FC2ブログ

麺屋一燈(2杯目)=葛飾区ラーメン店めぐり(その1)

『鶏白湯スープの魔術師~♪』

   ~麺屋 一燈

■今日は久しぶりに“ラーメンデータベース”から情報を引っ張ってみます。

食べログと違って、ラーメン好きしか来ないサイトなので、情報が“通好み”で、いい感じに偏っています。

このサイトが立ち上がった2006年以降、日本全国のラーメン店を対象とした各種ランキングを出しています。

2010年の年間総合ランキング・トップ3は、次のお店なんだそうです。

第1位 中華蕎麦 とみ田
第2位 ちばから <未訪問> 
第3位 麺屋 一燈

おっと、“麺屋 一燈”は2010年6月のオープンですが、いきなり年間総合3位に入るなんてめちゃくちゃですね。

まるで、サッカーを始めて6ヶ月で、FCバルセロナに入っちゃったみたいなものです(大袈裟すぎ~?(^-^;)

ラーメン・フリークのハートを、短期間で一気に鷲掴みにしたんでしょうね~♪

ちなみに、“ちばから”は、千葉県市原市にある二郎インスパイア系のお店です。

■最新の2011年総合ランキングはこんな感じです。

第1位 麺処 ほん田
第2位 中華蕎麦 とみ田
第3位 麺屋 一燈

おっとっと、けっこう納得のいくランキングですが、これは全て“麺屋こうじ”グループのお店です。

このラーメン職人軍団、めちゃくちゃ勢いがありますね~♪

110326新小岩・麺屋一燈_0024

■この“麺屋こうじ”グループは、東池袋大勝軒の孫弟子で、佐貫大勝軒の弟子の方が率いているグループです。

“つけめん”を初めて世に送り出した東池袋大勝軒・山岸一雄氏の教えを経営理念としているそうです。

******************************************
ラーメンつくりで大事にしてきたことはお客さまに喜んでもらうこと。
お客さまあっての仕事だから、自分のためにするという意識を持たずに仕事をしていると
だんだんお客さまにも信頼されてくる。
そういう出会いや繋がりを大事にして仕事をすることが一番大事。
******************************************

う~ん、同じ第三次産業に従事する人間としては、非常に納得させられる“教え”ですね。

時代が変わっても、客商売は、マニュアルでサービスを売るのではなく、気持ちや心遣いでサービスを売るものなんでしょうね。

暖簾分けしたそれぞれのお店が、人気が出る理由もよく分かります。

110326新小岩・麺屋一燈_0000

■さてお話は、飛ぶ鳥落とす勢いの“麺屋 一燈”に戻ります。

先日テレビで、ダメなラーメン店主を有名人気店の名物店主が地獄の特訓をして、人気店に再生する番組をやっていました。

そこであるダメ店主が、麺屋一燈で修行していたのですが、その時にスープの作り方を紹介していました。

この店の売りは、鶏スープを作るのに一般的に使用される鶏の3倍の量を使用するんだそうです。

それをいくつもの工程にかけて、臭みを取り、ふくよかな旨みだけを抽出しているんですね。

■このお店のメニューには、すべてこの鶏白湯スープが使われています。

そして、この鶏白湯スープのおかげで、このお店の全てのメニューが、素人・玄人から大絶賛されています。

隊員が“濃厚魚介つけめん”を選んだので、隊長の選択肢としては、“濃厚魚介らーめん”か“(醤油)芳醇香味そば”です。

隊長の好きな順番は、「辛いメニュー、濃厚魚介、豚骨、塩、醤油」なので、“濃厚魚介らーめん”をセレクトします。

ただ、せっかく来たのにデフォルトもつまらないので、たまには“特製濃厚魚介らーめん”(900円)にグレードアップしてみます。

らーめんの麺の量は、並盛りで130gと少な目なので、中盛り180g(+50円)に増量します。

【濃厚魚介らーめん】
110326新小岩・麺屋一燈_0006

■まず、濃厚スープから味わってみます。

うぁ~! 柔らかな魚介の香りに、鶏の旨味とコクが凝縮されています。これは美味い~!

ただの濃厚鶏スープとは違って、コクと旨みがあるのに、臭みや重さがなく、後味に嫌味がありません。

こだわりの鶏は“つくば茜鶏”を使用し、塩にもこだわって、“ゲランドの塩”“粟国の塩”を使用しているんだそうです。

110326新小岩・麺屋一燈_0009

■続いて、綺麗な玉子色をした中ストレート麺を食べてみます。

一般的な中華麺と比べ、ちょっと太目の麺は、つるつる・もちもちした食感に、適度な噛み応えがあります。

噛んだ時に、小麦のいい香りが口の中に広がります。

110326新小岩・麺屋一燈_0013
(鶏スープのジュレ。途中で投入して味を変化させるとのことですが、探検隊は2人とも、味の変化が分かりませんでした…)

■濃厚鶏スープは、適度な粘度があるため、中ストレート麺にしっかり絡みます。

この麺は、スープと一緒に食べた方が、小麦の香り・甘さが強調され、より美味しくなるタイプのものです。

麺とスープのバランスが非常にいい証左と言えそうです。

110326新小岩・麺屋一燈_0008

■具材は、とってもゴージャスで、豚チャーシュー、鶏チャーシュー、鶏つくね、煮玉子、茹でほうれん草、メンマ、海苔、万能ネギです。

各2枚ずつ載っている鶏と豚のチャーシューは、それぞれ低温調理された、2種類の生ハムのような味わいです。

それから、一燈自慢のつくね団子。軟骨まで入っていて、コリコリした歯ごたえと、濃厚な鶏の旨味、そこに紫蘇の香りがします。

味玉は、ダシ醤油で味付けされたものなのでしょうか、白身の柔らかな醤油系の味わいに、程良い茹で具合で、黄身がトローリといい食感です。

ほうれん草は、濃厚な鶏スープとあっていて、まるで洋食の野菜料理のように楽しめます。

110326新小岩・麺屋一燈_0020
(女性客にはデザートが付いています。カラメル風味のアイスクリームで、ハーゲンダッツクラスの美味しさです。)

■総括としては、丁寧な作業から生まれる珠玉の濃厚鶏スープが光る、美味しい濃厚魚介ラーメンです。

濃厚スープに、これをしっかり受け止める中太麺を組合せ、非常に高いレベルのいいバランスを形成しています。

具材については、手を抜かないどころか、これでもか!というぐらい創意工夫が凝らしてあって、美味しいだけでなく、エンターテイメント性も兼ね備えた領域にまで来ています。

おすすめレベルは、文句なしの最高レベル6★(超おすすめ~!)です~♪

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」
スポンサーサイト



テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
545位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
241位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html