スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本一のタイ料理店=バンタイ@新宿

『超リーズナブルな本格タイ料理~!』

   ~タイ国料理 新宿バンタイ -BAN-THAI- 

■今日は、新宿でランチです。

新宿は、日本で最も飲食店が集積したエリアであるにもかかわらず、探検隊はラーメン店以外の開拓がほとんど進んでいないんです。

とにかく探検のし甲斐のあるエリアなので、お店選びにも力が入ってしまいます~♪

■食べログで、大エリア区分“新宿・代々木・大久保”エリアの総合・人気順ランキングを見てみます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。良かったら、見てみて下さいね~♪)

第1位 【新宿南口】 風雲児 (ラーメン)
第2位 【新宿南口】 麺屋 海神 (ラーメン)
第3位 【新宿北口】 麺屋武蔵・新宿本店 (ラーメン)
第4位 【新宿東口】 タイ国料理 バンタイ (タイ料理) <未訪問>
第5位 【新宿南口】 クリスピー・クリーム・ドーナッツ・新宿サザンテラス店 (ドーナッツ、カフェ) <未訪問>
第6位 【新宿北口】 蒙古タンメン中本・新宿店 (ラーメン)(池袋店上板橋本店に訪問済み)
第7位 【新大久保】 おんどる・新大久保本店 (韓国料理) <未訪問>
第8位 【新宿東口】 ジャン・ポール・エヴァン・伊勢丹新宿店 (チョコレート、カフェ) <未訪問>
第9位 【新宿東口】 アカシア・新宿本店 (韓国料理、シチュー) <未訪問>
第10位 【新宿西口】 讃岐うどん大使 東京麺通団 (うどん)(水道橋店に訪問済み、ブログ未掲載)

見慣れないお店ばかりなので、見ていてとっても新鮮です。

まずは、上から順に、レストラン人気順ランキング第1位“バンタイ”に行ってみます。

(それにしても、新宿のNo.1って、タイ料理なんですね。とっても意外な感じがしますね。)

■ちなみに、食べログの“日本全国”で“タイ料理”人気順ランキングを出すと次の通りです。

第1位 【東京都・新 宿】 バンタイ
第2位 【東京都・丸の内】 マンゴツリー東京
第3位 【東京都・有楽町】 あろいなたべた・有楽町店

口コミ数でいうと、“バンタイ”は、“マンゴツリー東京”“あろいなたべた”の2倍ぐらいあるので、ぶっちぎりの日本一です。

なんでそんなに人気があるのかな? その理由を確かめに行きます~♪

120705.新宿・バンタイ0001
(お店は、“焼肉小倉優子”のけばけばしい看板が目立つ飲食雑居ビルの3階です。)

■“バンタイ”は、新宿・歌舞伎町に根付いて27年になるタイ料理店です。

“バンタイ”のHPによると、店名は、「BAN」=タイ語で「家」なので、「タイの家」という意味なんだそうです。

お店のキャッチフレーズに、料理のコンセプトが集約されています。

「基本は“甘”“酸”“辛”。この刺激がたまらない!これが本場のタイ料理。舌で感じる新宿の“タイ”」

“スパイシーな刺激の中にある奥の深いまろやかさ”をタイ人シェフの絶妙な香辛料使いにより作り出すそうです。

タイ風料理ではなく、本場のタイ料理であることを謳っています。

120705.新宿・バンタイ0043
(大理石の壁に木製の重厚なドア。タイ風の装飾品を除けば、まるでナイトクラブの入口のようです。)

■お店は、JR新宿駅東口から歌舞伎町方面に進み、靖国通りの“歌舞伎町”交差点と“新宿大ガード東”交差点の間にある“歌舞伎町一番街”ゲートをくぐって50m進んだ左側のビルの3階にあります。徒歩7分です。

