スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上品な辛さで表現する繊細で綺麗な四川料理@銀座=中国菜老四川 飄香

『銀座のど真ん中で繊細にして上品な高級四川料理~♪』

   ~中国菜老四川 飄香(ピャオシャン)・銀座三越店 -Piao Xian-

■今日は、銀座でランチです。

久しぶりに中華料理にでも行ってみようと思い、綺麗でやや高級なお店を目指してお店を調査してみます。

やはり銀座ですので、普通の“街の中華料理店”は少なく、お洒落でカジュアルなプチ高級クラスが中心になります。

■食べログで、中エリア区分“銀座”エリアの“中華”人気順ランキング(※)を見てみます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみて下さいね~♪)

第1位 【銀座一丁目】 銀座 天龍 (餃子、中華料理、中華麺)
第2位 【銀     座】 筑紫楼・銀座店 (中華料理) (丸の内店に訪問済み)
第3位 【銀     座】 全聚徳・銀座店 (北京料理)
第4位 【銀座一丁目】 過門香・銀座店 (中華料理)
第5位 【銀座一丁目】 ジョーズ・シャンハイ・銀座店 (中華料理、飲茶・点心、広東料理) (池袋店に訪問済み)
第6位 【東  銀  座】 台湾海鮮 (台湾料理、飲茶・点心、鍋) <未訪問>
第7位 【銀座一丁目】 天香回味・銀座店 (中華料理、鍋、薬膳) (日本橋店に訪問済み・ブログ未掲載)
第8位 【銀     座】 福臨門・銀座店 (広東料理、飲茶・点心) <未訪問>
第9位 【銀     座】 赤坂璃宮・銀座店 (広東料理) (赤坂本店に訪問済み)
第10位 【銀    座】 天津飯店 (中華料理、餃子、中華麺)

※ラーメン店およびラーメンがメインの中華料理店を除く補正済み。

完全な未訪問店が2軒ありますが、“台湾海鮮”は築地にあり銀座からは遠く、“福臨門”は超高級なので、この2軒はいつかタイミングをみて訪問することにします。

第11位 【銀     座】 天香回味・銀座中央通り店 (台湾料理、中華鍋・火鍋、中華料理) (日本橋店に訪問済み)
第12位 【銀     座】 中華菜老四川 瓢香・銀座三越店 (四川料理、中華麺、中華料理) <未訪問>
第13位 【銀座一丁目】 上海 小南国・銀座店 (上海料理、創作料理、中華料理) (上海で訪問済みブログ未掲載)
第14位 【銀座一丁目】 御膳房・銀座店 (中国鍋・火鍋、中華料理) <未訪問>
第15位 【銀     座】 麒麟 (中華料理、カフェ、スイーツ) <未訪問>

今日は、このゾーンからお店を選びます。いつものセオリーどおり、未訪問店を上から順に攻めてみます。

本日のターゲットは、第12位の“中国菜老四川 瓢香”です。

140606.新大塚・カッチャル・バッチャル0003

■“中国菜老四川 飄香”は、2006(平成18)年に代々木上原でオープンした、四川料理のお店です。(2012年に麻布十番に移転)

銀座三越店は、このお店の初の支店として、2010(平成22)年9月にオープンしています。

お店のHPでは、お店の名前の由来やコンセプトを次のように紹介しています。

*****************************************
中国で「老」には「歴史を重ねた、昔からの」、「飄」には「揺く、漂う」という意味があり、「飄香」には、昔の四川省 「old四川が漂い香る」という意味が込められております。四川の伝統ある料理を礎に現代エッセンスを融合させた料理の数々は、幾重にも織り成すスパイシーかつ芳醇な香りを放ち、遠い四川の地を連想して頂けると思います。「飄香」では、お客様に満足して頂ける料理の提供とサービスを目指していきたいと思っております。

「百の素材があれば百の調理法がある」といわれる四川料理の真髄を追及し、もっと多くの方にその感動を味わっていただきたいと思います。
*****************************************

なるほど。この説明からすると、繊細で巧みな香辛料使いの上品な四川料理が想像されますね~♪

140606.新大塚・カッチャル・バッチャル0006

■このお店の麻布本店は、『東京最高のレストラン 2014』(㈱ぴあ刊)という本では、“中国料理最高のレストラン”の26軒のひとつに取り上げられていて、次のように紹介されています。

