スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人の隠れ家的な本格蕎麦割烹@日本橋=手打蕎麦 むとう

『蕎麦通が唸る十割蕎麦が楽しめる蕎麦割烹~♪』

   ~手打蕎麦 むとう @日本橋

■今日は、日本橋でランチです。

このエリアでは、今年の3月下旬に“COREDO 室町2と“COREDO 室町3”が同時にオープンして、これまでよりも格段に綺麗な街になり、とっても賑やかになっています。

そんな中、今日は事前調査でずっと注目していた、上品なお蕎麦屋さんに行ってみます。

■食べログで、中エリア区分“日本橋・京橋”エリアの“和食-そば”人気順ランキングを見てみます。

第1位 【三  越  前】 そばよし (そば、うどん、丼もの)
第2位 【日  本  橋】 よもだそば (そば、うどん、インドカレー)
第3位 【銀座一丁目】 京橋 恵み屋 (そば、日本酒、立ち飲み居酒屋)
第4位 【三  越  前】 利久庵・日本橋店 (そば、懐石・会席料理、割烹・小料理)
第5位 【京    橋】 美々卯・京橋店 (うどんすき、うどん、そば)
第6位 【日  本  橋】 やぶ久 (そば、丼もの、うどん)
第7位 【京    橋】 そばよし・京橋店 (そば、丼もの)
第8位 【三  越  前】 紅葉川 (そば、うどん、鳥料理)
第9位 【日  本  橋】 日本橋 本陣房 (そば、割烹・小料理、日本酒)
第10位 【三  越 前】 手打蕎麦 むとう (そば、割烹・小料理)

上記ランキングのお店は、見事にすべて未訪問です。このエリアのグルメ探検もジャンル別の深堀りが必要です。

日本橋という土地柄、歴史ある老舗蕎麦店や老舗鰹節問屋直営の蕎麦店など、かなりバラエティに富んでいます。

そんな中で、今日のターゲットに選んだのは、第10位の“手打蕎麦 むとう”です。

140410.日本橋・むとう0000

■“手打蕎麦 むとう”は、2001(平成13)年創業の、手打ち十割蕎麦を売りにした比較的新しい蕎麦店です。

店主さんは、足利一茶庵の流れを汲む“九段一茶庵”で5年の修行の後、このお店をオープンさせたんだそうです。

蕎麦粉だけではなく旬の野菜にもこだわったコース料理のみの設定で、単品注文ができないのが特徴です。

『ミシュランガイド東京 2014』では蕎麦店が7軒(すべて1ツ星)掲載されていますが、このお店はその一つで、2011年版から4年連続で1ツ星を獲得しています。このお店の紹介文は次のとおりです。

*********************************************
控えめな照明の落ち着いた店内。蕎麦粉は、長年取引のある信州の業者からその日に必要な量が毎日届く。十割が基本だが、天候により少量のつなぎを加える。つややかな太打の麺だ。二年物の枯れ本節を使うつゆは切れとコクがある。山海の恵みを用いた蕎麦前に始まり、せいろで締めるコースのみ。だしを生かすじゃが芋や人参のスープ、葱と鴨の陶板焼は自慢料理。店主は、蕎麦栽培への参加や農家訪問など生産者との交流に努め、良質な食材を探し続けている。
*********************************************

なるほど。店主さんは、蕎麦へのあくなき探求を続けている方のようですね。期待しちゃいます~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

■お店は、東京メトロ銀座線等・三越前駅出口から行くと、中央通り沿いの交差点から“COREDO室町”と“COREDO室町3”の間の道を50m進み一つ目の交差点を右折、50m進んだ左側にあります。徒歩2分です。

