スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三浦半島の朝獲れ魚貝で勝負する超人気和食店@京橋=京ばし 松輪

『庶民の料理“アジフライ”を極限まで磨き上げた逸品~♪』

   ~京ばし 松輪 @京橋

■今日は、京橋でランチです。

京橋エリアは、銀座と日本橋という東京を代表する二大繁華街に挟まれていて、街としては割りと地味ですが、グルメ的には人気店・実力店がいくつもある魅力的な地域です。

今日の気分で、“和食”のジャンルから、美味しいお店を見付けに探検に出掛けたいと思います。

■食べログで、中エリア区分“日本橋・京橋”エリアの“和食”人気順ランキングを見てみます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみて下さいね~♪)

第1位 【三越前】 金子半之助 (天丼・天重、割烹・小料理)
第2位 【日本橋】 日本橋 お多幸本店 (おでん、居酒屋、割烹・小料理)
第3位 【日本橋】 玉ゐ・本店 (魚介・海鮮料理、うなぎ、天ぷら)
第4位 【京  橋】 てんぷら 深町 (天ぷら、天丼・天重)
第5位 【京  橋】 伊勢廣・京橋本店 (焼鳥、鳥料理、串焼き)
第6位 【日本橋】 平田牧場・COREDO日本橋店 (とんかつ、豚しゃぶ、串揚げ・串かつ)
第7位 【京  橋】 京ばし 松輪 (割烹・小料理、魚介・海鮮料理) <未訪問>
第8位 【三越前】 そばよし (そば、うどん、丼もの) <未訪問>
第9位 【日本橋】 吉野鮨・本店 (寿司、魚介・海鮮料理) <未訪問>
第10位 【日本橋】 よもだそば (そば、うどん、インドカレー) <未訪問>

ランキングの上から順にきれいに探検が進んでいるように見えますが、上位6軒を廻ったのは実は2年近く前なんです。

このエリアも改めて丁寧に攻めていきたいですね。

今日のターゲットは、未訪問店の最上位である第7位の“京ばし 松輪”です。

140415.京橋・松輪0001
(お店の入口を正面から撮影したかったのですが大行列につき断念し、行列最後尾から斜めに撮ってみます。)

■“京ばし 松輪”は、2004(平成16)年9月にオープンした、魚介料理・海鮮料理のお店です。

店主さんは料理人として三浦半島の魚貝類にこだわり、魚卸売業まで営んで松輪港に通い詰め、地元漁協から“松輪”の名称使用を公認されたんだそうです。

この特殊な条件があるため、このお店の特徴は、獲れたての魚が当日中に届くため魚の鮮度が高いことと、稀少魚を含めさまざまな種類の魚が調達でき年間800種類も取り扱っていることが挙げられます。

11458_1.jpg
(ネット上から拾った店内の様子の写真です。実際はもう少し明るくて、壁はこの通りお洒落な赤茶色です。)

■“東京カレンダー”の記事でのお店の紹介が分かりやすかたったので引用してみます。

*********************************************
【回遊せずに根付く“松輪サバ”の脂のノリを堪能】
三浦の地魚料理を柱とする和食店。荏原店長が扱う魚の種類は1日20種以上、年間では800種を超えるという。中でも看板は、松輪間口漁港に水揚げされたその日に届く“松輪サバ”。この松輪サバは海を南下する途中で三浦半島最南端の海・松輪根(東京湾の入口)に入り込み、そのまま居ついてしまう変わり種。松輪根は餌場が多く外敵も侵入してこないため、そこに根付く松輪サバは肥えて脂がのり、魚体はエラから尾にかけて黄色くなる。そのため「黄金のサバ」という別名も持つ。都内ではここだけで味わえる松輪サバはバッテラ、塩焼き、タタキ、〆サバなど、シンプルな調理法で。サラリとした脂がたっぷりのったその味を存分に楽しんでみたい。
*********************************************

テレビなどのメディア露出もしっかりしているようで、ランチの“アジフライ定食”は毎日行列ができるこのお店の名物となっています。

なるほど。魚介類は鮮度が命ですが、その鮮度にとにかくこだわったお店なんですね~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

