スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリエーションが楽しいうどん屋@池袋=硯家(すずりや)

『リピーター多数の美味いうどん屋~♪』

   ~うどん処 硯家(すずりや) @池袋

■今日も池袋でランチです。久しぶりに、美味しい“うどん”を食べたい気分です。

これまでの探検で、駅の立ち食いうどんや、そば屋のサイドメニューのような“うどん”の印象はすっかり払拭されました。

うどんにこだわり、つゆにこだわり、アレンジにこだわれば、“うどん”は和洋中すべてを包含する、広い世界を表現できる料理になるんですよね。

■訪問済みのうどん屋だけでも、その特色の違いが際立っていて、なかなか面白いものがあります。

いつもの食べログで、“池袋”エリアの“そば・うどん・麺類”人気順ランキングを見てみます。コメント付きでどうぞ~!

(店名をクリックすると、訪問時のブログ記事を参照できます。ぜひご覧下さい~♪(^-^)/)


第1位 あんぷく                 ~西口の創作うどん屋。和洋中どんなアレンジも激ウマ。夜の居酒屋も◎
第2位 うちたて家                ~東口の手打ちうどん屋。太くて力強い手打ちうどんが絶品。
第3位 かるかや                 ~西武百貨店屋上の老舗。早い・安い・美味いの三拍子が揃う。
第4位 楽旬堂 坐唯杏(ざいあん)・別館  ~東口の蕎麦居酒屋。酒・つまみ・蕎麦、いずれもレベル高し。
第5位 古奈屋・池袋東武スパイス店    ~東武百貨店内の、巣鴨発祥の絶品カレーうどん。
第6位 讃岐うどん 丸亀製麺・サンシャイン池袋店 ~全国に展開する人気讃岐うどんチェーン。
第7位 讃岐うどん 丸亀製麺・南池袋店 (↑に訪問済み)
第8位 うどん処 硯家(すずりや)・本店 <未訪問>
第9位 美蕎(びきょう) <未訪問>
第10位 うどん処 硯家(すずりや)・南池袋店 <未訪問>

あんぷく、うちたて家、かるかや、古奈屋、丸亀製麺の5軒を食べ比べただけでも、似たお店がありません。

うどん自体の特徴も違うし、メニュー、雰囲気、価格帯、客層、経営形態まで、まったく共通点がないんです。

うどんの世界って、奥深いんですね~♪ 

今日は、未訪問の最上位、“硯家(すずりや)・本店”に行ってみます。

120218.池袋・硯家0000

■お店のことを調べていたら、ぐるなびPRO for 飲食店という飲食店経営者向けのサイトで、面白い記事を発見しました。

なんと、店舗経営の成功例として、“硯家・本店”が紹介されているんです。

『繁盛の法則・幅広い客層をつかむ硯家本店に学ぶ - 昼は麺類、夜は居酒屋利用で支持されるうどん店とは』と題された記事は、お店の紹介から始まります。

**********************************************
池袋駅から徒歩15分ほど、細い路地沿いにある「うどん処 硯家(すずりや)本店」は、昼は多彩なうどんメニューで、夜は日本酒と酒肴を楽しんだ後、うどんで締める居酒屋利用で、根強い人気を獲得している。オープンは2000年9月で、店舗規模は15坪26席。周辺のサラリーマン、OLが主な客層だが、週末には家族連れも多く、老若男女に支持されている。
**********************************************

紹介されている記事を要約すると、こんな感じに書かれています。

・店主さんは、うどんの本場さぬき(香川県高松市)で1年間修行。
・独自の美味しさを目指し、オリジナルの麺とつゆを開発。☆
・うどん、出汁などの基本的な美味しさに加え、アイデアうどんを豊富にラインナップ。☆
・夜は純米酒を中心とする日本酒と約40品目酒肴を提供。☆
・2005年12月には、本店から徒歩10分ほどの場所に20坪30席の南池袋店を出店。

この記事では、このお店の成功要因を上記☆印の3点にあると結論付けています。

最後に店主さんのコメントがあって、当面の経営課題を「商品の質と顧客をしっかり維持することを目標とする」と書かれています。

なるほど。お客の立場からすれば、いろんなバリエーションの美味しいうどんを楽しめそうですね~♪

120218.池袋・硯家0013
(メニューに書いてある、お店の“こだわり書き”。オリジナルの自家製麺・出汁の開発に力を入れている姿勢が記されています。)

■お店は、JR池袋駅東口を出て明治通りを右方向に進み、南池袋一丁目交差点から伸びる“東通り商店街”を200m直進し、4本目の道を左折し、20m先の左側にあります。徒歩15分ほどかかるでしょうか。

