スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洗練された“昔ながらの洋食”を色々楽しめる人気店@御徒町=厳選洋食さくらい

『豊富な定番洋食メニューを色々注文できる楽しい洋食店~♪』

   ~厳選洋食さくらい @上野・御徒町

■今日は、上野・御徒町で週末ランチです。

このエリアは、飲食店の集積度が高く、意外なところに老舗や人気店があったりする、グルメ的にも魅力的な地域です。

池袋からだと片道6kmほどあるので、歩いて往復するのはきついのですが、帰りに片道ウォーキングするつもりで出掛けてみます。

今回のテーマは、上野で特に層が厚いジャンルの一つ、“昔ながらの洋食”でいってみたいと思います。

■食べログで、中エリア区分“上野・御徒町・湯島”エリアの“レストラン”人気順ランキング(※)を見てみます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみて下さいね~♪)

第1位 【湯  島】 デリー・上野店 (インド料理、パキスタン料理、カレーライス)
第2位 【御徒町】 肉の大山 (コロッケ・フライ、ステーキ、その他肉料理) <未訪問>
第3位 【湯  島】 くろぎ (懐石・会席料理、魚介・海鮮料理) <未訪問>
第4位 【上  野】 韻松亭 (懐石・会席料理、すき焼き、甘味処)
第5位 【御徒町】 大統領 (居酒屋、ホルモン、もつ焼き) (訪問済みブログ未掲載)
第6位 【御徒町】 アーンドラ・キッチン (インド料理、インドカレー、ダイニングバー) <未訪問>
第7位 【御徒町】 ぽん多本家 (とんかつ、コロッケ・フライ) <未訪問>
第8位 【御徒町】 厳選洋食さくらい (洋食) <未訪問>
第9位 【御徒町】 立飲み カドクラ (立飲み居酒屋・バー、鉄板焼、ホルモン) <未訪問>
第10位 【湯 島】 池の端 藪蕎麦 (そば、懐石・会席料理、日本酒) <未訪問>

※ラーメン店を除く補正済み。

ぱっと見だと、“昔ながらの洋食”の層が厚くは見えないのですが、ちょっと深く調べてみると分かります。

上記第7位は、かつて東京の“とんかつ御三家”と呼ばれた代表格、明治38年創業の“ぽん多本家”ですが、実は“洋食屋”さんなんですよ。

今日は上記の中から、第8位の“厳選洋食さくらい”に行ってみます。

140504.上野・厳選洋食さくらい0005
(お店は、写真中央のビルの7階・8階です。7階に受付・レジがあります。)

■“厳選洋食さくらい”は、2000(平成12)年11月にオープンした、いわゆる“昔ながらの洋食”のお店です。

老舗の洋食屋がひしめく上野においては、比較的新しいお店です。

ぐるなび”では、次のようにお店が紹介されています。

********************************************
【昔ながらの洋食に、今様を織りまぜながら 素材を吟味して厳しく選び抜いた。そんな洋食をゆっくりとお楽しみ下さい。】

~どこか懐かしい・・ ふと食べたくなる・・・~

オムライス、ハヤシライス、ビーフシチュー、タンシチュー、サラダ、オードブル・・・
ハーフサイズをハーフプライスでオーダーできるので女性にも嬉しい♪

7・8Fにある店内は町の喧騒から離れて落ちついた雰囲気。
木の暖かみがほどよく溶け込んだモダンな空間でゆっくりとくつろげるのです。
********************************************

なるほど。ポイントは、①昔ながらの洋食、②今様を織り交ぜる、③素材重視、④ハーフサイズ、⑤モダンな空間あたりにありそうです。

なお、このお店の本格洋食をよりカジュアルに食べられる姉妹店“キッチンさくらい”が、JR御徒町駅近くにあります。

140504.上野・厳選洋食さくらい0061
(7階フロアの中央に、8階への階段があり、窓側席とカウンター席を隔てています。面白い造りですね。)

■お店は、JR山手線・御徒町駅北口改札から行くと、線路の下を通る春日通りを左(西)方向に進み大通りを渡って、トータルで250m進んだ左側にあるビルの7階にあります。徒歩5分ほどです。

