スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職人のこだわりと技が光るとんかつの名店@高田馬場=とん太

『うす黄金色の衣と、ほんのりピンクのお肉がトレードマーク~♪』

   ~とんかつ とん太 @高田馬場

■今日のランチは、“とんかつ”が食べたい気分です。

自分の行動範囲で、一番に思い付くのは、神田・秋葉原の“とんかつ御三家”です。

“丸五”“やまいち”“勝漫”の3店のことですが、いずれも東京を代表するとんかつ店と言っても過言ではなく、どこに行っても今日の欲求が十分に満たされることは分かっています。

ただ、美味しいお店に何度も通うのもいいのですが、探検家としての開拓精神がこれにストップをかけてしまいます。今日も新規開拓といきましょう。

■そこで、食べログの“東京都”の“とんかつ”人気順ランキングからお店を選んでみます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。良かったら見てみて下さいね~♪)

第1位 【秋葉原】 丸五
第2位 【淡路町】 とんかつ やまいち
第3位 【高田馬場】 とん太 <未訪問>
第4位 【目  黒】 とんき・目黒店 <未訪問>
第5位 【銀  座】 煉瓦亭 <未訪問>
第6位 【恵比寿】 キムカツ・恵比寿本店 <未訪問>
第7位 【表参道】 とんかつ まい泉・青山本店 <未訪問>
第8位 【京急蒲田】 とんかつ 丸一 <未訪問>
第9位 【吉祥寺】 サトウ・吉祥寺店 <未訪問>
第10位 【銀 座】 矢場とん・東京銀座店 (矢場町本店に訪問済み)

行動範囲内のお店だと、高田馬場の“とん太”か銀座の“煉瓦亭”が選択肢になります。

“煉瓦亭”は老舗の洋食屋で、“ポークカツレツ”以外にも名物メニューがあるので、後日隊長と一緒に訪問することにします。

結果、今日のターゲットは、東京都とんかつランキング第3位の“とん太”です。

■ちなみに、我々探検隊は池袋を本拠地としているため、通常は食べログの中エリア区分“池袋”のランキングを掲載しています。

大エリア区分だと、池袋は“池袋~高田馬場・早稲田”エリアに含まれており、その“レストラン”人気順ランキング(※)は次の通りとなっています。

(こちらのランキングでも、店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます~♪)

第1位 【高田馬場】 とん太 <未訪問>
第2位 【高田馬場】 ラミティエ (ビストロ) (訪問済みブログ未掲載)
第3位 【池  袋】 ラシーヌ・ブーランジェリ&ビストロ (ビストロ、パン)
第4位 【池  袋】 イタリアンバルUOKIN・池袋店 (バル・バール、イタリアン)
第5位 【東池袋】 エー・ラージ (インド料理)
第6位 【池  袋】 あんぷく (うどん、居酒屋)
第7位 【池  袋】 キッチンABC・西池袋店 (定食・食堂) (南大塚店に訪問済み)
第8位 【池  袋】 サイゴン・レストラン (ベトナム料理)
第9位 【池  袋】 イルキャンティ・オヴェスト・池袋店 (イタリアン)
第10位 【池 袋】 もうやんカレー池(池袋店) (カレーライス)

