スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛肉料理専門店の極上ハンバーグ@茅場町=牛幸

『知らないと味わえない極上ハンバーグ~♪』

   ~牛幸・本店 @茅場町

■今日は、グルメ友達と一緒に、茅場町でランチです。

茅場町は、大手町・日本橋からも近く、中小ビルが所狭しと立ち並ぶ、昔からのオフィスエリアです。

それだけに、サラリーマン&OLに支持される、隠れた名店がありそうな感じがプンプンしてきます~♪

■食べログの中エリア区分“茅場町・”エリアの“レストラン”人気順ランキングは次の通りです。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみて下さいね~♪)

第1位 maru 2F (バル・バール)
第2位 鳥ふじ (親子丼、鳥料理)
第3位 てんぷら みかわ・茅場町店 (天ぷら)
第4位 やきとり 宮川 (焼鳥、鳥料理)
第5位 牛幸・本店 (すき焼、しゃぶしゃぶ、鉄板焼) <未訪問>
第6位 津々井 (洋食) <未訪問>
第7位 beer & wine 厨房 tamaya ・八丁堀店 (ワインバー) <未訪問>
第8位 スタンドバー・マル (立ち飲み居酒屋) <未訪問>
第9位 もつ鍋 一慶・八丁堀店 (もつ鍋) <未訪問>
第10位 カリーシュダ (カレー) <未訪問>

未訪問店を上から順に行くと、第1位の“maru 2F”は夜のみ営業なので×。

すると、第5位の“牛幸・本店”が今日のターゲットになります。

ジャンルからするとガッツリ系のようですが、どんなお店なんでしょうね~?

121025.茅場町・牛幸0002

“牛幸 本店”は、1968(昭和43)年創業の、オリジナル牛鍋をメインとした牛肉料理専門店です。

“牛幸”のHPは、あまりにもシンプルすぎて、お店に関する情報をほとんど取れないのですが、とある酒造メーカーのサイトでは、次のように紹介されています。

『海の幸、山の幸というがごとく”牛の幸”。牛肉をいかに美味しく召し上がって頂けるか年がら年中考えているこだわりのお店です。』

ここでいう“こだわり”というのは、食材自体とその食べ方の両方のようです。

まず、食材は“厳選国産黒毛和牛”を使用しているそうです。

次に、食べ方ですが、このお店の独自開発の食べ方がいろいろあり、しゃぶしゃぶと焼肉(バーベキュー)を融合した“しゃぶQ”や、“陶板土火焼”“ビフテキやぐら焼”など、名前からだとどんな食べ方か分からないものまであります。

それぞれ専用の調理器具まであるというので、なんだか面白そうですね。

もうひとつ、このお店は行列ができる“名物ランチ”があって、こちらでも有名になっています。

店舗数については、昨年まで六本木に“牛幸 支店”があったようですが、現在はこのお店は1店舗のみです。

その名残りで、このお店の呼び名は“牛幸 本店”となっています。

121025.茅場町・牛幸0027

■お店は、東京メトロ・茅場町駅4b出口から行くと、永代橋通りを永代橋方向に150m直進し、1つ目の信号のある新川一丁目交差点を右折、80m直進して2本目の左折路を左折して120m進んだ左手にあります。徒歩8分ほどでしょうか。

お店は飲食店らしからぬ外観をしていて、黒塗りの木製の塀と門で、入口に“牛幸”とだけ書いてあります。

ランチタイムだというのに、特に“ランチ”とかいたノボリやメニュー表は表に出ていません。

これでは、このお店のランチの中身を知らない人は、絶対に入ることはありません。

■門を入ると右手に廻る通路があって、さらに建物の中なのに和風一軒家風の玄関があります。

建物内の構造としては、ビルの1階と2階をぶち抜いて、そこに一軒家風の店舗にしてあります。

玄関で靴を脱ぐと、赤い絨毯の通路を通って階段を上り、2階の個室に案内されます。

1階は明治時代っぽい洋風のテーブル席となっているそうで、2階は和風の座敷席になっています。

121025.茅場町・牛幸0005

■たまたまですが、自分が通された部屋にはメニュー表すらありません。

仲居さんの女性がやって来て、「サイズはどうされますか?」と聞いてきます。えっ、サイズって何…?(^-^;)