日本橋三越が面している中央通りから見て、三越の対面にある“COREDO室町3”の真裏にあるイメージです。

お店に着いたのは、ちょうど12:00ごろです。

お店に入ると、照明を落とした和テイストの店内は、都会の喧騒から離れた、まさに大人の隠れ家的な雰囲気です。

店の造りは入り組んだ構造になっており、どこに座っても他の客が気にならないように計算されているんだそうです。

静かに流れるジャズの調べも、ほのかな照明の中では、落ち着いた大人の空間の演出に一役買っています。

140410.日本橋・むとう0002

■先述の通り、料理はコースのみで、単品注文ができません。

ランチタイムの基本コースは3,390円で、締めの蕎麦を合せて4点ほど出て来るようです。別途5,650円(※)のコースもあるそうです。

ちなみに、夜のコースは締めの蕎麦を合せて7点ほどで構成され、7,200円(※)からとなっています。

※消費税アップ後の改定情報がないため、本日実食のランチ基本コース以外は推定計算です。

【蕎麦茶】
140410.日本橋・むとう0004

■まず席に座ると、熱い蕎麦茶が出て来ます。立ち昇る湯気から濃厚な蕎麦の香りが放出されます。

飲んでみると、一層香ばしい蕎麦の香りに「これから蕎麦を食べるぞ!」という気分になり、テンションが一気に上がります。

【野菜のスープ】
140410.日本橋・むとう0007

■まずはじめに、“野菜のスープ”として“ヤーコンのスープ”が出て来ます。(ヤーコンは、じゃがいもに似たキク科の根菜です。)

さっそく飲んでみると、温かく独特などろっとした食感に、ダシがしっかり効かせてあって、滋味深い味わいです。

ベーコンと蕎麦の実がトッピングしてあり、ベーコンの旨味と塩気、蕎麦の実のサクサク感と香りが、絶妙なアクセントになっています。

なるほど。このお店はお蕎麦やさんですが、まるで割烹料亭の先付ような、繊細な味わいのめちゃくちゃ美味しいスターターですね~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

【蕎麦豆腐】
140410.日本橋・むとう0009

■つづいて二品目として、“蕎麦豆腐”が運ばれて来ます。

蕎麦豆腐の上には、白エビの剥き身と茹でた菜の花が載っていて、周りのとろっとしたダシには生青海苔が浮かんでいます。

140410.日本橋・むとう0010

■食べてみると、もっちりした食感の蕎麦豆腐は、蕎麦の香りがしっかりしていて、あっさり味のとろみのあるダシを纏って上品な味わいです。穏やかな味わいが、わさびでピリッと引き締まります。

トッピングの白海老はプリプリ食感に甘みがあって、菜の花は春らしい香りで、蕎麦豆腐を華やかに盛り立てます。

【豚の角煮】
140410.日本橋・むとう0012

■三品目は、豚の角煮と野菜の煮物がやって来ます。(後で気付いたのですが、店舗入口のお品書きに書かれた料理と違ってますね。まぁ、いずれにしても“おまかせ”ということで…(^-^;A)

豚の角煮、煮玉子と一緒に入っているこのお店こだわりの旬の無農薬野菜は、大根、人参、筍、菜の花(?)です。

すべて同じぐらいの大きさに揃えられていて、ちょっと大きめ一口サイズといったところでしょうか。

140410.日本橋・むとう0016

■まずは、メインの豚の角煮から食べてみます。


おっと、これは美味しいですね~♪ ヾ(*´∀`*)ノ


赤身と脂身が折り重なった豚バラ肉は、あっさり上品な甘醤油味がしっかり染みており、とっても柔らかで噛めばホロホロと崩れ、赤身の旨味と脂身の甘味が口の中いっぱいに広がります。

微量に付けてある辛子も薄味だけに効果的に効き、出汁醤油の味が優しく染みた煮玉子と一緒に食べると、さらに華やかな味わいになります。

味付けは他の野菜も同じですが、それぞれ別々に調理されているようで、大根、人参、筍と、それぞれベストの味の染み具合に仕上がっています。

あくまで上品な薄味なので、それぞれの野菜本来の味わいや風味を楽しみながらいただけます~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

