スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お洒落な雰囲気で創作フレンチ@池袋=カジュアル・ニューヨークスタイル・レストラン銀兎

『お洒落な雰囲気で創作フレンチを召し上がれ~♪』

   ~カジュアル・ニューヨークスタイル・レストラン 銀兎・池袋店

■今日は、池袋でランチです。

池袋では、食べログの“池袋”“レストラン”人気順ランキング・トップ100に入るお店を廻っています。

現在は、トップ100のうち、70軒ほど廻ってきました。あと20数軒、楽しみです~♪

今日は、“フレンチ”レストラン・人気順ランキングからお店を選んでみます。

第1位 ラシーヌ・ブーランジェリ&ビストロ
第2位 カジュアル・ニューヨークスタイル・レストラン 銀兎・池袋店 <未訪問>
第3位 フレンチ&ワイン オザミ59 (訪問済み、ブログ未作成)
第4位 ブラッスリー・ラ・フェット <未訪問>
第5位 パリの朝市・池袋店 <未訪問>

このうち、池袋レストラン・トップ100に入るのは、第3位の“オザミ59”まで。

“フレンチ”と絞っちゃうと、池袋でも、けっこうお店は少ないんですね。。。

そういうわけで、トップ100で未訪問となっている“銀兎”に訪問してみます~♪

111125.池袋・銀兎0001
(池袋西武とジュンク堂書店に挟まれた場所にあるビルの4階にあります。1階エントランスはこんな感じです。)

■このお店、フレンチの専門店ではなく、ジャンルは“フレンチ”“イタリアン”“パスタ”で登録されています。

創作西洋料理かな?と思いつつ、お店について少し調べてみます。

■このお店は、以前訪問した銀座の高級中華料理店過門香(かもんか)や、池袋サンシャインの韓国料理店“韓豚屋(ハンテジヤ)”を経営する㈱ラムラという会社の一ブランドです。

㈱ラムラのHPによると、経営する和・洋・中・韓のレストランを“カジュアル”系(“過門香”“銀兎”など)と“ラグジュアリー”系(“韓豚屋”など)に分け、それぞれコンセプトや価格帯に独自性を持たせて運営しているようです。

“銀兎”については、池袋と銀座にお店があり、“コンセプトは、「伝統的なフランス料理に大胆かつ自由な発想を取り入れた“ニューヨークコンテンポラリー”」とのこと。

なるほど。予想とそんなにずれませんでしたね。“創作フランス料理”のつもりで訪問してみます。

111125.池袋・銀兎0079
(エレベーターを4回で降りて右を向くと、こんな感じに見えます。11月なのに、すでに銀色のクリスマスツリーが飾られています。座席の確認のため、しばしソファで待たされます。)

■お店は、JR池袋駅東口から行くと、目の前の明治通りを右方向に進み、西武百貨店が途切れるあたりで道の対面に渡って、さらにちょっと進んだ左側の南池袋共同ビル4階にあります。徒歩2分ほどでしょうか。

店内は、カウンター席やテーブル席など、245席もあって、とても広々しています。

お店に着いたのはちょうど12:00ごろで、案内された席からは、どのぐらいのお客さんが入っているのか分かりませんが、席はけっこう埋まっている感じです。

平日の昼間ということもあり、男性客はほとんどいなくて、有閑マダムや女子学生など、女性ばかりです。

内装や照明がとても凝っていて、このお洒落で洗練された雰囲気であれば、女性で一杯になるのも納得です。

111125.池袋・銀兎0070
(席を案内してもらい、廊下を進むとこんな景色です。右手のカウンターの奥にはオープンキッチンがあります。座った席は通路の突き当たりです。)

