スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孫文や周恩来も足繁く通った創業百年の上海料理店@神保町=漢陽楼

『完成度の高い上品な味わいの創作中華料理~♪』

   ~中国名菜 漢陽楼 @神保町

■今日は、神保町でランチです。

古くからの学生街であるこの街はカレーをはじめとするB級グルメの都ですが、もっと時間を遡ると、明治時代は東京の中華街とも言うべき街だったようです。

中国からの留学生が大勢いたのがその理由だそうで、今でも何軒かのお店がちゃんと残っています。

■食べログで、小エリア区分“神保町”エリアの“中華”人気順ランキングを見てみます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみて下さいね~♪)

第1位 【神保町】 新世界菜館 (中華料理、飲茶・点心) ☆
第2位 【神保町】 上海朝市 (中華料理、バイキング) <未訪問>
第3位 【神保町】 三幸園・白山通り店 (中華料理、餃子) <未訪問> ☆
第4位 【神保町】 徳萬殿 (中華料理) <未訪問> ☆
第5位 【神保町】 スヰートポーヅ (餃子、肉まん・中華まん)
第6位 【神保町】 神田餃子屋・本店 (餃子、中華料理) <未訪問>
第7位 【神保町】 泰南飯店・神保町店 (中華料理) <未訪問>
第8位 【神保町】 揚子江菜館 (中華料理)  <未訪問> ★
第9位 【神保町】 漢陽楼 (上海料理、飲茶・点心)  <未訪問> ★
第10位 【神保町】 川府・神保町店 (四川料理)  <未訪問>

上記ランキングで、☆印をつけたお店は創業50年以上、★印をつけたお店は創業100年以上です。さすが東京の中華街と言われるだけのことはありますね。

今日はこんなテーマなので、創業100年超の2軒のうち、“漢陽楼”に行ってみることにします。

140926.神保町・漢陽楼0000

■“漢陽楼”は、1911(明治44)年創業の中華料理、特に上海料理のお店です。

当時から神保町界隈は大学が集まっており、中国人留学生も多くいたそうですが、この地で中国人留学生相手の賄い付き下宿をしていた上海出身の初代が、料理の腕が良かったため、周りに勧められて開業したのがこのお店なんだそうです。

その頃の中国人留学生は、その後の中国を背負って立つ大物が揃っており、このお店の常連には孫文、魯迅、周恩来などの日本の教科書にも出てくるような人物が名を連ねています。

特に周恩来は、1917(大正6)年から2年間留学していたそうですが、その頃の思い出を記した『十九歳の東京日記』で、このお店のことがたびたび出てくるんだそうです。

そんなこともあって、このお店の名刺には、店名のサブタイトルとして“周恩来ゆかりの店”とまで記載しています。

ちなみに、店名の由来は「漢民族に陽が燦々と当たる館」の意を込めたものなんだそうで、辛亥革命後の混乱期にあった中国からの若き留学生たちの思いがこもった店名なんだそうです。

う~ん、周恩来が故郷の味を求めて足繁く通ったお店ですか。。。 とっても興味深いですね~♪

140926.神保町・漢陽楼0020
(壁に飾られている周恩来の詩作『大江歌罷掉頭東』の書。知らないとただの額ですが、知っていると歴史を感じます。)

■お店は、地下鉄神保町駅の真上にある神保町交差点から行くと、東西に伸びる靖国通りを東方向(両国方面)に200m進み、一つ目の交差点を渡ったところを左斜め前方向に伸びる道に入り、50m進んだ左側にあります。徒歩4分ほどです。

お店に着いたのは、12:30ごろです。

店内は、やや暗めの空間にスポット照明が卓上を照らしており、古代中国風の家具調度と合わせて落ち着いた雰囲気になっています。静かに流れる弦楽器中心の中国音楽もゆったりとしていて良いですね。

席数は1階と2階合わせて90席あるそうですが、お値段が多少高いせいか、ランチのピークタイムでもお客さんは滞在中常時10名ほどです。まぁ、自分からするとゆっくり食事ができるので空いていること自体は良いことなんですが。。。

140926.神保町・漢陽楼0002

■ランチメニューは、ご飯物が10種類、麺類が14種類と、なかなか種類が豊富に揃っています。

お値段的には、レンジが970円から1,200円で、そのほとんどが1,025円と、一般的な中華料理店と比べるとやや高めです。

ランチメニューのうち、ご飯物3種類、麺類1種類が“月替わりのメニュー”となっていて、やや大きな字で書かれているのが目を引きます。今日はこの中から注文の品を選んでみましょう。

その4品は、①花椒茄子(ナスの山椒風味)(970円)、②辣子魚(ハタのピリ辛炒め)(1,025円)、③香港明蝦(天然エビのマヨネーズ風味)(1,080円)、④韮菜湯麺(ニラソバ)(1,080円)です。

それぞれ、あまり一般的な中華料理屋メニューっぽくなくて、どんな料理なのか非常に興味が沸くのですが、外すリスク承知で、特に変わっていると思われるお魚メニューの“辣子魚”を頼んでみます。大丈夫でしょうか~♪

【辣子魚】
140926.神保町・漢陽楼0012

■注文してから5分ほどで、主菜とご飯、スープ、小鉢が出て来ます。

ぱっと見て思うことには、主菜は緑色や赤色を中心にかなり彩り鮮やかですね。でも、どんな味なのか想像できない感じです。

あと、ご飯が白いプレートのお皿に平らに敷き詰められています。洋食屋さんではよくあることですが、中華料理店では意外ですね~♪

140926.神保町・漢陽楼0017

■メインディッシュをよく見てみると、揚げたハタの身が二切れに、醤油ベースの餡が絡んでいるようですね。

カラフルな具材は赤と緑の唐辛子に、キクラゲ、タケノコ、ニンジン、ネギが入っています。

それでは、さっそくハタのフライから食べてみます。

むむむ、、、


これは、ウマ━━━(*´∀`*)o^∀^o)*´Д`*)━━━イ!!!!!!