お店に着いたのは、11:45ごろです。

お店の構造は、7階にカウンター席とテーブル席、オープンキッチンがあり、お店の中央に階段があって、8階にもテーブル席があります。総席数は76席もあります。

お店は、窓際は全面ガラスで自然光がさんさんと入る明るい造りで、温かみのある深い木目色とモダンさを引き立てるシルバーの配色が洒落ていて、女子会やデートにもぴったりの雰囲気です。

“昔ながらの洋食”と言うと、年季が入った老舗の建物や内装をイメージしますが、このお店はその逆に、現代的でスタイリッシュな雰囲気を狙っているようですね。

開店が11:30なのでちょうど良い時間かと思ったのですが、さすが休日の人気店、我々がカウンター席に座って満席になってしまったようで、その後も続々とお客さんがやって来ます。

カウンター席の上部は、ガラス越しにキッチンが広がり、7人ほどのシェフが忙しそうに働いているのが見えます。

このキッチンはかなり綺麗に磨き上げられていて、見た目も美しい美味しい洋食への期待感を高めてくれます~♪

140504.上野・厳選洋食さくらい0011

■特にランチメニューの設定はないようで、代わりにお食事客向けに、サラダとスープ(場合によってはライス)が付いた“セットメニュー”が設定されています。

代表的なところだと、“オムライスセット”(1,800円)、“ロールキャベツセット”(2,000円)、“ハヤシセット”(2,200円)、海老マカロニグラタンセット(3,100円)といった感じで、意外と高めの価格設定です。

140504.上野・厳選洋食さくらい0012

■ただ、このお店のメニューの最大の特徴は、ほとんどの料理について“ハーフサイズ”の設定があることなんです。

実は、探検隊のように、一度にいろんな料理を味わってみたいお客にとっては、とても嬉しい設定なんですよね。

そこで欲張りな探検隊は、セットメニューを2つ注文するのではなく、アラカルトでいろんな料理を注文してみることにします~♪

【まずはワインで乾杯~!】
140504.上野・厳選洋食さくらい0015

■いろんなメニューを楽しむにあたり、真昼間ではありますが、まずはワインでスタートしてみます。

このお店ではワインに力を入れているようで、ハウスワインだけでも定番赤白各3種類のほか、月替わりのおすすめワインが赤白各2種類が設定されています。

我ら探検隊は、5月のおすすめワインを赤と白を1杯ずつ頼むことにします。

白好きの隊員は、“ビアンコ・ディ・クストーザ 2012”(白、イタリア・ヴェネト州、ガルガネガ50%ほか、グラス500円)をもらいます。フレッシュな果実味が全面に出た、香りが豊かでバランスの良い味わいの白です。

赤好きの隊長は、“センデリーリョ・クリアンサ 2009”(赤、スペイン・リベラ・デル・ドゥエロ、テンプラニーリョ100%、グラス750円)です。2年以上熟成しているものらしく、しっかりとした味わいと複雑な苦味にリッチ感が溢れる赤です。

/////序盤////////////////////////////////////////////////////////////////

■メニューでは、7種類の前菜(650~1,400円)があるのですが、3種類を選んで盛り合わせにすることができます。

そこで、我ら探検隊は“前菜3種の盛合わせ”を2皿注文して、6種類の前菜を試してみることにします。

【前菜3種の盛合わせ①】(1,300円)
140504.上野・厳選洋食さくらい0026

■一皿目は、お魚の冷前菜を3種類、“オイル漬け”、“エスカベッシュ”、“マリネ”を一緒に載せてもらいます。

<本日のお魚(イワシ)のオイル漬け>
140504.上野・厳選洋食さくらい0028a

■こちらは“イワシのオイル漬け”です。低温で加熱したタイプの“オイルサーディン”ですね。

食べてみると、イワシの香りと旨味がぎゅっと詰まった、ワインの当てにぴったりのお味です。

付け合せのゴボウ、ニンジンなどの酢漬けと一緒に食べると、味わいに変化が出てイワシがさらに美味しく感じます。

<本日のお魚(ブリ)のエスカベッシュ>
140504.上野・厳選洋食さくらい0029

■これは“ブリのエスカベッシュ”で、ブリに衣を付けて揚げたものを、野菜とともに酢とオイルに漬けたものです。

揚げることでブリの旨味が衣の中に閉じ込められ、穏やかな酸味をまとい、華やかな味わいに仕上がっています。

お腹が空いている時にお酒を飲む場合には、酸味が効いた前菜がしっくりきますよね~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

