スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神保町名物・老舗ガッツリ食堂の一角=キッチン グラン

『若者の旺盛な食欲に応え続けて50年のガッツリ食堂~♪』

   ~キッチン グラン @神保町

■今日は、神保町で遅いランチです。

しかも、もう一つ条件があって、次の仕事まで時間がないんです。

こうなると、注文したらすぐに料理が出てきて、一気に食べられるものを選ぶことになります。

ラーメンでもいいのですが、せっかくのB級グルメの聖地・神保町なので、“定食・食堂”で攻めてみます。

■食べログの小エリア区分“神保町”エリアの“定食・食堂”人気順ランキング(※)からお店を選んでみます。

第1位 キッチン 南海・神保町店
第2位 キッチン マミー  <未訪問>
第3位 キッチン カロリー <未訪問>
第4位 キッチン グラン  <未訪問>
第5位 嘉門        <未訪問>

たまに、変わったランキングを出してみると面白いですね。

第1位から第4位のお店に“キッチン ジロー”を加えると、神保町検定の入門編に出てくる“神保町5大キッチン”になります。

今日は、現在位置から近い“キッチン グラン”に行ってみることにします。

※ジャンル分けが正しくないものは補正済み。

121017.神保町・キッチン・グラン0001

■“キッチングラン”は、1960(昭和35)年に創業しているので、今年で52年になります。

ケチャップを入れて甘みを出したしょうが焼きが看板メニューで、長きに渡り人々に親しまれています。

★突然ですが、ここでクイズです。

このお店は白山通りに面していて、店舗の左側に小道があるのですが、この道の俗称をご存知でしょうか。

ご存知であれば、神保町検定中級クリアです。

ヒントは、“キッチングラン”の隣りが、ラーメン店の“さぶちゃん”、その隣りが和食の“近江屋”です。

121017.神保町・キッチン・グラン0002

■クイズの正解は、“木下通り”です。

先ほどの3つの料理屋さんは、木下さんという3兄弟が営んでいるんです。

長男が“キッチングラン”、次男が“近江屋”、三男が“さぶちゃん”です。皆さん70歳オーバーです。

半世紀に渡り、同じ場所で3兄弟が料理屋を営み、街の人々に愛されて存続するって、すごいことですよね。

まさに、黄綬褒章ものです~♪ (*^_^*)/

■お店は、地下鉄神保町駅の真上にある神保町交差点から、白山通りの西側を200m北上した左側にあります。徒歩3分ほどです。

お店に着いたのは14:00ちょっと前です。

店内は、L字型のカウンター席のみで、調理場は丸見えで、今風に言うと“オープンキッチン”です。(^-^;)

客席は11席。ランチのピークタイムは待ち行列もできるこのお店も、この時間は先客2名、後客3名です。

121017_edited-1.jpg

■基本メニューは、とんかつ、メンチカツ、ハンバーグ、しょうが焼きです。

さらに、揚げ物・ハンバーグとしょうが焼きを組み合わせた“盛合せ”があります。

自分は、このお店で一番人気と評判の“メンチカツ・しょうが焼き盛合せ”(780円)を注文します。

【メンチカツ・しょうが焼き盛合せ】
121017.神保町・キッチン・グラン0004

■料理を注文中のお客さんが自分しかいなかったため、調理の方は自分の料理に専念してくれています。

そのおかげで、注文してから3分で料理が出てきます。

う~ん、注文の品は、想像通りにボリューミーです~♪

121017.神保町・キッチン・グラン0005

■メインディッシュは、「これでもか!」というぐらいパワフル感のある料理ですが、付け合せのキャベツもしっかりと量があって、ヘルシー感もあります。

あと、たまたまかもしれませんが、ご飯が炊きたてつやつやで、とっても美味しいので、ちょっとビックリします。

お値段が青春価格なので、ご飯はあまり美味しくないものを想像していたので、良い意味で裏切られます。

ご飯星人の自分としては、好感度アップですね~♪

付け合せのスパゲッティは、フライパンで調理したてではなく、作り置きを温めただけだったので、こちらはちょっと残念。。。

121017.神保町・キッチン・グラン0010

■それでは、メインディッシュのうち、メンチカツから食べてみます。

少量のデミグラスソースが掛かっているのですが、みなさん気にせずさらに卓上のソースを掛けて食べます。

う~ん、なかなかジューシーで美味しいですね~♪

挽肉の目が細かめで、その間から肉汁がじわっと出てきます。挽肉に入っている玉ネギも非常に細かくて、お肉の味の邪魔をしません。

衣もカラっと、サクッと揚がっているので、最後まで食感が楽しめます。

121017.神保町・キッチン・グラン0007

■メインディッシュのもう一つは、赤みがかった色をした“しょうが焼き”です。

このお店では、しょうが焼きは揚げ物・ハンバーグと組み合わされる看板メニューとなっています。

お味の方ですが、ケチャップを使用した独特な甘辛味。甘さと辛さの比率は9:1ぐらいで、かなり甘い味付けです。

豚肉は、脂身の層を含んだロース肉で、甘辛の味付けは非常に合っていて、肉の旨みを引き出しています。

食べログだと、甘めの味付けが苦手との口コミもありますが、常連さんはそんなことは言いません。

自分にとっても、すごく好みの味付けです。おまけに、ご飯との相性は抜群で、どんどん食べ進んでしまいます。

■総括としては、お腹が空いてたまらず、こってりした物をすぐにガッツリ食べたい時には、最高のお店です。

自分の場合も、今日は遅いランチだったので、お腹のニーズにぴったりで満足できました。

このお店の近くには、ラーメン、カレー、とんかつ、天ぷらといった、単品のパワフル・ガッツリB級グルメがたくさんあるのですが、複数の料理を出してくれるのは“キッチン”系ならではです。

胃袋のニーズによって使い分ける時の選択肢に入れると、選択の幅が広がっていいと思います。

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Kentaroさん♪
おはようございま~すv-16v-222

下町の洋食屋さん的な感じでグー!ですv-221
美味しそうです♪
特に、生姜焼き・・・食べてみたいです♪

Re: No title

Paganiniさん、こんにちは~!
いつもコメントありがとうございます。 m( _ _ )m
とっても励みになっております~♪ 

今回は、まさにB級ど真ん中のお店なのですが、こういうお店の場合、料理の味が云々よりも、なぜお客さんたちに支持され続けているかに思いをはせた方が楽しいですね。

たぶん、多めの脂身を入れたメンチカツに、ケチャップ入りの甘めちょい辛しょうが焼きがポイントだと思いますが、直感的な味以上に“作り慣れた感(≒味の安定感)”が魅力なんだと思います。

“お袋の味”も、ある意味“作り慣れた感”ですもんね~♪

でも、シンプルな味なので、Paga師匠だったら食べてすぐに調味料の使い方まで見抜いちゃいそうですけどね~! 
(*^-^*)/
プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
277位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
127位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html