スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落ち着いた雰囲気の上品フレンチレストラン@池袋=パリの朝市

『週末は、落ち着いた大人の空間で、ゆったりフレンチ~♪』

   ~パリの朝市・池袋店 -Restaurant Marché de Paris-

■今日の週末ランチは、本拠地・池袋です。

季節柄、こじゃれたお店の探検でもしようと思い、欧風料理系からお店を選んでみます。

ちょうど先週、池袋西武のフレンチに行ったので、今日は池袋東武のフレンチを試してみようと思います。

■先週、お店探しに引用した、食べログの“池袋フレンチTOP100”を見てみます。

(店名をクリックすると、過去の訪問時のブログ記事を参照できます。よかったら見てみて下さいね~!)

第1位 ラシーヌ・ブーランジェリ&ビストロ (フレンチ)
第2位 ブラッスリー・ル・リオン (ビストロ)
第3位 オザミ・サンカントヌフ (フレンチ) 
第4位 ル・レガル・トワ (フレンチ) <未訪問>
第5位 アガリコ (ビストロ) <未訪問>
第6位 トラント・トワ (フレンチ) <未訪問>
第7位 パリの朝市・池袋店 (フレンチ) <未訪問>
第8位 マルグリット (フレンチ) <未訪問>
第9位 ブラッスリー・ラーフェット (フレンチ)
第10位 ボアドック (ビストロ) <未訪問>

このランキングの中に、池袋東武のフレンチのお店がちゃんと入っています。第7位の“パリの朝市”です。

先日の“ブラッスリー・ル・リオン”と、今日の“パリの朝市”以外は、意外なことに、全てほぼ個人経営の路面店です。

121216.池袋・パリの朝市0006

■“パリの朝市”は、1980(昭和55)年に本店である銀座店が開業しており、創業32年になる、このジャンルでは老舗のお店です。

支店である池袋店も1992(平成4)年開業なので、こちらも創業20年になっています。

かつては都内で何店舗か展開していたようですが、現在は、銀座店と池袋店だけのようで、かつ暖簾分けのような別経営のようです。

独自のグループHPがないので、ネットで詳しく調べてみると、“パリの朝市”という名称が一般名詞に近いからか、系列ではないお店も出てきます。(食べログだと、群馬県、宮崎県にも同店名のフレンチのお店があります。)

“パリの朝市・池袋店”のHPによると、1980年当時は日本でフランス料理店が出現し始めた時期だったのですが、今と違って、どのお店も一流・高級志向だったんだそうです。

そんな中で、オーナーシェフが「日本人が気軽に食べられるフランス料理を」という想いで開業したのが“パリの朝市”なんだそうです。

“ぐるなび”での、お店の自己紹介は以下のとおりです。

*******************************************
【ランチ4コース、ディナー3コース。ワゴンサービスのデザートが、女性に人気です。 】

昼、夜コースメニューは、季節感を取り入れ、毎月変わります。
個室もあり、落ち着いた雰囲気で御食事できます。また、ワインセラーも有り、
フランスワイン50種類以上を手軽な価格で提供しております。
*******************************************

なるほど。気軽に行ける、使い勝手のいいフレンチ、というイメージで訪問すると良さそうですね。

121216.池袋・パリの朝市0022

■お店は、東武百貨店・池袋本店のレストラン街スパイス1の最上階・15階にあります。

お店に着いたのは、12:20ごろです。店内はお客さんでかなり埋まっているようでしたが、14:30までならば空席があるとのことだったので、上着を預かってもらい入店します。

店の造りは、いろんな人数のパーティー設定ができるようエリアが分かれていますが、合計だと97席あります。

周りのお客さんを見ると、パーティーや法事(?)、記念日といった感じで、ややかしこまった服装の人が多いようです。

121216.池袋・パリの朝市0015

■ランチメニューは、アラカルトとランチ・コースがあります。

コースは、Aコース(2,625円)、Bコース(3,990円)、Cコース(5,775円)、Dコース(9,975円)の4通りです。

探検隊にとっては、今日は記念日でも何でもないので、Aコースを頼みます。(ただし、別途サービス料が10%かかります。)

■ランチ・コースは、前菜、スープ、主菜、デザート、コーヒーで構成されているのですが、選択するのは主菜のみです。

主菜は、魚料理が“金目鯛のポワレ”、肉料理が“味わい地鶏のロースト”なので、隊長が魚料理、隊員が肉料理を選びます。

今日は、お酒抜きでじっくり味わっちゃいましょう~♪

【パン】
121216.池袋・パリの朝市0025

■注文が終わると間もなく、パン2種類と無塩バターが運ばれてきます。

パンは、皮・内側ともに柔らかいフランスパンと、クランベリーと胡桃のライ麦パンです。

どちらも自家製だそうですが、風味が良くて、とっても美味しいんです~♪ (*´∀`*)

