スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶芸師のいる本格四川料理店@丸の内=四川豆花飯荘

『シンガポール発祥の上品な四川料理~♪』

   ~四川豆花飯荘 -Si Chuan Dou Hua Restaurant- @丸の内

■今日は、隊長と丸の内でランチです。

丸の内近辺でグルメ食べ歩きをする時は、いつもだと何人かのグルメな友人を誘います。

ただし、今日のターゲットは、四川料理のお店なので、辛いものに強い人でないといけません。

というか、辛い物好きの隊長に黙って行くと、世界平和に悪影響が出るので、隊長をお誘いします。

■食べログで、大エリア区分“東京・日本橋”エリアの“中華”人気順ランキングでお店を確認してみます。

(↓青くなっている店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます~♪)

第1位 【三越前】 センス (広東料理)
第2位 【八重洲】 泰興楼・八重洲本店 (北京料理)
第3位 【丸の内】 四川豆花飯荘・東京店 (四川料理)
第4位 【日本橋】 薬膳火鍋専門店 天香回味・日本橋本店 (中国鍋・火鍋、台湾料理)
第5位 【馬喰町】 チャイニーズレストラン 虎穴 (中華料理、坦々麺)
第6位 【八重洲】 頂上麺 筑紫樓 ふかひれ麺専門店・八重洲店 (中華料理)
第7位 【丸の内】 SO TIRED (広東料理、ダイニングバー)
第8位 【丸の内】 筑紫樓・丸の内店 (中華料理)
第9位 【日本橋】 鼎泰豐 東京店 (飲茶・点心、中華料理) (池袋店に訪問済み)
第10位 【日本橋】 糖朝・日本橋店 (飲茶・点心、中国菓子)

おっと、ほとんどのお店が未訪問です。これは探検のし甲斐がありますね。

120620.丸の内・四川豆花飯荘0002
(上品な店構えですね。でも店の右端に怪しげな白のカンフー服の写真がありますね。この後ご説明しますが、これがポイントなんです~!)

“四川豆花飯荘”のHPにも書いてありますが、このお店はシンガポールにある四川料理店の東京支店です。

シンガポールの中心地の一つ、MRTラッフルズプレイス駅から徒歩3分ほどのところにあるUOBプラザという高層ビルの60階に本店があります(隊員は出張で、年に一度はシンガポールに行くのですが、河口近くの、かなり高級なエリアです)。

コンセプトとしては、四川料理の伝統と本質を守る「正宗料理」を基本としながらも、アジアを中心に世界のあらゆる要素が流れ込むシンガポールのアレンジを加えた、新四川料理とも言うべき料理を出すお店です。

シンガポールの本店も、東京の支店も、料理以外に“茶芸”のパフォーマンスを売りにしています。

“茶芸”とは、茶芸独特のやかんに沸騰したお茶を入れ、いろんな型(かた)で、茶葉を入れた茶器にお湯を注ぐ、中国本土伝統の芸です。(↓下の写真を見てみて下さいね~!)

このお店でも、なかなかの人気パフォーマンスになっているようです。

■お店は、東京駅のまん前にある、新丸の内ビルディングの6階にあります。

お店に着いたのは、12:20ごろです。昼食時間のど真ん中ということもあって、お店の綺麗なエントランスには、入る人、出る人が入り混じっていています。

店内は大広間が2つあって、この他個室がいくつかあります。席数は130席と、かなりの広さです。

エントランスを入って、ワインセラーのある通路を抜け、一つ目の広間の手前を右に進み、奥の広間のテーブル席に案内されます。

2つの広間のテーブル席は、常時ほぼ満席で、人気が高いことを伺わせます。奥様系女子会とビジネス接待の方々が多いでしょうか。

120620.丸の内・四川豆花飯荘0008

■ランチメニューは、セットが4種類です。

・ビジネスランチセット(1,500円~)   ;10種類の麺、飯から1品を選択
・四川豆花飯荘 麻婆豆腐セット(1,500円);人気の麻婆豆腐
・四川豆花ランチセット(1,700円)    ;2週間ごとに変わる料理2種類
・レディースセット(2,200円)      ;女性好みの野菜、点心、デザート