■席に座ると、一人に一冊、メニューを手渡され、店員さんが「コースメニューがお得になっております」と説明されます。

中を見てみると、2500円、3500円、5000円のコースがあって、いずれもサラダ、一口前菜、自家製フォカッチャ、メイン、デザート、ドリンクで構成されています。

続いて、ランチメニューの紹介があって、パスタ、肉料理、魚料理、カレー、サラダランチ、寿司(!?)などがあります。価格は1,400円から1,800円まで。

スペシャルランチで、GINTO特製フォアグラ丼(2,400円)という面白いメニューもあります。

111125.池袋・銀兎0014

■探検隊にとっては、今日は特別な日でも何でもないので、普通のランチメニューでお店の実力を確認してみます。

“Today's set”のうち、隊員が“本日のお肉料理”(1,800円)、隊長が“本日のお魚料理”(1,800円)を選択します。

サラダ、スープ、自家製フォカッチャ、ドリンクが付くので、コースとの違いは一口前菜とデザートのようです。

さて、どんな料理が出てくるのか楽しみです~♪

【サラダ】
111125.池袋・銀兎0027

■見た目がとっても綺麗なサラダです。

レタスを中心に、赤パプリカ、黄パプリカ、コーン、トマトが入っていて、醤油ベースのあっさりドレッシングで仕上げられています。

素材はいずれも新鮮で、これなら、見た目にも味にも厳しいお洒落グルメ女性のチェックをパスできそうです。

【スープ】
111125.池袋・銀兎0032

■白いツボのような、面白い形をした器に入って出て来たのは、かぼちゃのポタージュスープです。

見た目の、白と黄色のコントラストが綺麗なのですが、味わってみると、かぼちゃの甘味が新鮮で、素材にこだわり手間を掛けていることが分かります。

見かけ勝負と思いきや、味もいけてるので、序盤から、なかなかいい感触です~♪

【フォカッチャ】
111125.池袋・銀兎0029

■店員さんが「フォカッチャです」と言って持って来たので、焼いた硬いものを想像したのですが、こちらは蒸したもののようです。

一般に“フォカッチャ”は、強力粉を使ったイタリアの平たいパンで、石窯で焼かれます。

食感はモチモチしていて、かすかに甘く、かすかに塩味が効いていて、見た目よりも美味しいです。食べ始めると、クセになって止まらなくなります(ランチでは、お替り自由のようです)。

【肉料理 -若鶏の三種の胡椒焼 マスタードクリームソース】
111125.池袋・銀兎0038

■メインは、鶏のムネ肉に三種類の胡椒をかけてグリルしたもの。

添えられているソースは、ポメリーマスタードにブイヨン、生クリームなどを加えています。

付け合せは、紫芋、モロッコインゲン、赤パプリカに塩を振ってグリルしたものと、白菜とベーコンを煮たものが付いています。

111125.池袋・銀兎0049

■鶏ムネ肉は、皮の部分がパリッとして、中の肉の部分はプリッと仕上がっています。

食べると、皮の表面に付いた胡椒が効いてきて、肉の旨味とともに口の中で広がります。

そのまま食べてもいけるのですが、ソースを付けるとマスタードの酸味が加わって、奥深い味わいになります。

いや~、これは美味しいですね~♪ (失礼ですが、予想以上でした…( ^-^;))

111125.池袋・銀兎0053

■この鶏料理は、鶏ちゃんがジューシーで、味が濃い目なので、自分のようなご飯人間には、ライスは必須です。

ランチではライスは無料で、大き目のお洒落な白いお皿に入ってやってきたのにはびっくりです。(皿がデカ過ぎ…( ^-^;))

ただ、お米がふっくら立っていて、めちゃくちゃ美味しいんです。ここでも手抜かりなしです。

【魚料理 -サーモンと卵付帆立のポワレ ソースアメリケーヌ】
111125.池袋・銀兎0047

■大きめの鮭の切り身と、卵が付いたプリプリの帆立が、塩コショウでポワレされています。

ソースは、アメリケーヌソース(※)に、タラゴン(キク科のハーブ)を振ってあります。

付け合せは、薄切りかぼちゃ、マコモ茸、赤チェリートマトです。

※アメリケーヌソースとは、「フランス料理のソースの一種で、オマール海老の殻と香味野菜を炒め、フュメ・ド・ポワゾン(魚の出汁)を加えて煮詰め、漉し、海老味噌を加え、再び煮詰めて生クリームで伸ばしたもの」なんだそうです。

111125.池袋・銀兎0051

■サーモンは、ハリのある歯応えと、心地良い程度の魚臭さが、素材の新鮮さを感じさせてくれるもので、塩コショウであっさり仕上がっています。

サーモンだけだと、あまりにもあっさりしているので、ソースを付けてみると、ソースの海老の風味がサーモンを引き立ててくれます。

う~ん、フランス料理は素材自体も大事ですが、ソースも重要な役割を果たすんですね。

鶏のグリルが分かりやすいはっきりした味の美味しさに対して、こちらは柔らかな味の複雑さ、風味の奥深さで訴えてくる料理です~♪

111125.池袋・銀兎0052

■フォカッチャをお替りすると、最初に出てきたものとは違うものがでてきます。

こちらは、ベーコンとイチヂクが入ったフォカッチャだそうで、ベーコンの塩気と、イチヂクの甘味がうまい具合に効いています。
(料理はこれで終わりですが、男性には量が少ないので、隊員はさらにこのフォカッチャを注文し、お腹の具合を落ち着けました。)

【食後のドリンク】
111125.池袋・銀兎0058

■隊長はホットコーヒー、隊員はアイスコーヒーを注文です。

ランチ時のホットコーヒーはお替り自由で、一定時間経つと店員さんが注ぎに来てくれます。

■総括としては、“お洒落な空間でリッチな気分でいただく、コース主体の西洋創作料理”屋さんです。

デザイナーによって設計された空間は、どこに座ってもお洒落で、かつ適度なプライベート感が出る設計になっています。

メインの創作フランス料理は、見た目も綺麗だし、素材も味も凝っていて、なかなか満足させてくれます。

店員さんのサービスもいいので、特に女性のハートをわし掴みすることでしょう。

事実、ランチとしては価格が高いことを考えると、これだけ女性客が入っていれば、かなりの人気と言えそうです。

デートや女子会、記念日の食事などに向いている感じで、こういった目的があれば使い勝手が良さそうです。

今度は、ディナーで訪問したいと思います~♪

ごちそうさまでした~!


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
308位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
124位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html