スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らあめん元~Hajime~(1杯目)=板橋区ラーメン店めぐり(その2)

『上品な清湯スープの塩ラーメン~♪』
   
   ~らあめん元~Hajime~

■最近、『業界最高権威TRY認定 2010-11ラーメン大賞 魂の一杯』という雑誌を買ってきて、お店選びに活用しています。

この雑誌では、7人のラーメン評論家が審査員になって、ラーメンの種類ごとに点数を付け、ランキングにしてある雑誌です。

評論家のコメントを盲目的に信じることはありませんが、情報量が多いので、未訪問店のピックアップに活用するには使えます。

■この雑誌では、2010-11年の総合ランキングを以下の通りと掲載しています。

第1位 博多一風堂 (池袋店に訪問済み)
第2位 六厘舎 (六厘舎TOKYOに訪問済み)
第3位 69‘N’ROLL ONE <未訪問>
第3位 中華蕎麦 とみ田
第5位 本枯中華蕎麦 魚雷
第6位 らーめん天神下 大喜
第7位 特級煮干しそば 凪・西新宿店 <未訪問>
第8位 無鉄砲・東京中野店 <未訪問>
第9位 らあめん元~Hajime~ <未訪問>
第10位 麺や 七彩

う~ん、分かる範囲でいっても、納得できるような、できないような… 

でも、総じて外していないような気もします。

まぁ、上記の未訪問店については、いずれ行ってみることにしましょう~

■今日は、上記のお店の中から、“らあめん元~Hajime~”を訪問してみます。

このお店は、上記雑誌の中で、“塩らあめん”が“しお部門”の第1位、“”が“つけ麺・細麺部門”の第1位になっています。

隊長と一緒に食べに行けば、1回で2杯、旨いメニューを食べることができるので、お得な感じがします。

それでは、レッツ・ゴー!

101217.板橋区・らあめん元 016

■お店は、都営地下鉄三田線・蓮根駅を東側に降りて、小道を30m入った右側にあります。徒歩30秒です。

お店に着いたのは、休日の13:10ごろ。入店時、カウンター10席は満席でしたが、3分ほどで座れました。

お客さんは、お爺さん、お婆さんの一人客、男女学生、家族子供連れと、老若男女ばらばらで、地元に根付いたお店の雰囲気が出ています。

101217.板橋区・らあめん元 003

■メニューは券売機の上から、“塩らあめん”“醤油らあめん”“塩つけ麺”“醤油つけ麺”の4種類です。

まずは看板メニューの“塩らあめん”をフルトッピングの特製バージョン、“特塩らあめん”(900円)で注文してみます。

(そういえば、ほとんどのお客さんが、ご飯物を同時に注文しています。たぶん“焼豚丼”ですが、今日はパスします。)

■ちなみに、上記雑誌の“しお部門”は第1位がこの“塩らあめん”、第2位が“らーめん天神下 大喜”の“とりそば”となってます。

大喜の“とりそば”を食べた時は、けっこう衝撃的だったので、今回はさらに期待が高まります。

【塩らあめん】
101217.板橋区・らあめん元 008

■まずは、スープから味わってみます。

う~ん、淡麗で繊細、コクのある円やかな鶏ベースのスープです。塩加減も程よくて、とっても美味です。

スープは、鶏首ガラ、モミジ、手羽先を煮込んで、アクと鶏油を取り除き、玉ネギ、ニンニク、生姜を加え、仕上げにサンマ煮干しを加えたものを、冷蔵庫に一晩寝かしてから使うんだそうです。

塩ダレは、ホタテ貝柱や昆布でダシをとり、そこにモンゴル岩塩などを加えてあるんだそうです。

101217.板橋区・らあめん元 010

■つづいて、極細ストレート麺をすすってみます。

うん、つるつるした食感のしなやかな麺です。極細なので、キャラクターは弱めです。

これは、三河屋製麺製で、スープに合わせて仕上げられているんだそうです。

■スープと麺の組み合わせでいくと、麺をスープに合わせている印象で、相性は良好です。

極細麺なので、麺をすすると清湯スープがしっかり絡んで口に運ばれてきます。

スープ自体のコクを味わうべく、麺をすすりながらも、時々レンゲでスープを飲んでいきます。

101217.板橋区・らあめん元 009

■具材は、豚バラチャーシュー、鶏つみれ、ヒメタケノコ、味玉、刻み万能ネギです。

豚バラチャーシューは、食感硬めですが噛むほどにジューシーさが滲み出るタイプのものです。

鶏つみれは、鶏ももと鶏首肉の挽肉に香味野菜と胡椒で仕上げたもので、旨みがGOODです。

よく写真に出てくるヒメタケノコはメンマの代わりなんでしょうが、適度に塩味がして面白い具材です。

味玉は、茹で上がりがちょうど固まったぐらいの感じ。適度な塩味とともになかなか美味しいものでした。

■総括としては、丁寧な仕事の結果生まれたコクのある清湯スープが光る美味しい塩ラーメンです。

スープは、麺に合わせてあり、具材もスープに合わせる形でコーディネートされています。

ただ、衝撃、という意味でいくと、“らーめん天神下 大喜”で“とりそば”を食べた時の方が、インパクトがあったと思います。

この一杯は、どちらかというと繊細な印象で、お腹の具合によっては、若干物足りない感じがする可能性もあります。

おすすめレベルは5(かなりおすすめ)です。

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっと3連発クリックお願いします!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
297位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
123位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html