話を聞くと、ランチは“ハンバーグ”だけなんだそうで、サイズは3通りから選択するんだそうです。

下調べの甘さがいきなり露呈します。。。

「ファミリーレストランなどの一般のハンバーグが180g程度です。」と言いながら、3つの選択肢が“中(200g)”(1,050円)、“大(300g)”(1,360円)、“特大(400g)”(1,570円)と教えてくれます。

あれ? 高級ハンバーグにしては、重さに対して安くないか? あまりに値段がお手頃なので、肉質に関してちょっと不安がよぎります。

生まれてこの方、300gのでかいハンバーグなんて食べたことがないので、せっかくのチャンスです。“ハンバーグ(大)”を頼んでみます。

■後で分かったのですが、サービスランチは“ハンバーグ鉄板焼”のみなのですが、別途、会席コースの設定があるようです。

1)しゃぶQ ・ しゃぶしゃぶ ・ すき焼(3,670円)
前菜・サラダ・料理野菜・白飯・お味噌汁・お新香・きしめん・デザート付き

2)ビフテキ櫓焼(やぐらやき)(5,560円)
  前菜・サラダ・料理野菜・白飯・お味噌汁・お新香・デザート付き

仲居さんからすると、自分と友人は“会席コース”っぽく見えなかったのでしょうか… (^-^;)
  
【ハンバーグ鉄板焼(大)】
121025.茅場町・牛幸0018

■まず、ハンバーグ鉄板焼のメインディッシュ以外のセットがやってきます。

大根サラダ、ハンバーグのタレ、ご飯、味噌汁、キュウリの漬物です。

大根サラダは、シャキシャキ切りたての大根に、マヨネーズっぽいクリーミードレッシングか掛かっています。

121025.茅場町・牛幸0011

■この後、店員さんが持って来たのが、長辺が15cmほどある、わらじのようなハンバーグです。

この他、付け合わせとして、こんにゃく、茹でニンジン、もやし、ニラがやってきます。

まず、仲居さんが鉄板に油を引いて、さらに牛脂を焼いて、脂を出していきます。

次にハンバーグと付け合わせの食材を鉄板に置きます。ハンバーグは中央に、付け合わせはその脇に。

ハンバーグは両面を軽く焼いたあと、横に3本カットを入れて、幅が揃った綺麗な4等分にします。

121025.茅場町・牛幸0014

■そして、4等分のハンバーグの両端の2切れを小皿に取り出します。

ここで、「ハンバーグは焦げやすいので、お気をつけ下さい。」と言い残して去って行きます。

ここからが、セルフ・ハンバーグタイムのスタートです。

121025.茅場町・牛幸0017

■綺麗な直方体にカットされたハンバーグは、厚さが2cmほどあって、食べ応えがありそうです。

やや白っぽい色をしていたのですが、火が通るにつれて、綺麗な赤色に変わってきます。

どのぐらいまで火が通った時に裏表を返せばいいのか分からず、友人とともに試行錯誤します。

121025.茅場町・牛幸0015

■ややレアで食べたい自分は、こまめに裏表を返すことにします。

表面がカリっとしたハンバーグにしたい友人は、やや時間をかけながら焼いていきます。

121025.茅場町・牛幸0019

■こちらの写真が、途中段階の図です。

自分のハンバーグは、ちょっと触り過ぎたようで、一部形が崩れています。焼き方は、友人の方が正解だったようです。

ここで、醤油ベースで少し甘味のある、ニンニクと胡麻の入ったタレにハンバーグを浸けて、一口いただきます。

むむむ…


メッチャ、ウマ━━━(*´∀`*)o^∀^o)*´Д`*)━━━イ !!!!!!


さすが国産黒毛和牛100%のハンバーグです。口の中でとろけるようなお肉です。

口の中で広がる、お肉のジューシーな甘味が堪りません~!

