自分は*印を付けた料理を選び、K君は※印を選びます。

【アミューズブーシュ】
140402.銀座・ベージュ アラン デュカス0009

■お店に入って席に着くとすぐに、メニューより先にアミューズブーシュが出て来ます。

小さな一口サイズのパンケーキの上に、サーモンとサワークリームなどが乗っています。

フレッシュなサーモンにクリームがマッチしていて、パンケーキの柔らかさと食べ応え。分かりやすくて素直に美味しい一品です。

【パン】
140402.銀座・ベージュ アラン デュカス0015

■注文してから十数分後、まず2種類のパンとバターが出て来ます。バターナイフとバターの器がかなりお洒落です。

食べ応えのあるクルミパンと、柔らかなミルクパンです。両方とも個性はあっても、料理と合わせてもクセがない美味しいパンです。

【スープ】
140402.銀座・ベージュ アラン デュカス0017

■パンが来てからすぐに、スープも出て来ます。“アスパラガスのロワイヤル”だそうです。

どんなものか店員さんに聞いてみると、卵を使った洋風茶碗蒸しのようなもので、アスパラガスと菜の花とレタスを使ってあるんだそうです。

う~ん、聞いてみても、なかなかイメージができませんね… それならば、さっそく飲んでみることにします。

140402.銀座・ベージュ アラン デュカス0021

■スープを一口飲んでみると、かすかに菜の花の上品な苦味のあり、素材の新鮮さを感じる味わいです。

ちょっと線の細い味わいかな、と思っていたのですが、スプーンで探るとスープの底から卵の白身らしきものが出て来ます。

これが旨味たっぷりの濃厚な味わいで、まるでチーズのようなコク深さがあります。

なるほど。野菜のスープとこの卵の白身を一緒に口に入れてはじめて、ほのかで爽やかな苦味と濃厚な味わいとが重なり、繊細にして絶妙な味わいが完成するんですね~♪

味わいの強烈なコントラストと絶妙なバランスに、シェフ陣のセンスの良さと技量の高さをいきなり思い知らされます。

【前菜①】
140402.銀座・ベージュ アラン デュカス0024

■スープが来てから10分後、ちょうど良いタイミングで前菜が出て来ます。

こちらは、自分が選択した“鴨とフォアグラのパテ・アンクルート”です。野菜を駆使した綺麗な彩りが憎いところです。

“パテ・アンクルート”自体は、綺麗な断面を含めて、見た目がまるで中国の“月餅”みたいで面白いですね。

140402.銀座・ベージュ アラン デュカス0027a

■“パテ・アンクルート”を一口サイズにカットして、さっそく食べてみます。

むむむ、、、


おー、これは美味しいですね~! ヾ(*´∀`*)ノ


ほど良く野性味のある旨味の鴨肉、濃厚なコクのあるフォアグラ、さくっと香ばしいパート・ブリゼ(パイ生地)が豪華な三重奏を奏でています。

一般的なパテ・アンクルートだともっと大きく作ってあるので、パイ生地は縁にちょこっとあるだけですが、このパテ・アンクルートは小さいので、パイ生地をしっかり楽しめるため、全体の味わいも変わっています。

お皿の上のバルサミコ酢やオリーブオイルを付けると、味わいに変化が出て、これも楽しいですね。

添えてある野菜たちは、見た目が良いだけではなく、鮮度抜群でしっかりその美味しさを主張してくれます。

【前菜②】
140402.銀座・ベージュ アラン デュカス0022

■こちらは、K君が選んだ前菜で、“レンズ豆のヴルーテスープ、ブレス産鶏肉のロースト”です。

140402.銀座・ベージュ アラン デュカス0023

■客席にはプレートとスープを別々に持ってきて、目の前でスープを掛けてくれます。見た目も綺麗ですね~♪

【メイン①】
140402.銀座・ベージュ アラン デュカス0031

■前菜の後、しばらく経った25分後、メインの料理がやって来ます。

こちらは、自分が選んだメイン、“牛ランプステーキ、野菜のグラタン エシャロット風味のサバイヨン”です。

ステーキの横にニンジンなどの野菜が添えてあり、2種類のソースが掛かっている、オーソドックスなルックスです。

140402.銀座・ベージュ アラン デュカス0032

■牛ランプのステーキに、ジュのソース、サバイヨンソースの2種類のソースが添えられています。

サバイヨンソースは、卵黄を湯煎してホイップしたもので、このソースにはエシャロットが入っているようです。

“野菜のグラタン”は、ニンジン、玉ネギ、セロリをコンソメで煮て、焼いたものなんだそうです。

140402.銀座・ベージュ アラン デュカス0035

■ナイフでお肉をカットしてみると、中は綺麗な赤色で、ミディアムレアに焼けているようです。

さっそく一口食べてみると、、、


う~ん、これも美味しいですね~♪ ヾ(*´∀`*)ノ


牛ランプ肉は、とても柔らかくてしっかりした旨味があります。脂身部分がないので、赤身肉の旨味をダイレクトに感じることができます。

ジュのソースと合わせれば旨味倍増です。また、サバイヨンソースと合わせれば、エシャロットの柔らかい風味を纏ったエアリーなソースがランプ肉の味わいを華やかに彩ります。2種類のソースを食べ分けるとなかなか楽しいですね。

野菜のグラタンは、新鮮な野菜を最適な硬さに仕上げてあり、優しいコンソメの風味、味わいに包まれたニンジン、玉ネギ、セロリはどれもとっても美味で、素材に対する敬意が感じられますね~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

