スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀座の大人に愛され続けている釜めしと焼鳥の人気店=鳥ぎん 銀座本店

『老舗なのにリーズナブルな釜飯と焼鳥で客足の絶えない人気店~♪』

   ~鳥ぎん 銀座本店

■今日は、銀座で一人ランチです。

銀座での食べ歩きは、最近洋食系が中心になっていますが、たまには気分を変えて和食系も攻めてみます。

ただ、この街の和食系だとランチ設定がない高級店が割りと多いので、良さげなお店を見付けるのには営業時間を含め十分な調査が必要です。

今日は、和食ジャンルの中から、“焼鳥・鳥料理”系の美味しいお店を探してみます。

■食べログで、中エリア区分“銀座”エリアの“和食-焼鳥・串焼き・鳥料理”人気順ランキングを見てみます。

(1軒だけですが、店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみて下さいね~♪)

第1位 【銀     座】 ヴァンピックル 銀座 (フレンチ、串焼き、ワインバー) <未訪問>
第2位 【銀     座】 バードランド (焼鳥、鳥料理) <未訪問>
第3位 【銀     座】 鳥よし・銀座店 (焼鳥、串焼き、居酒屋) (訪問済みブログ未掲載)
第4位 【銀     座】 鳥ぎん・銀座本店 (釜飯、焼鳥、居酒屋) <未訪問>
第5位 【東  銀  座】 武ちゃん (焼鳥) <未訪問>
第6位 【銀     座】 鳥ばか一代 (鳥料理、焼鳥、割烹・小料理) <未訪問>
第7位 【銀座一丁目】 権八 G-Zone 銀座 (焼鳥、そば、居酒屋) (渋谷店に訪問済み)
第8位 【銀座一丁目】 舞桜 (居酒屋、魚介・海鮮料理、鳥料理) <未訪問>
第9位 【銀     座】 ささもと・銀座店 (串焼き、もつ焼き) <未訪問>
第10位 【銀    座】 銀座 鳥繁 (焼鳥、鳥料理、カレー) <未訪問>

“焼鳥”と“鳥料理”が一緒のカテゴリーというのは分かりますが、食べログ上はそこに“串焼き”を含めているので、いささかおかしなランキングに見えますね。。。

上記のうち、焼鳥・鳥料理の専門店で平日ランチ営業をやっているのは、“鳥ぎん”と“鳥繁”の2軒です。

今日は、そのうち、第4位の“鳥ぎん 銀座本店”に行ってみることにします。

140515.銀座・鳥ぎん0001

■“鳥ぎん 銀座本店”は、戦後間もなく創業した、釜飯と焼鳥を看板にしたお店です。

お店のHPによると、創業当時、銀座で唯一“釜飯”が食べられるお店であったことと、“焼鳥”を出す飲み屋でありながらも食事メニューの“釜飯”を出すことで家族連れや女性をお客さんに取り込んだことが繁盛した要因と分析しています。

銀座公式ウェブサイト“GINZA Official”では、次のように紹介されています。

**********************************************
【銀座で愛され続けて60年、変わらぬ味がここにあります。】

一流の飲食店が数多く立ち並び、味やサービスを競い合う街銀座。この街で老舗“鳥ぎん”は、厳選された素材と味にこだわり続け、本格的な釜めしと焼とりを一緒に提供し、食事もお酒も楽しめるお店として、多くのお客様からご好評をいただいております。
**********************************************

銀座本店の成功を元に、現在では直営店を新橋・渋谷・砂町に3店、チェーン店を銀座・日比谷などに12店展開するに至っています。

なるほど。成功の秘訣は“釜飯”と“焼鳥”の二刀流ということのようですね。どちらも自分の大好物なので楽しみです~♪

140515.銀座・鳥ぎん0037

■お店は、東京メトロ丸ノ内線・銀座駅の真上にある数寄屋橋交差点から行くと、晴海通りを晴海方面に50m進んで、二つ目の右折路を右折し、100m進んで左手に“Cartier”と書かた黒いビルを見付けたら、その手前の細道を左折、30m進んだ左側にあります。徒歩3分ほどです。

この順路で行くと、先に細道の右手にある“ニュー鳥ぎん”(チェーン店)が目に入るのですが、“鳥ぎん 銀座本店”は左手の暖簾をくぐり、階段を下りた地下1階です。

お店に着いたのは、12:10ごろです。

地下1階にも暖簾が掛かった入口があって、その引き戸を開けると、広々とした和風の店内が広がり、カウンター席やテーブル席を合わせるとなんと134席もあるそうです。

640x640_rect_22630937.jpg
(食べログから拝借した写真です。地下1階入口入ってすぐにこんな風景が見えます。)