まずは、四川料理といえば“麻婆豆腐”。隊長は“四川豆花飯荘 麻婆豆腐セット”をセレクトします。

隊長と隊員で同じセットを頼むのももったいないので、隊員は“ビジネスランチセット”にします。

選べる“10種類の麺・飯”は、番号1番になっている“四川豆花飯荘タンタン麺”を選びます。

【茶芸師のパフォーマンス】
120620.丸の内・四川豆花飯荘0009

■席に案内されてると、机の上には一人に一つ、蓋の付いた真っ白な茶器が置いてあります。

蓋を開けてみると、色とりどりの、いろんな物が入っています。見ているだけでも綺麗です。

机の上の解説書によると、コレステロールを下げ、血行を良くし、免疫力を高めるといわれる“八宝茶”というお茶なんだそうです。

八宝とは、8種類の内容物で、ジャスミン茶、紅なつめ、クコ、菊花、氷砂糖、百合根、龍眼、クルミです。

120620.丸の内・四川豆花飯荘0007

■席に着く前、入店してから席に案内される時に、面白い形をした茶芸専用のポットを見たので、カメラに収めます。

注ぎ口は1mはありそうですが、これが茶芸用のやかんで、これを使って茶器にお湯を注いでくれます。

金属製なので、熱湯を入れると死ぬほど熱いはずですが、これを難なく扱うのが茶芸師です。

120620.丸の内・四川豆花飯荘0015

■注文が終わると、間もなく、金色のド派手なカンフー服を着た茶芸師が、ふらっとやって来ます。

先ほどの茶芸ポットの注ぎ口を頭の上に回して、頭を支点にしてお湯を注ぎ始めます。

普通なら、お湯を注ぎ終わって注ぎ口を上に挙げると、お湯が周りに飛び散りますが、茶芸師はぴたっとお湯を止めます。

これが間近で見ていると、けっこう楽しいんですよ~♪ 他のお客さんにやっている時も、ついつい見取れちゃいます。

120620.丸の内・四川豆花飯荘0028

■「お湯を注いだ後、2分ほど待ってください」と店員さんに言われたとおりにして、お茶を飲みます。

飲む前に蓋を開けると、菊花が開き、良い匂いがしてきます。 一口くちを付けると、熱いっ!

もう少し時間が経つと、氷砂糖が溶けて、ほんのり甘味が出てきます。香りも良いし、美味しいです~!

【ビジネスランチセット】
120620.丸の内・四川豆花飯荘0023

■こちらは、“本日の前菜三種”です。

右手前が、鶏ささみ、中国湯葉、ネギをラー油で和えたものです。

中央が、ホタテの上に、さっぱりとした酸味のあるおろし野菜(たぶんニンジン、パプリカ)が掛かったものです。

左奥が、少量の細かく刻んだザーサイが入った豆腐で、ごま油で風味付けがしてあります。

いずれも小技が効いていて、上品な味わいが印象的です。

120620.丸の内・四川豆花飯荘0035

■こちらがメインの“四川豆花飯荘タンタン麺”です。希望すれば、半ライスが無料で付いてきます。

熱々のどんぶりからは、濃厚な胡麻とラー油の風味が、湯気とともに立ち込めてきます。

麺の上には、炒めた小松菜と、豚挽肉を甜麺醤で味付けした肉そぼろ、不均一に砕いた落花生、メンマが乗っています。

120620.丸の内・四川豆花飯荘0039

■一口スープをすすってみると、見た目ほどの辛さはなく、コクがあって濃厚な胡麻の風味が特徴的です。

麺は、見た目にも、太さ、色ともに一般的で、食べてもかなりオーソドックスな中華麺です。茹で具合はやや柔らかめ。

組合せ的に言うと、ややスープに重きを置いたバランスです。特徴はないのですが、普通に美味しい坦々麺です。

【麻婆豆腐セット】
120620.丸の内・四川豆花飯荘0044

■“麻婆豆腐”とともに、麻婆豆腐、玉子スープ、漬物、ライスが出てきます。

玉子スープとライスは、お替り自由とのことです。漬物(浅漬け)の野菜の色取りが綺麗ですね~♪

120620.丸の内・四川豆花飯荘0046

■まず、ラー油、花椒など、複雑な香辛料の香りが立ち昇る麻婆豆腐から食べ始めます。

う~ん、さすが看板メニューです~!