お店の入口からタイの置物や装飾品がありますが、店内に入るとさらにたくさんのタイっぽい物が溢れています。

ちゃんとプミポン国王と王妃の写真も飾られています。タイっぽい雰囲気が気分を盛り上げてくれます。

そもそも、ドアを開けた瞬間から、東南アジアっぽい強烈な香辛料の臭いが充満しています。良いですね~♪

120705.新宿・バンタイ0017

■お店に着いたのは、12:50ごろ。店内は広く110席ありますが、テーブルは8割方埋まっています。

しかも、13時を越えても、お客さんが次から次へと入って来ます。

テーブル、椅子など、店内の家具はほとんどが木製で、木彫り装飾が施されています。高級感もあります。

120705.新宿・バンタイ0011

■ランチメニューは、一品料理から麺類、カレーまで、20種類と豊富に用意されています。

一品料理であれば、ちゃんとライス、スープ、サラダ、デザート付きです。値段は630円から945円まで。

えっ…? これが新宿にある、日本一のタイ料理屋の価格なんでしょうか?

これで料理が美味しければ、史上最高のコスパを誇ることになりますが…

■ランチメニューは、最近写真入りの冊子になったらしく、イメージがしやすくなっています。また、辛いものが苦手な人のために、辛さが3段階(辛さ2、辛さ1、辛さ0)で表示されています。

まず1品目は、食べログの口コミでも人気が高い“ゲンペッガイ(鶏肉入りレッドカレー)”(819円)(辛さ2)にします。

もう一品は、タイ料理といえば、世界三大スープの一つ“トムヤムクン”を頼みたいところですが、ランチ設定がありません。(単品だと(S)1,500円(L)2,500円なり。)

そこで、似た感じの“センミートムヤンクン(辛酸っぱいスープ入り細ビーフン)”(840円)(辛さ2)にしてみます。

さて、今日の注文は上手く行ったでしょうか~?

【ゲンペッガイ(鶏肉入りレッドカレー)】
120705.新宿・バンタイ0023

■注文してから待つこと7分。注文の2品が同時にやって来ました。

ランチは、カレー、ライス、サラダ、スープ、デザートの構成です。

さすが“レッドカレー”というだけあって、赤オレンジ色をしたカレーは、とっても辛そうです。

120705.新宿・バンタイ0024

■さっそく一口食べてみます。

う~ん、これは美味い~! (*´∀`*)ノ

複雑なスパイスの押し出し、味の広がり、濃厚で深いコク。どれをとっても良いですね。

辛いことは辛いのですが、同時に甘味があって、非常に良いバランスです。そこにココナッツミルクが入っていて、全体としてとってもクリーミーな味に仕上がっています。

ご飯(日本米)に掛ければご飯は進むし、そのままでも(ちょっと濃厚ですが)スープのようにいただけます。

■カレーの具材は、鶏肉、スライスしたタケノコ、赤パプリカ、ピーマンで、器にぎっしり入っています。

主役の鶏肉はしっかり煮込まれており、柔らかくぷりっとしていて、美味であります。

大量に入っている、準主役のタケノコも、とっても柔らかく、食感が楽しめます。

120705.新宿・バンタイ0025

■レタスのサラダです。生春巻のタレのような、甘酸っぱいドレッシングが掛かっていて、かなり美味しいです。

120705.新宿・バンタイ0026

■鶏のダシがしっかり出た、鶏団子、豆腐、キクラゲ、ネギが入ったスープです。これも美味い~!