店の前の道は細く、中小ビルやマンションの固まったエリアにあるため、知らないとお客は来ないような立地です。

お店に着いたのは、週末の13:30ごろ。26席ある客席には、10人ぐらいのお客さんがいます。

ただ、すごいことに、この後も客足が途絶えるどころか増え続け、ほぼ満席になってしまいます。

ほとんどの人がメニューリストを見ないで注文する常連ばかりです。常連を掴んでいるということは、かなり美味しいんでしょうね。期待できます。

120218.池袋・硯家0001

■メニューは、うどんの種類がめちゃくちゃ豊富です。オーソドックスなものから、カレー系、四川中華系(?)まで、ゆうに40種類はありそうです。

カレーうどんだけでも4種類あり、四川中華系も“麻辣牛肉麺”など6種類もあります。

夜の居酒屋メニューも豊富で、おつまみ20種、日本酒8種類、焼酎9種類と、なかなかの品揃えです。

120218.池袋・硯家0008

■そんな中から、隊員は口コミで人気のランチメニュー“肉ぶっかけうどん”(730円)に炊き込みご飯(+50円)を付けてみます。

辛いものに目がない隊長は、写真入りで紹介されている斬新な“四川麻辣(マーラー)うどん”(850円)を注文してみます。

それぞれ、普通のうどん屋では見かけない、変わったメニューなので、どんなうどんが来るか楽しみです~♪

(※常連風の皆さんの多くの人が“スパイシーカレーうどん”(580円)を注文しています。美味いからか?安いからか?)

【肉ぶっかけうどん】
120218.池袋・硯家0020

■うどん、出汁の上に、牛丼のように煮込んだ牛肉が載っていて、薬味として輪切り万能ネギと白胡麻とおろし生姜が掛かっています。

まずは、うどんを食べてみると、しっかりとしたコシがあり、つるつるした喉越しです。ほのかに甘味もあって食べやすいですね~♪

お店では、コシの強さ、つるつるの喉越しにこだわり、麺の太さを平均的なさぬきうどんよりやや細めに仕上げています。

また、オーストラリア産100%の小麦を使用し、自家製麺機で製麺後、熟成のため一晩寝かせてから使用しているそうです。

120218.池袋・硯家0022

■出汁は、具材の牛肉の煮込み汁が混ざっているので、普通のうどん出汁に牛丼のような甘さが入っています。

もとの出汁は、昆布、煮干で旨味を取った後、鰹節など5種類の節類を加え、深い味わいに仕上げているそうです。

具材の牛肉は、牛丼の具のように甘く煮込んだもので、脂身が適度に入っていてジューシーです。

うどん、出汁、具材の煮込み牛肉の3者のバランスが良く、薬味の活躍もあって、飽きることなく一気に最後まで食べてしまいます。

う~ん、これは美味しいですね。メニューとしての完成度が高いです~♪

【四川朝辣うどん】
120218.池袋・硯家0024

■注文後、「もやしがなくなってしまったので、代わりにキャベツを使ってもいいですか?」と店員さんに言われ、OKをしたところ出てきたのがこのうどんです。

「あれ、このお店、四川料理屋?」と疑いたくなるぐらいの、強烈に辛い見た目です。

汁の表面はラー油が覆い、赤色・黒色の唐辛子、大量の刻み万能ネギが載っています。

白く見えるのがキャベツで、その下に挽肉が見えます。う~ん、辛そう!

120218.池袋・硯家0025

■実際に食べてみると、うどんを使った超本格的四川料理です。味付けのバランスが、本格的なんです。

唐辛子・ラー油で辛く、山椒で痺れ、味覚(舌)を極限状態に置いて、素材を味わう、これこそ本来の四川料理の真髄です。

麻辣(マーラー)の味付けのおかげで、キャベツとうどんの本来の甘味をしっかり楽しめます。

隊員は、少し口にしただけで頭皮の汗が止まりません。こんなお店で、こんな体験をするとは思いませんでした。

四川料理フリークの隊長にとっても辛かったようですが、評価はもちろん大絶賛です~!

【炊き込みご飯】
120218.池袋・硯家0018

■通常210円の炊き込みご飯が、ランチタイムは+50円で付けられます。

ニンジン、シイタケ、油揚げなどが入った普通の炊き込みご飯ですが、薄目の味付けがほど良く、パクパク食べられます。

■総括としては、リピーター多数にも納得の、メニューのバリエーションが豊富で、安くて美味しいうどん屋さんです。

お店自慢のうどん自体も、しこしこしてモチモチ食感で、とっても美味しいのですが、それだけではありません。

メニューのバリエーション展開する際の、味のコンセプトがはっきりしていて、完成度が高いのが最大の魅力です。

オーソドックスなうどんであれば醤油とダシの味わい、四川中華系であれば唐辛子と山椒のコンビネーションが命です。

こういったメニューごとの“要所”がビシッと押さえられているのは、店主さんの味のセンスが良いからだと思われます。
(素人がプロに向かってすみません… でも、そう思います~)

池袋東口の繁華街からは離れているのですが、美味しいうどんを食べたい時には、わざわざ行く価値ありです~♪

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

参考にします

こんにちは(#^.^#)
池袋、ここの処東武の富山ブラックを続けて食べたのですが
うどんも良いですね~東口の繁華街から少し離れた所もグッドです
参考にさせて貰います
ポチ×3しておきます(^。^)y-.。o○

Re: 参考にします

鉄骨スープさん、こんばんは~!
お返事が遅くなってスミマセン… m( _ _ )m

実は、池袋のうどん屋さんは、個性はぞろいでレベルが非常に高いんですよ~!
このお店にたどり着くまでには、たくさん誘惑があります。
西武屋上の“かるかや”、東通り商店街の“うちたて家”もとっても美味しいので、ぜひ試してみてくださいね~!(*^-^*)//
プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
297位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
124位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html