【ホタテ貝とズッキーニの冷製 ベビーリーフのサラダ添え】
121216.池袋・パリの朝市0028

■パンが出てきてから3分後、前菜が出てきます。

大きくて真っ白な、縁取りが洒落たお皿の真ん中に、ベビーリーフが盛り付けられ、下に生のホタテと輪切りのズッキーニが重なっているのが見えます。

店員さんの説明によると、ホタテは北海道サロマ湖産なんだそうです。

121216.池袋・パリの朝市0032

■上に乗っているベビーリーフを除けてみると、オレンジ色の小さな魚卵とザクロの実がさりげなく乗っています。

ホタテとズッキーニを重ねて食べてみると、どちらも新鮮でみずみずしくて、美味しいですね~! ヾ(*´∀`*)ノ

食感的には対照的なホタテとズッキーニが、ほど良い酢加減のジュレソースで一つに纏められています。

魚卵の優しい塩気と食感、ザクロの実の甘味と食感も、味わいに小気味良い変化を出してくれます。

【小カブと春菊のスープ カプチーノ】
121216.池袋・パリの朝市0036

■前菜を食べ終わって、ちょうど良いタイミングで、主菜前のスープが出てきます。

カプチーノ用の小さなカップに、ミルクグリーン色の熱々のスープが入っています。

店員さんの説明によると、小カブのスープの上から、泡立てた春菊のスープを注いだものなんだそうです。

121216.池袋・パリの朝市0038

■熱さを警戒しながら一口飲んでみると、春菊の泡は想像以上にマイルドで、植物の葉の新鮮な青さを感じるものの、言われない限り“春菊”とは分からない、クセのない味わいです。

飲むと徐々に混ざりだす小カブのスープは、濃厚にして優しい味付けで、ちょうど良い具合に仕上がっています。

う~ん、これは美味しいですね~♪ (*´∀`*)

ともに個性が強い春菊と小カブから、こんなに素材の味がしっかりしているのに、クセのない優しい味のスープができる過程を考えると、相当手間隙がかかっているんでしょうね。

【金目鯛のポアレ プチ野菜のフリカッセ添え カルディナール風】
121216.池袋・パリの朝市0039

■スープを飲み終わって、ちょうどいいタイミングを計って出てきた隊長のメインディッシュがこちらです。

まず、お皿の真ん中に、ポワレされた金目鯛がでーんと鎮座しています。

料理名にあるカルディナールソースとは、エビのソースのことなのですが、小さな野菜(ブロッコリー、カリフラワー、ニンジン、ジャガイモ)がエビのクリームソースで煮込んであるようです。

121216.池袋・パリの朝市0041

■まずは、金目鯛を一口大にカットして、ソースを付けていただきます。

むむむ、、、


これは美味しい~! ヾ(*´∀`*)ノ


まず、全体を纏めているカルディナールソースが、複雑で奥行きがあり、コクがあって非常に美味しいです。

エビの香りは主張し過ぎずほのかに香り、クリームと一体となって馴染んでいます。

ポワレされた金目鯛は、皮がパリっと焼き上がり、ふっくらした白身とのコントラストが楽しめます。

小さな野菜を含め、すべてがカルディナールソースで一体となった、味覚・食感ともに楽しい一皿です~♪

【味わい地鶏のロースト はちみつとハーブの香り ポンムゴーフレット添え】
121216.池袋・パリの朝市0043

■隊長のメインと一緒に、隊員のメイン“地鶏のロースト”もやって来ます。

円柱状にカットされた岩手県産の地鶏のローストの上にはベビーリーフが載せられていて、周りを濃い赤ワイン色のソースが覆っています。

その横には、緑色のグリンピースのピュレがあって、そこにポンムゴーフレット(カリカリに揚げた、ワッフル状のジャガイモ)が立っています。

121216.池袋・パリの朝市0048

■まずは、ローストされた地鶏をカットして、一口食べてみます。

むむむ、、、


これも美味しい~! ヾ(*´∀`*)ノ


やはり、こちらも赤ワイン、蜂蜜、ハーブからなる、味わい深い濃厚なソースが美味しさの決め手です。

感心させられるのは、それでもソースはメインの素材を引き立てるものであって、出過ぎていないことです。

メインのロースト地鶏は、身はぷりぷりした張りと旨味があり、適度な脂身もあって美味しい鶏肉です。

鶏肉だけでも美味しいところ、濃厚なソースを纏うことで何倍もの味の奥行きと広がりが出てきます。

地鶏の上に乗ったベビーリーフに掛けられていたバルサミコ酢も、このソースにはぴったりでさらに面白い味の変化を生み出しています。

う~ん、味覚のひねり技の連続で、楽しくてしょうがありません~♪

【デザート】
121216.池袋・パリの朝市0052

■このお店の名物、デザートのワゴンサービスです。一人3品を選ぶことができます。

写真の左上から下にいくと、洋梨のタルト、いちごの抹茶ケーキ、マンゴとバナナのケーキです。

写真右上から下にいくと、キャラメルチョコレートケーキ、マロンケーキ、柚子のシフォンケーキです。

最後、中央にあるのがミルフィーユで、合計7種類から選ぶことになります。

(注)自分はスイーツは全く詳しくないので、なんでも“ケーキ”と称しています。悪しからず…(^-^;)