これを今から300gも堪能できるなんて、なんという幸せでしょう~♪ ヾ(*´∀`*)ノ

■お肉はつなぎが少ないようで、食感的にはお肉だけを味わっている感じです。

醤油ダレはニンニクも効いていて、お肉を旨みを強調してくれます。

貧乏性の自分は、お肉と一緒にご飯を食べますが、ご飯が進んでしょうがありません。

もちろん、お替りまでしちゃいます。(お替りは無料です。)

121025.茅場町・牛幸0023

■最初の2切れをぺろっと平らげてしまい、続けて小皿に取ってあった2切れを焼き始めます。

次は、最初の失敗を繰り返さないよう、表面がしっかり焼けるまでじっくり時間をかけて表裏を返します。

おかげで、なかなかうまく焼き上がります。食べてみると、先ほどよりも脂が抜けて、ハンバーグらしい肉感のある味わいです。(でも、やっぱり先ほどのミディアムレアの方が美味しかったかな…(^-^;)

付け合せのこんにゃくは、鉄板焼ではあまり見ない食材ですが、表面が香ばしくなるととっても美味しいんです。

意外な食材の、予想外の美味しさにびっくりです。甘いニンジン、しゃきしゃきのもやし&ニラももちろん鉄板焼にぴったりです。

ヾ(*´∀`*)ノ

121025.茅場町・牛幸0020

■ハンバーグも付け合せも、どちらもかなり美味しくて、食べ終わってお腹も心も大満足です。

ただ、このランチの唯一の難点がこれ(↑ 上の写真)です。

普通の和室で個別に換気扇がない(たぶん?!)ので、部屋の中が煙で一杯になるんです。

もちろん、洋服にもしっかり臭いが付き、午後の仕事はハンバーグの臭いが気になって仕方がなくなります。

次回は、何らかの対策が必要ですね。。。(^-^;)

【デザート】
121025.茅場町・牛幸0024

■食後のデザートは、ゆずシャーベットです。

ジューシー牛肉と醤油ニンニクソースで満たされた口に含むと、適度な甘味と冷たさですごくさっぱりします。

■総括としては、絶品・巨大ハンバーグが、ありえない超お得な値段で楽しめる、コスパ最強ランチです。

東京のど真ん中で、ファミレスよりも肉質の良い国産黒毛和牛のハンバーグが、ファミレスよりも安く食べられる、と表現すれば分かりやすいかと思います。

普通の人なら200gで十分満足できるし、肉食獣の方であれば、300g、400gと量を増やしても値段がさほど上がらないのが嬉しいところです。

自分は今後、平日ランチでハンバーグが食べたい時は、(臭い覚悟で)必ずこのお店に来るようにしたいと思います。

このお店の食材の質の高さが分かったので、昼のしゃぶQ・ビフテキ櫓焼会席か、夜のしゃぶしゃぶ・すき焼きにチャレンジしてみたいですね~♪

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございま~すv-16v-222

こんなハンバーグ初めてみましたよ~♪^^

凄いですね~!
しかも、美味しい!っていうのが画像から分かります。

ひゃ~~!今日は驚きでした・・・
素敵なお店をありがと~んv-238

…(゜o゜)

肉食獣…で・す

やばいですよこれ…(-_-;)

Re: No title

Paganiniさん、こんばんは~!
いま、異国からお返事しております…(*^-^*)/

このお店、隠れ家的な雰囲気が人気のようで、日本人サラリーマンが、外国人の接待に使っていたのが印象的でした。

雰囲気はいいし、良質な牛肉ハンバーグをお腹一杯食べてもお財布が痛くないので、とってもおススメなのですが、煙がすごいのでオシャレをして出かける女子会には不向きかも…です。
(^-^;)

Re: …(゜o゜)

リーダーマサさん、こんばんは~!

> 肉食獣…で・す
> やばいですよこれ…(-_-;)

そうなんですよ。
久しぶりに肉を喰らっている感覚を堪能しました。

もし茅場町に行かれることがあれば、肉食獣のマサさんにぜひおススメです~♪
(*^-^*)/
プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
300位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
138位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html