そのままビーフンを投入すれば、バンコクの屋台でも出てくるラーメンになりそうです。

120705.新宿・バンタイ0027

■デザートのタピオカ入りココナッツミルクです。甘さが強いのですが、辛い物の後なのでいい口直しになります。

【センミートムヤンクン(辛酸っぱいスープ入り細ビーフン)】
120705.新宿・バンタイ0028

■こちらは、ビーフンの入ったどんぶりに、サラダとデザートが付いています。

“センミートムヤンクン”を分解すると、「センミー」=「米粉麺」、「トム」=「煮る」、「ヤム」=「混ぜる」、「クン」=「エビ」なので、“エビ入りトムヤンスープ麺”ということですね。

ビーフンの上に乗っている具材は、エビ、フクロタケ、ホールトマト、青菜などで、揚げエビ(?)、おろし生唐辛子も載っています

おろし唐辛子とパクチーは危険なので、事前に除去してからいただきます。
(∵おろし生唐辛子=辛過ぎ、パクチー=隊員が大嫌い)

120705.新宿・バンタイ0031

■真っ赤なスープを、さっそく一口飲んでみます。

う~ん、酸味を前面に押し出した、あっさりした辛い海鮮スープです。

香辛料は複雑で、風味や味自体に厚み・ふくらみがあり、タイっぽくて、良いですね~♪

おっと、時間差攻撃で、強い辛さが襲ってきます。これは、辛いっ~!

■今まで食べたことがある“ベスト・トムヤンクン”と比べると、コクは弱めで、あっさりしています。

濃厚な“トムヤンクン”をいただきたい場合は、単品注文するしかなさそうです。

ビーフンは時間が経つに連れて膨らむようで、どんどん量が増えていきます。増える速度に負けないように、一気に食べます。

結果的に、ビーフンもスープもお腹に入ることになるので、食べ終わるとかなり満腹になります。

■総括としては、本格的なタイ料理を非常にお得な価格で楽しめる、有り得ないぐらい素晴しいCPのタイ料理店です。

料理の味は、どれも巧みなスパイス&食材使いで“甘味”・“酸味”・“辛味”をうまく織り交ぜた、味の広がりのあるバランスの良いものに仕上がっています。

しかも、お店の雰囲気は家具調度含めて、現地タイっぽい高級感があるのに、ランチは千円札でお釣りが来る価格設定。素晴しいの一言に尽きます。

スパイスの魅力に目覚めつつある探検隊としては、タイ料理の基準のお店として、通ってみたいお店ですね~♪

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

かなぶんです。

 Kentaro2010様
 コメント失礼します、かなぶんです。

 ここ、以前食べに行きました!同僚3人と夜に行って、パイナップルチャーハンやらパッタイやら、いろいろ頼み過ぎまして…シメのレッドカレーがもう美味しいやら苦しいやらでしたi-229
 ランチであるか分かりませんが、カニのカレー炒めが凄く美味しくておススメですよi-234

 また遊びに来ます!

No title

おはようございます❤^^❤

タイ料理大好物!ですv-16v-221
どれも全部美味しそうです!
しかもお安いですね~♪
ここもブックマークです^^v

KALDIに行くと“トムヤムクンペースト”を始め、たくさんの食材が揃っていますので、お家でも簡単にタイ料理を楽しめますよ~❤^^❤

今日も素敵なご紹介ありがとう。。。^^

Re: かなぶんです。

かなぶんさん、こんばんは~!

パイナップルチャーハンも、パッタイ(焼ビーフンですね?)も良いですね~♪
今回はお酒を飲まなかったのですが、飲みながら食べられるメニューも多いですもんね。

“カニのカレー炒め”は夜のみのメニューのようです。
う~ん、食べたくなってきました。こんな深夜にどうしましょう。。。(^-^;)

Re: No title

Paganiniさん、こんばんは~!
いつもコメント、ありがとうございます~♪

女性はエスニック好きの方が多いですが、師匠もそうですか。
記事に書き忘れたのですが、お客さんの7割が女性でした。

女性は、美味しくて、コスパがいい物に対する嗅覚が良いですもんね。
このお店のレベルなら、師匠にも喜んでいただけるかと~♪

※コメントにあった“KALDI”が分からなかったので調べたのですが、池袋ショッピングパーク(ISP)にあるコーヒー豆屋さんですね?週末に行ってみます~!
(^-^)b
プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
256位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
114位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html