【蕎麦】
140410.日本橋・むとう0018 (2)

■いよいよ主役の“十割蕎麦”の登場です。今日は、北海道美瑛町産の蕎麦粉を使用しているんだそうです。

蕎麦をじっくり見てみると、一般の蕎麦と比べるとやや太めで、表面が実につやつやして艶やかでつるっと光っています。

合せる薬味には、わさびと白ネギ以外に、黄緑色の辛味大根が添えてあるむね、店員さんから説明を受けます。

140410.日本橋・むとう0019

■それでは、箸で蕎麦をつまんで半分ほどツユに浸けてから、一気にすすってみます。

むむむ、、、


おー、これは美味しいですね~! ヾ(*´∀`*)ノ


見た目ぴかぴか光っていて艶かな蕎麦は、食べてもつるつる食感で、滑らかな口当たりと喉越しです。

太さがある分、しっかりとしたコシと歯応えがあって、噛むほどに豊かな蕎麦の香りが口いっぱいに広がります。

この微妙な塩梅は、蕎麦生地を作り上げる際の“水回し”が大事だそうで、店主さんがその日の分だけを注意深く丹念に練り上げるからこそ実現するんだそうです。

合せるツユは、きりっと締まった醤油の中にほんのり甘味があって、節系の深い味わいがあるものです。

力強いインパクトの太めの蕎麦に負けないしっかりしたツユで、蕎麦とツユのバランスが非常に良いですね。

このお店の蕎麦は、意識を集中して食べさえすれば、自分のような蕎麦素人でも他店との差異が簡単に分かる美味しい蕎麦です。

はじめは量的には少ないかなとも思ったのですが、太くて噛み応えがある分、意外と食べ応えがあります。

【蕎麦湯】
140410.日本橋・むとう0023

■蕎麦を食べ終わったあとの楽しみは、もちろん“蕎麦湯”です。

ただ、このお店の蕎麦湯は非常に濃厚で沈殿しやすいため、もれなく店員さんの解説とかき混ぜる“さじ”が付いてきます。

140410.日本橋・むとう0026

■店員さんの指示通り、湯桶の蓋を開け、匙でしっかりかき混ぜてから、ツユの容器に蕎麦湯を注ぎます。

飲んでみると、とろっとしていて、蕎麦の風味とエキスが染み出ているようです。また、ツユの節系の味と香りが強調され、とっても美味しいですね。

140410.日本橋・むとう0028

■あまりに蕎麦湯が美味しかったので、ツユがなくなったあとに、蕎麦湯だけで飲んでみます。

とろんとした食感で蕎麦の風味が良いので、たくさん残すのはもったいない感じがしますね…(^-^;)

【デザート】
140410.日本橋・むとう0024

■最後のデザートは、“抹茶のババロア”です。ババロアの上には黒い甘納豆が載っています。

食べてみると、とっても上品な甘さのババロアで、抹茶の効かせ具合が強すぎず弱すぎず、ふんわりと優しく香って良いですね。

■総括としては、個性が光る入魂の十割蕎麦を、旬のこだわり野菜の料理とともにコースでいただける、蕎麦好きの大人のためのお店です。

コースのみの特殊な設定ですが、蕎麦や料理をじっくり味わうことに主眼を置くと、納得のアレンジでもあります。

そのためにお店の造りも、華やかな喧騒のある日本橋の真ん中とは思えない、静かで落ち着いた雰囲気になっており、大人が本気の蕎麦をじっくり堪能するにはベストな環境になっています。