140415.京橋・松輪0007

■お店は、東京メトロ銀座線・京橋駅1番出口から行くと、目の前の中央通りを銀座方面に50m進んだ左側のビルの地下1階にあります。徒歩1分以内です。

お店に着いたのは、11:45ごろです。

お店のオープン時間は11:30で、それまでに長い行列ができることは事前調査で知っていたので、ちょっと遅らせてみたのですが、地上入口に8人の待ち客がいます。階段を合わせると、推定20人待ちといった感じです。

それから待つこと35分、やっとのことで店内に入ると、一人客はカウンター席に座るよう促されます。

店内は、レンガ色を基調にした純和風の造りで、テーブル、小上がり、カウンターを合わせて40席あります。

レンガ色をベースにした内装にやや暗めの照明と、静かに流れる軽快なジャズが、和風モダンなお洒落さを演出しています。

140415.京橋・松輪0005
140415.京橋・松輪0006

■ランチメニューは、先述のとおり“アジフライ定食”(1,300円)(※)のみです。

サイドメニューとして、“海鮮漬け小鉢”(300円)があるそうですが、開店間もなく売り切れるそうで、今日もすでになくなっています。

小鉢がなくなってしまったので、席に座っても注文は聞かれることはありません。

※以前は“究極のアジフライ定食”とネーミングされていたそうですが、“究極の”という文言がなくなったそうです。どうやら“究極の”という自画自賛な名称に噛み付く無名の美食家が多かったからのようです。

※4月1日からの消費税アップ時に、価格を1,200円から1,300円に変更したそうですが、従来から油・小麦粉・魚の価格高騰の影響を転嫁できなかったため、これを機に価格改定したそうで、その旨が貼り紙に丁寧に説明されています。ただ、このお店の場合、値段のアップは集客にまったく影響がなかったようですね。