今日の“とん太”訪問で、3年かかって、大エリア区分“池袋~高田馬場・早稲田”エリアのトップ10を制覇したことになります。

※ラーメン店を除く補正済み。

121003.高田馬場・とん太0001

■“とん太”は、創業30年以上の老舗で、食べログが現れるもっと前から、とんかつ通の間で人気があるお店です。

食べログが出現してからは、高点数が付き、口コミ数が増え、早々に注目店になったようです。

メディア露出もここ5年で書籍4冊、雑誌2冊(東京ウォーカー、大人の週末)に掲載されるとともに、テレビにも出ています(2012年2月18日『食彩の王国』)。

評判がメディアを呼び、メディアが評判をよぶ形で、“東京のとんかつ”といえば、食べログに限らず、どんなランキングにも登場するおみせになったようです。

なるほど。それならば、実際に自分の舌で判定してみましょう~♪ (*^_^*)/

■お店は、JR高田馬場駅早稲田口のロータリーから、山手線と平行に伸びる通りを300m進み、新目白通りとぶつかったら右折し、150m進んだ右側にあります。

お店の隣りは“馬場二郎”こと、“ラーメン二郎・高田馬場店”で、食事時には行列ができているのですぐに分かります。

店に入ると、右手に調理場を囲むようにカウンター席が8席あって、左手の小上がりに座敷席が2卓8席あります。

お店に着いたのは、13:00過ぎです。人気店なのでピークを外したつもりだったのですが、店内はほぼ満席です。

カウンター席が1席だけ空いていたので、そこに座ります。

121003.高田馬場・とん太0006

■メニューは、上の写真の通りです。いつも通り、“ロースかつ”からの選択です。

食べログなどの口コミによると、“特ロースかつ”(2,100円)が絶品とのこと。

ただし、ロースかつを頼んでいる周りのお客さんは、皆さん“上ロースかつ”(1,500円)か“ロースかつ”(1,000円)です。

とんかつの名店で、デフォルトが1,000円ポッキリというのも、かなり惹かれます。

しばし迷った後、ミーハーな自分は、“特ロースかつ”を頼みます。

味噌汁が、豚汁、わかめ、しじみからの選べるそうで、“しじみ汁”をお願いします。

【白黒胡麻】
121003.高田馬場・とん太0012

■席に座るとお茶とおしぼりが出てきて、注文が終わると、すり鉢に入ったゴマとミニすりこぎが出てきます。

どうやって使うのかな?と思った時に、卓上に目をやると、“とんかつの食べ方”の説明書きが目に入ります。

『当店のソースは、自家製ウスターソース(辛口)です。濃口ソース(甘口)をお好みの方は、小皿にケチャップと合わせてお使い下さい。
一切れは何もつけずに、また一切れは塩で、黒コショーで、ゴマでなど、いろいろな味をお楽しみくださいませ。』

ゴマは、ソースを突っ込むのではなく、味を変化させる一つの調味料として使えばいいようですね。

まずは、ゴマをすって、ゆっくりとんかつの揚げ上がりを待つことにしましょう~♪

121003.高田馬場・とん太0008

■卓上に目をやると、いろんな物が並んでいるので、何をいつどう使うかを、とんかつを揚げている時間を使って考えておきます。

写真一番左が自家製辛口ウスターソースで、これをマイルドにするにはその右にあるケチャップを使うんでしたね。

その右は醤油で、これは使わないかな…

その右には塩が2種類あって、“ベトナム天日自然海塩”と“中国天日塩田塩”と書いてあります。ここは塩の味比べでしょうか。

その右には、黒胡椒、白黒ゴマ、七味唐辛子、キャベツ用ドレッシング、手前にからしが置いてあります。

こういろいろ置いてあると、適時に上手く使うのに“慣れ”が必要そうですね。。。(^-^;)

【お新香盛合せ】
121003.高田馬場・とん太0013

■こちらのお新香、キンキンに冷えた状態でやって来ます。

中身は、キュウリ、ニンジン、ゴボウ、大根、カブ、(見えない後ろに)超細切りキャベツです。

手作り感があるところからすると、自家製でしょうか。ほど良い塩加減で、さっぱりと美味しいです。

【特ロース】
121003.高田馬場・とん太0017

■注文してから待つこと15分、ようやく“特ロース”が出てきます。

まずは、見た目の綺麗さにびっくりします。(このルックスで、美味しくないはずはありません~!)

衣はとっても綺麗なうすい黄金色をしていて、肉の断面はきめ細かく、ほんのりピンク色をしています。

良質な豚肉を、良質な油を使って、ぎりぎり火が通る低温で、じっくりと揚げた証拠です。

その横には、かなり細かく刻んだキャベツに、ニンジンとかいわれが乗っていて、レモンが添えてあります。

121003.高田馬場・とん太0019

■まずは、お店の食べ方指南のとおり、何もつけずにそのまま味わってみます。

むむむ、、、


ウワッ、ウマ━━━(*´∀`*)o^∀^o)*´Д`*)━━━イ !!!!!!


