スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラシビ味噌らー麺鬼金棒=神田ラーメン店めぐり(その16)

『辛くて痺れる濃厚味噌ラーメン~♪』

   ~カラシビ味噌らー麺 鬼金棒

■今日は、神田で遅いランチです。

いつもの食べログでは、前回の“麺屋そら”の訪問で、“神田”エリアのトップ10を踏破しました。

ただ、踏破の条件にちょっとひっかかる点があります。人気順ランキング自体はこんな感じです。

第1位 めん徳 二代目 つじ田・神田御茶ノ水店 (飯田橋店に訪問済み)
第2位 麺屋武蔵 神山
第3位 神田 磯野
第4位 二代目 つじ田 味噌の章
第5位 カラシビ味噌らー麺 鬼金棒 (カラシビつけ麺 鬼金棒に訪問済み)
第6位 神田ラーメン わいず
第7位 天下一品・神田店 (神楽坂店に訪問済み)
第8位 栄屋ミルクホール
第9位 めん屋 そら
第10位 らーめん 七琉門

気になっているのは、第4位の“カラシビ味噌らー麺 鬼金棒”です。

正確に言うと、このお店自体には訪問していないのですが、このお店から30m離れたところにある兄弟店“カラシビつけ麺 鬼金棒”(つけ麺専門店)に訪問したので、訪問済みにしています。

ただ、この兄弟店も別個にランキングに出てきているため、なんとなく気持ち悪いんです。

というわけで、今日は改めて、“神田”エリア人気順ランキング・トップ10・完全コンプリートを目指します~!(*^-^*)/

110511.神田・カラシビ味噌らー麺鬼金棒_0000

■お店は、JR神田駅を出た神田駅北口交差点から東方向にワンブロック行った北側の角にあります。徒歩2分です。

お店に着いたのは、14:00過ぎ。昼時は行列ができるこのお店も、この時間だと空いています。

カウンター席9席のところ、先客6名、後客6名です。(この時間の割にはお客さんが来ますね~)

110511.神田・カラシビ味噌らー麺鬼金棒_0001

■このお店の味噌ラーメンの特徴は、何と言っても辛さ(カラ)だけでなく、痺れ具合(シビ)も調整できることです。

スープ自体に投入する唐辛子の量で辛さが5段階、スープの上から掛ける茶色い液体の量で痺れ具合も5段階選ぶことができます。

要するに、辛さと痺れを、組合せ25通りから選ぶことができるんです。

このお店の店主さんは池袋の“麺屋武蔵 二天”のご出身とのことですが、なんで“カラシビ”に行き着いたんでしょうね…? (修行店は濃厚魚介豚骨なので、全く方向性が違います…)

110511.神田・カラシビ味噌らー麺鬼金棒_0008

■メニューは、“カラシビ味噌らー麺”の1種類のみです。潔いですね~

トッピングによって券売機のボタンが異なるのですが、今日はデフォルト(780円)を選択します。

カラ&シビについては、“普通×普通”にしてみます。

辛さについては普段から“蒙古タンメン中本”で慣れていますが、痺れは初めてです。

どんな感じなんでしょう~? (@-@)

【カラシビ味噌らー麺】
110511.神田・カラシビ味噌らー麺鬼金棒_0011

■まずは、ちょっと泡立った感じに見えるスープから味わってみます。

う~ん、辛い!(あと、かなり熱い!) 

と言うと、味の分析が終わってしまうので、レンゲであと数回しっかりと味わってみます。( ^-^;;)

最初は切れのある辛さがぱっと来て、あとからベーススープのコクと、ゆっくり染みてくる痺れが追随してきます。

■辛さ自体は、唐辛子を油分に溶かしたような、しっかりとした辛さで、最初の口当たりは“坦々麺”のようです。

ただ、一般的な“坦々麺”よりも、ベーススープの豚骨がしっかりしていてコクがあり、よく見ると背脂もがっちり振ってあるので、全体的に程良い重厚感を出すことに成功しています。

ちなみに、ベーススープは、別々に炊いた豚骨スープと魚介スープを合わせたWスープという手の込みようです。

魚介はさほど感じませんが、このひと手間がスープの奥行きを出しているんだと思います。

■スープの上に掛かっている、こげ茶色の液体の正体は、山椒・花椒などを煮詰めたエキスのようです。

口に含んだあと、後半にじっくり効いてきて、“シビ普通”でもしっかり痺れさせてくれます。

このカラ&シビ・スープは、美味しくて、味覚に痛点にすごく心地良いですね~!

110511.神田・カラシビ味噌らー麺鬼金棒_0013

■続いて、中太平打ち弱縮れ麺を食べてみます。

加水率が低く、食べ応えを重視したようなむっちり感がある麺で、濃厚味噌系に相性バッチリです。

すこし縮れていることもあって、スープの絡み具合もなかなか良好です。

よく見ると、麺の太さがバラバラです。実は太さの異なる3種類の麺(切刃12番・14番・16番)を混合しているんですね。

こうすることで、食感に変化を出すとともに、力の入ったスープに負けない存在感を出しているんだそうです。

なかなかやりますね~!

■味に変化を与える要素としては、もやしと刻み万能ネギがあります。

特にもやしは、一杯ごとに中華鍋で炒めてるので、美味しそうで香ばしい香りを発散しています。

また、炒め具合がちょうど良くて適度にしなっとして、適度にしゃきっとして、口当たりにいい変化を出しています。

110511.神田・カラシビ味噌らー麺鬼金棒_0012

■具材は、チャーシューとヤングコーンです。

柔らかくて、脂身部分も多いので、箸でつまむと崩れそうなぐらいほろほろしたものです。

辛味スープの熱で柔らかくなり、スープの辛さをまとって、ジューシーさが引き立っています。

ヤングコーンの優しい甘さは、辛い一杯の中にあって、うまく気分転換をさせてくれます。

■総括としては、力のこもった重厚なスープに、存在感のある中太麺をぶつけ、きっちりバランスを取った美味しい味噌ラーメンです。

調理法も、注文ごとに中華鍋で味噌とスープを合わせるという、本格的味噌ラーメンの手間のかかる製法に則っています。

ベースの味噌ラーメンをしっかりさせた上で、そこに辛さ(カラ)と痺れ(シビ)という要素を取り込んでいるので、お客さんがカラ・シビをどう選択しても、自信のある一杯が出せる、ということなんでしょうね。

店主さんの着眼点の斬新さには驚きで、味噌ラーメンとも坦々麺とも違う、この店ならではのオリジナリティを出しています。

おすすめレベルは5+(かなりおすすめ~!)です~♪

110511.神田・カラシビ味噌らー麺鬼金棒_0009

【メモ】
ラーメン屋の演出としては、店構えや家具調度もあるかと思いますが、意外と音楽も重要ですよね。
このお店の場合、ずーーーっと、ずんどこ、ずんどこと、和太鼓を叩く音だけが流れています。
すごく店の和風の雰囲気や激辛ラーメンと合っている感じがして、自分は好きですね。プラスポイントです~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
ラーメンブログ専門リンク集「ラーブロ」
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

神田 鬼金棒 カラシビ味噌らー麺

■神田 鬼金棒 カラシビ味噌らー麺 今日のランチは、神田にあるカラシビ味噌らー麺”鬼金棒”の カラシビ味噌らー麺780円です。 ■鬼のような辛いラーメン 今日は、神田 ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
291位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
123位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html