スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンクカレッジ=東京駅ラーメン店めぐり(その9)

『史上最もジャンクなつけ麺~♪』

   ~ジャンクカレッジ・東京駅店

■今日のランチは、仕事仲間と“東京駅ラーメンストリート”に行ってみます。

たまたま、4月8日(金)に新しくオープンした話をしたところ、盛り上がっちゃいまして…(^-^;)

■もともと2年前に“六厘舎TOKYO”などの4店舗でスタートしたのですが、今回はエリアが拡張され、さらに4店が開店しました。

新しい4店舗の顔ぶれは次の通りです。

・東京駅 斑鳩 …“九段 斑鳩”の初支店。基本メニューの醤油ラーメン・塩ラーメンがとにかく上品。

・麺処 ほん田 …東十条“麺処 ほん田”の初支店。濃厚魚介豚骨で人気が出たが、あっさり端麗メニューも絶品。

・ジャンクカレッジ …東京から埼玉に移転した“ジャンクカレッジ”の東京駅支店。六厘舎の“まぜそば”バージョン。

・麺や 七彩 …都立家政“麺や 七彩”の初支店。無化調の尾道ラーメン。

■初回訪問時は、“麺処 ほん田”を訪問したので、今回は未訪問の他の3店に仲間を誘導しちゃいます…

“ラーメンストリート”に着いたのは、11:40ごろ。

もともとは、JR東京駅地下改札から一番近い“東京駅 斑鳩”に行くイメージだったのですが、すでに20人以上の大行列です。いた~い…

次にジャンクカレッジを見ると、行列は15人程度。前回訪問時に一番混んでいたため意外でした。そこでここに並ぶことにします。

(このお店だけ待ち椅子があって、実際は30人近く並んでいたのですが、最初気付きませんでした。)

110418.東京駅・ジャンクカレッジ_0008

■お店は、JR東京駅から行くと地下通路に面した“東京駅 斑鳩”の隣の“麺処 ほん田”の隣にあります。

店内は、カウンターとテーブル席合わせて24席(多分、カウンター8席、テーブル16席)あります。

110418.東京駅・ジャンクカレッジ_0013

■待ち椅子のあるあたりから店内に掛けて、若い店主さんの趣味のCDジャケットや、ギターなどの飾り物が目を惹きます。

隊員は嫌いじゃないカジュアル感ですね。CDジャケットは3割ぐらいは分かりました~

110418.東京駅・ジャンクカレッジ_0011

■メニューは、“まぜそば”“まぜつけ”“ラーメン”の3種類です。

一番の売りは“まぜそば”なので、券売機の最上段最左側の大ボタンは“特製まぜそば”になっています。

“まぜつけ”は、東京駅店専用に設定されたメニューとのことです。

ただ、初めて来たお客さんに対するお店のおすすめとしては、“ラーメン”とのことです。

110418.東京駅・ジャンクカレッジ_0012

■メニュー選択はけっこう悩みます。

売りは“まぜそば"ですが、“ラーメン”はまだ食べたことがありません。ただ、これらは他の支店でも食べられます。

すると、“まぜつけ”は東京駅限定メニューなので、選択しそうですが、先日“ほん田”の限定メニューで“外した”ばかり…

どうしましょう…

110418.東京駅・ジャンクカレッジ_0014

■結局は、ふたたび“東京駅限定”のフレーズに負け、“まぜつけ(並)”(1,000円)を選びます。

席に着くと、無料トッピングについて聞かれたので、ニンニク・アブラ・チーズの“全増し”にしました。

紙エプロンが必要か聞かれたので、飛び跳ねを警戒し、もらって着けました。

【まぜつけ】
110418.東京駅・ジャンクカレッジ_0019

■まずは、強烈な見た目からです。

どうやら、まぜそばに2種類のつけ汁がついているようです。

麺の上には、卵黄、もやし、チーズ、ニンニクチップ、背脂、にんにく、鰹節、煮豚塊チャーシューが載っています。

110418.東京駅・ジャンクカレッジ_0021

■トッピングをしっかり混ぜてから、小麦色をした極太ストレート麺をたべてみます。

老舗・浅草開花楼に特注し、強力粉オーションのみを使用して打った、強いコシと小麦の風味が特徴の極太麺です。

オーションは、ラーメン二郎の麺に使用される小麦粉(強力粉)で、普通の中華麺に使う準強力粉で打った麺と比べると、コシと風味が格別です。

強い歯ごたえの麺ですが、ジャンクなつけダレ、トッピングと合っています。

110418.東京駅・ジャンクカレッジ_0025

■まぜそばのタレは、豚骨醤油ベースのようで、適度な油分と塩分を感じます。

まぜむらのおかげで、一口ごとに麺に纏わり付いてくるものが異なり、味の変化を楽しむことができます。

時に強烈なニンニクの香りと辛さ、時に鰹節の魚介風味、時にチーズのまろやかさと、刻一刻と変化します。

具材の煮豚は、醤油で味付けされたもので、ラーメン二郎の煮豚を模しているものと思われます。

■麺自体けっこうな量があるので、まぜそばとしてだけ食べ続けていると、正直少し飽きてきます。

そこで、中盤からつけ汁に浸けて食べてみることにします。

110418.東京駅・ジャンクカレッジ_0022

■まずは、ゴマダレのような色をしたつけ汁に浸けてみます。

変な話ですが、つけ汁に浸けた時点で、麺に付着したまぜそばトッピングは取れてしまい、単なるつけ麺になります。

豚骨スープをメインにした濃厚なつけ汁で、うっすらと醤油で味付けしてあるようです。

■続いて、醤油色をしたつけ汁に浸けてみます。

こちらは、ゴマ色つけ汁と同じく豚骨スープがベースですが、見た目通り、醤油がはっきりした感じです。

両方とも、サイコロ型の小さなチャーシューが入っています。脂身多めでいい感じです。

110418.東京駅・ジャンクカレッジ_0023

■総括としては、池袋グルメ探検隊史上、最高にジャンクな“つけ麺”です。

最初“まぜそば”として食べると、なんでもかんでも投入されて、食べている途中の味の変化を楽しむべきものであると認識させられます。

また、ただの“まぜそば”だと、途中で飽きてきて変化をつけたくなるのですが、このメニューだと途中で2種類のつけ麺にチェンジでき、まったく飽きさせません。

コストを掛けて浅草開花楼特注極太麺を使うことで、基本構成をしっかりさせているところが心憎いところです。

食べ終わった感想としては、かなりジャンクで好みが分かれるでしょうが、これはこれでありだと思います。

正直に言うと、味が複雑すぎて、一回食べただけでは、十分に分析し切らないところもありました…(^-^;)

なので、再訪しちゃうかも、です。。。

おすすめレベルは5(かなりおすすめ)です~♪

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
256位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
114位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html