ハタのフライは、さくっとした衣を纏い、ふわっと柔らかく噛めばクセのない白身魚らしい香りと旨味が広がります。

何と言っても素晴らしいのが、ハタのフライに絡む甘めで旨味たっぷりの醤油ベースの餡で、味の輪郭がはっきりしているのに強すぎず、旨味の奥が深く、それでいて繊細・緻密で上品です。

すると、本来薄味で穏やかな味わいのハタのフライが、餡が絡むことではっきりした味としっかりした旨味を纏い、いきいきとした主張のある料理に変身します。

いや~、料理のネーミングから不安があったことも一因かもしれませんが、予想を大きく超えるエクセレントな美味しさに、この料理の完成度の高さと、このお店の実力をまざまざと見せ付けられた感じがして、久々のプチ感動です。

140926.神保町・漢陽楼0019

■餡があまりに美味しいので、つい餡をそのままご飯に掛けて食べたくなりますが、赤や緑の唐辛子が辛いと困るので、具材から順に食べることにします。

キクラゲ、タケノコ、ニンジン、ネギと食べ進みますが、餡との相性はバッチリで美味しいですね。

餡をよく見ると、細かい挽肉も入っているようですね。なるほど、これで旨味にドーピングがしてあるんですね。

最後に残った唐辛子をちょっと食べてみると、意外なことにそんなに辛くありません。そこで結局、残ったご飯に掛けて一気に食べてしまいます。

ちなみに、ご飯自体もかなり美味しくて、高級和食割烹レベルです。気になるのは量が少ないことだけです。(もしかすると、お替り可だったのかもしれません。)

こんな感じで、不安な注文からスタートしたのですが、最後は大満足で完食したのでありました~♪

140926.神保町・漢陽楼0015

■こちらは、ふわふわ玉子のスープです。

優しく穏やかな醤油味で、具材にニンジン、玉ネギ、ネギの細切りが入っています。ほっとする味で良いですね~♪

140926.神保町・漢陽楼0014

■こちらは、ザーサイとモヤシの和え物です。

食べてみると、意外にもレモンが効いたさっぱり味で、複層的な味わいがあり、ただの付け合せにも工夫を凝らしてあります。

■総括としては、中国近代史に名を残す偉人が通った老舗であると同時に、完成度が高く、上品な味わいの料理を楽しめる高級中華料理店です。

店舗の外観が割りと地味だったので予想できなかったのですが、かつての歴史に頼っているだけのお店ではまったくなく、日本にしかない繊細で緻密な味わいの中華を堪能できる稀少なお店です。

料理を食べた後で思うことには、千円を越えるお値段もこの味ならむしろリーズナブルで、高い満足感があります。

自分は、今日食べためニューがたまたま当たりだった可能性もあるので、他のメニューも確認すべく、周恩来ばりに足繁く通って見たいと思います。

香港、台北、北京、上海でもなかなか味わえない、日本の上品な味わいの中華を満喫したい方にぜひおススメです~♪

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Kentaroさん♪

おはようございま~す^^

このランチ1025円はリーズナブルですね・・・
はた・・・美味しそうですし身も大きいものが二個も!

神保町は学生の頃に行ったきり^^;
中々、ソチラ方面は行くことはないんですが、機会があれば行ってみますね・・・

※台風接近中ですね・・・
お気をつけて下さいね~。
ではまたね~^^/

Re: No title

> Kentaroさん♪
> おはようございま~す^^

Paganiniさん、こんばんは~!^^
今回の台風すごかったみたいですね。。自分は実は晴男でして、朝の出勤時は駅まで歩く5分間は雨が止み、午後の外回りの時はは快晴でした。

> このランチ1025円はリーズナブルですね・・・
> はた・・・美味しそうですし身も大きいものが二個も!

日本の中華料理で海魚って珍しいですよね。おまけに味付けが実に繊細・緻密・上品で良い意味で裏切られました。意外なところで食べ歩きの真骨頂を味わった次第です。

> 神保町は学生の頃に行ったきり^^;
> 中々、ソチラ方面は行くことはないんですが、機会があれば行ってみますね・・・

主婦の方だと、あんまり行かないエリアですよね。自分はたまたま仕事のお客さんがこのエリアにあるのでよくランチをするのですが、そうでなければ自分も行かないでしょうね。でも、本屋さんやスポーツ洋品店、それ以外にも意外なものを売っているお店がいろいろあって、散歩をするだけでもなかなか面白いエリアなんですよ。

一度週末にジャガ夫様や豆ガールさんとお散歩されることをおススメしますです~♪
(*^_^*)/

No title

Kentaroさん、こんばんは(^_^)/

美味しそうな辣子魚に完全ノックアウトです♪♪

ちょうど「神田古本まつり」に行こうと思っていまして
ついでにカレーのお店の食べ歩きをしようと思っていましたが
こちらのお店に心惹かれています♪

神保町に中華街があったとは知りませんでした。
勉強になりました。ありがとうございます(*^_^*)

Re: No title

せんさん、こんばんは~!^^

そーなんですよ。神保町は東京の中華街なんです!

老舗攻略という観点では、自分もまだまだ行き届いていないので、これから楽しみながら攻めてみます。

今回のお店は、太鼓判を押せますので、もし宜しければ行ってみてくださいね~!
(*^_^*)b
プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
295位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
127位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html