*****************************************
代々木上原に店を構えて7年余り。予約至難な中華料理店のひとつにあげられるほどの人気店となったここ「飄香」が移転。2012年12月10日、麻布十番に装いも新たにリニューアルオープンした。中国の伝統様式<四合院造り>をイメージしたエントランスに落ち着いた雰囲気の中にも開放感のある店内は、以前の店に比べればグッと明るくゆったりとした趣。“老四川”と銘打つように、ここでは昔から根付いている古き良き四川の味を追求。「鯰の四川激辛煮込み」のように古い文献を紐解き再現した料理がしばしば登場するのも楽しみだ。もちろん名物の「飄香よだれ鶏」や「悪大王のスペアリブ」は健在。「百味百菜」とも言われる、辛さだけではない深遠にして多彩な四川の味をぜひ。
*****************************************

この紹介文からすると、基本は四川料理で、たぶんに創作料理的な要素もあるようですね。これは楽しみです~♪

140606.新大塚・カッチャル・バッチャル0051

■お店は、東京メトロ銀座線・銀座駅の真上にある銀座四丁目交差点の四つ角の一つにある銀座三越の12階レストラン街にあります。

お店に着いたのは、11:20ごろです。午後の仕事の都合で、ちょっと早めのランチです。

銀座三越のレストラン街は、他の百貨店のものと比べ、共用スペースがかなり広々としていて、とっても贅沢な空間使いです。

このお店の造りも、ガラスを多用し開放感を重視したもので、通路から店内や厨房が見えるようになっています。

エントランスの白煉瓦風の壁や、中国の古代家具、中華文様の木製の間仕切りが、センスの良い高級中華であることをアピールしています。

店内は、テーブル席が42席あるようですが、客席間隔がけっこう広く、贅沢な空間使いとなっています。フローリングの床といい、古代中国風の家具調度といい、高級感がありますね。

自分とグルメ友達のK君は、窓の近くの明るいテーブルに通されます。店員さんの対応も丁寧で、さすが高級中華といったところです。

140606.新大塚・カッチャル・バッチャル0009

■ランチメニューは、4種類あるコースやセットがメインで、アラカルトの設定もあります。

コース・セットは、“飄香ランチコース”(4,860円)、“特製ふかひれの姿煮麺セット”(4,320円)、“特製ふかひれの姿煮セット”(4,104円)、“飄香サービスランチセット”(2,808円)の4種類です。

自分とK君は素直に、お値段的に一番お得な“飄香サービスランチセット”を選択します。

このセットは、前菜三種、重慶式スブタ、自家製点心二種、メイン、チョイスデザート、食後のお茶で構成されますが、メイン料理を6種類から、デザートを3種類から選ぶことができます。

<メイン>
A. 豆乳入り担々麺 春キャベツと桜エビ添え <辛さ★>
B. アサリと春野菜のあんかけ焼きそば
C. タラバ蟹とレタスのチャーハン
D. オマール海老のチリソースあんかけ麺(+864円) <辛さ★>
E. ウニ入りフカヒレあんかけご飯(+756円)
F. 四川山椒入り本場のマーボー豆腐とご飯 <辛さ★★>

四川料理の真髄は“麻辣”(マーラー;辛さと痺れ)だと確信している自分としては、辛くない料理は当然除外です。ただ、ありきたりの麻婆豆腐と、豆乳で辛さ調整した担々麺を外すと、残る一つ、“オマール海老のチリソースあんかけ麺”に決まります。