<本日のお魚(タイ)のマリネ>
140504.上野・厳選洋食さくらい0026a

■白身魚の王者、タイの身を野菜とともにマリネしたものです。

食べてみると、鯛ならではの風味が生き生きしていて、優しい酸味をまとい、極めて美味です~♪

たまたまですが、マリネとエスカベッシュの食べ比べをして、調理法で風味を生かすか旨味を強調するかの違いが出ていて、なかなか楽しいですね。

【前菜3種の盛合わせ②】(1,300円)
140504.上野・厳選洋食さくらい0033

■二皿目は、お魚系の冷前菜以外の前菜を集め、“パテ・ド・カンパーニュ”と“生ハムのクリームチーズ巻”と“ナスのぴりから煮びたし”です。

<パテ・ド・カンパーニュ>
140504.上野・厳選洋食さくらい0035

■こちらは、隊長・隊員ともに大好きな“パテ・ド・カンパーニュ”です。一口食べてみると、、、


う~ん、これは美味しいですね~!  ヾ(*´∀`*)ノ


使う素材や仕上げ方次第で、大味で武骨になったり、繊細で優しい味になったりするパテ・ド・カンパーニュですが、こちらは後者です。

ほど良くかたまり感を残した旨味のあるお肉を、クセを巧みに抑えた上品なレバーパテが繋いでおり、全体的な口当たりは概ね滑らかです。

風味、味わいともに繊細かつ上品で、力強い押し出しのある渋みが効いた赤ワインとぴったりですね~♪  ヾ(*´∀`*)ノ

<生ハムのクリームチーズ巻>
140504.上野・厳選洋食さくらい0036

■名前のとおり、生ハムにクリームチーズを巻いてスライスしたものです。

フレッシュ感のある生ハムはしっかりとした旨味とほど良い塩気があるのですが、クリームチーズで乳製品特有のコクが加わり、華やかな味わいになっています。

ワインとのマッチングは、まさにパーフェクト。美味です~! ヾ(*´∀`*)ノ

<ナスのぴりから煮びたし>
140504.上野・厳選洋食さくらい0037

■メニュー名も、他と違って純和風ですが、しっかりとダシが染み渡った味わいは、洋食屋のものとは思えません。

ナスはしんなりと柔らかく、刻みネギと松の実のアクセントも効いて、とっても美味です。

意外なことに、ワインにも合いますが、これにはぜひ日本酒を合わせたいですね~♪ ヾ(*´∀`*)ノ


/////中盤////////////////////////////////////////////////////////////////

■前菜に続いて、“メイン”の位置付けの料理を注文します。

一品ものの中から“ご飯もの”以外のメニューを検討し、隊長は“海老マカロニグラタン”、隊員は“ロールキャベツ”を選びます。

どちらも“昔ながらの洋食”の超定番メニューです。楽しみですね~♪

【海老マカロニグラタン】(ハーフ;1,200円)
140504.上野・厳選洋食さくらい0042

■こちらは、隊長の“海老マカロニグラタン”です。シンプルな見た目ですが、超熱々の器からは濃厚なチーズとソースの香りが立ち昇っています。

140504.上野・厳選洋食さくらい0043

■綺麗に焼けた表面をスプーンで割って、一口食べてみます。

むむむ、、、(ちょっと、熱っ!)


これはウマ━━━(*´∀`*)o^∀^o)*´Д`*)━━━イ!!!!!!


