スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマトラカレーの老舗@神保町=共栄堂

『創業87年、アジアンカレーの開祖~♪』

   ~スマトラカレー 共栄堂 =神保町食べ歩き=

■今日は、今年順調に食べ進んでいる、B級グルメの聖地“神保町”でランチです。

これまでの足跡と、未訪問店を、食べログの“神保町”エリアの人気順ランキングで確認してみます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログを参照できます。ぜひ見てみて下さいね~♪(^-^)/)

第1位 うどん丸香                (うどん)      =東京全域・和食1位&うどん1位
第2位 カリーライス専門店エチオピア    (カレーライス)  =東京全域・カレー2位
第3位 ボンディ・神保町本店          (欧風カレー)   =東京全域・カレー5位
第4位 レストラン七條              (洋食、フレンチ)=東京全域・洋食7位
第5位 共栄堂 <未訪問>           (カレーライス)  =東京全域・カレー16位
第6位 キッチン南海・神保町店        (洋食、カレーライス)=東京全域・カレー17位
第7位 ライスカレーまんてん <未訪問> (カレーライス) =東京全域・カレー22位
第8位 ラーメン二郎・神田神保町店     (ラーメン)
第9位 とんかついもや・二丁目店       (とんかつ)    =東京全域・とんかつ13位
第10位 さぼうる <未訪問>          (喫茶店、洋食)

いつもこのリストを見て思うのですが、歴史と伝統のある、そして今なお魅力が色あせないお店ばかりです。

なので、このリストにある多くの店が、東京全域レベルでもメジャーなお店となっています。

今日は、未訪問店の中から、東京全域カレー人気順ランキング第15位の“共栄堂”に訪問してみます。

110803.銀座・ハゲ天0001

■このお店、創業は1924(大正13)年と、実に87年の歴史があるんです。

創業に関しては、共栄堂のHPに詳しく書かれているのですが、要約するとこんな感じです。

明治末期に東南アジアで知見を広め『南洋年鑑』を著した伊藤友次郎が、大正時代に入って現在の東京駅付近に“カフェ南国”というカレーとコーヒーのお店を出したんだそうです。

当時としては斬新だったお店も、1923(大正12)年の関東大震災で瓦解します。

その後、伊藤氏よりスマトラ島のカレー作りを教わり、日本人向けにアレンジしたのが共栄堂のカレー、というわけです。

お店の看板には、“スマトラカレー 共栄堂”とあるのですが、スマトラとの関係に、こんなに深い歴史があるとは思いませんでした~♪

110803.銀座・ハゲ天0002

■お店は、地下鉄神保町駅のある靖国通り(東西方向)と白山通り(南北方向)の交差店から、靖国通りを東に100mほど行った左側のビルの地下1階にあります。1階は浮世絵やさんですが、大きな看板が出ているので分かります(1枚目写真)。

お店に着いたのは11:20ごろです。地下1階には、もう一軒、大食い洋食の“キッチンジロー”があります。

店内は、昔の喫茶店を髣髴させる雰囲気で、席数は40ぐらいはあるでしょうか。先客はすでに10名ほどいます。

110803.銀座・ハゲ天0004

■メニューは、スマトラカレーがポーク、チキン、海老、ビーフ、タンの5種類、それとハヤシライスです。

ライス大盛り+100円、ソース大盛り+200~+300円という表示が気になります。

一押しメニューが一番最初に書いてあるのではないかと思い、“ポーク”(900円)を頼んでみます。

ハイカロリーなカレーであることを考慮し、ライスもソースも普通のままにします。

【スマトラカレー・ポーク】
110803.銀座・ハゲ天0007

■まず驚いたのが、注文から提供までの時間。ほんの1分です。

「注文品を早く提供するのもサービスの一つ」とHPでも謳っているのですが、ここまで早いのには驚きです。

おそらく、お昼の12時台には、お客さんでごった返すからなんでしょうね。さすが人気の老舗です。

110803.銀座・ハゲ天0012

■写真を見てお分かりいただけるかと思うのですが、ご飯の量は大盛りぐらいの量はあって、推定350gはありそうです。

カレーソースとの相性から、新潟県産のコシヒカリを使用しているそうです。

カレーソースは、黒っぽい色をしていて、スパイシーな香りを発散しています。

ご飯の載っているお皿の上にカレーを移してみると、2cm立法大の豚肉の塊がごろごろ出てきます。

110803.銀座・ハゲ天0013

■一口カレーを味わってみます。 

う~ん! さらっとした感じのソースは、スパイスが多種類入っているのか、とても複雑な味わいで、かつしっかりとコクがあります。

モノの本によると、20種類近くのスパイスを溶かし込んであるそうですが、変なエキゾチックさはなく、日本人の舌にぴったりくるスパイス使いです。

ソースには、いろんな野菜が溶け込んでいるのでしょう、フルーティーな味と香りがして、スパイスとのコントラストが出ています。

お店自慢の豚肉は、適度な噛み応えと、とろけ具合。硬過ぎず、柔らか過ぎない絶妙な煮込み加減です。

いままでに味わったことがないのに、どこか懐かしい感じもする味わいです。

とっても美味しいですね~♪

110803.銀座・ハゲ天0014
(全ての卓上に置いてある福神漬けとらっきょう。日本式カレーには欠かせません~!)

■総括としては、どのお店のカレーにも似ていない、日本風東南アジアカレーとも言えるもので、日本人の舌にぴったり来るのに、独特の個性を持っています。

しかも、しっかりと手の込んだカレーが、頼んで1分で食べられる、これだけでもかなりの魅力があると思います。

値段もそこまで高くはないし、入りやすい店内や、慣れたサービスも、プラスポイントです。

本格インドカレーは気分じゃないものの、チェーン系やレトルトのカレーでは満足できないような時は、ぴったり来るお店、という印象です。

便利な場所にあることもあるので、今後は通って、いろんなメニューをためしてみたいと思います。

ごちそうさまでした~♪

【メモ】
このお店のメニューで、唯一問題があるのが、ご飯とソースの比率です。
ご飯はしっかり大盛りクラスなのに、ソースは小盛り程度しかありません。

なので、ご飯推定350gに合わせるなら、ソース大盛りは必須です。さもなくば、ご飯を残す感じですね~
(ネットの口コミでは、多くの方がそうしているようですが、その情報をすっかり忘れていました…( ^-^;))

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★

もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
286位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
130位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html