【アジフライ定食】
140415.京橋・松輪0009

■席に座って待つこと10分、ようやくお目当ての“アジフライ定食”が出て来ます。

お盆の上には、アジフライと骨せんべいを盛り付けたお皿、たくさんの大根おろしとわさびが入った小皿、小鉢、ご飯、味噌汁、漬物の器が載っています。

ご飯、味噌汁、大根おろしのお替りは自由ですが、見た感じ、デフォルトでも十分な量がありそうです。

140415.京橋・松輪0010

■それでは最初から、主役のアジフライにかぶり付いてみます。まず一匹目のアジは何も付けずにいただきます。

むむむ、、、


う~ん、これはなかなか美味しいですね~♪ ヾ(*´∀`*)ノ


さっくさくの衣を纏ったアジは身がぷりぷりで新鮮そのもの。脂もしっかり乗っていて旨味たっぷりです。

ここでは、揚げる技術の高さと、アジ自体の鮮度が光っており、他では見ることがないレベルの高いアジフライです。

ただ、味付けそのものは薄いので、そのまま食べるとやや物足りず、卓上の醤油を掛けていただきます。

う~ん、これで大満足~! 醤油で味のメリハリが付いた絶品アジフライのおかげで、つやつやご飯も一層美味しく感じます。

140415.京橋・松輪0016

■つづいて、“アジの骨せんべい”をたべてみます。

気持ち良いくらいのパリパリした食感に、骨の香ばしい香りがあって、日本酒が欲しくなってきますね。^^

味付けがほとんどないのですが、こいつは卓上の醤油を掛けるよりも、塩でも振ってシンプルに食べた方が美味しそうです。

140415.京橋・松輪0019

■二匹目のアジは、お店の指示通りに、大根おろしにわさびを載せて醤油をちょっと垂らしていただきます。

むむむ、、、


お~、これもなかなか美味しいですね~♪ ヾ(*´∀`*)ノ


店主さんが考案した食べ方なんだろうと思いますが、単なる醤油のみを掛けるよりも、うんと品が良く高級和食のような食べ方です。

醤油のみだと味がはっきりし過ぎるところ、大根おろしで味が和らぎ、わさびの和風の刺激がアクセントになります。

この食べ方だと、マイルドな醤油味が、わさびと共にアジ自体の本来の旨味がはっきり引き立つ感じですね。

これは、アジの鮮度が高くぷりぷりしているからこそ試せる食べ方で、普通のアジフライだとアジの貧弱さが強調されるだけになりそうですね。

アジフライ=揚げ物ですが、大根おろしと一緒に食べると、なぜかヘルシーで健康に良い食べ方をしたような気になるのも不思議なところです~♪  ヾ(*´∀`*)ノ

140415.京橋・松輪0011

■こちらは、小鉢の豆腐です。滑らかな口当たりで大豆の香りと味が濃厚なのですが、自家製なんでしょうか。

豆腐の上には、生姜ではなく柚子胡椒が載っていて、ちょっと変わったアクセントになっています。

140415.京橋・松輪0012

■こちらは、赤味噌がメインでわりとダシがしっかり効いたワカメの味噌汁です。

140415.京橋・松輪0013

■こちらは、漬物のキュウリの浅漬けと辛子高菜です。

さっぱりしたキュウリの浅漬けはアジフライのお供に、味がはっきりした辛子高菜はご飯のお供にぴったりです。

■総括としては、街のランチで食べられる最高レベルの“アジフライ”がいただける特異で希少なランチ(お店)です。

新鮮ぷりぷりの脂の乗ったアジをからっとした揚げたアジフライは、揚げる技術はともかく、特殊な調達ルートで鮮度が高いことによるところが大きく、これを他店で真似するのはなかなか難しいと思われます。

もともとは庶民の料理“アジフライ”ですが、これだけレベルが高いと、「たかがアジフライ、されどアジフライ」と思っちゃいます。ここまでくると、立派な“ご馳走”です。

それなりのお値段と長い待ち時間は考えようで、単純にコスパが良いとは言えませんが、これだけのモノを出すお店が唯一無二なので、どうしても美味しいアジフライを食べたいという時は、選択肢はないでしょう。

自分は、このお店の本来の強み、新鮮な三浦半島の魚介を味わうべく、次回は夜のコースを試してみたいですね。

このお店の名物ランチを食べたことがない方は、観光地に行ったつもりで値段と時間に目を瞑り、“ご馳走アジフライ”をぜひお試し下さいませ。後悔はしないと思いますよ~♪

ごちそうさまでした~!

140415.京橋・松輪0020

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Kentaroさん♪
おはようございます^^

アジフライは大好きです^^
レモンをギュ~っと絞りお醤油で頂くのが好きです^^
夫はソース♪
大根おろしでさっぱりと頂くのも美味しそうですね~♪
骨せんべいが付いている辺りが憎いですね~^^

獲れたての鮮度の良いお魚を使用しているのはいいですね♪

Re: No title

> Kentaroさん♪
> おはようございます^^

Paganiniさん、こんばんは~!^^

> アジフライは大好きです^^
> レモンをギュ~っと絞りお醤油で頂くのが好きです^^
> 夫はソース♪
> 大根おろしでさっぱりと頂くのも美味しそうですね~♪

このお店、店主さんが相当こだわりがあるようで、アジフライには醤油と大根おろし&山葵しか許してくれなくて、レモンもソースもタルタルも一切置いていないんです。

自分も普通だったら、じゃが夫さんと同じくソースでしょうね~♪^^
でも、これだけアジの鮮度が高いと、ソースでごまかすよりも、それこそ“塩”だけでも十分なぐらい、アジ自体に風味と味わいがありました。

> 骨せんべいが付いている辺りが憎いですね~^^

ははは、そーなんですよ。骨せんべいは、半分“洒落”でしょうね。日本酒が飲みたくなって困りました~♪

> 獲れたての鮮度の良いお魚を使用しているのはいいですね♪

料理は食材が8割と、どこぞの巨匠がおっしゃったそうですが、自分も最近そう思います。
お肉も魚介類も野菜も、良い素材が取れ立て新鮮だと、それだけでもご馳走になっちゃいますもんね。
究極のグルメは、自分で農家や漁業をやることではないでしょうか~♪
(*^-^*)/

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
286位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
130位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html