ベースのベシャメルソースが本格派で、濃厚な香りとコクが素晴らしく、いかにも高級感のある味わいです。

そこに、表面の焼けたチーズの香ばしさと味わいがシンクロし、非常に完成度の高い“ごちそうグラタン”に仕上がっています。

中の具材は、海老とマッシュルームで、ソースとチーズのおかげで、具材の風味と旨味が引き立ちまくりです。

【ロールキャベツ】(ハーフ;700円)
140504.上野・厳選洋食さくらい0038

■こちらは、隊員が注文した“ロールキャベツ”です。真っ赤なトマトソースと白いお皿の色のコントラストが鮮やかです。

ハーフサイズと言っても、デフォルトは2個入りで、ロールキャベツ自体の大きさには違いがありません。

140504.上野・厳選洋食さくらい0044

■ロールキャベツにナイフを入れると、キャベツも中のお肉も柔らかくて簡単に切れます。

一口サイズにカットして、さっそく食べてみると、、、


う~ん、これはなかなか美味しいですね~♪ ヾ(*´∀`*)ノ


やや酸味が強めのトマトソースを纏ったロールキャベツは、キャベツがとろけるぐらい、しっかりと柔らかく煮込まれています。

中のお肉は目が非常に細かくて、うっすらとハーブを効かせた上品な味です。

キャベツの甘味とお肉の旨味が、トマトソースで纏め上げられた、どこか懐かしくも洗練された味わいのロールキャベツです。


/////終盤////////////////////////////////////////////////////////////////

■最後の〆に“ご飯もの”をいただきます。

いろんな物があるのでかなり迷いますが、まず隊員が大好きな“ハヤシライス”を選択します。

隊長は“オムライス”を選び、ソースが“トマトソース”と“デミグラスソース”が選べるのですが、“デミグラスソース”だと隊員の“ハヤシライス”と味がカブるかも知れないので、お願いして“トマトソース”をチョイスしてもらいます。

この2つも“昔ながらの洋食”の王道メニューなので、期待が高まりますね~♪

【オムライス(トマトソース)】(ハーフ;650円)
140504.上野・厳選洋食さくらい0047

■こちらは、隊長の“オムライス”です。黄色い卵と真っ赤なトマトソースが白いお皿に映えて綺麗なルックスです。

140504.上野・厳選洋食さくらい0049_edited-1

■上の卵はよくある半熟ではなく、しっかりと焼き上げられた、キメの細かい仕上がりです。

ナイフで丁寧に半分にカットすると、中から魅力的な色合いのケチャップライスが現れます。

卵とケチャップライスにトマトソースをうまく纏わせて食べてみると、、、


おー、これはかなり美味しいですね~! ヾ(*´∀`*)ノ


フレッシュ感のあるトマトソースに、卵の風味と味わい、ケチャップライスの旨味が、バランスよく調和しています。

卵はふんわりとバターが香り、ケチャップライスはチキンの旨味を含みながらも味付けは穏やかに抑えられています。

すべては、トマトソースを軸に味を纏め上げるための配慮で、懐かしさよりも、新しさやこのお店のオリジナリティを感じる美味しいオムライスです。

【ハヤシライス】(ハーフ;900円)
140504.上野・厳選洋食さくらい0053_edited-1

■こちらは、隊員の“ハヤシライス”です。ライス、ソース、付け合わせが、ちゃんと別々の器でやってきます。

140504.上野・厳選洋食さくらい0059_edited-1

■自分の場合、カレーやハヤシライスは、最初からルーを全て掛けて食べる方が好きなので、そうしちゃいます。

具材は、しっかりとしたサイズのかたまり感のある牛肉と、割りと大振りにカットされた玉ネギが見て取れます。

大きなスプーンで、ルーとライスをすくって食べてみます。


おー、これもかなり美味しいですね~! ヾ(*´∀`*)ノ


一言でいうと「上品な大人の味わい」で、しっかり手を掛けたコク深い味わいに、うっすらと独特な大人の苦味が効かせてあります。

ルーの味わいはしっかりとした旨味が重厚ですが、先述の個性的な香辛料のおかげか、後味は至ってさっぱりしています。これには、お店の工夫と作り込み、オリジナリティを感じますね。