口に入れて噛むなり、すぐに豚肉の旨みがじゅわーっと染み出してきて、脂身の甘味ととも口いっぱいに広がります。

良質な豚肉だけあって、歯ざわりに心地よい弾力があり、とっても柔らかい噛み応えです。

低温でじっくり揚げることで、お肉の柔らかさを保ちつつ、肉の旨みの流出を最小限に抑えて、衣の中にしっかり閉じ込めています。

もとの豚肉の肉質が良いことと、店主さんの熟練の腕が伴わないと実現しない美味しさです~!

■さらに、衣はふわっと、からっとしていて、気持ちいい食感です。それに油切れが良く、油っこさをまったく感じない、軽い仕上がりです。

まるで鳥の羽のような軽い仕上がりの衣は、変な主張をしないので、豚肉の味わいをまったく阻害せず、最高の脇役を演じています。

ものの情報では、これは店主さんがこだわり抜いたパン粉を使用するとともに、揚がった後、衣が剥がれないように切り方を工夫されるからこそ、実現するんだそうです。

今まで食べたことがある完成度の高いとんかつと比べると、まったく違う形で高い完成度を誇っています。

いや~、こんなとんかつが存在するんですね。びっくりです~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

121003.高田馬場・とん太0021

■何も付けなくても十分美味しいとんかつなのですが、せっかく卓上セットが充実しているので、いろいろな食べ方で食べてみます。

まず、塩を付けて味わってみます。すると、とんかつの甘味がより強調され、旨みをはっきり感じます。

せっかく塩が2種類あるので、比較しようとしますが、なぜかあまり差を感じません。まずは、塩は◎ということで。

次に、レモンを振って、塩を付けていただきます。レモンの酸味が加わって、賑やかな味わいになります。

続いて、自家製ソースを掛けてみます。う~ん、美味しいけど、一般的なとんかつに近づいてしまいます…

最後に、自家製ソースにすりゴマを混ぜて食べてみます。ふわっと胡麻の風味が加わって、さっきよりは良いですね。

いろいろな食べ方をしてみて、結論としては、塩で食べるのが一番美味しいようです~!

■そういえば、これもコメントしないといけないのですが、とんかつに添えてある“キャベツ”が素晴らしく新鮮で美味しいんです。

一般的なキャベツよりも細くかっとされていて食感が良く、新鮮なのでとってもみずみずしいんです。

情報によると、これも店主さんのこだわりなんだそうで、八百屋泣かせの目利きなんだそうです。

このキャベツだったら、とんかつの単なる脇役というよりも、鮮度勝負でさっぱり感を演出する相手役(準主役)といった感じですね~♪

【味噌汁】
121003.高田馬場・とん太0020

■油っぽくないといっても、やはり“とんかつ”なので、多少の油っぽさはあります。そんな時は、さっぱりした“しじみの味噌汁”がいいですね。

しじみの味噌汁というと、ちっちゃいしじみが大量に入っているイメージですが、このお店では大き目のしじみを使っています。

味噌汁にはしじみの旨みがでていて、サイズがあるので、しじみの身も食べて味わうことができます~♪

■総括としては、さすが名店と言われるだけのことはある、店主さんのこだわりと技が光る、激ウマのロースかつです。

とんかつは、豚肉、衣、揚げ油と、食材点数の少ない料理ですが、その全てにしっかりこだわっているのが良く分かります。しかも、キャベツ、味噌汁、ご飯といった脇役にも、ちゃんと抜かりがありません。

さらに、ただ良いものを使うだけでは美味しくなるはずもなく、店主さんの熟練の技・ノウハウが全ての調理工程で惜しみなく投入されています。

その中でも特に、低温でじっくり揚げる点と、衣を上手く付ける点に、他店を超越する技があるんでしょうね。

だからこそ、“ふわっとして、軽くて油切れの良い、うす黄金色の衣”と、“旨みを湛えつつ、柔らかさを保った、ピンク色のお肉”という、このお店の最大の魅力を実現できるんだと思います。

この“特ロース”であれば、お値段自体はやや高く感じますが、極めてリーズナブルと言えると思います。

真に美味しいとんかつを食べたい時には、ちょっと奮発してでも、このお店の“特ロース”なら絶対に満足できると思うので、超おススメです~♪

ごちそうさまでした~!