やっぱり、これだけちゃんと条件が揃ったお店であれば、お酒を入れて料理と雰囲気をもっとじっくり楽しみたいですね。

日本橋でのお買物の合間に、ちょっとリッチに上品な蕎麦前と十割手打蕎麦を召し上がってみてはいかがでしょうか~♪

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Kentaroさん♪
おはようございます^^

素敵なお店ですね~。。。
蕎麦好きなので、これまた行ってみたいお店となりました。
蕎麦茶は美味しいですよね。
大好きです♪
蕎麦豆腐も・・・
十割蕎麦。。。本家のおばあちゃんが打つ十割蕎麦が大好きでした。
つなぎがないのでとても切れやすいので普通のお蕎麦よりも太かったです。
蕎麦の香りがたまりませんでした。。。

本日も素敵なご紹介ありがとうございました。。。
感謝v-238

No title

おー、しぶいところを突いてこられましたねー。
ここは行ったことがないんです。
昔は、もり1枚・1,000円って感じのメニューもあったのですが、
コースのみとなってしまったので、しばらくほったらかしになったままでした。

太いんですねー。
十割ですし、これなら蕎麦の味を充分に堪能できそうですね。
ちょっと予算レベルが高いですが、近いうちに行ってみようと思います。

ルポ、ありがとうございました!

Re: No title

Paganiniさん、こんばんは~!
このお店もおススメですが、日本橋室町界隈の街自体、お洒落感がグレードアップして、休日のお散歩におススメですよ~!
テレビCMで三菱地所が丸の内開発を誇らしげに宣伝しているのに対抗して、日本橋については三井グループ(三井不動産)が気合を入れて開発していますので、雰囲気もセンスも抜群です。
このお店は意図せずだとは思いますが、街がお洒落になるとその街の雰囲気に非常にマッチする上品さがあるので、Pagaさんのような、物事の本質を見極められる大人の女性にまさにピッタリですよ~!^^
(*^_^*)/

Re: No title

つかりこさん、こんばんは~!
日本蕎麦のスペシャリストにコメントいただくと、ちょっと照れちゃいます。。。(^_^;A)

自分は十分な下調べをせずに急にこのお店に行くことにしたので、値段がそれなりにすることは覚悟していたのですが、単品メニューがないとは思いませんでした。

蕎麦の素人の自分からすると、十割蕎麦というと、蕎麦の風味はガツンと来るものがあるものの、食感はボソボソしてつるっとしていないイメージがあったのですが、このお店の蕎麦を食べて見方が変わりました。

職人の腕次第で、十割そばをつるつるピカピカの見た目、食感にすることもできるんですね。
一度、自分で蕎麦を打ってみて、いかに蕎麦打ちが難しいかを体験したいとも思っています~♪
(*^_^*)/

Re: Re: No title

十割蕎麦を「田舎」と取り違える人って、けっこういるんですよ。
僕もそうでした。

田舎は、挽きぐるみといって、蕎麦殻も実の外側も内側も
ぜーんぶ挽いて粉にしたものです。
なので、黒っぽくてもそもそしてて、太くしないと切れる、
という感じです。

十割は、「つなぎを混ぜない」という意味なので、
白っぽい粉(一番粉)で打てば白い十割になるし、
一番固い実の外側まで挽いた粉で打てば
グレーとか黄緑っぽいグレーとかになるわけです。
上手に打てば、もそもそになるとは限りませんし、
細く打てる人もいるんです。
(僕は修行不足でむずかしい)

Re: Re: Re: No title

つかりこさん、詳しいコメントをありがとうございます~!

むむむ、、、いただいたコメントからすると、十割蕎麦の認識が不正確だったかもしれませんね。

“田舎蕎麦”と謳った蕎麦は食べた記憶がないので、十割蕎麦を田舎蕎麦と取り違えてはいないのですが、「十割蕎麦は高い確率でもそもそした食感で切れやすい」と思い込んでいました。

打ち手の腕次第で、細くても切れない蕎麦になったり、つるつる艶々の蕎麦になったりするんですね。

今後の蕎麦食べ歩きがもっと楽しくなるような気がしてますです~♪
(*^_^*)b
プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
295位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
127位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html