■平日昼間の焼鳥屋さんということで客足は想像できなかったのですが、実際はたくさんのお客さんで賑わっています。一人客、複数客に関係なく、ぱっと見で2割ぐらいの人がビールやお酒を頼んでいます(?!)。

特徴的なのは、お客さんのほとんどが40歳以上で、品が良い大人ばかりということです。サラリーマンは思ったよりも少数で、代わりに銀ブラ中と思しき中高年女性グループが結構いらっしゃいます。見た感じ、常連割合が高そうです。

自分は、調理場に面したカウンター席に座るように促されますが、同時に隣の席にかばんと上着を置くよう言われます。つまり、一人おきに座りことになるので、一人客でもゆったりスペースで食べられるということですね。(スバラシイ~!)

ちょっと古臭い、インストゥルメンタル系のグランドミュージックが静かに流れ、不思議とお客さんたちの賑やかな話し声と調和しています。一人でもなかなか居心地の良い空間です。

140515.銀座・鳥ぎん0008
140515.銀座・鳥ぎん0009

■釜飯と焼鳥の両方を食べるべくメニューを見ますが、ランチの注文の仕方はちょっと難しくて迷います。

ランチは2種類あって、一つは“とり丼”(750円)で最もお得メニュー、もう一つが“釜めしセット”(440円?)です。

店員さんに聞いてみると、“釜めしセット”とはレギュラーで12種類ある釜飯(880円~990円)の中から一品を選び、これに焼鳥が3本付くセット(つまり+440円)なんだそうです。“焼とりセット”と言った方が分かりやすいのに…^^;

周りを見ると、だいたいの人(40代以上の男女)が"釜めしセット”で、若いサラリーマンは“とり丼”、気合を入れて飲んじゃうご老人は“焼とり盛り合わせ”とけっこうばらばらです。お客を選ばないところに、老舗の懐の広さを感じます。

“釜めし”は、お店にとって最も自信があるメニューが最初に来るはずと信じて、“鳥釜めし”(880円)にし、これを“釜めしセット”(+440円)でいただくことにします。

【焼とり】
140515.銀座・鳥ぎん0017

■注文の後、小鉢の“きんぴらごほう”や“キャベツの浅漬け”が出て来ますが、後ほどの口直しのためにとっておきます。

そして注文の7分後、カウンター内の焼き場の方から“焼とり3本盛り合わせ”が差し出されます。

綺麗な色に焼けた、見るからにもっちりしたお肉で、立ち昇るタレの香りと炭火焼の香ばしい香りが鼻腔を刺激します。

このお店では、茨城県産の鶏肉を使用し、秘伝のタレを付け、和歌山紀州産馬目樫備長炭の強力な火力で一気に焼き上げるんだそうです。

こうすることで、表面はしっかりと焼けているのに中味はジューシーに仕上げ、肉のおいしさを逃がさないようにしているそうです。

■この3本は、メニューと照らし合わせてみると、“焼とり”、“ねぎま”、“青唐焼”の3種類のようですね。

さっそく、“焼とり”から食べてみることにします。

むむむ、、、


う~ん、これはかなり美味しいですね~! ヾ(*´∀`*)ノ


香ばしい焼き目の鶏肉は、ふっくらと焼き上がっており、もっちりとした食感で、噛むほどにジューシーです。

鶏肉が纏うタレは見た目濃厚ですが、実はさらっとしており、醤油と甘味のバランスがよく必要最小限の味付けで、くどさがなくて後味はさっぱりしています。

う~ん、これなら“タレ焼”を何本食べても飽きることはなさそうですね~♪
(ちなみにこのお店では、焼鳥のタレ味と塩味は選択制ではなく、串の種類ごとに決まっています。)