【備忘メモ】
・このお店のとんかつにはレモンが添えてありますが、食べる前に絞ると、せっかくのふわっとからっと揚がった衣がふやけてしまうので、口に入れる直前に絞るのが正解のようです。

・ソースをかける前に、通な方は、胡椒のみ、胡椒+塩、すりゴマのみ、すりゴマ+塩を試すようです。何人かの方は、胡椒+塩が一番美味しいと言っているので、これは試すべきでした…(反省)

・とんかつの名店では珍しく、デフォルトのとんかつのお値段がとってもリーズナブル(千円ポッキリ)なのがとっても気になります。他の名店だと、最低1,500円はしますもんね。次回はぜひチャレンジしてみたいです!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございま~すv-16v-222

とってもイケメンなとんかつですね~!
大好物!ですv-16v-221

低温でじっくり揚げたのかなぁ~・・・

食べてみたいとんかつです^^
共食いだぁ~(笑)^^;

Kentaro師匠^^こんばんはー

はい!オイラの大好物レポートありがとうございますw m(__)m

美味いんでしょうね~^^オイラは行ったら上とんかつだな…

きっとw^^ 

ちなみに私はロースしか頼みません!^^

Re: No title

> おはようございま~すv-16v-222

Paga師匠、こんばんは~!

> とってもイケメンなとんかつですね~!
> 大好物!ですv-16v-221

とんかつ通の方で、このとんかつのことを“とんかつ美人”と表現している方がいらっしゃいました。
女性かどうか分からないので、“イケメン”でも良いんですね~♪
どちらにせよ、料理は見た目が良いに限りますね~!

> 低温でじっくり揚げたのかなぁ~・・・
> 食べてみたいとんかつです^^
> 共食いだぁ~(笑)^^;

ふふふ、自分も共食いです~♪
(*^_^*)v

Re: Kentaro師匠^^こんばんはー

リーダーマサさん、こんばんは~!

実は、自分も生まれてこの方、ロースしか頼んだことがないですよ~♪
あの、脂身から滲み出る、じゅわ~っとした甘味が堪りませんよね!

ちなみにこのお店、常連は普通のロースを頼むようです。
でも、上ロースでも十分美味しいというコメントが多数あります。
ただ、食べログ野郎たちは、総じて(無理して)特ロースを頼んでいるようです。

要するに、どれでも美味しいみたいですよ~♪
(*^_^*)b

No title

こんばんは~!

こちらのお店、とんかつ屋で一番行ってみたい(雑誌か何かで読んで、初めてとんかつに興味をもったお店ですw)・・けど、行ったことがないお店です!
意外にお手頃価格なのですね♪
そして、やはり、美味しいのですね~(*´∀`*)!!

高田馬場に行くと、B級グルメのお店いっぱいで、目移りしちゃいそうですが・・・

記事を読んで、ますます食べてみたくなりました\(^o^)/

Re: No title

くーちょさん、こんばんは~!
このお店、認識していらっしゃったんですね。
うわさに違わぬ美味しいとんかつ屋さんだったのですが、とんかつの名店の“ロース(並)”は、とっても気になります。別に千円ポッキリでなくてもいいでしょうに。
しかも、ランチタイムのサラリーマンのほとんどがこれを注文していました。
たぶん、並でも十分美味しいんだと思います。おススメです~!

> 高田馬場に行くと、B級グルメのお店いっぱいで、目移りしちゃいそうですが・・・

神保町ほどではないですが、馬場のB級も質・量ともにレベルが高くて良いですよね~!
(*^_^*)/

こんにちは。煉瓦亭のブログを読んでたらコチラのブログに辿り着きました。写真が綺麗でオシャレなブログですね。食べたいですね。

Re: タイトルなし

こんばんは~!
いつもコメントありがとうございます。
よろしければ、時々遊びに来てくださいね~!
プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
245位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
107位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html