スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BASSOドリルマン〔4回目〕=池袋ラーメン店めぐり(その79)

『ラーメンの季節、到来ですかね~♪』

   ~BASSOドリルマン

■今日は、久しぶりに池袋グルメ探検隊の超おすすめ店“BASSOドリルマン”に行ってみます。

実は、ちょっとした目的がございまして…

このお店のメニューは、次の4種類なのですが、

・中華そば  (なぜか未食~!)
・濃厚中華そば  (隊員3回目
・つけそば  (隊員1回目2回目
・HOT BASSO  (隊長1回目2回目3回目

今日“中華そば”を食べれば、BASSOドリルマンの全メニュー踏破になるんです。

思えば、ここまで遠い道のりでした… (*´σー`)~アホカ? ナンデソコマデヤラナアカンネン?

101024.池袋・BASSOドリルマン 003

■池袋東口にある探検隊の本拠地から、BASSOドリルマンまで歩いていくと、距離にして2.5キロほどあって、ちょうどいい散歩になります。

歩いて行く途中、数々の有名ラーメン店があるのですが、今日はどうしたのでしょう?、どの店もいつもより行列が長くなっています。

たぶん、最近ちょっと寒くなってきたので、“ラーメンシーズン到来!”ということなんでしょうか。

■今日は、時間が休日のお昼過ぎ、12:45ごろということもあるのでしょうが、例えば通り道の“東池袋大勝軒”は16人待ちで、“麺創房 無敵家”に至っては、なんとジャスト50人待ち…(面白かったので、数えちゃいました~!)

BASSOドリルマンに着いたのが、13:00過ぎだったのですが、こちらも10人待ちでした。
(並んで10分後には、探検隊の後ろにも10人以上の待ち行列が。)

101024.池袋・BASSOドリルマン 001

カウンター席8席、テーブル席8席あるものの、さすがに30分弱は待つことになりました。
(今まで3回はラッキーで、ほとんど待ったことがなかったんですよね~)

初めてカウンター席に座ったので、綺麗な厨房をパチリ。
元イタリアンの店舗を射抜きで使っているので、店内はおしゃれな雰囲気です。

101024.池袋・BASSOドリルマン 009

■今日の注文は決まっています。

探検隊は、いつも隊長+隊員で、だいだい合計500g弱になるように注文量を調整しています。

隊員が注文する“中華そば”が並盛180g、中盛250g、隊長が注文する“HOT BASSO”が小盛200g、並盛300gです。

麺の量の組み合わせを考えて、“特製中華そば(並盛)”(950円)と“HOT BASSO(並盛)”(900円)にしました
(180g+300g=480g)。

他のお客さんは、ほとんどが“濃厚中華そば”か“つけそば”を注文しているので、ちょっと変な感じです。
(カウンターだったので、調理している様子が丸見え。なので、皆さん何を注文しているのか良く分かりました~♪)

【特製中華そば】
101024.池袋・BASSOドリルマン 015

■カウンター越しに、中華そばが提供されてまず気が付いたのですが、

『美味しいラーメンは見た目も綺麗!』『見た目が綺麗なラーメンは、まず美味しい!』

湯気に混じって香る魚介風味と合わせて、食べる前から期待させてくれます。

■まずは、綺麗に澄んだ醤油色をしたスープから味わってみます。

むむむ、これは~!!

豚骨と魚介のWスープですが、最初の口当たりは、魚介スープの繊細さを前面に押し出しています。

ただし、豚骨スープがしっかりしているので、適度な醤油味と合わせてパワー感も十分です。

繊細さは、護国寺の名店“柳麺ちゃぶ屋”の“らぁ麺(正油味)”に相通ずるものがあります。

101024.池袋・BASSOドリルマン 018

■つぎに、綺麗な小麦色をした中細ストレート麺を食べてみます。
(“濃厚中華そば”には“つけそば”と同じ太麺が使われているので、“中華そば”専用の麺です。)

う~ん、美味い!!

細麺でも分かる、適度な噛み応え・もちもち感と、小麦の風味の良さ。

細くなればなるほど、この辺りの食感は曖昧になるのですが、さすがドリルマンです。

それにしても、“中華そば”という1メニューのために別種の麺を自家製麺で作り上げるのもすごい。

ラーメンの基本メニューたる“中華そば”に対する店主さんの思い入れが伝わってきます。

■魚介豚骨スープとはいえ、非濃厚系の澄んだ醤油スープなので、中細麺との相性は抜群です。

押し出しの強いスープが、中細麺にしっかり絡まって、口の中まで届きます。

噛むと小麦の香りが一層良くなるのも、ドリルマンの麺の特徴です。

101024.池袋・BASSOドリルマン 016

■ドリルマンの具材は、どれも手間隙がかかっていて、美味しいのですが、初めて“特製”バージョンを注文してビックリ。

まずは、チャーシューが3種類。それぞれ全く食感が違って、これだけでも楽しめます。
デフォルトには、脂身の入った大型チャーシューに、脂身がほとんどなく肉感を楽しむチャーシューが入っています。これに“特製”では、炙りチャーシュー(脂身がある方をガスバーナーで炙ったもの)が付いてきます。

つぎにメンマですが、デフォルトは太くて大きいものが入っていて、しっかりとした噛み応えが楽しめますが、“特製”には細めのメンマが大量に追加投入されています。

“特製”という点では、上記以外に味玉が付くことと、海苔が追加で1枚付いてきます。

デフォルトでも、斜めに細長くスライスされた白髪ネギと、輪切りにされた青ネギが、異なる役割を与えられてうまく使われています。

■総括としては、店主さんの高い技術力と思い入れがしっかり表現された、極めて完成度の高い“中華そば”です。

麺・スープ、具材のそれぞれをしっかりと磨きこんでレベルを高め、かつその3要素を極めて高い次元でバランスさせています。

超基本的メニューだけに、「“中華そば”を食べればお店のレベルが分かる」ということを改めて証明する結果となりました。

おすすめレベルは、当然に最高評価・レベル6★(超おすすめ~!!)です。

結局、全メニューを食べましたが、どのメニューも自信を持っておすすめレベル6★です。

【HOT BASSO】
101024.池袋・BASSOドリルマン 010

■辛い物好きの隊長は、この店では隊員が望むメニューを食べてくれません。

なにせ、このお店の“HOT BASSO”、辛つけそばは、かなり辛いんです。

辛いものが苦手な隊長の辛いものキャパシティを大きく超えてきます。

101024.池袋・BASSOドリルマン 011

■それでも、久しぶりにドリルマンの自家製太ストレート麺を食べたくて、少量いただきました。

食感がつるっつる、もっちもちで、歯応えと香りがよく、爽やかな喉越し。

つけ麺用太麺の必要十分条件を完璧に備えたすばらしい麺です。

ただ、ただ、「美味い!」

鶏そば前門店 前略っまるきゅう”(食べログ・“池袋~高田馬場・早稲田”エリア・点数順ランキング第1位)や、“まるきゅうらあめん”(同8位)など、他の人気ラーメン店にも“自家製麺”を納めているドリルマン。

さすがです。

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっと3連発クリックお願いします!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
295位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
127位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html