スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“ハヤシライス”発祥のお店@丸の内=M&C Cafe

『“ハヤシライス”は早矢仕さんのおもてなし料理~♪』

   ~M&C Cafe @丸の内

■今日は、丸の内でランチです。

仕事仲間と4人で食べに行きますが、お店は自分で決めちゃいます。

今日は、このエリアにある“ハヤシライス”発祥のお店に行ってみます。

■食べログで、“東京全域”の“ハヤシライス”人気順ランキングを見てみます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみて下さいね~♪)

第1位 【銀  座】 煉瓦亭 (洋食、ハヤシライス、とんかつ) (訪問済みブログ未掲載)
第2位 【日比谷】 日比谷松本楼 (洋食、欧風カレー、ハヤシライス)
第3位 【入  谷】 レストラン香味屋 (洋食、ハヤシライス、シチュー)
第4位 【築  地】 中栄 (カレーライス、ハヤシライス)
第5位 【上  野】 洋食や 三代目 たいめいけん (洋食、オムライス、ハヤシライス) (日本橋本店に訪問済み)
第6位 【丸の内】 M&C Cafe 丸の内オアゾ (カフェ、欧風カレー、ハヤシライス)
第7位 【五反田】 グリルエフ (洋食、シチュー、ハヤシライス)
第8位 【西調布】 クリスマス亭 (洋食、ハヤシライス、ハンバーグ)
第9位 【大  森】 洋食 入舟 (洋食、ハヤシライス、ハンバーグ)
第10位 【銀 座】 囃shiya (創作料理、ハヤシライス、野菜料理)

※“煉瓦亭”、“たいめいけん”以外は全て未訪問。

食べログのジャンル分けは、そのお店が当てはまりそうなジャンルを3つ選ぶ方式なので、メニューにハヤシライスがあるお店でも、初期登録者の主観で他の3つのジャンルにはめてしまうと、このランキングには出てきません。

まぁ、多少不完全でも、美味しいお店を見つけるきっかけにするだけなので、構わないのですが。

とは言いながらも、上位にはそうそうたる老舗洋食店が並んでいますね。ゆっくり廻ってみたいものです。(*^_^*)/

121107.丸の内・MC Cafe0033

■“ハヤシライス”の発祥のお店としては諸説ありますが、その中の有力説の一つが本屋さんの丸善です。

福沢諭吉の門下生であった、丸善㈱の創業者・早矢仕有的が、友人が訪問してくると、有り合わせの肉類や野菜類をゴッタ煮にして、飯を添えて饗応したのが始まりとする説です。

明治の初め、当時すでに商社を経営し、外国人との交流のあった早矢仕有的は、友人を驚かせようと西洋料理風の今のハヤシライスに近い料理を振舞ったそうです。

なるほど。ネーミングからしても、発祥のお店っぽいですね。

他にも、神田佐久間町にあった洋食屋“三河屋”がハッシュドビーフにライスを添えて出したものが流行し、“ハッシュドビーフライス”が訛って“ハヤシライス”になったという説もあります。

ただ、この三河屋というお店も、早矢仕有的が贔屓にしていた洋食屋というから面白いですね。

■丸善自体は、みなさんご存知の通り、全国に56店舗を展開する本屋さんで、レストランではありません。

ただ、丸の内店とラゾーナ川崎店では“M&C Cafe”、日本橋店では“Maruzen Cafe”という名前で、書店併設のカフェを経営しています。(“越後そば”などを運営する㈱クレアという会社が運営しています。)

そのカフェで、“早矢仕ライス”を提供しているというわけです。

本屋さんに料理を食べに行くって、なんだか不思議な感じですね… (^-^;)

