スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京No.1洋食屋=日本橋たいめいけん

『気軽に入れる老舗洋食屋さん~♪』

   ~たいめいけん

■池袋グルメ探検隊は、“ラーメン”に続く探検分野を探すため、色んな分野のお店を“試食”しています。

2009年以前の探検隊は、料理屋さんの選択は、かなりワンパターンでした。 ヾ(;´▽`A``

お腹が空いたら“とんかつ屋”、しゃれたい気分なら流行のイタ飯屋と言った感じ。

極端に言うと、お腹が空いたら、一番近くの店に入っていました。

でも、2010年にラーメン店めぐりを始めてからは、食事に関する考え方が全く変わりました。

美味しいお店を発見する喜びを知ったというか、色んな味の違いを楽しむことを知ったというか~(# ̄ー ̄#)ニヤ

■今日も、ラーメン以外の分野にチャレンジしてみます。

今日選んだ新分野は“洋食屋”です。いわゆる、西洋料理と日本料理のあいのこジャンルです。

オムライス、エビフライ、ハヤシライス… いいですね~♪

■いつもの食べログで、“東京都”全域の“洋食”人気順ランキングはこんなお店が挙がっています。

第1位 たいめいけん (東京・日本橋 第1位)
第2位 煉瓦亭 (銀座・新橋・有楽町 第1位)
第3位 リゴレット ワイン アンド バー (東京・新橋 第2位)
第4位 レストラン七條 (秋葉原・神田・水道橋 第1位)
第5位 アカシア・新宿本店 (新宿・代々木・大久保 第1位)

どのお店にも行ったことがないので、ミーハーな探検隊は、一番上から順に探検してみます。

今日は、日本橋の“たいめいけん”に行ってみます。

110430.日本橋・たいめいけん_0000

■“たいめいけん”は、1931(昭和6)年に東京都中央区新川一丁目に開店したんだそうです。

初代の茂出木心護氏が京橋通りの「泰明軒本店」に奉公したことから、独立店の名前は「出前の店・西支御料理 泰明軒」と名付けています。

当時は、西洋料理と支那料理(中華料理)を出すお店だったようですね。

戦後に日本橋に進出し、店名を「たいめいけん」に変えて、現在では三代目に引き継がれているそうです。

う~ん、創業80年ですか… 由緒あるんですね~♪

110430.日本橋・たいめいけん_0034

■“たいめいけん”の店舗の建物は4階建てになって、階毎に趣向を変えています。

1階はカジュアル洋食レストラン、2階は本格洋食レストラン、3・4階は宴会・パーティースペースになっています。

今日は(もちろん)創業以来の味を手軽に楽しめる1階に訪問します~!

■お店は、地下鉄日本橋駅の真上にある永代通り沿いの“日本橋COLEDO”の隣りにあります。徒歩1分です。

週末のお昼だとめちゃくちゃ混むだろうなぁと思って、昼食時間を思いっきりずらします。

お店に着いたのは、14:50ごろです。1階は60席ぐらいはありそうですが、さすがに3割位の埋まり方です。

お客さんは、常連風の人から、探検隊同様、一見さんまで、さまざまです。

110430.日本橋・たいめいけん_0002

■メニューを見てみると、典型的な洋食メニューが並びます。

生野菜から始まって、肉料理、特選ステーキ、米飯料理、パスタ&魚介料理、卵料理、たいめんけん特製ラーメン、前菜とおつまみ、お飲み物、と続きます。

(たいめいけん特製ラーメンは、昨年ラーメンコーナーに訪問し、食べたことがあります。)

値段を見てびっくり。老舗の洋食屋というので値段は高いと思いきや、ぜんぜん高くなくて、とってもリーズナブルなんです~!

これだけ有名なお店なのに、“カレー”“ポークカツレツ”“ラーメン”などを選ぶと1,000円以内に納めることも可能です。

これだったら、気軽に平日ランチに何回か通って、色んなメニューを試してみたくなりますね~♪

それでは、頼んだメニューを写真を見ながらご紹介していきま~す。

【たいめいけん名物メニュー:ボルシチ】
110430.日本橋・たいめいけん_0020
料理を頼むと、なんと50円!で追加できます。スープは、洋食メニューに必須、ということなんでしょうね。
トマトの風味がしっかりしたコンソメベースの野菜スープ、といったところです。
ロシア料理店のボルシチと比べると、サイドメニューらしく、濃度が薄くて、さっぱりしています。

【たいめいけん名物メニュー:コールスロー】
110430.日本橋・たいめいけん_0018
こちらも料理を頼むと、50円で追加できます。スープとともに洋食メニューの必須サイドメニューという位置付けです。
キャベツが中心で、玉ネギ、にんじんが入っています。お酢が効いていて、塩と砂糖で調整したとっても食べやすい味付けです。
たいめいけんのHPでも作り方を掲載してあります。

【タンポポオムライス(伊丹十三風)】
110430.日本橋・たいめいけん_0023
隊長は、名物メニューの一つ、タンポポオムライス(1,850円)をセレクトしました。
なんだか面白いネーミングですよね。理由は後の写真を見ると分かります~♪

110430.日本橋・たいめいけん_0026
オムレツの焼き上がりが、とっても綺麗です。卵の焼き方から、伝統の職人技を感じます。
こちらも、たいめいけんのHPに焼き方のコツが掲載されています。(秘密をばらしているような気もしますが…)

110430.日本橋・たいめいけん_0029
メニューには、「チキンライスに載せたオムレツを開いてお召し上がりください」と書いてあります。
指示通りに開いてみると、↓どうでしょう!タンポポの花が開いたように見えますね~♪
ネーミングの理由は、伊丹十三監督の映画“タンポポ”に登場するからなんだそうです。
ふわふわ食感の卵と、しっかり味付けされたチキンライスとの、味と食感のコントラストが素晴らしいですね。
さすが老舗!と言いたくなる、職人技が光る美味しい一品です。

【ポークソテー】
110430.日本橋・たいめいけん_0030
隊員のセレクションです。本当は“肉料理”のページを見ていて、“ロースカツ”(980円)に惹かれたました。
でも、よく考えてみると、「ロースカツ=とんかつ」。せっかくなのに、それはないかなと…
そこで、“ポークソテー”(1,580円)にしてみました。

110430.日本橋・たいめいけん_0031
お味の方は、上品な生姜風味が効いている醤油ベースの味付けです。ご飯と合っていて美味しいですね~♪
焼き上がり5ミリ厚の豚肉が2枚あるので、そこそこボリュームはあります。
付け合せの“ポテトサラダ”もかなり美味しいです。堪りません~♪

■総括としては、どちらのメニューも、さすが老舗!と唸らされる、美味しい一品です。

食べるだけで、職人技と秘伝レシピが長年受け継がれていることを、ひしひしと感じさせてくれます。

注文時のイメージを、必ず超えてくれるところが、長年人気を保ち続けている理由なんでしょうね。

リーズナブルな価格設定も嬉しい限りで、今後もちょこちょこ行きたいと思いま~す!

ごちそうさまでした~!

110430.日本橋・たいめいけん_0022

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
291位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
129位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html