その後、“ねぎま”、“青唐焼”と食べ進みますが、ねぎやししとうの焼け具合も良い感じです。

鶏肉は、モモやムネ、ササミなどいろんな部位があるようで、一口ごとに違った味わいを楽しめます。

【釜飯】
140515.銀座・鳥ぎん0022

■注文してから18分後、お待ちかねのもう一つの主役、”釜めし”が登場します。

木製の蓋を開けると、熱々の専用の金属釜の中の釜飯が姿を現し、醤油ダシ・鶏の旨味を含んだ蒸気がふわっと立ち昇ります。

このお店では、注文を受けてから釜飯を炊き始めるそうで、時間が15分以上掛かる旨が箸袋にも書かれており、お客さんは気長に待つことができます。

140515.銀座・鳥ぎん0024a

■お店の釜飯に対するこだわりはこれ以外にもいろいろあるようですが、特に“ダシ”には力を入れているそうです。

お店のHPでも「味のベースは、混布とけずりぶしですが、最高級の混布を使い、毎日たっぷりと時間をかけ、その日毎にダシをとっています。」と述べています。

なるほど。そう考えると、立ち昇る蒸気からも、そんな感じが伝わってくる気がしますね~♪

140515.銀座・鳥ぎん0033

■お店のお奨めどおり、給仕されてから蓋をしたまま一呼吸おいて、中のご飯を蒸してからお茶碗に移します。

釜飯の専用釜は年季が入った真鍮製(?)で、深さがある程度あり、お茶碗三杯分はありそうです。

ほぼ同時に“鳥スープ”が運ばれて来ますので、食べる体制を整えると上の写真のような感じになります。

140515.銀座・鳥ぎん0031

■それでは、さっそく“鳥釜めし”を一口食べてみます。

むむむ、、、


う~ん、これはウマ━━━(*´∀`*)o^∀^o)*´Д`*)━━━イ!!!!!!


さすがはお店の看板料理の定番メニューです。お米はふっくらと立っていて、しっかりとした旨味のダシがやさしく染み渡っています。これなら具材がなくても美味しくいただけます。

さらにそこに、醤油と味醂であっさり味付けされた鶏そぼろとグリンピースが加わって、味わいに深みと変化がでてきます。

ぱらっとした鶏そぼろは、もっちりしたお米との対比で、食感上のコントラストにもなっているのが面白いですね。

140515.銀座・鳥ぎん0029

■鶏のスープはしっかりした旨味があって、味付けは最低限の塩加減の調整のみです。

さすが焼鳥屋さんです。これは美味しいですね~!釜飯の最強のパートナーです~♪

140515.銀座・鳥ぎん0012

■ごぼう、にんじん、こんにゃくで作った“きんぴらごぼう”です。釜飯の途中のアクセントにいいですね。

140515.銀座・鳥ぎん0013

■こちらは、白菜の浅漬けです。あらかじめ、うっすら醤油が掛かっています。

140515.銀座・鳥ぎん0034

■釜飯といえば、後半の楽しみは“おこげ”です。

お米にダシが優しくしっかり染みているので、おこげもその分さらに美味しくなっています~♪

ただ、一つだけ注意すべきは、このお店の専用釜はなかなか温度が下がらないようで、時間が進むに連れてどんどん“おこげ”が増えいくので、後半はピッチを緩めずに一気にご飯を食べる必要があります。

自分は食べるのが遅いので、おこげ自体は好きですが量が多くできてしまい、ちょっとアゴが疲れちゃいました。^^;

■総括としては、歴史の長いお店ですが、リーズナブルな価格で今も多くのお客さんに愛され続けている釜飯と焼鳥のお店です。

二枚看板の“釜めし”と“焼とり”は、どちらも高いレベルの美味しさで、老舗ならではの味わいの安定感があります。

また、二刀流だからこその強みですが、メニューの組合せが自在なので、どんなお客さんへのニーズにも対応できる懐の深さがあります。

つまり、昼でも夜でも、飲みたい人はゆっくり飲めるし、食べたい人は食事に集中もできます。また、お勘定もしっかり掛けることもできるし、安く済ますこともできます。

銀座で食べるものに迷った時に、和食系の気分であれば、老若男女問わず、いろんな方にかなりおススメです~♪

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Kentaroさん♪
おはようございます^^

焼き鶏画像・・・もうたまりませ~ん^^
今、すごくお腹が空いていますので、酷な写真です~~

美味しそうですね~!
しかもリーズナブル!
釜飯・・・そうそう。。。お焦げがたまりませんね^^

是非行ってみたいお店です♪
素敵なご紹介を有難豚ございましたm(..)m

Re: No title

Paganiniさん、こんばんは~!
ここ数年、銀座に通ってみて分かってきたのですが、銀座にはお昼時でも(良い意味でも悪い意味でもなく)いろんな人種の人がいて、不思議な街なんですよ。。。

例えば、綺麗なフレンチのお店だと、お金回りが良いOLや奥様方が中心、千円以下でがっつり食べられる和食・洋食のお店だとサラリーマンが中心と相場が決まっているのですが、このお店は違うんです。

40代以上の女性の団体が多数いて、楽しいおしゃべりをしながら釜飯を召し上がっていますが、その横では40~60代の男性が、だいたい一人か二人で平日昼間から飲んでいます。このギャップがすごいですよね。

そんなことを言いながら、あまりサラリーマンがいないところで、サラリーマンである自分が食事をしているのも、他の人から見ると、ちょっと変なのかも知れませんね~♪

※釜飯のおいしさを考えると、Pagaさんの女子会にもお薦めです~!
(*^_^*)/
プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
256位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
114位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html