高級食材好きのK君は、 “ウニ入りフカヒレあんかけご飯”をチョイスします。

<デザート>
①飄香 杏仁豆腐
②さくらんぼプリン バラ茶のジュレ
③桂花陳酒の香りの白きくらげのコンポートとイチジクのグラニテ

デザートは、写真入りで紹介されているのですが、かなり綺麗で凝っています(女性客を意識しているようですね)。

ありきたりの①を外し、自分は②、K君は③を選びます。

【鉄観音】
140606.新大塚・カッチャル・バッチャル0012

■まず料理の前に、中国茶“鉄観音”が中国茶器に入ってやって来ます。

茶葉に熱湯を掛け蓋をし、しばらくしてから蓋を少しずらして蓋をしたまますすります。こうすると茶葉が蓋でせき止められるんですね。これが中国風です。

最初に濃厚な味わいがあって、後味はほんのり甘い美味しいお茶です。う~ん、気分が盛り上がりますね~♪
 ヾ(*´∀`*)ノ

【前菜三種】
140606.新大塚・カッチャル・バッチャル0020

■まず始めに、前菜が白い四角の小皿3つ、専用の木製プレートに載ってやって来ます。見た目がお洒落ですね~♪

料理は左から順に、“クラゲの赤酢ソース掛け”、“蒸し鶏とキュウリの胡麻ソース掛け”、“四川式ピクルス”です。

いずれも繊細な味付けで上品な味わいです。量が少ない分、お皿ごとの味の違いを楽しむ前菜になっています。

【重慶式スブタ】
140606.新大塚・カッチャル・バッチャル0023

■続いては、プリメインとも言うべき“重慶式ピリ辛スブタ”です。

豚肉は、かたまりではなくスライスしたものを使っていて、具材としはキクラゲ、セロリ、ネギが入っています。

140606.新大塚・カッチャル・バッチャル0025

■さっそく豚肉から食べてみることにします。

むむむ、、、


う~ん、これは美味しいですね~! ヾ(*´∀`*)ノ


よくあるケチャップ中心の味付けの酢豚と比べると、酸味や甘味は抑え目で、その代わりにベースの旨味とほど良い辛さが効かせてあります。ネギも良いアクセントになっていますね。

全般的に上品な味付けで、旨味をしっかり出しながらも、絶妙なピリ辛具合で、四川料理らしさとお店のオリジナリティを出している感じです。

こんな味付けなので、具材のキクラゲやセロリも、もちろん美味しくいただけます~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

【自家製点心二種】
140606.新大塚・カッチャル・バッチャル0027

■プリメインの後、メインの前に、軽く楽しめる“自家製点心二種”が出て来ます。

一つは“黄ニラと海老のスティック春巻”、もう一つは“海老・カニ・貝柱入り焼売”で、いずれも海鮮系の点心です。

どちらも一つずつなので、一口で終わってしまいますが、食べてみると、、、


おー、どっちもかなり美味しいですね~! ヾ(*´∀`*)ノ


春巻の方は、黄ニラの独特な風味と甘味が海老のすり身の風味、甘味と非常にうまくシンクロしていて、春巻の皮の香ばしさ、パリパリ食感と合わせ、非常に美味しく仕上がっています。

焼売の方は、海老・カニ・貝柱の固形分を使用しているためか、それぞれの風味・味わいが強力で、華やかで高級感のある味わいになっています。

どちらも、あと何個かずつ食べてみたくなるぐらいの、絶品点心です~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

【オマール海老のチリソースあんかけ麺】
140606.新大塚・カッチャル・バッチャル0031

■そして、いよいよメインの“オマール海老のチリソースあんかけ麺”の登場です。

140606.新大塚・カッチャル・バッチャル0032

■白い大きな器にあんが掛かった麺が載っていて、その中央に大きな殻付きのオマールがどーんと鎮座しています。

140606.新大塚・カッチャル・バッチャル0036

■自分で殻を外すこともできますが、店員さんが「殻をお取り外ししましょうか?」と聞いてくれるので、そうしてもらいます。

140606.新大塚・カッチャル・バッチャル0037

■殻を外してもらっても、オマール海老の身はかなり大きいですね。しっかり食べ応えがありそうです。

140606.新大塚・カッチャル・バッチャル0040

■それでは、麺にあんをしっかりと絡ませてから、さっそくいただくことにします。

むむむ、、、


これは、ウマ━━━(*´∀`*)o^∀^o)*´Д`*)━━━イ!!!!!!