本格四川料理らしく、辛さと痺れが程良いバランスで迫ってきて、美味しいです~!

味付け自体は、マー(麻;花椒由来の痺れ)、ラー(辣;ラー油由来の辛さ)ともにエッジが効いていて、はっきりしています。

でも、絹ごし豆腐が大きめにカットされていることと、量が多いので、口の中に入った時は、マイルドになっています。うまく計算されていますね。

ネギなどの薬味も上手く効いていて、四川らしいのに日本人にも食べやすい麻婆豆腐です。

120620.丸の内・四川豆花飯荘0048

■何気に侮れないのが、この中華風玉子スープです。

とろみがあって、玉子やシイタケ、ニンジン、タケノコが入っているのですが、高級中華料理店らしく、とっても上品なコクがあって美味しいんです。

【デザート】
120620.丸の内・四川豆花飯荘0052

■クコのみではなく、ミントの葉と甘黒豆が乗った杏仁豆腐です。

とってもミルキーで、素材の良さを感じさせてくれます。甘さもやや控え目ですが、辛い料理とのコントラストは抜群です。美味しい~!

■総括としては、綺麗で落ち着いた内装の店内で、とっても上品で洗練された四川料理を提供してくれるお店です。

他の四川料理のお店と比べると、料理の素材使い、香辛料使い共に上品で、さすがインターナショナルに揉まれた四川料理を感じさせてくれます。

さらに、日本では珍しい茶芸のパフォーマンスもあるので、エンターテイメント要素も楽しむことができ、他店との差別化は万全といえそうです。

お値段は多少高めで、サービス料も掛かるのですが、茶芸を考慮すると、トータルでは、CPはまずまずでしょうか。

このお店の使い方としては、サプライズを共有したい人と行くのがおススメです~♪

ごちそうさまでした~!

【メモ】
・茶芸のパフォーマンスは楽しいのですが、実はお茶自体は有料で、一杯294円です。
・中国本土だと、“八宝茶”などの特別なお茶は有料なので、事前にテーブルに置いてあっても、拒否すれば器を下げてくれます。でも、このお店では特に店員さんに聞かれなかったので、拒否権がないようです。
・このお店のランチは、メニューでは1,500円からとなっているのですが、価格表示が消費税抜きなので、お茶有料+消費税+サービス料10%が付くと、最低2,056円はかかります。もうちょっと、はっきり書いて欲しいかな…
( ^-^;)

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます❤^^❤
このお茶のパフォーマンスはTVで見ましたが、凄いですよね♪
実際にご覧になったら、迫力というか、感動でしょうね♪ ^^
お食事ですが、
画像から美味しい!って分ります^^
二つとも大好物です^^
杏仁も美味しいって分ります^^v
是非、行ってみたいお店になりました。
ご紹介ありがとう。。。

Re: No title

Paganiniさん、こんばんは~!

ご覧になったテレビは、日テレの『世界の果てまで イッテQ』という番組でしょうか?

実は、自分はその番組を見た後だったので、茶芸をやっていることが分かった時は、
ちょっとニヤっと笑っちゃいました~♪

もしその番組をご家族ご覧になったのであれば、ご家族で行くと皆さん大喜びだと思いますよ~!
(*^-^*)b

No title

料理のコメントでなくすいませんm(__)m
 
冒頭での辛いもの食べる時に隊長を誘わないと世界平和に悪影響が出るとw

ちょっとクスっとしたw^^

どんな悪影響が出るか見てみたい気もするがww

Re: No title

リーダーマサさん、こんばんは~!
コメントありがとうございます。
料理のコメントでなくても、全然OKですよ~♪

いや~、世界平和って大事ですよね。。。

> どんな悪影響が出るか見てみたい気もするがww

いやいや、そんなことできません。。。。( ̄□ ̄;)A.....
プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
277位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
127位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html