スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池袋No.1創作うどん=UDON DINING あんぷく

『和・洋・中・変幻自在の創作うどん~♪』

   ~池袋 UDON DINING あんぷく

■今日は、池袋のグルメ探検です。

食べログで池袋の“レストラン”人気ランキングを出すと、上位10店中9店がラーメン店です。

上位20店だと14店舗がラーメン店です。この14店はもちろん踏破済みなので、ラーメン以外の6店舗を見てみます。

第 5位 エー・ラージ      (インド料理)
第11位 サイゴン・レストラン (ヴェトナム料理)
第12位 イルキャンティ・オヴェスト・池袋店 (イタリア料理)
第13位 あんぷく        (創作うどん)
第14位 もうやんカレー池   (カレー)
第16位 キッチンABC・西池袋店 (洋食)

今日の気分は洋食なので、“洋食・西洋料理”ランキング第1位の“イルキャンティ・オヴェスト・池袋店”を目指して歩きながら、気になるところを回ってみます。

■休日の午後1時過ぎ、家から歩き始めて、東池袋駅付近から池袋東口にかけて見て回った順に行くと

第12位 UCHOTEN          >テレビや雑誌などでも評判の洋食屋さん>日曜休業
第 5位 Osteria Pino Giovane   >小ぢんまりした本格イタリアン       >日曜休業
第10位 GRIP             >結婚式に次回にも使われるお洒落イタリアン>6人待ち
第 4位 RACINES Boulangerie & Bistro >パン屋併設の超人気フレンチ     >15人待ち!

う~ん、洋食の食べ歩きも大変なんですね。ラーメン屋と違って回転が悪いでしょうから、待てばいいというものでもなさそうだし…

■それでは池袋西口に回ってみます。

第3位 キッチンABC・西池袋店 >これは“洋食屋”じゃなくて“学生食堂”でしょ~!
第1位 イルキャンティ・オヴェスト・池袋店 >10人待ち!

食べる気で行くんだったら、時間割を考えながら予定を組まないとだめですね。。。

■そこで、“洋食・西洋料理”から一気に“和食”に切り替えます。

第1位 あんぷく        >うどん・創作料理・居酒屋
第2位 うちたて屋       >うどん
第3位 炭火焼鳥 母家 池袋本店 >焼鳥・鳥料理・居酒屋

せっかく西口にいるので、“あんぷく”に行ってみましょう!

110123.池袋・あんぷく 009

■お店は池袋北口を出て、徒歩5分の池袋郵便局のそばにあります。

お店に着いたのは13:30ごろ。テーブル席・カウンター席25席には、2組ほどのお客さんがいました。

店内は広くて、白基調の壁に書道家・武田双龍が字を書いており、お洒落な空間が広がっています。

■メニューを見てびっくり。

“うどん”の枠にとらわれない、自由奔放な“創作うどん”が並んでいます。

隊長は、“四川麻婆茄子うどん”(1,080円、中国?)か“海鮮チゲ鍋うどん”(1,180円、韓国?)で迷った結果、中国うどんを選びました。

(隊長は、やっぱり自然と辛いものを選んでしまうんだそうです…)

110123.池袋・あんぷく 024

■隊員は、“冬季限定フレッシュトリュフとチーズのうどん”(1,480円、フランス?)か“名物カルボナーラうどん”(1,180円、イタリア?)で迷ったのですが、トリュフうどんが“今季終了”とのことで、イタリアうどんを選びました。

(隊員は、やっぱり自然と高カロリーなものを選んでしまいます…)

ちなみに、トリュフうどんとカルボナーラうどんは、雑誌などでもよく取り上げられているんだそうです。

110123.池袋・あんぷく 021
110123.池袋・あんぷく 023

■さすが創作うどん、お値段はそこそこしますが、自信があるからこそこの値段、その分美味しいんでしょう!

麺の量が同一料金で、並盛り(260g)、大盛り(360g)、特盛り(460g)から選べるということでしたが、うどんの量は分からないので両方とも並盛りにします。

その代わりにランチご飯として、“牛黒カレーごはん”(250円)を付けてみました。

さて、どんな創作うどんが出てくるんでしょうか~?!

【名物カルボナーラうどん】
110123.池袋・あんぷく 034

■見た目は、麺が太いことを除いて、カルボナーラそのものです。

麺の上には半熟玉子が載っており、その上からパセリとチーズと胡椒が振り掛けられています。

一口食べてみると…  

これは、まさにカルボナーラ!しかも、平均的なイタリアンのお店よりもバリバリ美味しいです!

クリーミーなソースは完成度が高く、うどんにしっかり絡み付いてきます。

110123.池袋・あんぷく 037

■しばらくして、ソースがうどんと異常に馴染んでいることに気付きました。

後で雑誌の記事を見てみると、その訳が分かりました。鰹ダシが入っていたんですね。。。

調理方法は、ベーコンを炒めた後に、鰹ベースのダシを加えて煮込み、そこに生クリーム、卵、パルメザンチーズを加えて作っているんだそうです。

これはやられました。技ありです~!

【四川麻婆茄子うどん】
110123.池袋・あんぷく 032

■こっちは打って変わって、中華料理屋の“汁なし麻婆茄子坦々麺”のようなルックスです。

麻婆茄子の上から大量に振られた花椒(痺れる香辛料)と赤いラー油が鼻腔を突きます。

一口食べると、、、これは本格中華なのか~?! 旨い~!! 

旨いに続いて、やっぱり来ました。 から~~~~い!! 

110123.池袋・あんぷく 036

■この麻婆茄子は、中華料理屋で出てきたとしても、唸っちゃうぐらいの本格的な味です。

探検隊は、四川省の省都である成都に行った時に、“陳麻婆豆腐”本店を訪問し、マー(麻・痺れる)ラー(辣・辛い)の魅力を初めて知ったのですが、この味付けは、本場四川の麻辣です。

本格高級中華料理店でなければ、池袋北口の中国人向け中華料理店でないと味わえない、本格的四川料理の味付けを、うどん屋さんで味わえるとは思っていませんでした。

自家製うどんとの絡みも良好で、まるでもともとこういう中華料理が存在するかのようです。

隊長は、強烈な辛さにご満悦で、隊員は頭から滝のような汗をかきます。

【牛黒カレーごはん】
110123.池袋・あんぷく 038

■見た目は真っ黒なカレーごはんです。

一口食べるとびっくり!魚系のダシが効いているんですね。カレーうどん用のカレーです。

カレー自体にはコクがあって、これだけでも美味しいのですが、入っている牛肉が柔らかくて美味!

■総括としては、オリジナリティに溢れ、かつレベルの高い、美味しい創作うどんたちです。

これだけのレベルのものを作るには、和洋中いずれの料理法に関しても造詣が深くなければ実現できないと思います。

お値段は、普通のうどんと比べると、ちょっとばかり高いのですが、十分に納得できます。

探検隊は再訪必至で、ラーメン評価でいうと、おすすめレベルは6★(超おすすめ~!!)です。

次回は隊長は韓国系辛メニュー、隊員は日本系ダシメニューで行きたいと思ってます。

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっと3つクリックお願いします!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
300位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
138位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html