スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池袋ラーメン店めぐり(その43)=麺匠こぶし

2010年4月25日(日) 麺匠こぶし ~池袋40軒目~

■今日も朝から天気が良く、ちょうど昼頃てくてく池袋駅に向かった。

今日は久しぶりに東口の店舗を攻めるべく、ビックカメラ本店裏の線路沿いに行った。

探検のターゲットは、埼玉県狭山ヶ丘の行列店“つけそば丸永”の池袋店。

モノの本の紹介によると、「ゲンコツとカツオの豊かな風味が詰まった甘めのスープは、しこしことした太麺との相性が抜群」とあり、ちょっと甘めの魚介豚骨スープ好きの隊員の“必ず行きたい店リスト”に数ヶ月前から入っていた。

ただ、今日訪問して見ると、

100425.池袋・麺匠こぶし001

張り紙には、「3月4日をもって閉店しました。。。」

たしかオープンしてからそんなに時間が経っていないはずなのに。

日本一のラーメン激戦区・池袋は、ラーメン好きにとってはいろんな店が選べるいい場所ですが、ラーメン店オーナーにとっては、日本一の修羅場なんですね…

■気を取り直して池袋駅北口へ。

ここにはまだ未攻略店がけっこう残っている。

そのうち、食べログ(点数)評価も結構高い、新店“麺匠こぶし”を訪問することにした。

まだ開店して日が浅いので、いわゆる人気評価(口コミ数評価)は低い。

だが、ブレーク前の“馳走麺狸穴”や昨日の“我家(うち)”のように、美味しいけど開店間もないがためにお客さんや口コミが少ない潜在的人気店を発見できるかもしれない~!

100425.池袋・麺匠こぶし018

■場所は北口商店街のロサ会館の近く。そのちょっと奥ですね。

この間までは“らぁめん天翔”という店があったが、情報では同じオーナーが看板とメニューを変えて新規開店したとのこと。

入り口には“噛め!極太つけ麺 骨節 濃厚魚介豚骨”と書いてあった。

薀蓄としては 豚骨+削り節 → 骨節 → こぶし、なんだそうで、魚介豚骨を店名で表しているようです。

■お店に着いたのは昼過ぎの12:40ごろ。

もともとこの辺りは夜の繁華街なので、休日でも昼間は人はまばら。

カウンター席数は12席ぐらいありそうだが、入店時に3人ほどが食べていて、その後自分たちだけになってしまった。

100425.池袋・麺匠こぶし004

■食券販売機の最上段最左側を見ると、“こぶしつけ麺匠(並)”(750円)となっていたので、まずこの食券を購入し、券売機の横に写真があったので、もう一品は“こぶしらぁめん匠(大盛り)”にした。

【こぶしつけ麺匠(並)】
100425.池袋・麺匠こぶし006

■“あつ盛り”と“ひや盛り”が選べるとのことだったので、“ひや盛り”で注文した。

壁の張り紙を見ると、茹で時間について、「つけ麺10分、らぁめん3分」と書いてあったのに、3、4分ほどで“らぁめん”より先に出てきた。

まず、この極太ちじれ麺、見た目がすごいインパクトですね~

うどんより太いかも…

そして、何かを練りこんだこの色…

食べて見ると、すごく香ばしい。何か穀物を擂ったものが練り込まれているのかな?

そしてスープ。濃厚魚介豚骨を看板で謳うだけあって、まずは魚介の風味と豚骨のコク。

その後から来る、酸味>甘味>辛味の味覚のコンビネーション。すごく美味い!

さすが新店、トレンド外さずにその中でも、魚介よりは豚骨、酸味と甘味を強調した隊員好みのもの。いいですね。

麺とスープの絡みはというと…

う~ん、これは難しい。ちょっと麺の個性が強すぎるかも。

麺は食べ応えを重視しているらしく、かなり噛まないと喉を通らない。

スープも結構濃い目だと思うが、噛んでいるうちにスープの味が消え、麺との格闘になってしまう。

ちょうど、食べ応えとのど越しというのはトレードオフなんでしょうかね~ どっちを取るか…

かなり人の好みによると思いますが、自分はあまりいい組み合わせだとは思わなかった。

■トッピングは、野菜類が結構工夫されている。

つけ汁の中にはチャーシューと刻みネギが入っていて、麺の上には江戸菜(新しい青菜みたいです)、姫たけのこ(ほろ苦いえぐみのあるヤツです)、のりが載っている。

江戸菜や姫竹は、あまり他のラーメン店で見ないので、特に姫竹のえぐみなどは新鮮で美味しかった。

■トータルでいうと、スープが激ウマなだけに、(麺も麺自体は悪くないけど)判定に困るつけ麺でした。。。

【こぶしらぁめん匠(大盛り)】
100425.池袋・麺匠こぶし011

■こちらは一転極細麺。大盛りのせいなのか、スープの量が少ない。

まずはそのスープを味わって見ると、濃厚な魚介の風味と九州ラーメン風トンコツの風味が両立されている。

かなり(とろみ)があって、トンコツのコクと深みが後からしっかりと来る。

決して醤油や塩に頼っていないので、後味として塩辛く感じたり、のどが渇いたりしない上出来なスープ。

■麺はというと、かなり細い麺で、茹で加減が…

これはいわゆる“バリカタ”とか“ハリガネ”に近いもの。

細さからいうと、細いほど固めの方がいいというのは分かる。

ただ、個人の好みもあるのでデフォルトでこれは考え物かな… どうでしょう?

トッピングは、“つけ麺”同様、江戸菜と姫たけのこ、チャーシュー、ネギ、のりが入っていた。

■九州豚骨ラーメンを食べたいイメージの時に、この“らぁめん”を選択すると、かなり正解なのでは?!

濃厚でとろ~っとしたスープは、少なくとも秀逸だと思いました。

(次回訪問時は、自分は茹で方を“柔らか目”で指定します~)

■総括としては、“つけ麺”と“らぁめん”で、かなり趣向の異なるお店です。
なので、おすすめレベルの評価も2つ分けることにします。

“つけ麺”は、濃厚魚介豚骨つけ麺が食べたい時に頼むといいと思います。(極太麺は人の好みが分かれますが…)
自分のおすすめレベルは、スープが激ウマだったので4+(けっこうおすすめ)、かみさんのおすすめレベルは5(かなりおすすめ!)でした。

“らぁめん”は、九州豚骨ラーメンが食べたい時に頼むといいと思います。
自分のおすすめレベルは5(かなりおすすめ!)ですが、かみさんは先に激ウマスープの“つけ麺”を食べたので“らぁめん”のスープの味が正確に分からず、おすすめレベル3(まぁまぁおすすめ)でした。

お読みいただいてありがとうございます~!
もしよろしければ↓をポチポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
301位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
128位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html