【メイン②】
140402.銀座・ベージュ アラン デュカス0029

■こちらはK君が選んだメイン、“フォアグラのポワレ、ビーツ アーティーチョーク リンゴのソース”です。

140402.銀座・ベージュ アラン デュカス0029a

■こちらも2種類のソースで楽しめるようになっています。食材の色合いと配置にも気を配ってあって綺麗ですね~♪

【小菓子】
140402.銀座・ベージュ アラン デュカス0039

■デザートの前の小菓子は、レモンとアールグレイの2種類のマカロンと2種類のチョコレートです。

【デザート①】
140402.銀座・ベージュ アラン デュカス0043

■最後にデザートがやって来ます。自分の注文は、“カレ・シャネル ショコラ-プラリネ、ヘーゼルナッツのアイスクリーム”です。

このお店の一番人気の定番デザートで、四角い形はアラン・デュカスがシャネルのツイードに敬意を表したもので、アラン・デュカスとシャネルのコラボレーションの象徴なんだそうです。

上に乗っているのは、カシューナッツに飴をコーティングしたものが立ててあって、高さは30cmぐらいはありそうです。

140402.銀座・ベージュ アラン デュカス0045

■チョコレートの表面には、金箔が散りばめてあって、とっても綺麗で壊すのが気が引けちゃうぐらいです。

思い切って食べてみると、高級感のある口当たりの滑らかなチョコレートの中に、サクサクした食感があって、全体として食べやすいものになっています。

このお店では、デザートは食事のおまけではなく、ひとつの作品なんですね~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

【デザート②】
140402.銀座・ベージュ アラン デュカス0041

■こちらはK君が選択したデザート、“マロンのムースと柑橘類”です。

140402.銀座・ベージュ アラン デュカス0042

■マロンのムース、柑橘類のピール、上に乗った金箔の色合いが、ちょうどグラデーションになっていて、食べるのがもったいないぐらい綺麗ですね。

【コーヒー】
140402.銀座・ベージュ アラン デュカス0050

■食後のドリンクは、いつものようにアイスコーヒーです。丸っこくてかわいらしいグラスに入っています。

■総括としては、現代的でありながらもシックで落ち着いた空間の中で、厳選素材に高度な技術を駆使した、見た目も美しく、食べて美味しいフレンチを気持ち良くいただけるお店です。

見た目が派手な創作フレンチのような料理を想像したのですが、どちらかと言うと素材を重視したネオクラシカルフレンチといった印象です。

素材の良さを最大限に引き出す火入れや、合わせる複雑で美味なるソースに、シェフ陣の技量・センスを感じるとともに、丁寧な仕事を垣間見ることができる気がします。

店員さんの対応や気配りも、一流のお店ならではの行き届いた十分なもので、居心地の良い空間と合わせて、気持ち良く食事をするための必要条件を満たしています。

料理・環境・サービスをトータルで考えると、少なくとも今日のランチは納得感があり、リーズナブルだと思います。

やはり、このお店の使い方としては、大事な人と会話を楽しみながら美味しいものを食べるという、大切な時間を過ごすのにぴったりです。超おススメですよ~♪

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Kentaroさん♪
おはようございます^^

素晴らしいお店ですね^^
流石でございます・・・
お料理もアートですね。
楽しませて頂きました。。。
行ってみたいな^^ふふっ
Kentaroさんがおっしゃるように・・・
確かにこれだけのお料理が頂けるならリーズナブルでお得だと思います。

素敵なご紹介に感謝です^^

No title

料理のすばらしさもさることながら、写真!
なんだかめっちゃきれいですねー!
腕を上げました?すばらしい!!

Re: No title

> Kentaroさん♪
> おはようございます^^

Paganiniさん、こんばんは~!^^
いつもコメントいただき、感謝、感謝です~!

> 素晴らしいお店ですね^^
> 流石でございます・・・
> お料理もアートですね。
> 楽しませて頂きました。。。
> 行ってみたいな^^ふふっ

高級フレンチならではのドキドキ感と、華やかでゴージャスなのに不思議な居心地の良さが両立してあって、プロデュースの上手さに一本取られた感じでした。
店員さんの対応なんかも、変な気取った感じもなくて、普通のお店で丁寧な接客の店員さんに当たったぐらいの違和感のなさなんです。それでいて、お料理は見た目も味もサプライズの連続で。憎いお店でした。

> Kentaroさんがおっしゃるように・・・
> 確かにこれだけのお料理が頂けるならリーズナブルでお得だと思います。
> 素敵なご紹介に感謝です^^

ディナーはお値段が弾けますが、ランチは休日・平日の差がないようなので、休日に行かれるのがお得かと思います~♪
(*^_^*)/

Re: No title

つかりこさん、こんばんは~!^^
コメントをいただくだけでも嬉しいのですが、写真をほめていただけると嬉しさ倍増です!

平日のサラリーマンランチを何とか綺麗に撮るために、デジカメも5年で6台買い換えたし、上手く撮るためにかみさんや友人に迷惑を掛けながらもやってますので、ほめられるとめちゃくちゃ嬉しいです!

今使っているのが、PanasonicのGM1という、超小型ですが一応一眼レフなんです。
昼飯を食いつつ、露出や絞りを変えながら楽しんでいます。仕事の合間の安らぎですね~♪
(*^_^*)/
プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
279位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
131位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html