スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンクカレッジ=千葉ラーメン店めぐり(その4)

『気合が入ったジャンクまぜそば~♪』

   ~ジャンクカレッジ・西船橋店

■“ジャンクカレッジ”という名前をご存知ですか?

ラーメン雑誌などでは、“まぜそば”というジャンルを確立した名店、などと取り上げられているお店です。

かの“六厘舎”出身者が、“ラーメン二郎”テイストで“まぜそば”というパワフルにしてジャンクなジャンルを確立した、というのが自分の解釈です。

■今年の8月に品川区大崎にあった“六厘舎”が閉店して以降、雑誌では出身者のお店など関係店が注目されています。

その中で、埼玉県さいたま市東大宮にある“ジャンクカレッジ”が多店舗展開を始めたという情報をキャッチしました。

“池袋グルメ探検隊”隊員の実家は、千葉県船橋市にあるのですが、“西船店”をオープンさせたらしいので、さっそく行ってみます。

101219.西船橋・ジャンクカレッジ 002a
(ラーメン号をお店の前に停めてみました~♪)

■お店は、JR西船橋駅から行くと、北口を降りて北上すると、すぐに国道14号(千葉街道)があるので、左方向に進みます。そのまま10分弱歩くと木下街道という道にぶつかると右折し、坂を上って15分ほど行くと信号3つ越えたあたりにお店があります。

『これぞB級グルメの極地!!!』と書いた黄色い看板が目印です。

その先に、競馬ファンの聖地“中山競馬場”があるので、競馬帰りの競馬ファンを取り込みたい、という立地なんでしょう。(前は“らーめん花月”があったようです。)

そのため、駐車場も店の前に7台分(?)もあり、さらに第2駐車場もあります。

101219.西船橋・ジャンクカレッジ 003
101219.西船橋・ジャンクカレッジ 004

■お店に着いたのは、週末の15:30ごろ。混雑を予想して時間を大きく外したのですが、カウンターとテーブル合わせて34席ある店内は、お客さんがゼロでした。。。

券売機はなく、メニューを見て店員さんに注文する形式です。

メニューを見ると、種類がかなり豊富で、まぜそば、ラーメン、辛ラーメン、味噌ラーメン、つけ麺があります。

普通であれば、何にしようか迷ってしまいますが、今日は“まぜそば”を食べに来たので、“まぜそば”(並、230g)(750円)を注文します。

(実はこれが失敗で、本当はベビースターラーメン、エビ辛マヨネーズ、チーズ、辛味が入った“特製まぜそば”にすべきでした。雑誌などでは、すべて“特製まぜそば”が取り上げられています。)

101219.西船橋・ジャンクカレッジ 005

■このお店では、まるで“ラーメン二郎”のように、“無料トッピング”が用意されていて、野菜、ニンニク、チーズ(!)、アブラを入れるかどうか聞かれます。(さすがに、“カラメ”はないようですね。その代わりが“チーズ”です。)

とりあえず、“ニンニク、チーズ、アブラ”とコールしてみます。(コールは増量の意味ではなく、入れる意味のようです。)

【まぜそば】
101219.西船橋・ジャンクカレッジ 010

■まずは、載っている具材を見てみましょう。

チャーシュー、卵黄、茹でキャベツ&もやし、ニンニクチップ、摩り下ろし生ニンニク、背脂、カツオ節です。

これだけでも、生ニンニクを中心に、強烈な臭いがしてきます。

101219.西船橋・ジャンクカレッジ 011

■これを丹念に“まぜまぜ”してみます。

下から、豚骨醤油スープとともに、浅草開花楼製極太麺が姿を現します。

混ぜ終わった姿は、いかにも“ジャンク!”といった見た目です。

101219.西船橋・ジャンクカレッジ 014

■まずは、極太麺を一口食べてみます。

むむむ、さすが浅草開花楼製~!しっかりとした噛み応えのある縮れ麺で、小麦の風味と旨みがしっかり出てきます。

この麺を使うことで、見てくれの“ジャンクさ”が、上品な味覚へと昇華してしまうから不思議です。

■味わいとしては、卵黄のせいもあって、カルボナーラかすき焼きのような卵っぽさとカツオ節の香りが味覚を支配します。

その中で、時にニンニクのガッツリ感が顔を出したり、茹で野菜のしゃきしゃき感が覗いたりします。

まぜそばの醍醐味は、一口ごとに何が口に入るかによって、味が七変化することにあるんでしょうね。

具材のチャーシューは、二郎系と同じ系統のロール・チャーシューで、決して繊細な味とは言えませんが、厚さも厚く食べ応えがあるのが特徴です。

■中盤からは、卓上にある酢とラー油を投入して味わってみます。

やはり期待したとおり、酢によってあっさり感が強調されるとともに、ラー油のほのかな辛さが効いてきて、この変化が楽しくなります。

まるで、違う食べ物を食べ始めた感じです。

■総括としては、さすが“まぜそば”の世界を確立したというだけあって、味の変化に富んだ楽しい“まぜそば”です。

具材は、まるで“もんじゃ焼き”に出てくるものを全て突っ込んでみた、という感じで、すごくジャンクな食べ物です。

ただ、構成の中心となる麺が、浅草開花楼製の本格派を使っていることで、只者ではない一杯にレベルアップしています。

この点では、まさに一本取られた感じです。今日の注文ミスが悔やまれます。

おすすめレベルは、“まぜそば”でも4+(けっこうおすすめ!)は十分にあるかと思います。

次回は必ず“特製まぜそば”を頼んでリベンジします~!

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっと3連発クリックお願いします!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お~ラーメン号~
僕の記憶ではお初です~(マエニモケイサイナサッテイタラゴメンナサイっ)

車ぜ~んぜん分からん僕ですが、速そうな車ですね~ 隊長との二人乗り専用っぽいですねっ

ちょっと好感っ、4点台が続いているのに対してっ
なんだか5点台ばっかりで、比較がう~ん・・・って感じていたのですよね~
でもまぁ、難しいですよね、人が作ったものを点数だけで評価するのって!

Re: No title

ラーメン号は、前に千葉・松戸の“中華蕎麦とみ田”に行った時に載せてみました。
なので、掲載2回目です。。。

お察しの通り、クルマは隊長と2人乗りですね。
350馬力ある旧車で、こっちがもともとの趣味なんです(*^-^*)b

点数の件、ご指摘いただきありがとうございます!
実は、3点以下も結構付けているんですが、その場合にはブログには書いていないんです。
4点以上だったら、書いても問題ないかなぁ、と思って。

前に、熱狂的ファンがいるラーメン店の批判を書いた人のブログが炎上した、
という話を聞いたのと、自分もある店を批判したら無骨な書き込みがあったので、
小心にも3点以下を書いていないんですよ。。。( ^-^;)
プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
245位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
110位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html