121216.池袋・パリの朝市0056

■まずは、隊員が適当に食べたい3種類を選んでみます。

店員さんに告げると、ヨーグルトアイスクリームと一緒に盛り付けてくれます。

どれも美味しかったのですが、敢えて順番をつけると、①柚子の香りとふわふわ食感が秀逸なシフォンケーキ、②パイ生地がさくさくのタルト、③甘さ控えめでイチゴを感じる抹茶ケーキ、といったところでしょうか。

121216.池袋・パリの朝市0058

■残りは4種類で、「全部試したいけど、1種類何を外そうか」と隊長・隊員で相談していると、店員さんが残り4種類すべて盛り付けてくれました。

どれも凝っていて、スイーツ好きな方からすると、まったく違うコメントがきそうですが、スイーツ素人の隊員的にはさくさくのミルフィーユは好みで美味しいですね。

キャラメルチョコレートケーキ、マンゴとバナナのケーキは、割りと甘めに感じます。

大人の味かな?と思ったのがマロンケーキで、胡桃などが入ったビスケット状の土台の上に、甘栗とマロンクリームが乗っていて、栗好きには堪らない一品だと思います。

(注)実は、隊長は女性であるにもかかわらず、スイーツが苦手でして、4分の3は隊員が食べてしまいました…(^-^;)

【コーヒー】
121216.池袋・パリの朝市0063

■食後の飲み物は、隊長はエスプレッソ、隊員はアイスコーヒーを頼みます。

砂糖(シロップ)を入れずにいただくと、甘いデザートとバランスが取れて、ちょうどいい感じになります~♪

【フレッシュハーブティー】
121216.池袋・パリの朝市0066

■ランチコースの締めくくりは、コーヒーではなく、ハーブティーが出てきます。

4種類のハーブが入っているそうで、ミントなど3種類のフレッシュハーブと1種類のドライハーブがブレンドされているんだそうです。

飲んでみると、ほど良くミントが立っていて、すっきりした味わい。口の中がさっぱりして、爽やかにランチを締めくくります~♪

■総括としては、お店の造り、店員のサービス、出てくる料理、どれをとっても正統なフレンチ・レストランです。

やはり、同じフレンチでも、コスパが高くて人気の“ビストロ”や“ブラッスリー”とは、すべての要素で一線を画しています。

落ち着いたゆったりした空間で、周りや時間を気にすることなく、本格フレンチの味を堪能することができます。

料理はどれも美味しさに深みがあって、丁寧な仕事と、掛けた手間隙を伺わせてくれます。

また、非常にスムーズにコースの品が運ばれてくる、サービスの質の高さも美点です。

そういう意味では、ゆっくりと料理を味わいたい、ちょっとした記念日や家族の集まりなどにぴったりだと思います。

探検隊としては、池袋では数少ない(正しいフレンチ分類上の)レストランとして、今後使ってみたいと思います~♪

ごちそうさまでした~!

【メモ】
コース全体を“料理の量”の観点から言うと、メインが少なめで、デザートにウエイトがあるように感じます。
この点では、女性のお客さんを想定して設計されているように感じます。
男性であれば、途中で追加自由のパンをしっかり食べる等の対策が必要かもしれません~♪ (*^_^*)b

お読みいただいてありがとうございます~!

★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★
もしよろしければ、下の3つの絵↓をポチポチポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~!

(=´ー`)ノヨロシクデス



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Kentaroさん♪

おはようございま~すv-16v-222
パリの朝市は何度か行ってますが、美味しいですし。、満足感がありますよね~♪

また、行きたくなりました。。。^^

Re: No title

Paganiniさん、こんばんは~!
なんとなく、Paga師匠であれば、行かれたことがあるのでは?と思っていたのですが、やはりよく行かれているんですね~♪
フレンチは、やっぱりソースが命で、お客からすると最大の魅力ですよね。
ますます自分でも作ってみたいという衝動に駆られています~♪
(*^_^*)b
プロフィール

Kentaro

Author:Kentaro
Kentaroのブログへようこそ~!
食べ歩き以外にも、海外旅行・クルマ・カメラ・お酒・語学など趣味が多すぎて、時間とお金が足りず困っていますが、ここでは食べ歩きのネタをご紹介します~!
東京23区内のネタが中心ですが、仕事がら出張も多いので、他の地方や外国のグルメネタも発信する予定です~♪
ときどき遊びに来てください~!
ヾ(*´∀`*)ノ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
301位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
128位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村=東京食べ歩き
★池袋グルメ探検隊は、ブログランキングに参加しています~!★   下の【このブログに投票】をポチっとクリックしていただけると、たいへん嬉しいです~! (=´ー`)ノヨロシクデス
人気ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://help.fc2.com/blogranking/manual/Home/ranking_sanka.html