121107.丸の内・MC Cafe0031

■お店は、JR東京駅の丸ノ内側・北口を出て、線路際のすぐのところにある、丸の内オアゾ(OAZO)にあります。ここまで徒歩1分です。

ビルに入ってすぐの右側に丸善書店があって、その中の4階、エスカレーターで上がってすぐの場所にあります。

お店に着いたのは、ちょうど12:00。店内は満席で、店外に待ち客が1人で、10分ほどしてから席に案内されます。

お店の中は、外面が全面ガラス張りで明るく、白い椅子に木目が印象的な落ち着いた雰囲気です。

席数は全部で68席あり、4人席、2人席、1人席、大テーブル、カウンターといろんな席が用意されています。

さすが本屋さんのカフェ、一人でも寄りやすい席が多いのが良いですね。

121107.丸の内・MC Cafe0012

■メニューは、大きく分けると、“早矢仕ライス”、“早矢仕オムライス”、“カレーライス”、“サンドイッチ”の4つのジャンルがあります。

“ポーク早矢仕ライス”(1,000円)は、看板の基本メニューで、メニューでは“丸善伝統のハヤシライス”と説明されています。(同行者2人がこれを大盛り(+150円)にして注文します。)

その下に“ビーフプレミアム早矢仕ライス”(1,200円)が載っていて、“ポーク早矢仕をベースに、ビーフと玉葱をくわえてさらに煮込んだ、ちょっと贅沢な早矢仕ライス”と説明されています。
(同行者の1人がこれを大盛りにして選択します。)

この2つからどちらかを選ぶのは、なかなか難しいですね… どちらも食べてみたいので~♪

■さらにもうひとつ下に“ポーク&ビーフ早矢仕ライス”(1,300円)があって、上の2つが両方食べられるようです。これにしようかな~!

ただ、“早矢仕オムライス”(1,200円)も気になります。“白飯をふんわり玉子で包み、丸善伝統のハヤシライスをトッピング”とあります。いいですね~♪

すると、その下の“ポーク&ビーフ早矢仕オムライス”(1,500円)が目に入ります。2種類のハヤシライスが楽しめて、しかもこれがオムライスに掛かっています。これで決まりですね~♪

“ポーク&ビーフ早矢仕オムライス”を大盛りにして、ドリンクセット(+350円)でアイスコーヒーを付けちゃいます。

【サラダ】
121107.丸の内・MC Cafe0013

■注文して5分ほどで、最初にサラダが出てきます。とっても新鮮で、やや甘めの胡麻ドレッシングが掛かっています。

【ポーク&ビーフ早矢仕オムライス】
121107.丸の内・MC Cafe0020

■サラダが出てきてから、さらに待つこと10分で“ポーク&ビーフ早矢仕オムライス”が出てきます。

さすが大盛りにしたおかげで、真ん中にある玉子の山がけっこうな“盛り”になっています。

その玉子の山を挟んで、上にナッツが振ってある方が“ビーフプレミアム早矢仕ライス”、その反対側が“ポーク早矢仕ライス”とのことです。

“ビーフプレミアム早矢仕ライス”と“ポーク早矢仕ライス”は、見た目上の違いは具材のお肉があるかないかだけで、ソースの色など他の点では違いがありません。

さて、どんなお味なんでしょうね~♪

121107.丸の内・MC Cafe0024

■まずは、基本メニューの“ポーク早矢仕ライス”からいただいてみます。

むむむ、、、


ウマ━━━ W(*´∀`*)o^∀^o)*´Д`*)W ━━━イ !!!!!!


豚肉・野菜由来のしっかりとした深いコクに、赤ワインの風味とかすかな酸味がほど良く効いた、非常に分かりやすい、洗練された上品な美味しさです。

豚肉・野菜は完全に溶け込んでいて、まったくざらつき感はなく、ほど良い濃度で滑らかな口当たりです。

時々感じられる固体は、細かく刻んだマッシュルームのようです。

121107.丸の内・MC Cafe0023

■次は、“ビーフプレミアム早矢仕ライス”を食べてみます。


う~ん、さらに美味しいですね~! ヾ(*´∀`*)ノ


ベースの“ポーク早矢仕ライス”に、さらに牛肉と玉葱を入れて煮込んだとのことですが、やはり固形のお肉(牛肉)があると、食べた時に肉の旨みが加わって、ハヤシライスの味の広がりが増す感じです。