太めの中華麺に絡んだとろみのあるあんは、中華醤油ベースの味付けになっており、挽肉の旨味たっぷりで、ネギと唐辛子(ラー油)が絶妙なアクセントとして入っています。

全般的な味わいは、旨味と辛味を中心に品よく構成され、複雑かつ深みがあっていくら食べてもまったく飽きさせません。

中華麺自体は、濃厚つけ麺店などで使用されるような中太麺で、張りのある食感としっかりした噛み応えとともに、小麦の甘味が楽しめる美味しいものが使われています。

主役のオマール海老は、ぷりっぷりの食感で、ほど良い柔らかさに、噛むほどに溢れ出る海老の風味と甘味がたまりませんね。あんとのマッチングもバッチリで、辛ウマ味で楽しめます。

量としては、おそらく単品のハーフポーションぐらいだと思いますが、次回は単品でガッツリ楽しみたいと思わせるぐらいの美味しくて魅力的な一品です~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

【ウニ入りフカヒレあんかけご飯】
140606.新大塚・カッチャル・バッチャル0033

■こちらはK君のメイン、“ウニ入りフカヒレあんかけご飯”です。さすがに盛り付けも、上品で綺麗ですね。

140606.新大塚・カッチャル・バッチャル0034

■よく見ると、半球状に盛られたご飯の上から、透明な繊維状のふかひれと雲丹ときのこを含んだ美味しそうな餡がたっぷり掛かっています。こちらも美味しそうですね~♪

【さくらんぼプリン バラ茶のジュレ】
140606.新大塚・カッチャル・バッチャル0047

■最後にデザートが出て来ます。中華料理店らしからぬ、まるでフレンチかイタリアンのような本格的なデザートですね。

主役はさくらんぼのプリン(ババロア)で、その周りにバラ茶のジュレ(紅茶のローズヒップ、中国茶の東方美人、バラのリキュールのミックス)が掛かっています。

食べてみると、適度な甘さのババロアに、大人の味わいのジュレがマッチした、上品なデザートです。

【桂花陳酒の香りの白きくらげのコンポートとイチジクのグラニテ】
140606.新大塚・カッチャル・バッチャル0043

■こちらは、K君のデザートです。カクテルグラスにいろんなものが層状に重ねられていて、見た目かなり綺麗です。

■総括としては、銀座の中心・銀座三越にふさわしい、上品な辛さと味わいの綺麗な四川料理のお店です。

今日の“サービスランチ”でも、見た目はどれも綺麗で、楽しく美味しく飽きさせない、“流れ”のあるコースになっています。

味わいは上品で繊細ながらも、辛さの奥にある旨味を感じさせる“四川料理らしさ”を巧みに表現していると思います。

こんな料理を、モダンチャイニーズと表現すべき綺麗な空間で、行き届いたサービスのもとで楽しめるので、少なくとも今日のランチのお値段はリーズナブルと言えそうです。

このお店のスペシャリテは、他にいくつかあるようなので、チャンスがあれば試してみたいですね。

これからの暑い季節、銀座でお買物合間にちょっと刺激的な四川料理を上品に楽しみたいという方におススメです~♪

ごちそうさまでした~!

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Kentaroさん♪
おはようございます^^

美味しそうです^^

私も“ウニ入りフカヒレあんかけご飯”をチョイスしたかも・・・たぶん迷いに迷って(笑)
盛り付けもお綺麗ですし、何かお上品な中華ですね。。。
頂いてみたいです^^v

Re: No title

> Kentaroさん♪
> おはようございます^^

Paganiniさん、こんばんはっ~!^^
蒸し暑い日が続いているので、またつい辛いものを食べちゃいました。でもこの四川料理はそんなに辛くはなかったので、Pagaさんでも多分大丈夫ですよ~♪

> 美味しそうです^^
> 私も“ウニ入りフカヒレあんかけご飯”をチョイスしたかも・・・たぶん迷いに迷って(笑)
> 盛り付けもお綺麗ですし、何かお上品な中華ですね。。。
> 頂いてみたいです^^v

こちらの中華、さすが銀座三越!と思わせてくれる豪華でセンスの良い空間・サービス・お料理で、このお値段でも納得の内容でした。実は銀座三越で食事を下の初めてだったのですが、やっぱり格が違いますね~♪
他にもいろんなジャンルの名店が並んでいるようなので、レストラン街自体おススメですヨ~!
(*^_^*)/
プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
282位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
123位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html