具材のお肉は食べ応えと旨味たっぷりで、いかにも高級ハヤシライスを実感させてくれるもので、玉ネギの甘味やさっぱり感も全体に旨くマッチしています。

■総括としては、明るく綺麗な空間で、見た目的にも味的にも綺麗な昔ながらの洋食をいただけるお店です。

味わいとしては、注文時の料理のイメージや期待をほど良く超える美味しい料理を出してくれます。

おそらくフレンチなどの西洋料理の技術を持ったシェフが、基本に忠実に、でも随所にオリジナリティを加えて作り上げたもので、昔ながらの味わいの洋食を現代の技術で再構築したものと言えそうです。

個人的には、メニューのバラエティが豊富であることと、“ハーフサイズ”の設定があることが非常に魅力的で、いろんなものを味わってみたいという欲張りな人にはぴったりだと思います。

歴史と伝統に裏打ちされた老舗の洋食ももちろん良いのですが、洗練された昔ながらの洋食もとっても魅力的でおススメです~♪

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Kentaroさん♪
おはようございます^^

画像からも美味しいと分かりましたよ~^^
素敵な洋食屋さんですね。。。

これだけの種類のものを家庭では一気に作れませんし、やはり外食は楽しい&美味しいですね。
プロの仕事を見せて頂きました^^
出来る事なら、機会があれば行ってみたいです^^;

※ワインからスタート・・・いいですね~^^
お昼のワイン。。。利きましたでしょう^^ふふっ

素敵な記事でした。
いつもありがとうございます^^

No title

こんにちは!

1度の訪問でこれだけいろんな種類の美味しいものが食べれって、とっても魅力的ですよね(((o(*゚▽゚*)o)))!
ハーフサイズ万歳!ですね~!

どのお料理も、とても美味しそうです♪
お写真的には前菜やオムライスがの見た目がグッときますが、
(あ、どのお写真もいつもながら素敵ですよ!)
Kentaroさんの表現から、グラタンがとっても気になります(*^_^*)

上野はよく行く街なので、さくらいさん、ずーっと気になってました^^

本店は、色々注文すると結構お高そう・・><
特別な日に行きたいな!と、
お手頃価格の「キッチン・・」のほうに何度かチャレンジしようとしてたんですが、
いつもすごく待ち時間長そうで入店を断念してるんです・・・^^;

記事を見て、今度気合を入れて本店に行ってみたいな~!
と思いました!!!

Re: No title

Paganiniさん、こんにちは~!^^
“昔ながらの洋食屋さん”というと、だいたい老舗でお店の雰囲気は“老舗らしさ”と売りにしたお店が多いのですが、このお店はモダンでお洒落な雰囲気で、休日でも女子会の方々が多数いましたよ。

主婦の方であればだいたいお料理はされるでしょうから、料理をしなくてもいい外食の時は、綺麗な雰囲気の中で綺麗なお料理を食べたいですもんね。
このお店は、お客さんを見ている限り、そんなニーズを捉えているようでした。

お昼のワイン、効きましたよ。。。^^
上野から池袋までの道のりは、ご機嫌で割りと早く着いたような気がします~♪
(*^_^*)/

Re: No title

くーちょさん、こんにちは~!

さすが食べ歩きの達人・くーちょさんですね。目の付け所がバッチリです!
食べ歩き的には、このお店の最重要ポイントは、おっしゃるとおり、『ハーフサイズ万歳!』なんですよ。
やっぱり、一つのお店に行ったら、そのお店の魅力を存分に味わいたいですもんね。
ハーフで頼めば、2人で訪問して、4種類は必ず食べることができます~♪

あと、このお店のハーフサイズの面白いところは、値段もほぼ半分になっているところです。
一つの料理を作る手間は、段取りを含めるとフルサイズでもハーフサイズでも同じでしょうから、自分が経営者だったら、フルサイズの3分の2以上は取ってもおかしくないんですけどね。いいお店です。

自分も“キッチンさくらい”のHPも見てみたのですが、単品のお値段は本店とさほど変わらない感じだったので、本店でも良いかも知れませんヨ。
休日の開店時間11:30ちょうどに行けば並ばずにすみそうなのでおススメです(10分遅いだけでヤバそうです…)~♪
(*^_^*)b
プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
295位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
127位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html