ハヤシライスのルー自体の味は、“ポーク早矢仕ライス”と比べると玉葱が溶け込んでいるはずなのですが、そんなに大きな差は感じません。

結局、デフォルトと“プレミアム~”の差は、固形のお肉があるかないかの違いと判明です。

121107.丸の内・MC Cafe0025

■お皿の真ん中に鎮座している“オムライス”をクローズアップしてみましょう。

見るからにふわっとした仕上がりの玉子ですが、実際に食べてもふわっと気持ち良い食感です。

かすかにバターの香りもして、洋食屋さんのオムライスらしいものに仕上がっています。

121107.丸の内・MC Cafe0026

■“オムライス”を真ん中から割ってみると、中からは普通の白いご飯が出てきます。

この白いご飯と早矢仕ライスを一緒に食べてももちろん美味しいのですが、そこに玉子を加えて食べると、早矢仕ライスの味がマイルドになると同時に、パワフル感も出てきます。

玉子の柔らかい甘さと食べ応えが、早矢仕ライスの味わいを華やかにする感じです。

ハヤシライス自体をストレートに味わいたい時は“早矢仕ライス”、賑やかで華やかな洋食気分を味わいたい時は“早矢仕オムライス”を選択するのが良さそうです。

【ポーク早矢仕ライス】
121107.丸の内・MC Cafe0016

■こちらは、同行者2人が選んだ“ポーク早矢仕ライス(大盛り)”です。

彼らによると、「かなり美味しい~!」とは言いながらも、「早矢仕ライスに具材が欲しい」とも言っておりました。

【ビーフプレミアム早矢仕ライス】
121107.丸の内・MC Cafe0018

■こちらは、もう一人の同行者の“ビーフプレミアム早矢仕ライス”です。

見た目上のご飯の量が最も多くて、食べ応えがありそうです。別皿だと、見た目から“ごちそう”風で上品ですね。

【アイスコーヒー】
121107.丸の内・MC Cafe0028

■いつもの通り、食後にはアイスコーヒーです。(カフェ利用時は600円です。)

■総括としては、このお店は、上品で美味しい“元祖・早矢仕ライス”を食べられる、居心地の良いカフェです。

“早矢仕ライス”自体は、お値段はそれなりにするだけあって、高級ホテルの洋食店で出てきそうな、洗練された上品な味わいです。

ただ、このお店は老舗の洋食店というわけではないので、「本当に昔からこんな味だったのかな?」とも正直思っちゃいました。

まぁ、難しいことさえ考えなければ、ロケーションが本屋さんの中なので、グルメの方だけではなく、本好きの方でも行きやすいので、いろんな使い方ができそうです。

何時間も掛けてじっくり本を選んでいる途中でお腹が空いたら、ちょっと豪華な“早矢仕ライス”、なんて感じがおススメです~♪

ごちそうさまでした~!

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは~v-16v-222

早矢仕ライス・・・の語源。。。
勉強になりました。。。

お昼前でこの画像はたまらんです^^;

画像から美味しさが溢れてますね~~v-218

ここも行ってみたいなぁ~^^

このソース、いろんなものが入っているんでしょうね~^^

家庭では絶対に出来ませんね~♪

素敵なお店です。。。

ご紹介さんきゅうちゃんですv-218^^

Re: No title

Paga師匠、こんばんは~!

自分も昔から“ハヤシライス”と“ハッシュドビーフ・ライス”の違いが分からなくて悩んだのですが、
色々調べてみたら、結構すっきりしました。

“早矢仕ライス”説が一番しっくり来ますね。
“ハッシュドビーフ・ライス”が縮約されたという説もあるのですが、ちょっと無理があるような…

師匠が仰るとおり、ハヤシライスとかカレーライスって、材料から全て自宅で作るのはほぼ不可能ですよね。
時間とコストが掛かる上、大量にできちゃいますもんね。

自分は、お店で出てきた時に「なんでこんな味がするんだろう~?」と考えただけで楽しくなる食べ物だと思ってます~♪
(*^_^*)b
プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
346位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
144位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html